独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 かつて、選挙の神様と言われた故田中角栄は、新人の議員に対してこういったという。「辻立ち説法、1000回やりなさい」といったとか。雨の日も風の日も、日照りの日も・・・・。


 これをなんと真っ正直にやっていた議員が野田代表だ。当選は1993年だから、角栄が亡くなった年だ。


 なんとなくだが、ミニ角栄に見てこないでもない。ただ、あの強烈なキャラクターではないが・・・。


 角栄の場合は、小学校卒で大学にもいっていない。まさに実学というか、実践して身につけてきた経験と学識でのし上がってきた。


 映画「スラムドック・ミリオネア」でみた主人公のようなタイプだ。なにせ、主人公も最後の問題で疑われたのだから。角栄も結局のところ学識が無いのになぜというのが、国会内にあったことは事実だし、実弾(お金)がとんだこともある。だが、それしかエリート官僚や自分を見下す連中を手元に置くことは不可能だったわけだし。


 これは、角栄にとっては仕方のないことだったと思う。角栄が当選した時は、大半が大卒者だった。角栄にとって恵まれていたのは人材とお金だった。


 そして、その豊富な資金で国会の頂点に上り詰めた。お金は卑しいという風潮があるが、角栄はそれを逆手にとった。


 政治家は理想家だが、元手が無い。実は、角栄の国会ないの状況ははなはだ、馬鹿にされたものだった。なにせ、小学校卒の学歴で、理研とのつながりなどそれなりの人脈があったことでなんとか国会議員になったのだから、大卒のエリートからすれば「この小卒のおとこがなんでいるんだ」という陰口があった。


 野田首相は、角栄とは違いエリートだ。しかし、エリートでありながら、下からたたきあげられたなにか、底力見たいな雰囲気を漂わせている。


 それに国家に対する志向、政策が、どちらかといえば民主党内にあって自民に近い。かといって、小沢型の剛腕にものを言わせたやり方は好まない。


 これから組閣に入るが、果たして親小沢、反小沢をまとめることができるのか、というのがある。


 しかし、東日本震災でそんなことを言っている場合ではない。時には自民や野党にも頭を下げ、協力を願うことも重要だろう。


 だが、それを邪魔をするのが、マスコミだ。とくにワイドショー的テレビだ。彼らを黙らせない限りは先に進まないだろう。


 一番、政界の障害物になっているのがテレビマスコミだ。それを自覚していないのもテレビマスコミ。彼らがもっと良識的報道を展開すれば、政治も変わってくるはず。テレビ映り的には「面白くないからカット」というのでは、問題なのではないか?。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、民主党の党首選があった。


 野田佳彦議員が、民主党党首に選ばれた。


 鳩山、小沢が押した海江田氏は党首に成れなかった。鹿野らが決選投票の際、野田氏を推した。


 これから、どうなるのか動向を見守るしかないか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 陸上スポーツの華といわれる種目がいくつかある。


 短距離では100メートル。長距離はマラソンだ。


 しかし、マラソンが本来の姿を失いつつある。それは、高速化だ。


 マラソンは、長距離の全ての要素とトラック種目の要素、そして、クロスカントリーの要素も兼ね備えている。


 それが、いつのまにか、ほぼ平坦なコースでトラックコースと何ら変わらないものになっている。42.195キロをトラックでやっている感じにさせられる。


 マラソンはスピードもさることながら、過酷なコースを克服するという2000年以上前からの伝統がある。


 コースが難コースであればあるほど、意味があるのだが。


 私の独断と偏見から言わせてもらえれば、アテネ五輪のマラソンコースが最もマラソンとしては理想とすべきものと考えるのだ。坂道が急だの、熱さがどうのと、選手たちには不評だったようだが、マラソンはそこを極めてこそ長距離界の華であり、かつ陸上界でもっとも尊敬される種目だと思うのだ。


 まさにスピードと持久力これこそが長距離の華といわれるものだ。そして、難コースを克服するのが理想ではないのか?


