独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 やっぱりというか、韓国がまたスポーツに政治を持ち込んだ。


 「歴史を忘れた民族に未来はない」という横断幕を掲げた理由に、「日本のサポーターが旭日旗を掲げたからだ」と言いわけしている。


 しかし、ここに矛盾が生じる。そもそも、そういうものは持ち込んではいけないことになっている。で、日本サポーターは確かに旭日旗を掲げたが、警備員の指摘で即、引っ込めている。だが、韓国側は、それと同じくして掲げ、そのままにした。


 そもそも、持ち込んではいけないのに掲げ、その理由を旭日旗を掲げたからだ、という。日本サポーターはすぐさま引っ込めた。だが、韓国側はそ知らぬ顔。まさに矛盾である。


 だいたい、最初から掲げるつもりで持ってきたのだから、旭日旗を掲げようがなにしようが関係ないのだ。まさに「嘘も付きつづければ本当になる」というひとの品性にも劣るようなことを平気でしている。


 私は、正直、韓国人が可哀相である。なぜなら、歴史は発見と発掘によって変わっていくものだが、それを認めようとしない。


 例えば、高校で朝鮮戦争の話しが出たとき、攻め込んできたのは、間違いなく北朝鮮であることは、国際的な記録や米国の文書、国連の文書にも掲載されている。にもかかわらず、韓国が攻め込んだに変わっていて、高校生はあきらかに韓国が攻め込んでだという風に理解していたと言うのだ。


 朴大統領は反日よりもこっちが由々しき問題として慌てたと言う。つまり、反日にかまけていたら、本来敵である北朝鮮がいつしか、韓国よりも素晴らしい国に変わっていたという。


 まさに北朝鮮の歴史操作の術中に韓国がはまっているとしか思えない。


 北朝鮮の最終目的は、朝鮮半島の赤化統一である。これは終始変わっていない。国際的な挑発も米国への挑戦も、核開発も最終目標は北朝鮮主導による半島統一にあることは明白なのに・・・・、それに気付いていない。


 韓国のレッドでビルの結成も、その主力は親北派といわれいる。だから、共産主義の色、赤を多用していると言われている。


 韓国の歴史は、つねに自分達で危機を作り、その危機を心配し苦言を呈した人物達を暗殺、または抹殺してきた。だが、それが現実になると、とたんに他人の責任になすりつける。朝鮮王朝の大半は官僚達の不正のオンパレード。その結果、日本の支配下に置かれてしまったことに関しての自己反省がない。


 日本が悪いんだという「恨」を持ち続けている。ただ、この「恨」が、自国の政治運営の失敗によるもので、それを知った上での「恨」ならいいが、大半は単なる感情の問題だ。


 韓国が真の意味で、日本を追い越せるのるのは、自国の歴史を勝手に改ざんするのではなくしっかりと正面を見つめていけることにあるかどうか、対決できるかどうかにある。


 まあ、これは半永久的に無理なような気がする。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 結局、自民と公明の与党の圧勝で幕を閉じた今回の参院選。


 それにしてもなんだかんだ言っても維新とみんなは若干議席を伸ばしているが、それにしても民主の惨敗っぷりは、これはこれで気持ちがいいもんだ。


 ただ、各種労働組合の組織票で民主の多くは当選したようだ。


 正直、自民に対する組織票に関しては文句をいうが、民主党の労働組合の組織票については、ほとんど言わない。


 医師会、郵便局など各企業団体については文句を言うが、自治労、日教組、ゼンセンなどの労働組合の組織票については文句を言うどころか、黙認しているようだ。


 ようは、これが民主のダメなところじゃないのかな。労働組合の組織票はあるが、総じてその組織票は年々低下している。


 しかし、共産党に関してはしたたかに票を伸ばしている。


 「共産党は与党の政策になんでも反対だから、受け皿になった」という人がいるが、まさにその通りだったのではないかと。まあ、とにかく共産の特徴は美辞麗句を並べ立てること。これこそが、共産党たる由縁でもあると。とくに何も考えない馬鹿な無党派層に浸透した。


