独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 やっぱりというか、韓国がまたスポーツに政治を持ち込んだ。


 「歴史を忘れた民族に未来はない」という横断幕を掲げた理由に、「日本のサポーターが旭日旗を掲げたからだ」と言いわけしている。


 しかし、ここに矛盾が生じる。そもそも、そういうものは持ち込んではいけないことになっている。で、日本サポーターは確かに旭日旗を掲げたが、警備員の指摘で即、引っ込めている。だが、韓国側は、それと同じくして掲げ、そのままにした。


 そもそも、持ち込んではいけないのに掲げ、その理由を旭日旗を掲げたからだ、という。日本サポーターはすぐさま引っ込めた。だが、韓国側はそ知らぬ顔。まさに矛盾である。


 だいたい、最初から掲げるつもりで持ってきたのだから、旭日旗を掲げようがなにしようが関係ないのだ。まさに「嘘も付きつづければ本当になる」というひとの品性にも劣るようなことを平気でしている。


 私は、正直、韓国人が可哀相である。なぜなら、歴史は発見と発掘によって変わっていくものだが、それを認めようとしない。


 例えば、高校で朝鮮戦争の話しが出たとき、攻め込んできたのは、間違いなく北朝鮮であることは、国際的な記録や米国の文書、国連の文書にも掲載されている。にもかかわらず、韓国が攻め込んだに変わっていて、高校生はあきらかに韓国が攻め込んでだという風に理解していたと言うのだ。


 朴大統領は反日よりもこっちが由々しき問題として慌てたと言う。つまり、反日にかまけていたら、本来敵である北朝鮮がいつしか、韓国よりも素晴らしい国に変わっていたという。


 まさに北朝鮮の歴史操作の術中に韓国がはまっているとしか思えない。


 北朝鮮の最終目的は、朝鮮半島の赤化統一である。これは終始変わっていない。国際的な挑発も米国への挑戦も、核開発も最終目標は北朝鮮主導による半島統一にあることは明白なのに・・・・、それに気付いていない。


 韓国のレッドでビルの結成も、その主力は親北派といわれいる。だから、共産主義の色、赤を多用していると言われている。


 韓国の歴史は、つねに自分達で危機を作り、その危機を心配し苦言を呈した人物達を暗殺、または抹殺してきた。だが、それが現実になると、とたんに他人の責任になすりつける。朝鮮王朝の大半は官僚達の不正のオンパレード。その結果、日本の支配下に置かれてしまったことに関しての自己反省がない。


 日本が悪いんだという「恨」を持ち続けている。ただ、この「恨」が、自国の政治運営の失敗によるもので、それを知った上での「恨」ならいいが、大半は単なる感情の問題だ。


 韓国が真の意味で、日本を追い越せるのるのは、自国の歴史を勝手に改ざんするのではなくしっかりと正面を見つめていけることにあるかどうか、対決できるかどうかにある。


 まあ、これは半永久的に無理なような気がする。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 強大な政権が倒れる要因がいくつかある。


 過去の歴史を振り返れば、よくわかる。


 自然災害と飢饉、権力者・家の腐敗(国民に知られる)、戦争などだ。


 こうして見ると、いま当てはまる国はと考えると、「中国でしょう」。このところ、中国国内での自然災害が相次いでいる。


 四川大地震と今回の地震、鳥インフルエンザ、数々の汚職事件・・・・・、これらの流れから見ると、最悪の事態を想像しなければいけなくなっている。


 それは戦争。


 いま、中国はベトナム、フィリピン、台湾、日本と島嶼をめぐる問題で危機感を煽っている。さらにこれは穿った見方でもあるが、北朝鮮も焚きつけて、朝鮮半島に緊張をもたらしている。


 その他にも空母の建設、戦闘機開発、インドをめぐる方位などちゃくちゃくと戦争への布石をうち、まさに「遅れてきた帝国主義」を実現しつつある。


 中国の人口は、20億人以上実際は、よくわからない膨大な人口を抱えている。もし、これを全方位配置しても余るぐらいの軍隊を持っている。これを持って人海戦術で事にあたることも可能だ。


 朝鮮戦争でそのことは実証済みだ。あの時も、最初は模様な斜めでみていたが北朝鮮から要請を受けて半島に進出すると瞬く間に人海戦術で米軍および多国籍国連軍を圧倒し、慌てさせた。中国の戦い方は、近世や現代の戦い方とは異なり、まさに戦国時代の戦い方。弾丸をくぐり抜け、ひたすら猪突猛進。死にものぐるいで戦い抜く。


