独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/03/28/2012032800559.html


 なぜ、韓国と言う国は、どうして高圧的になれるのか・・・・。それも、自国の間違いを棚に挙げて、反省せず、他人のせいにしたがるのだ?。反省がないから、つねに侵略され続けるスパイラルから抜け出せない。


 上の記事で笑えるのは「韓国がすでに実効支配している」って書いてある。これって、暗に「侵略しました」といってるのと同じではないのか。


 韓国が古くから領有しているのであれば「実効支配」とはいわない。初めから韓国領と言うべきだ。そうでないと言うのなら、まさに日本から奪った領地です、と認めているのと同じだ。


 本当にこういうときに思うのは、韓国と言う国はなぜ、こうなってしまったのか、という問いがつねにイコール誰々のせい、と言う構図になる。しかし、原因があって結果がある。


 まずは韓国人が韓国の歴史の現実を真摯に検証すべきだろう。なぜ、日本に支配されてしまったのか。そういうことは、日本のせいではなく、韓国人の問題なのだ。


 「おれはわるくない、わるいのあいつだ。あいつがこういったから俺はそうしたんだ。俺は悪くない」という論調だ。これでは、いつまでたっても自立できない国だ。


 いま韓国は世界的な急成長を遂げているが、その中味は本当に空っぽ。どこかが、傾けば簡単に崩壊する危険性をはらんでいる。


 そういう風になっているのは、自分達がやってきたことに対する韓国国民の反省や検証が全くなされていないからだ。つねに他人のせい、にしたがる国民性が韓国をだめにしていると言うことをなぜ気付かないのか。


 非常に不思議だ。


 日本は、ここにきてようやく普通の国になろうとしている。韓国のような国になろうとしている。そうするようにしてしまったのは、間違いなく韓国であることは間違いないのだ。


 だから、あえて言おうとおもう。韓国ありがとう、そして、コレまで以上に日本を批判してください。そうすることで右翼が多く出ます。しかし、なぜ日本は右傾化していくのでしょうか。簡単です、韓国が何かにつけて日本を批判するからです。韓国自身の間違いを検証しない限りは、より多くの右翼が出てくるでしょう。


 その責任は、間違いなく韓国にあるのですから。それに気付いたときは、もう遅いでしょう。そして、その時は韓国自身が滅びへと向かっている頃でしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いまさらこう言っては何だが、こうしたすべての責任は管元総理にあると断言できるのではないか。

 私は、鳩山にしても問題はあったが、それでも官僚に対しての融通というものが多少、少なからずあった。しかし、管は官僚の徹底排除を図った。政治主導の名のもとに。しかし、それは単なる浅はかな政治家主導の愚が行われただけだった。

 そこで、民主党に対する官僚の態度が投げやりなものになった。

 それに民主党を政権に就かせたのは、国民の責任である。あの時、民主党に投票した人は責任をとってもらいたい。いまの民主党に文句を言うのであれば、民主・社民・共産以外の政党に投票すべきだ。

 そして、その際は、管直人を国会から追放すべきだ。というか、まあ原発の責任をとって辞めるというのが筋というものだろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 改めていうが、日本のプロ野球をダメにしているのは、まさに巨人・・・・とⅤ9の過去の栄光にしがみつく、当時のファンと長嶋信仰。さらにテレビ局。


 正直、小学校のときから見てきて思うのは、なんという巨人の横暴ぶりだった。巨人のテレビ放送で、視聴率がとれるからという理由で独占状態だった。


 それが、ずーっと続いてきた。そこに一石を投じたのが、サッカーのJリーグの開幕だった。徹底したスポンサー排除に、なんでも支配したがる、巨人の元オーナー。いまも毒舌をお吐きになられているかたが、「独裁者だ。絶対つぶれる!!」と当時の川淵キャプテンをののしっていた。そして、その当時最強と言われていた川崎ヴェルディ、いま東京ヴェルディのスポンサーを降りた。


 当然のごとく、ヴェルディは没落した。


 ところで、そのころ、プロ野球は、2つに分裂したといえる。外見上はひとつのようだが・・・・。それは、パとセ・・・。


 パは、セと比べて入場者などが少なく自社で努力していかないと運営が成り立たなかった。その地道な活動をしながら頑張っていた。


 そこでJリーグが誕生した。Jは、とにかく地元密着を標榜し、企業優先を排除した。これに目を付けたのが、ロッテと日本ハム、この二チームは、苦しいパのなかでも1、2位を争うお荷物球団。しかし、ロッテは、地道な活動で千葉市に基盤を築いた。

