独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 ご無沙汰しております。


 さて、今回、サッカーの日本代表監督にアギーレ氏が就任することが決まりました。


 すなおに喜びたい。4年前、誰もそっぽを向いていたことを考えると、いいことだと思う。


 さて、この監督決定に対して、文句を言う方が大勢いられると思うが、日本はそんなに魅力的(地域的に)ではないことは多くの欧州出身者コーチ、南米出身者コーチが言っていることだ。


 島流しってね。


 それでも、来たいとという琴線に引っかかるのは、他国とは違い、結果が出なければクビというのがない。4年という期間はきっちりと何とかしてくれるという協会への信頼がある。


 目の肥えた、サッカーファンからは物足りないという意見は多くある。結果がでなければ監督を変えろというが、いまの日本でそれをすると、かつての社会人リーグよりも悪化するという持論を持っている。


 さて、ブラジルでの結果は、散々ものだった。これは8年前のジーコの時と同じという人がいる。


 しかし、私が注目したのは、長友、内田、長谷部、吉田の涙だ。8年前のドイツでは中田以外それがなかった。


 この違いだ。ようは、W杯は単なる、出場することに意義があるから、W杯は勝たなければ意味がない、というくやしさが、全面に出てきたこと。その変化がある。だから、8年前とは違ってきている、そして、日本は間違いなく成長しているというあかしでもある。


 空港でのサポーターたちの振る舞いに、憤慨する生粋のファン、サポーターはいるだろう。しかし、ここは日本であり、南米や欧州ではない。日本のサッカーの歴史は100年以上のものを持っているが、試合に対する思いは、雲泥の差がある。


 日本の場合は、勝負事というよりは、どこか精神修養の一環でスポーツは扱われてた。だが、欧州や南米は違う。そこが根本的に違うのだ。


 フェアプレーに徹し、勝負よりも選手個々の頑張りに評価を与える。これが日本でもある。


 私の独断と偏見から言わせてもらえば、正々堂々とプレーし、フェアプレーに徹し、なおかつ、その強さを身に着けること。ずるがしこさを身につけよとは言わない。ずるがしこさ、よりも宮本武蔵のように精神的な強靭さと肉体的強靭さを併せ持つことこそが、日本の目指すサッカーではないのかと思うのだ。


 南米、欧州のマリーシアではないずる賢さ、狡猾さ、抜け目のなさを磨けばいいのだと思う。


 日本は体格的に欧州、南米に対しては不利に働くだろう。しかし、それを逆手にとる。つまり、己を知り敵を知る、身の程をわきまえる。


 正々堂々とは戦うが、本当に正面切ってではなく、様々な技を繰り出して、相手をほんろうさせる。そういうサッカーを目指すべきだと思う。すばっしっこさはカウンターではなくゴール前でのハンターであるべき。理想は岡崎みたいに泥臭く、ゴールを決めるエースFWの育成だ。そして、変幻自在にフォーメイションを変えることができる。


 つまり、90分の間に最低でも6つくらいフォーメイションが変更できるくらいのチームが理想だと思う。最初は3-4-2-1→4-4-2→5-3-2→4-3-2-1とアメーバーのように変化してもチームの質が崩れない応用力のあるチーム。そうしたチームを作り上げていく。日本ならではの編成でゴールを積み重ねていく。あいてに絞らせないサッカーをこれからは目指して行ってもいいのではないだろうか。