 共産の意見に賛成するのは、とにかく頭がいい学生が多いことに驚かされる。あとは、浮浪者暮らしをけなす連中が被害妄想的に共産党の言っていることに賛成しているだけ。


 そもそも、共産の思惑は、日本を共産党で統一すること。ただ、それ一点。そのためならば平気で嘘も尽く・・・・。


 山本は、その典型かもしれない。山本自身は、純粋に活動しているかもしれないが、支援者のなかに中核派といわれる公安がマークしている組織が後ろにちらついていたという。


 果たして、それがいいのかどうかは、数年後に現れると思う。その時は、投票者にも責任があると思うのだが・・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本人は、どんなことに対しても「仕方がない」という精神で前に進む。

 韓国人とって、この言葉は非常にマイナスイメージでとらえている。しかし、日本人はこれをポジティブな面で捉えている。沈んだときに言う「仕方がない」のと笑いながら「仕方がない」いずれもポジティブな側面を持っている。

 沈んだときに言う「仕方がない」というのはあきらめ、ともいえる心境だが、その一方で「これ以上未練がましくしがみつくわけにはいかない。これを現実として受け止め、次へ行こう」というひとつのステップとしての表現として捉えることもできる。

 笑うときには、それは親しみをこめて使う言葉でもある。

 韓国は自らもっとも近い友人を邪険にしてきた。そもそも日本は、申し訳ないという気持ちで韓国と付き合ってきたが、それをわからない、都合のいいときだけ金を要求し、もらえば貰ったで、その後はなぶり倒す。

 ある友人が、ある夫婦になぞらえて、韓国をこう表現している。「酔っ払いのどうしょうもない夫が、妻に金がなくなればむしんにきて、ないと言うといきなり怒って、殴る蹴るの暴行、しまいにはそれを逃れるために妻が差し出したお金をふんだっくて一言『あるんじゃねぇか、あるんならさっさとだせや!!』と言っているのといっしょ」。夫とは韓国のことで、妻は日本のこと。通常はニコニコしている体のいい夫だが、酒が入ると豹変する。酒は歴史問題などのことだ。そして、酒が抜けるとさっきの言ったことはすっかり忘れ、いい亭主ずらをする。

 これが韓国だと表現していた。

 実に的を得ている。

 ちなみに、韓国の離婚率は世界でもトップ3に入るとか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 韓国は歴史を捏造し、それを正史にしようとしている。これは間違いないだろう。残念なことながら。
 韓国の移民は、それを実行に移している。

 しかし、それは結果的に韓国のためにならない。行き着く先は韓半島統一による北朝鮮政権の誕生と中国植民地への足掛かり。

 いま日本人は、考えないといけない。韓国の背景には、北朝鮮がおり、その背後には中国がいる。そしてその背後には米国の影もチラチラ。さらにロシアも加わっている。

 実は韓国は、単に利用されているだけ。愚かしいほどに踊らされている。この姿は、日韓併合の際に起きた政治・外交状況に非常に似かよっている。このままいけば、韓国は中国共産帝国の傘下に入ろうとしている。

 その証拠に、あの朝鮮動乱があきらかに北朝鮮による武力侵攻がきっかけであったにもかかわらず、韓国の教育界は、なんと韓国が侵攻したに書き換えられ、それを高校生の大半が信じきっているというとんでもない教育事情が発覚し、朴大統領は、反日よりもこっちが重要な問題として取り上げるまでになった。

 こうした遠因は、間違いなく、これまでの韓国の歴史をあまりにも美化しすぎた。なかったことをあったことにし、ありえないことをあったこととし、めちゃくちゃで支離滅裂な歴史を叩き込んできたこと、その他、まだまだたくさんある。

 ただ、最大の間違いは、対立する違いを徹底的に認めないこと。この韓国人特有の認めない精神、とくに日本に対しての認めたくない精神は異常極まりない。これを改善しない限りは、韓国はこのままいけば滅亡するのではないかと思えるのだ。

 他の違いを認め、検証すること。そして、日本をたたえる人がいても、それをぶっ潰す、追放、差別することがなくなれば、日韓関係は大きな変貌を遂げるはず。それができないのも韓国ではあるが、それはそれで日本は認めないといけないだろう。地道にかつ諦めずに調べることは調べること。これが一番で地道な説得の仕方だろう。

 韓国の歴史強要は間違いなく、自分を苦しめるだけだ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。