独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 アジア大会でのトータルメダル数は、中国、韓国、日本の順になった。金の獲得数では、韓国が大きく上回った。


 はっきり言ってしまえばアマの日本vsプロの中国、韓国。という構図になっていると思う。


 正直、国の全面サポートのある中国と韓国とでは、あまりにも違いすぎる。


 というより、中国は人口が多いので人海戦術で選手を獲得できる。


 韓国は“伝統”の超、超エリート教育で選手を鍛え上げてきた。


 しかし、ふたつの共通点は、時期が過ぎたら“ポイ捨て”。メダル獲得すれば、半永久的な補助金が出るがそうでないときは、完全なるポイだ。


 これが、日本との大きな違いだ。日本は、基本的にアマチュア精神を根底に、そこからプロへの考えが生まれてくる。


 だから、成績が悪くて引退しても、それなりのサポートがある。ましてや、一般就職という厳しいが少なくともそうしたセーフティーネットがある。


 ところが、中国、韓国にはそれがルーズでポイというのが定番の流れだ。


 とにかく勝てばいい思考が強いのが韓国と中国なのだ。なので、これぞと思う選手には、徹底してお金を注ぎ込む。


 いまの中国と韓国はまさに選手全員が国家プロという存在にあるのだと思う。さらに財閥も関わっていることから、そこに国の予算も加わってともなると、三星、現代、LGなど国際的な企業が、莫大な予算を注ぎ込めば、まさにプロ選手だ。


 それに引き換え、日本は、遠征費も練習費も全て自前、練習場も自分で確保しなければいけないという状況だ。


 さらにアマチュアの生命線ともいえる企業からの援助も徐々になくなってきている。その一方で、フェンシングなどは太田選手の存在でなんとか資金を大まかに賄うことができる状況になりった。それでも韓国と比べればまだまだ雀の涙程度だ。それでも、結果を残そうとする。


 これは、はっきり言ってしまえば、伸びる選手を止めてしまっているところもある。


 中国、韓国と全く違うのは、米国だ。企業が全面的スポンサーとなって支えるシステムをとり、企業からも引退後の生活が自由にできるようなお金が稼ぐことができるようになっている。


 これが日本との違いだ。


 さて、日本はこのままアマチュア精神を振りかざしていくのか、中国、韓国の様な出場全選手のプロ化を目指すのか、岐路に立っていると思う。


 もし、アマ精神を振りかざすのなら、今回の3位も順当で評価すべきだ。しかし、それが問題というのであれば、国家プロ化もしくは企業が全面的に支える商業プロ化のいずれかを選択しなければいけないのではないか。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 地デジ狂騒曲、まさにこんな感じ。


 このところ、地デジのエコポイントが半分になることで、なんか割安感がなくなるからか・・・・。


 それにしてもだ、私の独断と偏見からすれば、今買う人って、結局、損をしているような気もしないでもない。実は、通常の価格よりも、若干の上乗せをしているらしいのだ。つまり、10万いくらだったのが、いまは12万いくらになっているとか。


 結局、地デジ切り替えのときにまた駆け込みで・・・・、本体価格が安く売ってしまう傾向になるのではないかと。


 そもそも、10万円が12万円に、そして、10万円にさらに9万、8万・・・と。


 我が家は、まだ買ってません。正直言うと、高すぎる。せいぜい、録画付きで4~5万円台になれば購入してもいいかなと。


 まあ、しばらくは来年の2月か6月くらいに買おうかなと思っている次第です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨今、韓流アーティストはブームになっている。しかし、年末恒例のNHK紅白歌合戦に誰も出場できなかった。


 年間トータルすれば、KARAや少女時代などの韓流のCD、アルバムランキングはトップだろう。それだけに多くの人がなんでという思いに駆られているに違いない。


 しかし、私の独断と偏見からすれば、当然かもな、という思いがある。


 なぜなら、2011年、週間、月間ともにオリコンチャート1位に一度もなっていないことだ。東方神起など男性グループのなかには過去に1位をとったこともある。それだけにこれまで出場も可能だったわけだ。


 KARAや少女時代などは、ブームこそなるが圧倒的な勢いで1位になっていないのだ。あくまでも、トータル的に見て1位になっているだけで圧倒的な人気ではない。


 その証拠に、AKB48の勢いがまだ衰えていない。さらにジャニーズ帝国も斜陽の傾向はあるもののSMAPの後継グループとなった、嵐、を軸に安定感を保っている。


 また、韓流が選ばれなかった背景には、時間の短縮やそれによる出場歌手の制限などもある。男女合わせて6組のアーティストが前年から減少することになった。それも韓流アーティストが出場できなかった理由にもあげられるのではないか。


 また、トイレの神様の植村が、10分にも及ぶ楽曲の完全放送を望んだことも削減の理由となったのだと思う。トイレの神様は、圧倒的な詩的センスのよさから感動的な曲に仕上がっている。そのために全曲放送は当然という選択が生まれても仕方のないことだ。


 これは、あくまでも推測なのだが、以上のような理由があるのではないか。と、独断と偏見で思っているのだが。


 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 北朝鮮の攻撃で、韓国が一挙に熱を帯びている。


 ところで、中国があまり動きを活発化させていない。というか、なかば北朝鮮支持のようにも見える。


 北朝鮮は、朝鮮戦争以来、共産主義による赤化統一の夢をあきらめてはいない。


 まあ、50年ほど前までは、本気で北朝鮮は単独でもやるつもりでもいたが、朝鮮戦争後に誕生した朴大統領のもと日本の半ば賠償金(国民には伏せて)とも言うべき支援金で、一挙に経済発展への礎を築いた。まさに「漢江の奇跡」を演出した。


