独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 第24回東京国際映画祭が昨日、閉幕しました。


 滞りなく無事に・・・・。


 同映画祭の運営(裏方)は、映画製作会社、映画会社がなんか持ち回りでやっているようで、ここ三年は私の知り合いがいる会社がやっていました。


 さて、コンペのグランプリは、「最強のふたり」というフランス映画でした。


 作風は、どちらかといえば、なんか米国風のハリウッド風というのかそんな大衆向けな映画でした。ただ、コンペに出ていた作品は、どちらかといえば、秋の夜長を“沈思黙考”するような作品ばかりで、正直、「眠かった」。


 一方で、挑戦的で冒険的な作品もなかった・・・・というのもあった。いわゆるアート系やインディーズ的な作風のものもなかった。


 ただ、偶然なのか意図的なのか分からないが、コンペに出ていた15作品のうち、「最強のふたり」、観客賞を受賞した「ガザを飛ぶブタ」、監督賞を受賞した「プレイ」は移民問題、民族問題、宗教問題を扱っていたこと。こうしたものは、得てして暗く、そして悲観的なものになりがちだ。


 リアルさを追求したら、暗く、憂鬱な気持ちになる。正直「プレイ」はそうだった。黒人の少年たちが白人の少年たちをカツアゲするやりかたは、もやもやとした気持ちが複雑に絡み合った感じで終わってしまった。


 「ガザ~」と「最強~」は、登場人物たちに問題がありながらもそれをシュールにかつユーモアを描き盛り込んだ作品で暗くならない。だけど、そのなかに調和、友好、友情といった強いメッセージ性が込められていたのが、


 一つ思ったのは、特別招待作品でもよかったのではないかと思えるような作りだった。


 それに、今回は東日本大震災で、明るさ、ユーモアさが必要だったのではないかと。それだけに、よく考えれば妥当かなと。


 まあ、多くの評論家、記者たちは意外だったとか、残念だったとかいうけれど、私の独断と偏見からすれば、まあ妥当ではないのかと、思った。


 ちなみに日本の作品、「キツツキと雨」が審査員特別賞を受賞しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 プロ野球のドラフトが行われたが、やっぱりいまだに球団にこだわっている選手たちがいる。


 日ハムに指名された菅野も、巨人に行きたかったらしい。


 ロッテに行って感激した選手もいる。


 しかし、こういうのを見て思ったのが果たして純粋に野球が好きなら球団って関係ないんじゃないの?という疑問がわく。


 そりゃあ、好きな球団で野球ができるならそれにこしたことはない。だけど、ドラフトに選ばれた連中は、プロに行きたくても行けない人たちの代表でもある。


 それが、意中外の球団だから複雑とかいうのは、わがままじゃないのかと。


 そもそも、プロで野球ができること自体、感謝すべきではないのかと思うのだ。まずは、球団に選んでもらったことに感謝すべきではないのか。


 いつから、そんなことになったか??


 ここが、米大リーグと違うところ。だから、本気で大リーグ勢と戦ったら負けるのではないかと思ってしまう。純粋に野球をやりたい。やりたいから、野球をやる。


 球団ではない野球をすることに誇りを持っているような感じがする。


 翻って、日本は意中の球団じゃないから、と断る人々がいる。これでは、本当に野球を好きでやっているのかと思いたくなる。


 独断と偏見から言わしてもらえば、そういう連中はプロ野球に必要ないし、来てもらわなくても結構。正直、こんな連中はいらんし、プロ野球のためにならんから、今後一切、プロ野球にかかわるな!!といいたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日米同盟は、民主党政権によってずたずたにされ、それを中国がいまかいまかと完全崩壊を手ぐすね引いて待っている。それがいま。米韓同盟よりも、日米同盟の方が正直重要なのだが、普天間をめぐる問題でズルズル来ている。

 しかし、日米同盟は、中国をけん制するうえでも重要であり、不可欠だと思う。その証拠に、中国が日米同盟のギクシャクに間隙をぬって不法侵入を図っている。

 日本はご存知のように憲法九条を掲げている。そして、専守防衛を掲げている。つまり、攻撃されない限りは、攻撃できないというものだ。

 それを中国が熟知していて、攻撃をしないでじわりじわりと圧迫をかけてくる。

 普天間の基地問題で、沖縄は、ほぼ県外移設を希望している。それを一番喜んでいるのは中国。米軍がいなくなれば、経済関係のもと徐々に沖縄へ進出。そしていつの間にか、中国領に、続いて沖縄に軍事基地を配備、沖縄県民は、中国に強制移住か強制退去。軍事活動をせずに事実上、沖縄を管轄下にするのは、いとたやすいことだ。ただし、いまの民主党政権ではだめだ。

