独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 早速、テレビ朝日の報道番組(昼の)で揚げ足取りをしている。


 この法案について国民は50%以上が反対という。しかし、それを出しているのは朝日新聞。捏造新聞と名高いこの新聞の記事である。


 正直、信頼できるものではないと思っている。一昨日のブログにも書いたが、左翼は揚げ足取りと煽ることが大好きな団体でもある。


 石破幹事長が、保護法案への反対のシュプレヒコールはテロ行為と同じ、とつぶやいて問題となっている。


 私個人の思いとしては、石破さんの主張はよくわかる。


 彼らのデモと普通のデモ、さらに欧米のデモ、右翼のデモとは根本的に違う。


 普通のデモはいたって静かで、拡声器もほどんどない。人の声がその主体だ。その点、その全く逆が右翼だ。ただし、彼らの街宣カーは明らかにわかるものであり少数。だれも近づかない。欧米のデモは、主張し、それを具体的に説明していくものだ。まあ、それとは違うものだが、ある程度人数を集めて、例えば1万人以上を動員してから数というものを集めてからスタートする。


 しかし、左翼の彼らは単なるお騒ぎ、で主張も中身のないものばかり。失礼ながら、あんたら何しに来たのと思いたくなるような連中も参加している。さらに拡声器を大々的に持って行って周囲を煽っている。


 正直、聞いていて耳障りは右翼以上。言いたいこと言って、その先のことはわかったようなふりをする。そんな連中に国に対する意見はいって欲しくない。


 そのうち、これらを先導していた連中はいつしか消えていくだろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 結局、自民と公明の与党の圧勝で幕を閉じた今回の参院選。


 それにしてもなんだかんだ言っても維新とみんなは若干議席を伸ばしているが、それにしても民主の惨敗っぷりは、これはこれで気持ちがいいもんだ。


 ただ、各種労働組合の組織票で民主の多くは当選したようだ。


 正直、自民に対する組織票に関しては文句をいうが、民主党の労働組合の組織票については、ほとんど言わない。


 医師会、郵便局など各企業団体については文句を言うが、自治労、日教組、ゼンセンなどの労働組合の組織票については文句を言うどころか、黙認しているようだ。


 ようは、これが民主のダメなところじゃないのかな。労働組合の組織票はあるが、総じてその組織票は年々低下している。


 しかし、共産党に関してはしたたかに票を伸ばしている。


 「共産党は与党の政策になんでも反対だから、受け皿になった」という人がいるが、まさにその通りだったのではないかと。まあ、とにかく共産の特徴は美辞麗句を並べ立てること。これこそが、共産党たる由縁でもあると。とくに何も考えない馬鹿な無党派層に浸透した。


 共産の意見に賛成するのは、とにかく頭がいい学生が多いことに驚かされる。あとは、浮浪者暮らしをけなす連中が被害妄想的に共産党の言っていることに賛成しているだけ。


 そもそも、共産の思惑は、日本を共産党で統一すること。ただ、それ一点。そのためならば平気で嘘も尽く・・・・。


 山本は、その典型かもしれない。山本自身は、純粋に活動しているかもしれないが、支援者のなかに中核派といわれる公安がマークしている組織が後ろにちらついていたという。


 果たして、それがいいのかどうかは、数年後に現れると思う。その時は、投票者にも責任があると思うのだが・・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本の政治を悪くしているのは、間違いなくテレビマスコミとテレビ朝日を中心とする朝日メディアグループだ。


 それにしても3年前、朝日は何をしたかといえば、徹底した自民に対するネガティブキャンペーンをはった。そして、成功し民主になった。しかし、民主と言えば、綱領すらなく、単なる烏合の衆だったことが白日の下にさらされた。


 それがはっきりしたのがこの衆院選だろう。


 自民の得票は、3年前とほぼ変わらない得票をあげた。まあ、多少は目減りはしたが、それほどでもなかった。しかし、民主はどうか、200万票以上へらしての大敗を喫している。