 平坦なコースではスピードは高速化するが、本来あるべき陸上競技としての持久力という点がかけていると思うのだ。


 いまのマラソンは、マラソンではなく、単なる長距離いや、走る距離がながくなっただけの短距離走だ。はっきり言って、こんなマラソンはマラソンではない。


 アップダウンが多く設置されることを願うばかりだ。マラソンは、平坦では意味がない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日、日本の格付けを「Aa3」へ一つ格下げしたとの報道があった。先進国では最下位だそうだ。中国と台湾と同じだそうだ。


 まあ、根本的に債務が多いから、国の借金が多いから、首相が頻繁に変わるから、というものだそうだ。


 しかし、この理由をみてみると、本当に??と首をかしげたくなるのだ。


 首相が頻繁に変わるから・・・・まあ国際社会に対する発言力は低下するが、国政はいったって平穏だ。自衛隊がクーデターを起こすわけでもなく、人身騒乱が起こるわけでもない。テロが起こりそうで、起こっていない。


 債務が多いからと言って、借金返済が怠っているかといえばそうではないだろう。それに国連への拠出金にしても毎年、きちんと決められた日本国の資金を払っている。ODAもそう。国債もほぼ90%が国内で海外はわずかという。


 それに比べて、最高ランクにある米国、オーストラリア、ノルウェー、イギリスを考えると・・・・。


 銃社会の米国、国債も日本以上、破綻してもおかしくない、軍偏重の国である。それが、世界経済を支えているという理由でAaaである。暴動もひっきりなしで、治安も不満もありという国がである。

 

 英国は、つい最近授業料問題で暴動が起きた。そもそも暴動が起きるような国がAaaってなに??


 ベルギーはAa1だけど、国が一つにまとまらずに分裂状態で議会が運営されていない、そもそも国王がいなければ分裂するような国が日本よりも上だ。

 香港は、中国に政治事態が呑みこまれようとしている。そんな、香港が日本よりも上?


 Aa2はのイタリア、首相のスキャンダルで揺れ、ましてや都市のごみ収集ができないような国が日本よりも上?

 スペインも同様で、おおきなサッカーチームがあるものの治安が不安定な国が日本よりも上?


 Aa3には、日本のほかに中国、サウジがいる。しかし、共産国家の中国が格付けされるのはいかがなものか、名目上資本主義を否定している国、格付けをする資格はないのではないか。サウジは、チュニジアからはじまる革命に揺れいている。まあ、石油マネーでなんとかもっている。まあ、Aa3も当然かと。


 正直言うと、米国はAa2か3でいいんじゃないか。英国はAa2くらい。ドイツもフランスも日本より高い位置にあるが、間違いなく日本よりも下か同等だともう。独仏は移民問題で揺れ、暴動が起きている。そんな国が日本より下か同等でないのがおかしい。


 まあ、それにこの格付け会社は、前科がある。そもそもリーマンショックの引き金をひいたのは、リーマンブラザーズが最高ランクを付けたのに結果的にそれが嘘で、破たん直前にランク外に追放した。このやり方が大きな混乱のもととなっているのだ。


 だから、格付けというのは参考程度で十分なのだ。それが分かっているから市場が動かないだけで・・・。日本の場合は、格付けを下げて損をするのは、結果的に欧米各国であるのは間違いないのでは?。


 ただ、一つ言えるのは、日本の政治が民主党でおさまっている以上下がるのも無理が無いかなと。なにせ、国家観がなく、右も左もたくさんいてまとまっていないから。そんな党が国政を担っているのだから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 暴力団との付き合いはすべきではない、明確なのはこれ一点であり、紳助の会見が矛盾しているから追っかけろ!!では、やっていることはこれまでと同じ。いまだ、テレビ局は代わっていない証拠ではないか。


それも、「正直に話すから・・・といったのにそうじゃないから」とのたまわっている。果たして、新聞社もテレビ局も問題があったとき正直に話しているか?と考えると紳助を批判するのもたいがいにせい、といいたいのだ。


