1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年11月28日 23時34分52秒

あ~メレンゲ作りてぇな~でも処理の仕方がわかんねぇなぁ~

テーマ:ブログ

ちゃららんらんちゃちゃちゃ♪

ちゃららんらんちゃちゃちゃ♪

ちゃららんらんちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃ、ちゃん♪

羅生の3分クッキング(楽しげに)


~羅生流マクド風アップルパイ☆~


りんご 一個

砂糖 スプーン3杯

お湯 少々

冷凍パイ生地 一枚

(二人分)


①まずはリンゴを剥いて切ってさっといためます。

②砂糖をお湯で溶かし、①と一緒に炒めます




④ペースト状になるまで木棒などですりつぶします。

 おもいっくそやると中身が飛んでってしまうのでご注意。

 羅生は顔に飛んできました!

この時お好みで砂糖を追加



⑤パイシートを用意します

 柔らかくなるまで自然解凍させて二つに切ります。

⑥フォークで適当に三箇所穴を開けます。

⑦クリーム状のりんごを包み
210度に熱したオーブンで約5分間焼きます

⑧こんがりしてきたら上下をかえしてもう5分焼きます。


そして完成♪

チャーミークリーンと一緒に記念撮影!

(なんでやねん)






二つにきると中身はこんな感じ!

もっとおこげがついててもよかったかなぁ~

味はまんまアップルパイ!砂糖加減がマクド風っすな。

もう一個は羅生のお母さんのお昼のデザートです!

ありがとうの気持ちをこめて★






羅生のお友達ブログ!

やっぱり友達とブログでお互いの日記を見せ合うのって楽しい!

メールとは違って色んな人と見せ合いっこできるしなぁ~。

お菓子全般を扱うブログです。


○奈

http://ameblo.jp/deark-choko-late/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月28日 14時19分51秒

心が傷ついた

テーマ:リンク

病んでる・・・・

http://www.channel4.com/culture/microsites/M/mesh/year_three/320_killingtime.html


追記

この作品みてると、最近の女児殺害事件を思いだします。

メェ~はきっとこのフラッシュのように子供を人間としてみてないんですよね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月28日 02時39分53秒

羅生的芸術論

テーマ:ブログ

若者がつねに音楽に共感を得ているのは何故なのか。

それは音楽というものが常に抽象的なものなのであって、

若者の思春期という存在もまた、抽象的だからである。


私達が認識している己の性格ははっきりした固体ではなく、

どちらかというと液体に近い、未知の可能性を含んだ絶望だ。


芸術という観念で「絵画」をみてみるとわかるように、

様々な「視点」が交差している。

私自身が絵を描いてみて、そして絵描きと時間をともにしてみてわかったことを話そう。


芸術という行為をする人の中でも、絵を描く人はむしろ芸術家より科学者だ。

「雪景色」の絵をみて、一番初めに絵描きは「この白はグレーだ」と言う。

それは科学的発言だ。

常にまっすぐであり、確定した自信を持っている。

それは同時につまらないものだと私は思い、絵描きをやめた。

どれだけ絵にリアリズムを求めても、決して二次元は時空をこえることは無いのだから。

リアルを求めれば求めるほど、それはただのマジックでしかない。

私は科学者になりたいわけでもマジシャンになりたいわけでもないのだ。

世界に名を残す絵描きの中の全てが抽象的な結末を迎えているのも、コレだと思う。

しかし彼らは、彼らの世界を創り上げ、人々を魅了してやまない。

ケミストリーがそうさせているのか?

いや違う。

絵描きという科学者が想像した世界に命が宿るのだ。

それが彼らの目標であり、生きがいなのであろう。


芸術的な殺人があり、その殺人もまた定められた法によって固定されてしまう。

芸術は抽象的でなければならない。

精神の共用ができてこそ芸術とよべるのではないかと思うのだ。


成功例は数少ない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月28日 02時15分44秒

ドラッグ2

テーマ:ブログ

3月に書いた「ドラッグ」という詩


私は私自身を拘束していたんだわ。


ずっとドアを力任せに押していた。


ドアは引き戸だったの。


うっかりだわ、知らなかったの。


家から飛び出てにげだしてみた。


ドアの前で溜まった課題は家の中になだれ込んできたの。


ひとつひとつ片付ける必要なんてなかったんだわ。


だってドアは開いたもの。


あとでゆっくりヒントを書いていこうかしら。


そして持ち主に課題を返しましょう。


みんなはきっと、ヒントがあれば自分で解けるはずよね。


下ばかり向いていた顔を、夜空に向けてみたの。


広すぎて私の両目をもっても認識できないくらい、


広大だった。


怖くなって下を向いたわ。


地面は平安で、私の心も落ち着いたの。


私は、上を向いて生きる必要は無いみたい。


天はあまりにもどす黒くどよんでいたから。


夜空はまるでドラッグに犯された血液のよう。


朝になれば全てを照らしてくれるわ。


でも空は光で闇を隠しているの。


闇と光は対象なんかじゃないわ。


常に闇は存在しているのよ。


光はそれを隠すの。


知らないままに哀れなキリスト。


天馬のごとく、退化するわ。


思考という罠にかかった枯葉だった。


必要とされず、ただ蜘蛛の邪魔をするだけの枯葉だったんだわ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月28日 02時03分24秒

恋愛論

テーマ:ブログ

私は束縛が嫌いです。


「好きだから自分のものにしたい」とか言われても


「お前はストーカーか。」としか言えません。


所有物のように扱われるのが嫌いです。


息ができなくなる。


これは昔の話だけど、今も束縛は嫌いです。


だからしない。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。