 実は、西洋人たちはこうした戦い方を理解できない。だから馬鹿にする。しかし、それで一目散に逃げ出すのも西洋人たちだ。そこには生きてこそ次のことを運べる。という思考だからだ。


 それにしても、中国は最終的に戦争をするのかどうか?。もし、国内での共産党に対する批判が日に日に強くなれば戦争に手を付ける可能性もぬぐいきれない。そこで手始めに動きそうなのは、フィリピンの可能性もある。次に台湾、ベトナム、最後は日本という形になるのではないだろうか。というのも日米の同盟関係は名目上強固なものだ。


 いま、中国はその分断にかかっている。米国が中国にいけば、それこそ骨抜きにされるくらいの接待をすることは知られている。そこで、日米の離反を図って、それがいい頃合を狙って、日本を攻撃するということもないとも限らない。


 ただ、一つ言えるのは長引けば、中国共産党・政権は間違いなく崩壊する。それは歴史が証明している。だから、中国は動いていないのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 大河ドラマの「八重の桜」がついに、一桁になりそうになったとか。


 しかし、独断と偏見から言わせてもらうと歴史に対していかに日本人が疎いかを痛感させられる。


 正直、日本史に関しては詳しい人にたいして歴女、歴男??といいオタク扱いだ。あと韓国の歴史ドラマに影響されているのか、おもしろさばかりが追求されて事実が隠されてしまっている。


 実は、我々が夢中になっている韓国歴史ドラマの大半は、制作側の虚飾が8割近くあるという。というのも、その資料がほとんどなくなってしまっているからだ。それを、戦後、韓国は日帝時代のせいにしているが、そうではなくて、その時代その時代で反目する勢力が実権を握れば、その勢力が、そういった資料を根絶やし、いわゆる焚書坑儒をして貴重な歴史的資料を散逸させてしまった。


 だからこそ、新羅時代の仏教寺院・仏国寺が残っていたことこそ奇跡に近いものだった。いまでこそ、世界遺産として観光客が来ているが、指定される以前は荒れ放題、荒れていた。それを外国人が見つけ、それを世界遺産とした。外から言われて、民族の誇りのような顔をしている。それが実態なのだ。


 で、話を大河に戻すと。歴史というのは、正直、面白くないものだ。「事実は小説より奇なり」というのもあるが、それはごくまれだ。しかし、一方で人が人々が積み上げてきた地層と言えるかもしれない。そして、その地層がずれるとき、いわゆる地震のようなものが起きたとき大きな歴史が動いた時とも言える。地層を積み上げる作業が日々平凡な日常の生活だと思うのだ。


 だから、歴史は得てして面白くないのだ。しかし、その何気ない日常の中に、大きな地震となるヒントのようなものがある。それを探しながら、なぜ、こうなってしまったのかと。いわゆる点と線が結ばれた時に、歴史という大きなダイナミズムが生まれるのだと思うのだ。


 日本の大河ドラマのいいところは、歴史を積み上げながら、その時大きなエポックとなったようなシーンが戦国時代なら少々、エンターテイメントが入った合戦シーンにつながるのだが、いつの頃からか、それがなくなり、人間ドキュメンタリー調になってしまったが感があり、視聴者が期待している合戦シーンはつくらえることがなくなった。


 独眼竜政宗や武田信玄では、そうした合戦シーンがダイナミックに描かれたものだ。だから、人気が出た。最高視聴率も取れた。


 いわゆる点と線がしっかりしていれば、意外と数字は取れるのだ。と思うのだが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 韓国の歴史についてひとこと。


 といっても、そんなに詳しいわけではないが。それに日本側の見解が多いのできっぱり言うのはなんだけど・・・・・・。


 韓国のひとって「歴史は繰り返す」ということがわかっているのか??ということ。


 韓国の歴史というのはどうも他人のせいにして生きているようにしか思えてならない。というのも、なぜ、韓国は日本に支配されるようになってしまったのか?という理由付けが、「日本が力づくでやったから国際法上認められない」という摩訶不思議な理由だ。


 しかし、その当時、こういう情勢になってしまったそもそもの原因はなんなのか、というものが欠けている。


 原因、結果、要因、その分析がないのだ。だから、いつも同じ歴史を繰り返している。そして、他人のせいにする。


 韓国の歴史を調べてみて、誇るべきものがあるとしたら、あの日本が幕末期のとき、朝鮮半島でも同じような西洋列強が開国を迫ってきた。その時、王朝と地元住民がひとつなってこれを撃退している。


 これは、当時としては画期的な出来事ではないのか。アジア地域では、初めての出来事ではなかったのか。欧米列強は、このときの敗戦を資源なき国家だから取るに足らないということで、不問に期してしまった。つまり、日本を開国させたから、それでいいとみたし、朝鮮王朝は清の属国だからそのうちに・・・という思惑があったのではないだろうか。ただ、王朝がこのとき、本気になって自国優位で欧米列強につきつければよかった。だが、そうではなく、鎖国を続けてしまった。そして、内部分裂をおこし、抗争を繰り返し、疲弊させてしまった。


 それに、日本からのくびきを脱したとき、なぜ、国内で純粋に戦った人が誰ひとり、閣僚に名がなかったのか。いたとしても、なぜそれを隠さなければいけなかったのか?


