夜という異空間

テーマ:

夜、ふと目を覚ます。



例えば、夢の中で何かに追われていたりして。



動悸がして、息苦しい



圧迫感



非現実的な感覚



そんなモノが一気に闇とともにまとわり付いてくる。



ここは、どこだろう。



私は自分がどこにいるのか、まして誰なのか暫し混乱する。



夜、という暗闇しかない空間の中で



私は手足をばたつかせて



もがくしかないのだ。



まるで、まだ夢の中にいるかのように。

AD