 これではっきりしたのが自民党支持層は、しっかりと支える仕組みが強固なまでに出来上がっている。


 それに比べ、権利ばかりを主張する労働組合が支持母体の民主は、それ以上の票を伸ばすことが出来なかった。ようは連合を含めた労働組合の低下を示したともいえるだろう。


 にしてもだ、朝日の偏向報道振りは眼に余る。まったくの反省の色なし。


 テレビマスコミと朝日は、もういちどなぜ、民主はこうなってしまったのかを検証しなければいけないだろう。ところが、それすらなく自民党のせいにしている。


 しかし、得票は前回の負けた選挙よりも若干少なくなっているのにもかかわらず大勝した。それをしっかりと背けずに見つめるべきだろう。


 朝日は、本気で日本の政治を良くしようと思っているのか、はなはだ疑問だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いよいよ、政治が活発化してきた。


 ところで、今回の選挙戦、一つの流れが見えてくる。消費税やTPPといったものの背景に、自主憲法制定派と憲法改正派連合vs護憲派の対決ともいえる。


 実は、石原慎太郎氏と橋下徹氏は共通した認識をもっている。いまの憲法を変えようという考えだ。石原氏は自主憲法制定、橋下氏は改正派だが、結局はいまの憲法では不必要だということだ。


 一方、民主党は基本的には護憲派が多い。が、このままでは・・・・というのがある。しかし、動けない。


 日本のマスコミとくにワイドショーのコメンテーターの多くは、理念について全く触れられていない。というか、わかっていない。小異を捨てる、という石原氏の発言の意味を理解していない。それが、理念のないマスコミの姿勢を示している。


 とはいえ、来月16日の選挙は、どう転ぶかわからん。ただ、全部の党が過半数を取れるとは思えない。


 この選挙で一つ言えることは、政党の純化が図られること。政権を握るために、あたりかまわず手を握るということがいかに愚の骨頂かということを民主党政権でまざまざと見せつけてくれた。


 しかし、腹立たしいのは、いっこうにマスコミの謝罪がないことだ。とくにテレビマスコミの横暴さは目に余る。とくにテレビ朝日のワイドショー、とくに昼のワイドショーはとくにひどいのひとことだ。


 こいつらが、さきの民主党政権に確立させるためにどれだけ、貢献したか。まさに害悪のひとこと。


 そして、また自民党への嫌がらせが始まっている。この国のマスコミはいかに愚劣かを物語っている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 野田首相が、解散日を明言して、今日がその日。


 それにしても決まった瞬間、民主党から続々と離党者が続出した。


 腰や肝が据わっていないように思える。


 とはいえ、民主党自体がばらばらなので、本来のあるべき姿になるのではないかと期待半分というところだ。


 離合集散、悲喜こもごも・・・・。


 党も乱立気味。


 そのなかで、埋没しているのが、社民党。とうとう、消える時が来たのかと思うと、正直、やっとかと思えるくらい。

 なにせ、政審会長の阿部議員が離党をしたとのこと。なんとも笑える。


 共産党は、やはりどこ吹く風・・・まあ、今回もそれなりの票はとるし、数の上では上乗せか。それでも過半数は無理じゃないのか。


 自民、民主そうほうとも過半数はとれないだろうし。


 やっぱり連立ということになるのか。


 ここで気を付けなければいけないのが、テレビマスコミのワイドショー。彼らは、何かと色をつけて報道する。そして、それが間違いであろうが、誤報だろうが謝罪はしない。あとは、週刊誌もだが・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 御歳80歳。


 そもそも、こんな高齢者が出てこなきゃいけないくらい日本の政治は停滞したともいえる。


 こうなると昭和の大元勲中曽根元首相も出てくるのか???。まあ、こっちはないだろうとは思うが。


 私の独断と偏見から言わせてもらえば、これで非常に面白くなった。


 大阪維新の会との連携もあるとかないとか。たちあがれ日本を基盤にして、次の衆院選を戦うとか。都知事の後継は猪瀬直樹・副知事に決定している。これは、まあ当たり前の選択だろうし、猪瀬氏だけが石原氏の後継となりうる人物だろう。