 結局は、普天間にしてもこうした問題の失敗は、国民が払うことになるわけだが、その自覚が沖縄県民、マスコミ(とくにテレビ朝日を中心とするテレビマスコミ)にはない。
 
 いまの混乱やいらだちは、国民のせいであることは間違いない。先の衆院選で民主党に勝たせたこと、これが間違いのもとなのだ。あの時、民主党に投票した人は猛省すべし。投票して文句だけ、いうのは無責任である。

 これをもっと自覚すべきだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 西の科捜研に東の相棒。


 今週からはじまったが、さきに相棒の特番、翌日に科捜研の特番が放送された。


 組織を守るために真実を隠すのか?。真実を明かして組織を危機に貶めるのか?


 科捜研も相棒も同じ、ものが流れているような気がするのだが・・・・。まあ、これ特番でもいいから企画もので、コラボできないだろうかと思わず思ってしまった。


 西か東で、大きな事件が起き、水谷と沢口の丁丁発止のやりとり、というか全く逆の話し方。


 意外にそういうの面白いんじゃないかなあと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 記事を見ると、地元の人たちともっと交流しろ!ということだ。しかし、試合に勝つことがプロとしての最大の責務。だからといってファンとの交流をしない、というのも問題でもある。
 
 確かに落合監督が率いての中日は強くなった。しかし、現実はファン離れを加速した。だから、監督を辞めろということになった。

 つまり、ファンの方が、「応援してやってんだから、これくらいの褒美をくれ!!。褒美がないなら応援しねぇーぞ!!」という方式だ。記事では、それをするのが当然のことのように書かれている。

 ただ、そこで忘れてはいけないのは、ファンといってもその地域の有力者や実力者を中心にしたファンの集いだ。つまり、その人たちのおこぼれで中日ファンとして応援しているだけだ。

 本当のファンっていうのは、純粋に試合を観戦し、選手たちを応援し、グッツを買う。そして、ファンとの集いを年1回行うくらいで十分だ。そのことをきちんと監督に伝えていれば十分な話し。そもそも、中日新聞が部数拡大のために球団を利用し、そこに監督が挨拶をするというものだ。はっきりいって、これじゃあ政治家と同じではないか。

 選挙に勝つために有権者の団体、法人、有力者を回る立候補者、政治家と同じではないか。そもそもそれがおかしい。サッカーは年に2度あるかないか、ファンとの交流会を行っている。企業があまり口出しすることはない。そもそも、Jでは、露骨な企業PRはご法度になっている。

 それに話しによれば、中日の坂井克彦社長がチームが負けた時に、自分の球団が負けたのに、ガッツポーズをしたとか。これからして、この球団のフロントがおかしいことは明白だ。
 
 まあ、それは坂井社長が、落合監督を嫌っていたからだという。にしてもだ、露骨にガッツポーズはない。もし、それが事実なら、球団社長をするべきではないし、即刻辞任すべきだろう。

 監督が残した実績をみれば、こんなところで辞めるべきではない監督ではない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本のプロ野球は、そろそろ世代交代が始まっているのかもしれない。選手ではなく、オーナー、GMクラスでの話だ。


 モバゲーのディー・エヌ・エー・ドットコムが名乗りを上げている。そのほかにもいくつかあるという。それにしても、阪神の監督問題でまたしてもあの方がちゃちゃを入れてきた。


 だが、もし仮にディー社が横浜を獲得したら・・・・・。楽天に次ぐ若さのオーナーの就任になる。


 サッカーと比べれば、その世代交代の差は開くばかりだ。これでは、改革も進むまい。かといって、あまりにも一挙に世代交代をさせるのはいろいろと不都合もある。


 これかでの推移を観ていきたいと思うのだが・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本は、ことさら焦ることはないと思う。というか、韓国は、これで大財閥系で占められていた韓国の経済界の大変革が起こるのではないかと期待している。ざっと、見ただけでも、サムスン系、現代系、ロッテ系など10大財閥、20大財閥と言われるような状態になっている。日本もそうだった。今回のFTAは、韓国の人口流出に拍車がかかるとみている。もともと、製造業や農業といった産業を軽視する傾向にある韓国。上から目線でしか物事を判断できず、製造業をないがしろにしてきた国がFTAをやって果たして上手くゆくのかということ。

 FTAは、実のところ、米国の職業安定条約・協定であり、結局のところ米国中心の経済志向は変わっていない。現代、サムスンが米国金融に買収され、転売されるいわゆるハゲタカに狙われるのではないかということ。

