独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 これから思う、私の意見は、とにかく独断と偏見なのであしからず。


 TPP参加を巡り日本は、ついに交渉の場についた。


 私は、外交面からも日米同盟からしても必要だと思う。


 それにTPPは日本にとってこれまで眠っていた、というより邪険にされてきた産業分野に陽が当たるのではないかと思うのだ。


 自動車、保険、農業・・・・、超大国米国(中身はボロボロ、格付けがトリプルAというのが信じられない。実態評価、トリプルBかそれ以下だと思う)が狙うのは日本市場の米国化でもある。


 米国は、なにかあると難癖をつけて日本の市場に切り込んできた。つねに受身のような形成になっていた。


 それでも日本の産業界は犠牲をだしながらも成長産業へと転嫁していった。結局は、米国の敗北で終わるのではないかと思うのだ。


 その鍵を握るのは、日本の消費者だ。日本の消費者は、世界でも最高水準のクレーマーでもある。ただし、賠償金をやたらめったら言わない、良心的クレーマーであり、その反面、サービスやサポートがダメならば、一切見向きもしないという恐ろしい面もある。


 ましてや、嘘や虚言で売ったとなると、その会社が倒産するまで徹底したネガティブをはる世界最強の消費者でもある。


 米国の車が売れないのは規制があるからだ、と主張し開放を求めてきている。日本は、それに従った。


 これに対して、ある評論家など有識者は、日本の敗北という言葉で憂いている。しかし、はっきりしているのはそれでも米国車は売れないだろうということだ。


 米国車が売れないのは、ひとえに高燃費、サポートのいい加減さなどたくさんあるし、それを米国企業側が深刻に受け止めてきていなかったからだ。


 それに対して、かつてフィアットだったか、格安の車を売り出したが、全く売れなかった。それは欧米車特有のカスタマイズを重視したためだ。


 だが、日本は基本装備の上にカスタマイズをする傾向にある。エアコン、ラジオ、CDデッキ、そしていまはカーナビがついていないと納得しない。いまは、その割合が少なくってきているが、それが多数派であることは間違いない。


 あと、壊れた時の修理だ。日本車は、腕のいい職人たちが控えている。面白いのは日本車、欧米車いずれも基本的な部品などは日本製が多いのが面白い。


 ただ、欧米の技術者はいたるところが大雑把、そんな米国人技術者がつくった製品が正常に動かないというのがある。


 いい意味でも、悪い意味でも。

 

 そもそも、いつしか、~国製というのが関係なくなるのではないか。究極は、~社製になっていくのではないだろうか。その中で、いいものだけが残っていく。つまり、日本の製造業が復活する可能性がある。ドイツと日本の製造業が1位と2位を独占する可能性もなきにしもあらず。


 あとは農業。実は、日本は農業をしたいと思っている若者がたくさんいることは知られている。しかし、その足かせをはめているのは農業協同組合と農業政策にもある。かつて米国によって潰された大規模農家へのシフトチェンジがうまくいけば、米国すら凌駕する高品質、良質の農作物をつくることができると確信できる。


 それでも結局のところ消費者次第ということになる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本当に、中国は嘘つき国家。


 共産主義国家は本当に信用できない。今回の事件で改めて思った。中国は、本当に信用できない。信用する方が馬鹿というしかない。申し訳ないが・・・・。


 最低限、中国を信じるとしたら共産主義を放棄した時だろう。


 あと共産主義政権70年崩壊説が真実味、現実味を帯びてきた。


 あきらかに中国軍が威嚇しているのに中国政府は知らぬ存ぜぬを決め込んでいる。


 これは明らかに国際法上よくないものだ。こんな国が常任理事国にいること自体問題であり、そもそも中国がそこにいること自体その資格はないはずだ。


 あるとしたら、台湾だろう。それを認めたくないために中国は台湾外しに躍起になった。中華民国が台湾、中華人民共和国が中国だ。しかし、共和国としてふさわしいのは台湾だ。


 ところが、共和国と言っているのは中国だ。共産党一党独裁で言論の自由はない。果たしてそれが共和国を冠する国家として信用できるのか。はっきり言って、信用できるわけがない。そもそも、国名からして偽りだからだ。