 いままでにはっきりした答えが返ってこない。


 韓国はいま北朝鮮の脅威になっているにもかかわらず、国内はその危機感がない。つまり、韓国はもう北朝鮮のコントロール下にあるといっても過言ではないのではないか。そして、日本の現政権を右翼と言っている。しかし、近隣が危機的状況にある中で、国内を引き締めようとしているにもかかわらず、となりの韓国はまったく何もしていない。


 これでは、再び悲劇の歴史は繰り返すばかりではないのか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 NHKの大河ドラマ「平清盛」の視聴率が11%代に突入したとか、それが即、番組の評価として考えるのはいかがなものか。

 かつて、NHKが放送してひとケタ台の低視聴率の番組がたくさんあった。しかし、世界に放送されるなかのコンクールで常に賞を獲得していたのはその低視聴率番組ばかりだった。

 皮肉なことだが、視聴率が高いからとそれが即、いい作品かと言えばそうでない傾向もある。

 「清盛」に関しては、脚本が悪いだの、映像が悪いだのいろいろ言われているが、本質的にはっきりってしまえば、この時代のことは日本人にとって全く知らないし、関心がない。関心があるのは、戦国時代。もっとも文献考証が進んでいるからだからだろうが、あまりにも偏り過ぎている。

 これが、日本人の悪いところというか日教組によって毒されたというか。つまり、大学受験に関係ない物は勉強しない。保元・平治の乱とかそういうものを断片的にしか教えない。これが、問題なのだ。

 日本人の若いひとが歴史が苦手、というのは非常に問題だと思う。そもそも、学歴社会のなかで官僚になった人が歴史をしらなすぎるという印象がある。

 歴史を研究すれば、なにかしらのヒントが見つかるはずだ。しかし、日本人はそれをあえて避けているようにも思える。

 今回の大河は、確かに歴史を知らない人が書いているかもしれない。しかし、だからこその発見もある。それは天皇家の当時の退廃ぶりだ。これが、新・平家物語の時に描かれてしまうとということはなく・・・・だったような気がするのだ。

 今回のようなドロドロなものを描けば、強烈なクレームがあったはずだ。しかし、それがなかった。

 難しいからというのもある。しかし、そこから目をそむけてもなんともならない。私から言わせもらえれば、今回の作品は原作がない。だからこそ、自由に描ける。だが、基本がなっていないという印象もある。

 ある評論家は、「これから源平合戦ですにすれば、視聴率は上がるかもしれない。が、松山“清盛”は視聴率が上がるかもしれないが、おごれる人も久しからずというのはなくて……」という暴論をはいている。
 
 NHKは視聴率が低くても、最後までやってくれる。これは民放では出来ないことだ。いろなことがあってNHKはたたかれることがあるが、番組に対する姿勢は評価すべきだろう。

 保元・平治の乱がいよいよ近づいてきた。これは清盛にとっては肝となる部分。戦闘シーンはしっかりと描いてほしいものだ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日の25日の坂の上の雲は、非常に映画のような仕上がりに正直、驚いた。


 思わず、パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ曲が頭の中で流れ、そして頭から離れなくなってしまった。


 いやー、正直、あそこまでの完成度だと、映画にして海外に出しても遜色ない出来だった。


 ストーリー展開は、やはり最初考えていた脚本家が急逝したことで、くるってしまった感すらある。


 ところで、偶然か何か知らないが、日露戦争と第二次大戦(太平洋戦争)を背景にしたドラマが放送されていた。

 

 しかし、同時に放送されたことで、ひとつ見えてきたことがある。それは、日露のときと太平洋を比べると、はっきりと兵士、将官たちの意気込み、危機感が違う。


 日露は、将官、兵士たちが一つの方向に向いて団結していた。一方、太平洋は団結しているように見えて、各部署ともまとまりに欠けていた。


 これもひとつの要因でもあるだろう。カーネーションは庶民の立場から放送されているが、日露のときは、貧しくとも国が強くなればそれでいい。我慢しようという気持ちがおのずと自ら起きていたものだ。