 いまの韓国が成長著しいとはいえ、米国の企業と比べれば、まだまだ中小の域を抜け出せていない。
 
 日本のソニーが世界に名をはせたのは、ウォークマンもさることながら、コロンビア映画を買収したから。そして、プレイステーションを開発し、映画と共同で進めていくというやり方で市場を開拓した。

 日本の企業が、どんな状況でもなんとかやっていけるのは、製造業という職業を少なからず保護しようとする向きもあり、このところの製造業の零細、中小企業が独立し、自分の技を生かして世界へという向きも出てきている。じゃあ、韓国は??というとそんなに出ていない。

 確かに一時は、韓国と米国の関係は友好だろうが、最終的には米国企業によって席巻され、財閥は解体され、米国資本のもとにおさまる。現代も三星も・・・・。

 私の独断と偏見から言わせてもらえば、日本の企業風土が結局、最後は勝つんではないかと。ただし、日本もいまのままではだめ。トップの意識改革とともに中小零細を上手く使った経済風土を作り上げるべきだろう。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本人として、情けない。ごく一部のキチガイじみたモンスターペアレントのせいで、国が滅びようとしている。こうした過剰反応を嫌がって、自粛するような自治体が相次いでいるという。

 きっちり、検査して問題が無ければ入れるべきだが、いまのようななんでもかんでも反対では、国は滅びてしまうし、その前に福島が消えてなくなる。

 まあ、こうした要因を作っているのは、間違いなくテレビ朝日を中心とした、ワイドショーだ。はっきりってしまえば、国や自治体の発表を疑い出せば、必ず、自治体や住民が不安になり、テレビがいったから、という言い訳を現出させてしまうのだ。

 テレビのいうことは信用せずともその中間、参考という程度にとどめるのが一番。そもそも、「あれもいや、これもいや、納得できなれば入れない」なんていうのは愚の骨頂。そもそも、疑い出したら納得できるのか非常に疑問だ。それに、そもそも、こういう緊急事態では、100%の納得は無理といっても過言ではない。

 その点、東京の石原知事はすごいと思う。片付かないし、だれも引き取るという手を上げない。なかば、しびれを切らして手を挙げたのだと思う。結局、そうでもしないと動かないのが戦後の日本人だ。まあ、こういう国民にしてしまったのは、なんでも政府に反対の日教組が原因だろう。そういう教育をしてきたのだから。

 わずかなモンスターペアレントをものともせず、がれき除去への手助けを日本の自治体はすべきだろうと思う。まあ、モンスターペアレントの多くは何らかの思想を背景を持った人が多いと思うし、それに後ろでけしかけているのもいる。そいつが、そうした左翼思想を背景にしている連中に踊らされているとしか思えないのだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 まずは、きちっと韓国人は歴史を学べといいたい。

 竹島の存在は、日本ですでに江戸時代以前から知られていた。しかし、韓国ではウルルン島と竹島を混同していた。それが事実。それを認めたくない韓国がいまだに主張し続けている。

 韓国が竹島主張し始めたのは、李承晩大統領がかってに線を引いて、豊富な漁場を確保したいがため。

 そのため、「嘘も百回つけば真実になる」これが韓国の戦法であり、それを得意とした。それで、日本を何回だましたか??そして、だまされたか。

 韓国は、そうでしか生きるすべがない。それが、韓国の悲劇的なところだ。

 韓国が竹島が自国領だと主張すればするほど、北朝鮮と中国が喜ぶ。それが、分からない。つねに各地域の地域意識が強く、対立し、そして反目しあう。そこを中国がつく。日本の朝鮮出兵、日韓併合、結局は反目しあい自滅。そして、それを学ぶのではなく、他人のせいにする。

 これこそが、自国の「偏向教育」を棚上げし、自国の教育を偏向教育とは思えないところに問題がある。自覚がない。それが問題なのだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、地味~にサッカーの親善試合が神戸で行われた。


 本田、清武、遠藤、岡崎、そして槙野・・・。


 けが人続出のなか、正直、控えだった選手を軒並み起用したのだが、機能したというか、果たしてこれでいいのかという課題が山積した内容だった。


 結局、勝った方がよかったのか、負けた方がよかったのか、引き分けでもよかったのか。非常に中途半端な形だったことは否めない。


 遠藤が抜けてしまうと、とたんに攻撃が機能しなくなる。これは、日本がつねに抱えている課題でもある。


 ひとり、すぐれた選手がいるとすべておんぶにだっこになる。


 そして、そこを潰されたら・・・・・になる。


 W杯3次予選。タジキスタン戦がホームで開催されるが、果たしてどんな試合をするのか見極めたい。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。