悲しい気持ち

テーマ:

君の口から聞きたくなかった。


悲しい言葉


君は肩をこわばらせ、唇を噛み締めている。


「何もかもみんなメチャクチャになればいい」


じっと一点を見つめる瞳からは


堪え切れなくなった熱い涙が一粒こぼれた。


私は胸が痛くなってただ君の背中をさすっていた。


「そうか。そんなふうに思ったの」


今はありのままを受け止めることしかできないのか。


私はただただ悲しくて。


そんな思いに囚われてしまった君のことが


悲しくて。


どうしたら、私は君の呪縛を解くことができるだろう。


君のその涙で曇った瞳にはなにが写っているのだろう。


saso

AD