 しかし、太平洋のときはどこか、他人事のように写る国民が多かった。


 このさも先の大戦で味わった余韻を抜け出せず・・・・と言う感じがしないでもなかった。


それにしても、これほど明らかな差はないのではないだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

歴史歪曲教科書で学ぶ日本の中学生5万人(上)

教科書採択率2001年0.04%→今年4%「100倍」に急増
政治家の極右発言拡大が影響

http://www.chosunonline.com/news/20110903000030



 本当に韓国は、これを反省しなければいけないのではないか。日本よりもまずは韓国におけるねつ造歴史を修正しなければいけないのではないか。そして、過去の歴史を日本のせいにすることをまた、21世紀も続ける気か、といいたい。


 まず、日本の歴史はとくに現代史、現代史は、反省の歴史であり、さきの大戦を反省してきた。そして、つにね日本は悪い、という教育を受けてきた。しかし、戦後、様々な資料が発見され、歴史は書きかえられている。


 それが、当たり前になっているのだ。それが、検証という作業というものだ。ところで、韓国にはそれがあるのか?


 ないだろう。それをするような学者、有名人がいれば、親日派といってネット虐殺という愚行を犯している。それを直さないと、半永久に、北朝鮮と中国に支配され続けることを知るべきだ。そしてその、他人のせいにするれきしこそをまず、見直すべきだろう。


 韓国こそ、近代韓国史、近代朝鮮史をもういちど見直すべきではないのか。歴史歪曲をしているのは韓国自身であり、近代史と現代史の朝鮮史は、まさに嘘とねつ造を繰り返しているではないか。


 ましてや親日派なんていう名簿まで作っている。


 韓国人にまず問いたい。


 あなた方は、韓国という国をどこに導きたいのだ。嘘をついてまで。


 韓国は、日本の幕末の時点で両班が、全国民の80%いたというのを認めているか?、まずは、認めていないだろう。しかし、当時の朝鮮を訪れた外国人がそれを記録している。そんなことをあったこと自体認めていない。


 さらに高宗、大院君、ビンヒ、閔姫、閔一族が朝鮮王朝末期が権力抗争をし、にっちもさっちもいかなかった事実を教えているのか。


 とくに韓国は、英雄伝説を好むだろう。そして、それを学校で教えている。日本では、戦争を賛美するため禁止となった。その時点で、全く違う。そもそも学校で教えることは禁句となっているのだ。


 韓国ではあたりまえのことが、日本では当たり前ではないのだ。そもそも、それを直そうというのが、いまの日本なのだ。つまり、韓国と同じことをしようとしているのが今の日本。それを、批判しているのだから、そこではっきりしているのだ。つまり、韓国は高貴で、日本は貴賎。韓国は、偉く、日本はゲス、屑、猿というたぐいなのだ。


 韓国のこの傲慢さが、まず日本の反発を生み、右翼を生み出しているということを理解すべきだ。


 それに、朝鮮が日本の支配から独立した時、ではなぜ、国内で純粋に活動していた連中が、国政に参加できなかったのか、説明がない。


 韓国人にそれを聞いてもまともな答えが無い。そもそもが、そうした行為がまず歴史の流れを理解していないということのあかしだ。

 日本ならば、まず、ことの経緯を説明し、なぜ、国政に参加できなかったのかが記される。そして、こういう理由で、参加させることができなかった。などの多くの仮説がたてられ、それぞれに分析され、書店に多くの関連図書がならぶ。敵対するもの、批判し、新しい仮説を披露するなど、そうしたものがそじょうに上り、分析、解析されたものがひとつの正式な歴史として評価される。さらに、これを覆すような資料が出ようものなら、即座に分析にはいる。そいったことの繰り返しなのだ。


 原因があり結果がある。そして、その原因にも理由がある。さらに何通りの勝者と敗者の歴史がある。


 日本は、いま、敗者の歴史にも焦点をあて、さらなる歴史の検証を行っている。たとえば、かつては悪とされたいた、田沼意次や平清盛、井伊直弼、明智光秀、吉良上野介、徳川綱吉、古くは、物部氏、蘇我氏の政治についても再検証が進んでいる。そして、検証が進むにつれ、勝者が敗者の政策を盗んできたという傾向が出ていることが明らかになってきている。