 

 一方、日本ハムは、巨人と同居した本拠地東京ドームでの入場者が増えないので、いっそのこと北海道に拠点を移転。


 元々、巨人ファンが多い北海道を数年で完全に日ハムファンに変えてしまった。


 これを見習うように、西武も親会社の不祥事から地元密着によりシフトチェンジ、経営不振から近鉄が撤退を表明したものの楽天が仙台に本拠を移し地元密着にシフト。楽天はサッカーのヴィッセル神戸を傘下に置いて、地元へのノウハウをプロ野球にも生かした運営で楽天を仙台に根付かせた。


 ソフトバンクは、もともと九州の福岡に拠点を移してから、完全地元密着型のフランチャイズ球団として、他球団よりも先行していた。だが、ソフトの前のダイエーが、球団自体はよかったもののオーナーの企業が大破綻したことから、ソフトバンクへ。しかし、元々根付いたファンのことを考え、福岡に本拠地を置いた。当時、ソフトバンクのオーナーが福岡出身??だったからというのも決め手だったかも。


 なんやこんやでいつの間にか、パに注目選手が続々と入団した。面白くないのは「何でも欲しがります」巨人軍。あの権力欲旺盛なオーナーが就任し、なんだかんだといちゃもんつけて、注目選手を巨人にとりこもうとした。それもほとんど強引なやり方で。


 さらに長嶋氏を招いて、人気選手を獲得しようとした。しかし、結果はなかなかついてこない。当たり前である。スター選手ばかりのチームなんて協調性がない。それに引退間近の選手ばかりで、若手が来ない。


 頼みの綱の、Ⅴ9世代の親が息子に対しての影響力が薄くなってきている。この傾向は、年々高まっている。その点、地元へのシフトチェンジを図ったパは、積極的に地元出身選手をかき集め、地元ファンを獲得している。


 唯一、セの広島が徹底したリサーチで広島出身か広島県内の高校出身者にアプローチをかけ、それで注目株の若手を育て、数年後に他球団に売るというかトレードに出すことなどを地道にやっている。


 巨人は、あの引退ぞこないの元オーナーがいる限り、なんでもできると思っている。しかし、清武の乱以降の巨人は明らかに旧態依然のものに変わってしまった。


 私の独断と偏見から言わせてもらえば、もうプロ野球は終わった・・・・のかもと。もし、本気で変わったというのであれば、この元オーナーを球界から追放すべきだろう。または、完全に引退してもらいたいのだが・・・。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 韓国と対決するときは、やはり攻撃的のほうがいい。


 それを実証したのが、昨日の柏vs全北現代戦だろう。柏はなんと5得点で圧勝してしまった。


 柏は、積極的なカウンターで現代を圧倒した。


 やはり、攻撃vs攻撃の戦いでは、日本が有利であることを実証した。韓国のチームとやって負けるときは、得てして守備的で逃げているようなプレーに終始すると敗戦を喫することが多かった。


 日本はびくつく必要はない。徹頭徹尾、攻撃に徹すれば、完勝は間違いないのだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 この話を聞いて、誰もが耳を疑う? そんなことはないだろう。誰だって薄々は気づいていたはずだ。こんなこと。「なんでも欲しがります巨人軍は」で、次々と大物を獲得していた時期がある。それと並行して逆指名とそうして巨人入団させるなんともあくどい手法を用いていた。

 それと皮肉なことにこの言われている時期が、某大物オーナーだった時だったらしい。そして、それが終わったのは、そのオーナーが辞めてしばらくしてからだったというのだから。

 巨人がいやになって鞍替えをしたファンも多かったはず。

 私の独断と偏見から言えば、なぜこの時期にこういうのが出るのか、犯人はだれか!!なっていってるけど、正直いえばそういうことをしていた巨人がなぜ、謝罪しない。

 ある意味、やめようよといっていた青田買いを平然としていたのだから、巨人が有利になるのは目に見えているし・・・・ある種、独禁にもかかわってくるのではないかと思うのだ。

 それに巨人の横柄な態度。常々気になっているのは、こうした傲慢ぶりが結果として回ってきているとしか思えないのだ。

 巨人は、この際、情報公開をしっかりとしていくべきだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 なんか、レノボがメードインジャパンへシフトチェンジしているらしい。

 これまで、人件費が非常に安いため中国で生産をしていたが、やはりこれだけ、世界の工場と言われると年々、賃金が上がっていったのが原因らしい。まあ、中国は共産主義の国。共産主義と言えば、労働者のための思想である。