 そもそも、問題の中身は違うが、風評被害を起こしたテレビ朝日は、当時きちんと説明したか?、してないだろう。それも紳助の問題も同じ。


 引退表明したのだから、もう紳助の話しは終わりにして、次に行くべきだろう。


 はっきりしているのは、暴力団との付き合いは、よくないそして、それで引退になった。これで十分だろう。これ以上の追跡は、いじめだ。


 こんな追跡をするようだとじゃあ、かつて暴力団との付き合いをしていたと週刊誌とうで叩かれた細川たかしや北島三郎、山本譲二といった連中はどうなるのだ・・・・。故長谷川一夫、故美空ひばりは??・・・。


 紳助の会見で、吉本も知らないものもあったようだし・・・・。


 著名な芸能プロダクションのなかにも元あちらの方が社長になっている(名目上かどうかも??)という話も聞く。


 暴力団との付き合いは、徐々に減りはしつつも影響力は強い。それは間違いないだろう。引退し、一般のひとになったのだから、それ以上の追跡はご法度ではないのか。


 それにまた芸能界に戻ってきたら、それはそれで問題だろうとも思うし。


 しかし、それでもはっきりしているのは暴力団との付き合いは、よくない、ということのみだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 これで、ようやくまっとうなバラエティと言うか良質な番組作りが進むことを期待したい。ダウンタウンが看板の番組も、ナイナイの看板の番組もこれを気に打ち切りにしてもらいたい。

 とくにめちゃイケなんて、紳助の番組よりも愚劣極まりない番組でもある。こんな番組はいちはやく、打ち切りを願いたい。

 そもそも、視聴率というのは都市部に集中していることで、そんなに地方のおじいちゃん、おばあちゃんなんかは民放はほとんど見ていない。というか、皆、NHKである。

 田舎に帰って、見ているのは、NHKでそれもNHKのバラエティを見ている。誰だったかは分からないが、NHKのバラエティは・・・といっていたが、昔はNHKがきちんとしたバラエティをしていたと思うし、健全だった。私が、子供の頃見ていて面白かったバラエティは「かっくらきん大放送」だった。たけしなどが出ていた、「おれたちひょうきん族」ではなく、こっちのほうをよく見ていた。「ドリフ」も見ていた。

 正直、私の独断と偏見から言わせてもらえれば、あのままサンデープロジェクト系の番組で押していって欲しかったなあと。サンプロのときの紳助は非常にカッコよかったしあの政治学者の大家・故高坂教授を手玉にしながら、丁々発止でのやりとりは痛快だった。しかし、そこに落とし穴があったのかもと。いまのバラエティの司会やプロデューサー業よりも生き生きしていたようにも思う。

 それに今回の問題は、紳助自身がもつ義理堅さも影響しているのではないか。情にもろい。そもそも、にっちもさっちも行かなかった時救ったのが暴力団だったのが皮肉だった。本来なら、出演した番組のテレビ局やその関係者が間に入るとか、弁護士を間に立ててやるとか、そういうアドバイスが出来たはずだ。しかし、話しを聞く限りではそんな雰囲気は微塵も感じなかった。ようするに怖がってだれも紳助を助けなかった。そこに助け舟を出したのが渡辺二朗であり、さきの暴力団の組長だったと思う。

 助けてもらったら、通常はそこで終わりで丁重に断るか位はするだろう。しかし、紳助にとってその事件は、そうとうな死活問題だった。それを誰も手を差し伸べなかったというより、気付かなかった。だが、それを一瞬にして解消した。その恩義は何事も変えがたいものだろう。

 結局、その思いが強くて、ここまで来てしまった。この事件に関しては、紳助が責められるべき問題ではない。

 本人が、引退を決めた以上、これ以上の追求は単なるいじめであると感じるのだ。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 島田紳助が引退を表明した。まあ、暴力団との関わりがあったからということだ。