 偽りだから幼稚な行為をしても国際的に許されると思っている。


 中国は嘘つきだ。ということを日本人は肝に命じるべきだ。


 ただし、中国政府と人民解放軍は必ずしもひとつではない。それでも、中国は信用すべきではない。なにせ、国名からして偽りだからだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 アルジェリアで、日本人の従業員がテロによって殺害された。


 さて、事件後の日本人はどうなったのか。世界各国から自国民を守ろうとチャーター機を用意して同胞を守ろうと飛行機を飛ばした。


 しかし、日本は来ることができなかった。なぜなら、憲法9条があるから。「はぁ?」、と言われるかもしれないが、これが事実。


 というのもなんでも反対の社民や共産党などはこれを盾に世界で起きた邦人の救出はまったくといっていいほどできなかった。


 これにすべての責任は日本の政府にあるとする見解を述べている。


 スパイ防止法すら決まらない。


 国の機密を盗んだのに窃盗罪でしか、裁くことができない。


 こんご日本人は、テロの標的にされるだろう。


 それにしても、社民党や共産党は、まったくといっていいほどこのことに声明を出していない。人権を大切にする党なら、徹底的に言うべきだろう。


 彼らはアルジェリア大使館に言ってもっと文句を言うべきではないのか。米国の時だけ、批判ばかりし中国や韓国などの国でこういうことが起きてもそうしたことは全くしない。


 正直にいうが、憲法改正は行うべきだ。というより、そもそも70年も手を加えていないのは日本だけだ。


 それに法だけ変えればいいじゃないかという主張もあるが、国の根幹は憲法にある。これがあるからこそ法律も生きてくる。


 いまの日本は、これがないのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 安倍内閣がスタートした。


 しかし、やはり馬鹿三国はそれなりの言い分を発している。


 中国は、模様斜めの様子、尖閣があるからそれなりに動向を見ているようだ。


 北朝鮮は、ほぼ無視の状況。


 だが一国のみ過剰に反応している。朝鮮日報が「妄言内閣」と批判している。竹島などに関してのことだが、はっきりって、こんだけ言ってくれれば勝手に韓国に戻ってくるのは確実。


 それを強引に言い切っているのが韓国。この状況に嫌気がさしているのが、世界各国だ。呆れてものがいえない。


 財力にものを言わせてのPR活動は日増しに増加している。日本は黙っている。しかし、これがいいようで、世界各国から同情の声が上がっている。


 「なぜ、ここまで言われて黙っているんだ」というものだ。日本は「事実ではないのですが、ここで怒れば、また戦争へ行ってしまう。だから言わないのです」という感じだ。


 「なんと、理性的な」という構図が出来上がってしまう。だから、韓国が騒げば騒ぐほど、世界は日本への同情が集まる。それを韓国人たちは納得できない。


 韓国人が自国の歴史を誇るのではなく、過ちもしっかりを韓国も受け止める必要がある。しかし、その研究も他国の責任にするようであれば、韓国はもはや一等国とはいえないだろう。


 韓国の歴史は自爆歴史。自分で撒いて、他人のせいにする。韓国の歴史はその繰り返し。これが確立してしまったのが李朝だろう。それ以前は、しっかりとした信念のもと戦ってきた。だが、李朝は初めから引いてしまった。そこから、歴史が後退したと言えるかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本を取り巻く環境は、来年大きな転機を迎えそうだ。


 私が、ここで幾度となく、口酸っぱくして、民主党政権の危険性を訴えていた3年ほど前。結局、そのまま民主党政権が誕生してしまった。その結果、日本は停滞し、国力も衰退した。


 その要因のひとつは、日本のマスコミ、特定して言えばテレビマスコミのワイドショウになるだろう。彼らが、日本の国政を誤らせた。しかし、どこの局も反省の色はなし。民主党政権が崩壊してしまったのは、自民の負の遺産が大きすぎたため、といった言い訳をする始末だ。


 そんなのは初めから分かっていたはず。それを言い訳に使うなど、本当に民主党はダメだったんだとつくづく思う。


 それでも3年ほどで政権が交代した。歓迎すべきことだ。私が驚いているのは、今回の選挙で自民が得票した票数は、減らしてはいてもほぼ3年前の票と同じ。一方、民主党は300万票ほどあったものが、今回100万票あまりと激減させている。