 ところが、韓国は古代史は進むが、近代史、現代史は、すでに反日で凝り固まっている。

 韓国では日韓条約は、無効ということで決着がついている。しかし、なぜ、そんな条約を結ばなければいけいないほど追いつめられてしまったのか。


 その答えは、日本が高圧的に条約に署名せよとせまったから・・・・・・、そう、自分たちは悪くない、悪いのは日本だ。


 自分たちのその時の状況を分析した歴史が無いのだ。


 日本は第二次大戦がどうして、おきてしまったのか?なぜ、突入しなければいけなかったのか、その時の米国の思惑は、そして海外の状況は、日本の国政で問題が無かったのか・・・など、多種多様にわたる分析が加わる。


 韓国の歴史には、そんな議論を自由にできる環境にあるのか。すこしでも、日本を支持するような、意見を述べようものなら、名誉、地位も無くすような、大量ネット虐殺が敢行される。よりにもよってたったひとりを、数千万サイトが攻撃し、そのひとの人格も否定するようなことを平気でするのだ。


 それを無くさない限り、果たして、韓国に日本の教科書について批判する権利はないし、これこそが内政干渉そのもの。


 靖国問題も同じ、法則である。


 自尊心で滅びる。これが朝鮮史の教訓でもある。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 大いなるマンネリが、終わるときが来たようだ。


 これで、日テレ、フジ、テレ朝、テレ東と連続時代劇の放映が、終了することになる。残るは、大河を持つNHKのみとなるわけだ。


 視聴率も落ちたことが要因だが、うーん、実は少々気になることがあったのだ。いま放映中の水戸黄門で、現在の政治や社会を風刺した場面。ストーリー展開が多くなったことだ。


 これが、多くなってくると、打ち切りの時間が早まるような気がするのだ。


 つまり、露骨に社会風刺的なものを持ってくると、時代劇の本質的なものを見失ってしまうのではないかと。


 暴れん坊将軍も、そういうのが多くなり、結局視聴率が下がるのを止めることができず、正直に言えば、そういうことを始めてから、急速に下がったような気もする、そして、結果は打ち切りの憂き目を見た。


 正直言うと、いっそうのこと大幅な転換、極端という発想が必要だろう。


 私の独断と偏見で言わしてもらえれば、少年隊の東山、ビジュアル系のガクト。清純派の三浦春馬、大河「江」で見せた演技が好評のAKIRAなどイケメン系をそろえるのも一つだ。そして、楽曲も、演歌調な曲からロックやヒップホップなどを混ぜたものもいいのではないか。


 正統派時代劇は、東山、妖艶かつアクション系の強いものには、ガクト。奉行系にはAKIRA、清純な生きのいい主人公が売りの時代劇には三浦というのでもいいのではないか?と。


 ストーリーも展開自体を現代風に合わせるのではなく、より古典的なスタイルに挑戦してみるのもいいのではないか。


 時代劇は、工夫次第で売れてくると思うのだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 それにしても小笠原諸島が世界自然遺産に指定された時、意外と思った。なぜなら、もっと早く登録されていてもおかしくなかったからだ。


 一度も大陸とくっついたことが無いという小笠原諸島。それだけに貴重な島々だからもっと早くに登録されてもと・・・・。


 ところで、小笠原諸島って東京都なのよね。東京都って、広いんだって改めて思う。


 一方、中尊寺の平泉。


 1000年の歴史を誇る、古都でもある。ある意味だが・・・・。しかし、マルコポーロの黄金の国ジパングのネタ元とも言われている。


 金色堂は、さすがに煌びやか。仏教都、極楽浄土を根ざしたところだけにその規模は、文化遺産にふさわしいものだろう。


 まあ、一回目の失敗は理解を得られなかったこともあるが、このことによって町の人がいろいろと考えて登録に成功したと言えるかもしれない。


 日本は、文化遺産にしてほしいものはいっぱいある。しかし、日本人はあまりそのことに気がついていない。


 だからこそ、学校で教えてほしいと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 平成に入って23年。


 実に自然災害が多い。


 しかし、だからこそ、というのか天皇陛下の存在感が増している。


 それに拍車をかけているのが、革新政党の党首が国家の首相となった時のどうしようもない体たらくさだ。


 日本の天皇は、世界的にも珍しい万世一系の血統を持ち続けている希有な皇室でもある。


 まあ、天皇家は1000年以上続いているのだが、最初のころは、天皇家としての地位はいまほど盤石ではなかった。しかし、様々な事象があっても天皇家として歩んできた。


 そして、途中で神格化されたこともあって、まさに高貴な存在になっている。


 どこか、キリスト教のローマ教皇並みの存在感を誇っている。


 政治に左右されない、高貴な存在として日本国民を見つめている。


 それができるのも、長い歴史があったからこそ。もし、天皇家の存在がなければ、いまの日本はなかったのかもしれない。


 被災地、避難所に訪れた天皇陛下のお姿を見るとそんな思いにかられた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。