 ところで、石原・橋下連合もありうるだろう。しかもたった1期だけの登板になる可能性もある。というのも、橋下市長が、次の次くらいに衆院選に出馬し、維新の政党を率いる可能性もある。


 だから、橋下市長が出てくるまでのつなぎ的なようそもあるのではないだろうか。第三の勢力を築くという腹積もりだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、消費税増税の法案が、衆院を通過した。


 ただ、いまの景気の状況で消費税の増税はいかがなものか、という声が聞こえる。


 まあ、小沢の言うことも一理あるが、この人が動くとどうも政局が不透明になってしまうのが問題なのだが。


 さて、これからどうなのか、政界は一寸先は闇・・・・闇の世界。


 もうひと波乱、ふた波乱あるのかも


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 前にも言ったと思うが、政治の世界は一寸先は闇だ。


 ついに小沢が動き出そうとしている。まさに政党クラッシャー。という肩書きが十分な政治家でもある。


 とはいえ、これまでと様相は違ってきている。ようは、縁の下の力持ちの奥さんが、小沢議員に三行半を突きつけた。


 こうなると、小沢の地元が揺らぐことになる。そもそも、後援会などの地元組織は、奥さんの力で持っているようなものしかし、それが大変な状況になってきているというのだ。


 果たして、これから民主党はどう動くのだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 かつて、自民党総裁をめぐり、小沢・査定なるものがあった。当時の中曽根康弘首相が、次期総裁をめぐり面接成るものを当時幹事長だった小沢一郎が担当したという。


 さて、その面接に出席したのは故竹下登(歌手・タレントのダイゴの祖父)氏、故安倍晋太郎(安倍晋三元首相の父)氏、故宮沢喜一氏の三人。


 結果から言うと、竹下氏が総裁の座に就いた。だが、その時、小沢氏の対応が非常に横柄というか上から目線だったことから、多くの敵を作ってしまったらしい。


 時がたち、民主党の党首になったものの、いまだに人望がない。というか、好き嫌いがくっきり二つにわれる。


 私の独断と偏見から言わせてもらえば、その原因は、ユーモアが無い、表情が悪人面、都合がいいときにマスコミにいい顔をし、悪い時には徹底的に不機嫌な顔をする。つねに高圧的。もし、そのなかでもひとつ、小沢氏に備わっていれば、幾分変わっていたかもしれない。


 小沢氏が師と仰いだ、故田中角栄は、ユーモアとペーソスがあった。


 たとえば、証人喚問に対する質問を受けた時、小沢氏はあきらかに語気を強めて高圧的な態度で記者たちを威圧した。


 しかし、角栄ならこう切り返しただろう。「そりゃあね、君ね~だよ、~じゃ、あるまいし」とユーモアを混ぜ合わせ、会見場を笑い飛ばしてけむに巻いただろう。


 「ああ、角さんならしょうがねえなあ」という雰囲気になる。


 昨日のあの小沢氏の発言じゃ、敵を作るばかりだし、あらためて「やっぱ親父にはなれないし、角栄の後継には無理」という感じだ。時間がたつにつれ、色あせてくる。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日、野田首相の施政方針演説が行われたが、あの野次に関しては非常にいただけないと思うし、いま、災害地の人が観たらどう思うかということが忘れられている。


 野次は野次でも、わきまえて欲しい。そもそも、あんな野次ばっかり飛ばしていたら、話しが聞けないじゃないの??


 人の話を聞いて、というのが基本ではないのか?、そんなこと小学校で教えられなかったのか?と。


 大の大人が、野次とはね・・・・。


 施政方針演説くらい、黙って聴けないのかね。本当に。あれを見ていて、非常に恥ずかしいし、子供たちに対して見本にもならないのではないか。


 教育を議論するうえで、まずは施政方針演説に対する野次を辞めると言うことではどうなのだろうか。


 本当に見苦しい、と思うのだが。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。