 労働者が支配する国である。ただし、いまや名目じょうだけだが・・・・。

 それにしても面白いのは、日本人がダメだ、というものは海外から見ると非常にいい、というのがたくさんある。

 残念なのは、日本の企業ではなく、レノボという中国の企業がそこに目を付けたこと。NECとかと合弁してはいるが、日本企業がしているわけではない。日本の企業が積極的に日本に回帰すべきではないのかと思うのだ。

 日本の技術力は半端ない。しかし、それを見逃している。

 大卒者がいまだに大企業を目指す光景を観て、内心がっかりしている。日本の企業は中小企業、零細があってこそ。日本の企業の強みそこにあったはず。こう言っては何だが、日本の手先の器用さは、他のアジア人には出来ない。色彩感覚、手先の感覚に関しては、真似できない、出来るとはいっても数ミリ単位の誤差に関しては、とうのアジアの人々も舌を巻いている。

 だから、日本人はもっと大学生ほど零細、中小企業に行くべきだ。いっそのこと極論だが、高卒者を総合商社、上場企業に入社させるのも面白いと思う。まあ、団塊の世代以前はいまの大手もそうだったと思うのだが・・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本でいうIT企業は、“本来のIT企業ではない”と言われて久しい。


 なぜなら、本社が全て東京または関東エリアにあるからだと言われている。


 ソフトバンクの孫社長がこのところ、政治的な発言が喧しくなってきている。原発が2基しか動いてないのに電力不足という声がないことを理由に脱原発を声高に叫んでいる。


 だったら、ソフトバンクは地方に移転し、地域活性化を図ってほしい。


 なぜなら、孫社長がいう自然エネルギーを自社の開発電力に組み込むなら、地方の僻地に一大エネルギー拠点を作りそこから余剰電力を隣接する県や市町村に分ければいい。


 ソフトバンクにぜひとも行って欲しいところがある。それは三陸海岸の釜石市か気仙沼市。そこの高台に本社機能を移転すべきだ。


 広大な土地を買い取り、そこを一大エネルギー拠点に再開発すべきだ。


 大いなる実験場として東北地方をソフトバンクが指導していくというのはどうだろう。


 それくらいのことをしてもいいのではないか。孫社長。


 auもNTTも・・・・考えるべきではないのか。


 独断と偏見から言わせてもらえば、あまりにも東京都に大きな企業などが集まり過ぎている。もっと地方に進出すべきだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 やっぱ出てきた。この弁護士がとにかく出てきたということは……、まあ、占い師とやらは勝つ見込みはないだろうね。というか、こういう訴訟問題を何回も起こしていまや1等地にビル3件持つとか。まあ、すごい弁護士だ。

 しっかし、この頃、この弁護士の周辺がおかしくなってきているらしい。某宗教団体の拉致監禁疑惑に手を貸していたのではないかといううわさが広がった。それを否定するため、ある国際人権団体の会議でその某宗教団体の違法性を主張し、自分の正統性を主張したが、そこの会議の議長から一括、一蹴されたとか。

 この某宗教団体はいろんな問題はあるものの外から見れば、そんなに騒ぐ事件でも案件でもないのようで、いいことはいい、悪いことは悪い、という感覚で区別をつけているとか。

 一つの出来事で全てを否定するのは日本だけらしい。そうするように仕向けたのは、この弁護士を筆頭にした弁護団らしい。

 そのひとつの例が、その某宗教団体が関わっているとされる団体が、キプロス共和国の関係者と話し合い、東日本大震災に関する支援の話をもってきてその団体が、外務省に掛け合った。しかし、案の定、某宗教団体が関わっている組織だから当然のごとく却下された。

 まあ、その団体の関係者はいつものことだからと、反論もせず、そのキプロスの関係者に報告した。その報告を聞くやいなや、キプロスの関係者らは烈火のごとく猛抗議した。それも単なる抗議ではなく、駐日大使を始めとした共和国の首脳部からの抗議だった。

 これに慌てた外務省は、即座に許可したという。これではっきりするのは、問題なものは問題として処断するが、援助やそうしたものに対しての社会的支援に対しての貢献に関しては、問題にしないという風潮が海外の国にある。

 つまり、これはこれ、それはそれとして区別することが普通なのだ。

 日本の常識、世界の非常識。という言葉がぴったりというような感じだ。

 そもそも、オセロ・中島の問題は単なる引きこもり、占い師は単にそこにいただけ、だけどそこにおいしい話が転がり込んできて、すぐ売名になったということだろう。

 それに、親族をたきつけている節もある。この問題でそもそも大騒ぎしすぎだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 まさに軍隊を使わない、国家侵略。