 そのためにはJリーグ、ユーティリティな選手たちをもっと育成していくべきではないのかと思うのだ。なでしこジャパンのように。

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

 正直、消化不良という言葉がふさわしい試合だったといえるだろう。昨日のキプロス戦。


 それにしてもがっくりという言葉が似合う試合というのも・・・・だ。


 が、正直、そんなに悲観的ではない。というのも、あまり勝ちすぎるのもいかがなものかということだ。


 かつて、ジーコジャパンの時、海外遠征を敢行し、好結果を残した。しかし、W杯本番では、ボロカスになっていた。


 それと比べると昨日の試合は、御の字だったのではないかと思っている。


 内田、長谷部のけがのことに関しては、治っていると感じていいという感触だ。長友にしてもだ。


 多くの評論家の連中は、本田限界説を唱えるだろうことは目に見えていた。そもそも、試合に出させてもらっていない本田に文句をいっても始まらないだろう。


 ある評論家は、本田の調子について「これではだめだ」と断言しているし、限界説まで言っている。


 ところではたしてそうなのかと思うとそうではないように思うのだ。


 また、ある評論家は、昨日の試合のことを舞台に絡めてゲネプロと評していたが、それは的外れもいいところ。


 それを言うなら、本番前の米国での最終親善試合こそがゲネプロにあたるだろう。それを国内親善試合ごときでゲネプロというのはずれているとしか言いようのないものだ。


 演劇のゲネプロとサッカーの壮行親善試合は、まったくの別物だ。さらにサポーターに対して文句を一言垂れていた。サポに関しては、熱烈なファンならずとも熱くならずフレンドリーな試合観戦をすることで世界的に評価されているのが日本のサッカーだ。よくてもわるくても、選手たちをたたえる。


 しかし、評論家の人はこれを甘いという。しかし、よく考えれば、それをしていけば、完全にファンは離れていくのが目に見えている。かつてのJFLのように。


 わたしの独断と偏見から言わせてもらえば、日本のこの応援風景こそが世界を驚かせ、これこそが理想のサッカー観戦といわしめるところにあるのだ。もし、昨日の試合をブーイングで締めたらそれこそ殺伐としたものになる。


 とにかく、昨日の試合は短期間の合宿で、選手たちの仕上がりの具合を見ただけで、これをもって次への調整と考えるべきだ。


 本田に関しては、本番になるまではわからないし、他の選手も同様だ。前回の南ア大会では、もうすでにこの段階でボロボロとみっそかすにたたかれまくっていた。しかし、ふたをあけたらベスト16という結果になった。それを考えると、キプロス戦は対ギリシャという想定があるもののまあまあいんじゃない程度。


 だから、ようは別に楽しめばいい。そこで、悪いところをチェックし、次へ備える。それが日本合宿最後の壮行試合、キプロス戦ではなかったのではないかと思っているのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

 それにしてもサッカーのACLが始まっているのだが、どうも盛り上がりに欠けるという意見がある。


 確かにそれはある。


 正直に言ってしまうと、中国のチームと韓国のチームがあってホームアンドアウエーで試合が行われるのだが、どうもこの大会通して昔から言われているのが審判の質の問題と、中韓の何でもアリサッカーが日本のファンを離れさせているのではないかということ。


 日本vs中・韓クラブチームの対決構図になっている。


 日本のチームをいかにバカにし、コケにし、喜ぶか。さらに反日を掲げ、自分たちよりも日本が下であることに満足感を抱く、そんな構図が目に見えるのだ。


 実は、サッカーの質の目が肥えれば肥えるほど、中韓のサッカーがいかに低レベルのものか見えてくるのだ。彼らのサッカーは対日本戦に限って言えば、大けがさせてもいい、ぶっ殺してもいい、そんな気迫というか感情でぶつかってくる。


 日本にとっては、w杯もあるし、そんな無理はさせられない。しかし、彼らにとってはそんなのはお構いなしで試合をする。


 正直言って、こんなサッカーみても面白くもなんともない。単なる不快感だけがたまってくる。確かにそんなチーム勝ったとしても違和感を感じる。


 そうなると見たくないというファンが多くなる。


 それではだめだ、という専門家もいる。しかし、相対的に審判のレベルが低レベルのアジアでは日本が勝つことは至難の業だ。


 たとえば、韓国の選手が足を引っ掛けても笛は吹かれない。一方、日本の選手が同じことをすると瞬時に笛がなる。こうしたことが度重なると、正直、ACLはいらねえってなことになる。


 正直、言えば、中韓と日本は、別個にすべきと思う。いまの状況では問題が多すぎるのではないか。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 サッカーの日本代表がベルギーに勝った。

 3-2(前半1-1)。


 内容的には3-1で勝てた。先制点は本当にいらない失点。酒井高徳の危機感のなさが真似いた結果とも言える。あの時、そのまま蹴り出していれば問題がなかった。これは、本当にいらない失点だった。