 これは、いかに民主がダメだったということの証ではないだろうか。


 ワイドショーはここぞとばかりに安倍政権に対する不安を駆り立てるような報道をしていた。


 いま、日韓米、中朝があらたな政権を築いて動き始めた。


 日本は、間違いなく大きな選択を迫られるだろう。


 韓国も北朝鮮問題と中国で揺れ動くだろう。米国はアジアの爆弾を見つめている。


 過去の歴史を体験した人からは、昔の日本のような感じがして危険だ という人がいる。しかし、その時と比べて決定的なのは国際世論は尖閣に関しては非常に、日本に同情的だ。


中国や韓国に対しては、もういいのではないか、日本に謝罪に求めなくても、と諸外国が日本をもう誤った、許されているという雰囲気がある。


 さて、来年はどんな年になるのか、どんな政治情勢が生まれるのか、日本人ならばもっと注視すべきではないだろうかと・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 結局、オバマ大統領が勝った。


 それにしにしても大統領は、運がいい。そもそも4年前は経済危機で、共和党が散々たたかれた。それから4年。今度は、ハリケーンに助けられた。


 なにせ、このハリケーンで大統領がとった行動は、批判の急先鋒だった知事を黙らせたばかりか、味方に付けてしまった。

 

 この大統領の行動は、全土に流れる。これは、現役と候補者との違いだろう。これが明確になってしまったと言うのが本当のところだろう。


 候補者では、何も実行には移せない。あくまでも候補者の支援でしかない。それに比べるとオバマ大統領は、大統領として活動できる。これで、しっかりとした対応が出来れば、非常にこれほど効果的なものはないということになる。


 自然災害は、こういうときに現役の大統領が有利に働く。


 ロムニー氏は確かに経済には明るいかもしれないが、こと貧困層の医療については、切り捨ててでも変わりはいくらでもいる。勝ち取ったものだけが、医療を受ける権利がある、と言わんばかりの今の状況では勝てないのではなかったのかな。


 治療を受けたくても高額だから受けらない。それで体調が悪くなれば、リストラされ、新しい不法入国者なりが奪っていく。治療を受けられないヒトは、路頭に迷ったまま死んで行く。果たして、それでいいのだろうか。という疑問を持ったのが大統領への原点でもあったわけで、その信念は今も続いている。


 ロムニーはこの制度を根本的に入れ替えようとしていた。皆保険制度は、もしかしたら米国の命運を変えるかもしれない。


 外交は、相変わらず新中派がのさばっている。とはいえ、いまの中国の動向は常軌を逸している。目が覚めたのかどうか・・・・。そこのところは米国も是々非々で対応していると思うのだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121026/chn12102614340005-n1.htm


 もし、これで世界の共産党員が怒らないというのであれば、中国の共産主義、共産党の党名を変えるべきではないのか?


 温首相を弾劾せよ!!総括せよ!!と本来の共産主義思想なら当然の流れだろう。


 しかし、それはもう終わった感じだ。いまの共産党幹部の連中は、もはや共産党員ではないのではないか。まさに共産主義者にとっては憎むべき敵、ブルジョワジーになっている。


 共産主義とは労働者のためのものではなかったのか。ブルジョワジーとプロレタリアート。


 本当に皮肉、結局のところ、共産党の幹部というのは、自分たちで資本主義で資金を築くことができないものだから、権力者になれば好き勝手、やりたい放題。


 貴族そのもの。本当に「うそつきは泥棒のはじまり」ではなく。「うそつきは共産党員のはじまり」だ。


 温首相が、本当の共産党員ならば、これまでに蓄財した資産を国に全額寄付し、政界を引退すべきだろう。それこそが共産主義が標榜した理想の考えだろう。


 できないのであれば、即刻、共産党員としての資格を返上すべきで、米国に亡命すべきだろう。


 本当に中国共産党は矛盾ばかり、政治のトップがこんなだからさっさと民主主義に移行すればいいのではないか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 映画「アルゴ」の特別試写会に行ってきた。


 改めて、日本だとどうなのか。

 