 中国は実にしたたかだ。資本主義の盲点をついて、土地買収を図っている。これと同様なことを韓国も始めている。

 つまり日本は軍隊を積極的に展開できないことになっている。つまりは憲法9条の戦争放棄という手段をとっている。名目上、軍事的攻撃が無い限り反撃できないことになっている。

 そこに付け込んで、じわじわと攻め込まれている。

 まさに平和憲法を守って国滅ぶ、という皮肉な状況になっている。中国に関しては徹底的に断固闘う姿勢を示すべきだ。ちょっとした脅しにへなへなになる日本の外交。民主になってからさらに顕著になってきた。

 このままでは、尖閣諸島が中国領になるのは時間の問題だろう。

 しかし、そのなかにあって名古屋の河村市長の姿勢は評価したい。

 南京虐殺はなかったと思う。これに中国はあほみたいにギャーギャー騒いでいる。しかし、よく聞けば、なかったと思う。と言っているのであって、なかったと、断定しているわけではない。

 だから、ドーンと構えているべきだ。騒いでソンするのは中国だ。

 中国は、共産主義思想の国である。第一に労働者を考える思想である。そもそもが、労働者を解放せよ!!といって誕生した思想だ。だから、指導者こそが謙虚で贅沢をしないのが理想だ。しかし、現実は・・・・。漏れ伝わる中国のニュースは、過酷なまでの権力闘争とわいろ政治だ。

 本来、これはやってはいけないのではなかったのか??

 これは、まさに帝国主義の末期に見られた光景だ。中国は間違いなく遅れてきた帝国だ。

 中国に対しての外交は、言うべき時に言い、徹底的にひかない。何をされようがドーンと構えて意に介さない。柳の様にゆらり、ゆらりとかわすのもいいだろう。東アジア外交は、つねに日本がデーンと構えておくべきだ。理不尽な要求には、絶対に譲らないこれこそが、大事。もし、経済を封鎖するようなことをちらつかせたら、インドやミャンマーといった地域に進出すべきだろう。中国からの完全撤退も視野に入れておくべきだろう。軍の威嚇が出来ない日本にとっての唯一の抵抗だ。

 中国には中国の商売慣習があるというが、それを徹底的に潰し、きちんとした商いが中国自身で出来るようにすべきだ。いまの商い観衆は共産主義思想が生んだいびつな構造で運用されているのだから。

 とにかく、中国は共産主義国家である。共産主義国家は目的にためなら、平気で嘘をついてもかまわない、というような連中だ。だから、信用してはいけないのだ。

 うそつきは共産主義思想の始まり、だ。共産主義思想は、うそつきは泥棒の始まり、と同じ感覚というような感じでいいと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 果たして、Jリーグ勢はACLのタイトルを本気でとろうと思っているのか・・・・。


 毎回思うことだが、初戦のJリーグ勢はつねに不安定というのがある。まあ、Jリーグも開幕していないし、というのがあるが、それにしてもだ。


 初戦の結果はG大阪は0-3、名古屋は2-2、柏は2-3、FC東京は2-0。1勝1分け2敗。G大阪は浦項、名古屋は城南、柏は全北現代、FC東京は蔚山現代と対戦するが、G大阪は浦項に完敗、名古屋は、城南に終了間際に同点にされた。


 ちょっと、意外なのは中国のチームに全北現代が1-5という大敗を喫しているが、対日本のチームとなるとことは別。まあ、1次リーグ突破は確実だろう。


 スポンサー別にみるとG大阪はパナソニック、名古屋はトヨタ、柏は日立、FC東京は東京ガス、一方、韓国は全北、蔚山の現代。自動車とグループの重工業会社、浦項は鉄鋼会社(ボスコ)、城南は清涼飲料メーカーの一和。


 1次リーグ、勝手に予想するが、もしかしたら日本勢は2位で全チームと言いたいところだが、名古屋とガンバは残念ながら・・・・・。柏は不安定。ダークホースがFC東京かもしれない。ここには、石川というスピードスターがいるし、メンバー的にもリーグ優勝していいてもおかしくないチーム、近年メンバーの移動も少ない。


 それでも今年のACLも韓国勢に圧倒され、8月末には、ベスト4には韓国勢3チーム、日本0、中東1というような昨年のようなことになるだろうと思っている。


 本当に情けないと思うが、最初から期待はしていない。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。