 それ以外は、なんも問題ない。


 攻撃もオランダ戦で勝てるシュートを柿谷が外してしまったが、これをきっちり決めていた。無駄玉が少なかった試合だったと思う。


 選手の固定化に対しての批判も多かったが、オランダ、ベルギーとの大迫と柿谷の得点は大きい。


 しかし、守備は攻撃に重点を置けばリスクを担うことになる。その点を考えれば、失点が多くなるのは見えている。だが、それを少なくしていく。それが前線からのプレスだ。


 今回の結果は、選手間通しの活性化というのがある。


 果たしてそれだけかと考えるとそうじゃないと思う。Jリーグで活躍している選手を使えというが、結果的にそれが出ていない。どこか、海外組に国内組が頼っているところがある。例えば、香川や本田に固執している点があるからだ。


 しかし、オランダやベルギー戦では、彼らを利用する動き、そして彼らが回りをより使い、利用する。つまり、日本だからできる「阿吽の呼吸」が徐々に完成しつつあるということか??だが。


 ただ、これが11人ましてや22人以上できなければいけない。それをするには時間がかかる。固定化というのはこれからの日本にとっては大きい。とはいえ、固定化を外すには、これでもかというほどの意識改革が必要になる。つまり、負けたり結果が出なくなることで、選手間で、「これではいけない」という大きな危機感が必要になってくる。オランダ、ベルギー戦では新しく入れた選手が結果を出した。だからこそ大きいのだ。


 かつての日本なら、結果が出ていなかった。ようやく、今回の試合で少し出てきたかなという程度だろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 サッカーの日本代表、豪州戦で世界最速のW杯行きを決めたわけだが、昨日から今日に掛けて行われたイラク戦。

 後半44分に岡崎が決めて1-0で勝った。


 ときおり、攻め込まれるシーンもあったが、いなしながら勝った様に思う。そもそも、イラクは日本に勝たなければいけない状況に追い込まれていた。


 だから、その気迫はそうとうなもの。生半可な気持ちでは防げないだろうし、それでも日本が圧倒するなんて思っているのは驕りもいいところ。


 この試合は、イラクの攻撃をいなし、交わして最後に意気消沈させる岡崎のゴールで勝ったと言った方がいいのかもしれない。それ以上を望むなら、贅沢と言うものだ。考えようによっては気負っている相手を攻めさせておいて、人数が少なくなり、さらに攻撃的になったイラクをカウンターで引導を渡した。そんな感じがしないでもない。


 イラク戦では香川がトップ下のハーフナーや伊野波、酒井(宏)といった選手を試していた。とはいえ、充分な成果やデーターを得ることはできなかったが……。


 次ぎはコンフェデ杯、世界を驚かせることが出来るのか、と考えると非常に??な部分もある。それでも、優勝を狙って上を狙うことは普通なことではないのか。


 あとは、選手次第ということになる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 サッカーのACLが行われているが、日本勢は相変わらずの弱さを露呈している。


 今日仙台、広島が敗れた。最悪なのは広島がホームで破れ3連敗。非常に情けない。


 正直、日本は出場枠を減らしてもらったほうがいいのではないか。4チーム出場する必要はない。2チームだけで十分だ。


 天皇杯とリーグ優勝。その2チームだけで十分だ。


 まあ、アジアの審判の質もある。だが、このままでは1次リーグ、2次リーグ戦で日本勢の全滅は時間問題とも言える。


 抜本的なチーム改革が必要なのではないかと密かに思っている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 実に昨日というか今日というか、サッカー、ブラジルW杯最終予選のヨルダン戦。日本は1-2で破れ、本大会出場が6月にずれ込んだ。


 しかし、正直、決めるときに決めとけばすくなくとも4-2ではなく4-0もありえた試合だった。この試合の敗戦の原因は、前半の前田の絶好機にあっただろう。あそこで決めていれば、ながれは少なくとも日本に来たはず。


 結果的に敗戦はしたが攻撃はそこそこなっていたと思う。結局は、決めるときに決めないと、こうなってしまうというお手本のような試合だった。逆を考えれば、決定的チャンスをつぶし続ければ、弱いチームでも勝てる試合でもあったということだ。


 それにしても、ヨルダンがホーム強いのはうなずけた。なにせ、時計のないスタジアムとポインターを使った妨害工作。これでは、勝てる試合が多いはずだ。


 だって、国際大会には考えられないようなスタジアムであり、審判の裁量しだいではなんだって出来る状況。こんなんでよくやってられると思う。


 ただ、パワーポインターに関しては、本当に中東は多い。私もテレビで観戦して思ったことだが、ヨルダンは確かにスピードとパワーはある。しかし、とにかく行け行けのみで単純にそれだけ。それ以上でも、それ以下でもない。それを補っているのがこうしたパワーポインター妨害だ。