 紳助の引退表明は、ほんまかいな?という思いとともに、これで芸能界と暴力団とのかかわりを正すきっかけになるのではないかと。


 暴力団の関わりが強いと思われているのは、歌舞伎界、相撲界、そして芸能界、歌謡界(演歌界)だ。


 その影響力が強いのが、相撲界と言われている。たにまち、という制度に問題があるようでそこに暴力団を隠して入り込んでしまっているらしいのだ。


 そして歌謡界は、大物演歌歌手が暴力団とのかかわりを取りざたされたりした。芸能界も、かの美空ひばりも長谷川和夫もいろんなトラブルを抱えたりもしたが、いまも微妙な距離を保っているような感じだし。


 歌舞伎界も、どうなのか??という感じだ。


 紳助は、元暴走族ということもあり、こういう経歴の持ち主だと、かつての仲間のなかにそちらへ行った方などがいれば当然、そういう流れになることもある。


 向こうが、それを承知で避けるならまだしも、近寄ってくるようだとなかなか断りきれないのが現実らしい。


 公私ともに混同はできないが、昔からの腐れ縁となるとことは別になるのかも。


 しかし、紳助がこのままで終わるわけがないだろう。


 もしかしたら復活も・・・あるのかもと思わせてしまうのが、問題なのかも。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いやー、このところ芸能界の重鎮たちの死去の報道が相次いでいるような。


 大岡越前でおなじみだった竹脇無我さんが亡くなった。小脳出血とかいう病気というか・・・・。


 さびしくなる。時代劇では、欠かせない脇役のひとりだっただけにドラマ時代劇が寂しくなるなあ。


 本当に・・・残念だ。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 うーん、というか、昨日の試合を見ていて最初に感じたこと。


 なでしこ、やっぱすげー。ということ。正直正真正銘のプロ選手は、沢を含めて数人しかいない。とくになでしこリーグの連中は、ほぼ、アマチュアであり遠征費も自分たちで賄わないといけないところもある。そんななかで、なでしこリーグ選抜は、果敢に挑んでいった。


 木龍や菅長といった息のいい選手も目立ち、さらには異色のサッカー選手・清水の上がりも面白かった。ところで、この清水、実は三井住友海上火災の実業団駅伝で2連覇に貢献するなどそうとうな注目株だったらしい。


 同期に土佐礼子、先輩に渋井陽子という環境の中で、実業団駅伝のメンバーとして活躍していたが、ある日、サッカーの試合を見てサッカーをやりたくなり、将来が嘱望された陸上の世界と決別した。


 サッカーの所属チームを紹介したのが、かつて在校していた市立船橋の布監督がしょうかいしたというのだから、本人は趣味程度というけどもあながちサッカーが趣味でやっていたわけではないだろう。その証拠に、当初は問題があったが、いまやチームのFWとして活躍している。


 ところで、試合は、沢が抜けてから、どうもチームの動きが・・・になってしまっていた。


 これからは、ポスト沢が重要になってくるのではないか。良くも悪くもいまの日本女子サッカーは沢でもっていたようなところがある。


 しかし、沢もそろそろ年齢的にもきついところに入ろうとしている。今、W杯では沢が前線からボランチに下がったことで本来沢が持つ決定力というかそういうものが開花した。


 それにしても、双方とも本当に充実した試合をしたと思う。これからを担うヤングもベテランも・・・嬉しかったのは小林がリーグ選抜として出場したこと。丸ぽちゃになったけど、その動きは大きな怪我をしたとは思えないくらいはつらつとしていた。ひとつ、残念なのがボンバーヘッドの荒川がいなかったこと。彼女がいれば、もっと盛り上がったかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 高校野球の決勝が決まった。


 東京の日大三と青森の光星学院の対決となった。正直言うと、今度こそ、正真正銘の白河の関を越えられるかに注目が集まる。


 津軽海峡は越えたが、東北人は「白河の関を越えたわけではない」とか。ということで、今回の対戦は、本当の意味で白河の関を越えることができるのか、ということが注目なわけで・・・


 注目だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。