 この映画、1979年にイランで起きた米国大使館人質事件を扱ったもの。


 そもそもイランに関する事件で、大使館人質事件の前後、多くの人が自国の飛行機でまたは、チャーター機で帰国の途に就いた。


 しかし、日本人だけがというか、日本人のみ他国の飛行機を借りて帰国したり自力で越境した事実を知っているだろうか。


 日本政府は、ある種。見捨てたのだ。これは、はっきりいって政府が悪いわけではない。憲法9条の縛りがあったのだ。


 憲法九条では、日本人が諸外国で孤立した場合、軍を用いた救出ができないことになっている。もしそこで、銃なんかぶっ放したら、日本に帰ってきたら実刑という現実がまっているのだ。


 憲法9条があるから他国は攻めてこないのだ、と主張する方々おられる。しかし、たとえば中国で暴動が起き、もし万万が一、日本大使館が襲われたときはたして、日本政府は救出してくれるのか。


 答えは否!!である。そして、米国に頼んで救出してもらうか、莫大なお金を払って解決するか、それもとも中国政府の言いなりになるかのどちらかである。


 そのいい例が、ペルー日本大使館人質事件では、ペルー政府が日本政府に黙って救出のため軍を動かしたのだ。


 正直、これは国際常識に照らし合わせるとおかしな話なのだ。つまり、日本国大使館は、これは日本国そのもの。しかし、そのなかで自国で救出できない。そもそもがおかしな話なのだ。


 すべては憲法9条が足かせになっている。こういうときこそ、憲法9条を守る会は率先してその人質をとっている犯人と交渉すべきなのだが、このときな~んもしなかったし、このグループに傾倒している人がペルー軍の邪魔をしたことが国際的に報じられ大きなひんしゅくを買ったりしてました。


 ようはお邪魔虫。


 我々は考えないといけない、憲法9条の精神を守るのであれば、そこにひとつの条項などを設けるのも一つの案ではないだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://topics.jp.msn.com/wadai/j-cast/article.aspx?articleid=1427861

 

 しかし、面白いものだ。中国が次第に馬脚を現してきている。


 敗戦国は、戦勝国に文句を言うな、というものだ。時代錯誤もはなだしい。さらに戦勝国は、領土問題に関しては生殺与奪があるような言い回し。


 時は、21世紀。世界はこうした中国の言動を許してはいけないのではないか。曲がりなりにも、常任理事国。米英仏露(ソ)中の五カ国が常任理事国だが、これは蒋介石総統がいたときに常任になったので毛沢東主席のときの共産国家が任命されたわけではない。


 とはいえ、いまの中国、怒れば怒るほど、周囲に脅威となって警戒されている。友好もあったものではない。とにかく、中国人が怖い。いま恐怖すら感じる。残念ながら。多くの中国人はそうじゃないと思うが、中国人がいるところに自分の子供を連れていきたくはない気持ちだ。


 日本が黙っていれば、いろんなことを指摘するかもしれないが。現実は、米国からもたしなめられるなど、次第に不利になってきているという。それを証明するように、次第にトーンダウンしてきている。


 こんな舌先三寸の中国とは相手をすべきではない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 中国が尖閣諸島をめぐって、高圧的な態度で臨んでいる。


 日本が国有化しようがしまいが、日本の領土には変わりはない。これは、国連も認め、国際社会も認めている。にもかかわらず、中国は、すべてが己の物と言い張っている。さらに、資源が発見されたことで突如として領土発言をしてきたのは、中国に大いなる野望があるからだ。


 米国と対等に渡り合い、かつ、勝利すること。そのためなら、嘘も平気でつく。まさに「うそつきは泥棒ならぬ共産党員のはじまり」だ。


 日本の経済界は、断固とした決意で臨むべきで、その際は、中国以外へ生産拠点を移すということをすればいい。


 中国だけが、アジアじゃない。ミャンマーやベトナムに中国を撤退し、生産拠点を移すべきだ。

 

 中国に固執してはいけない。時としては断固とした態度で臨むべきだ。


 それくらいのことをしなければ、意味がない。中国は当面の間、日本に対し、制裁することで気持ち良くなっているだろう。


 しかし、けっきょくは捨てられる運命だろう。


 まさに馬鹿な一人っ子政策をしたばかりにアホウな鳥頭の連中が跋扈している。一番やっかいなのはこういう連中が、今回のように暴動を起こした時だ、中国政府にはそれをとめるてだてがない。なぜなら、うそつきだから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。