 FIFAは、こうした行為を止めさせるためにホームアンドアウエーやる試合でこうしたパワーポインターで妨害行為が見られたときは、ペナルティを課すくらいの厳罰をするべきだ。最悪の場合は勝ち点の消失を実行してもいい。それくらいしないと終わらないような気がしてならない。


 ただ、ひとついえるのは、中東は国際大会に出ても勝てない。こうした行為をしている以上、勝てるわけがない。だから、勝ち点もほとんどがホームと言う成績だ。


 中東は、こうした問題を解決しない限りは、まだW杯に出る資格はないということだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


独断と偏見の日記帳

独断と偏見の日記帳
 昨日の天皇杯、見てきました。


 それにしても決勝のガンバ大阪と柏レイソルの対決は、親会社の現状を見ているようだった。


 ガンバはパナソニック、柏は日立。レイソルという名にその日立の名残を残している。


 しかし、その試合内容は実に親会社??の現状を表しているかのような試合でしたね。


 とにかく、パスが回るガンバと守備に徹しながら一刺しを狙う柏。


 家電メーカーとして隆盛を極めた双方。しかし、いまその二つの会社は明暗を分けている。


 パナソニックは、テレビ事業で失速して二転三転の状況。一方、日立は家電から撤退したあと原発事業などで新たなる展開をみせ、業績も好調になってきている状況で、ほかのメーカーとは一線を画している。


 ある意味、東芝とにたような感じにある。


 さて試合は、攻めるガンバに攻撃的な守備で挑む柏。綺麗にパスが回るのに最後までいかないガンバ。これはいまの電機メーカー大手のパナソニックの運営に似てはいないか。


 柏は、しっかり守って攻撃を防いで一発で決めた。

 

 これは、家電から撤退というかそこから総力をほかへ移した。その結果、経営自体は浮上した。


 ある意味、親会社の経営状況をそのまま見せてくれた試合だった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本は、やはりブラジルには歯が立ちませんでした。0-4の敗戦。私個人の独断と偏見で言わせてもらえば、同じ惨敗でも何となくだが、昔とは比べ物にならないほど勉強になった試合だったのではないかと。


 またぞろ某評論家が日本は成長していないとか南アとは全く変わっていないとか、言っておられるようだが果たしてそうなのか。


 ブラジルはほぼベストに近いメンバーだったが、日本は、前田、岡崎という攻撃の二枚看板がいなかったし・・・・・。


 とにかく、日本もブラジルも新布陣を試していた。ブラジルは完ぺきに近いくらい、できすぎの結果。一方日本は、結果は伴わなかったが、戦い抜く姿勢は貫いたかな、という感じ。


 しかし、面白いのはジーコの時の欧州遠征は、強豪に勝ってしまったが、本大会では結果が出せなかった。


 その前のトルシエではフランスと戦って惨敗を喫した。


 それと今回のブラジルとの一戦は、非常によかったと思う。反省点としてあげれば、ミドルや裏へ行こうとする動きがなかったことだろう。


 しかし、それは選手の問題、ブラジルは監督は何もしていなかったようにも思える指示もなにもかも。すべてピッチ上の選手たちで考えながら試合をしていたように思う。


 ただ、日本の超有名な某評論家は、約束事を決めて、采配が???だったとか言っておられるが、それこそが問題ではないのかと思う。ようは、もっと選手を批判しろというのだ。監督ではなく。実際、個人名を出してもいいのではないか。こんな大物ていうか、ブラジル代表候補どまりで日本のリーグで活躍した程度の人物だが、それすらできないのであれば、意味がないのではなかろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日、おくれてサッカーの親善試合、フランス戦を見たがいやー、やっぱすごかった。勝ったことがすごいというか。


 フランスは、あんだけ打ってはいらなけりゃ、こうなるわなの典型的な試合をしてくれた。


 とはいえ、見た目、防戦一方にみえたが、なんか、フランスが川島の術中にはまったような気がした。前半のFKもわざと壁をあけさせ、よんだところにボールが飛んできたようにも思えた。後半にもそんな光景が何度か見えた。つまり「打ったー」「止めたー」というような瞬間的に動きがかいま見られた。


 つぎは、ブラジル戦だが、今回のようにはいかないだろうが、頑張ってほしいものだ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。