 その結果、北と南の経済力は、あっという間に差がついてしまった。


 共産国家の経済政策では、発展するどころか衰退、破たんすることを明確になった。中国のト・ショウヘイはそれを知ったがために毛沢東に反旗を翻したが、結果は失敗。その後、何度か毛に反旗を翻すが失敗を続ける。しかし、毛の死後、一挙に巻き返し、いびつながらも資本主義と共産主義のあいのこの摩訶不思議な政策で、毛沢東最大の汚点、ともいうべき文化大革命で疲弊した中国を沿岸部から復興させた。


 はっきり言ってしまえば、共産主義思想では国家は強くなるどころか疲弊してしまい、破綻してしまうことを実証した文化大革命であった。


 まあ、妬み、嫉妬、恨みつらみ、僻み、などねじ曲がった根性で成りつ立つ思想であるだけに結果として、人を信じない政治をすることになる。


 ところで、北はその妬み、嫉妬などの塊のような国だ。それだけにある意味かわいそうな国なのだ。


 うがった見方をすれば、中国は北が南北を統一させ、北朝鮮を含んだ韓半島を自分たちの傀儡政権を樹立させる考えもあるのではないかと・・・。


 尖閣問題は実は、こうした深謀遠慮も働いているのではないか。韓国を半ば包囲する形に、中露が手を組めば、完全に包囲が完成する。


 日本にもにらみを利かせながら、韓国を包囲し、日米韓の分断を図った感じで東アジアの覇権を握ろうとしているのではないかと。


 北は、それを知りつつ、利用して南北統一を考えているのではないかと。できれば、中国を引きずりこんで徐々に韓国を追い詰めようという魂胆も見え隠れする。しいて言えば、韓国が、「強硬手段だけでいいのか」という声を多くすることを演出しようとしているとか。


 まあ、韓国には北の工作員が政府中枢にもいるのではないかとも言われているので、どうなるかは??だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 アジア大会が、現在開催中だが、メダル獲得数で日本は韓国の後塵を拝している。しかし、面白いのは韓国の熱の入れ込みよう。


 国家プロというべき育成システムで、もうアマチュアとは言えない状態だ。それに比べ、日本はスポンサーとなるべき企業のお金がそこまで回らないため雀の涙ほどの助成金でがんばっている。


 純粋なアマの大会は、ユニバーシアードくらいになってしまったか。


 ところで、日本はこれまであまり強くなかった種目でメダルをとれるようになった。


 とはいえ、それが持続するか否かは、??だ。


 あくまでもアマチュア精神を貫く日本。野球にしても一切プロを投入せずに銅を獲得した。女子バレーボールも、主力をいっさいなしで戦った。


 サッカーも集合3日で決勝まで勝ち上がってきた。


 韓国は、何が何でも日本を小馬鹿にして、自分たちが上にたって馬鹿にしたい。俺たちが偉いんだぞーということを示したいことを自国新聞紙上で堂々と明言している。


 それにしても、韓国の育成ぶりは、日本も見習わないといけないだろうと思うのだが。


 しかし、国家育成プロというのがふさわしい、韓国の強さ。中国は、共産党の広告塔的ものなので何が何でも勝たなければいけない。なので、決勝で敗れた、選手はあとで党からきつい処罰とは言わないまでも何かしらのものはあるのだろう。


 とはいえ、国威発揚としての国際スポーツ大会の利用はいかがなものかと。考えてしまうのだが。


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 やはり、中国での開催と聞いて、この国際大会は捨てたほうがいいのではないかと思った。現在、開催中の広州アジア大会だ。


 なぜなら、中国、韓国での国際大会での身びいき、えこひいきは、非常にひんしゅくもので、気持ちが悪い。嫌悪感すらいだく。たしかに、そういった中で勝った時の高揚感はあるが、どうもしっくりこない気持ちにもさせられる。


 とにかく日本が強いと思われる種目には、中国、韓国の審判や役員は露骨に嫌がらせをしてくる。それを観ていると、実に楽しんでいるかのようで、そのなかで日本選手が負けると、ケラケラと日本人をバカにした笑顔を見せる。


 世界各国あれど、あれほど下品な笑いを見たことが無い。とくにそういったものが多いのは、中国と韓国だ。それ以外はあまり見受けられない。


 この二カ国は、礼儀というものを知らないひとが大勢いる。「自分が礼儀だ!!、何か文句、あっか!!」というような態度をとるひとがいる。


 アジア大会というのは、スポーツがあまり盛んでない国にスポーツを紹介するのが本当の役目ではないのかと。


 もし、日本以外でやるとするならば、台湾、ベトナム、タイ、インドネシアなどでやればいい。モンゴルでもいい。


 しかし、中国、韓国では決してやってはいけない。と、国威発揚に露骨に利用する、韓国、中国ははっきりいって、スポーツの国際大会をしてはいけない、第一等国でることを今回のアジア大会で見ることができた。


 とはいっても、日本が三位になるのは腹立たしいが、韓国は、後継者がまったく育っていない。フィギュアのキム・ヨナが登場して以降、韓国はまったく登場していない。日本は、連綿とした系図が出来上がっている。


 伊藤みどり→八木沼純子→恩田美栄→荒川静香→安藤美姫→中野由加理→浅田真央→村上佳奈子と受け継がれている。これが、日本の強みでもある。


 そもそも、韓国の場合は、すべてが付け焼刃的な印象を受けてしまう。突然現れて、しばらく活躍して、いつの間にか消えて、その競技はしばらく停滞する。今回、金メダルを量産はしているが、結局のところ、安定した記録は望めないだろうと思うのだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 あ~、ついにその日が来てしまったか、という感じ。


 ただ、負けた相手がき瀬の里(けせのさと??)。白鵬が、やや苦手??というか、このところいい取り組みが続いていた。それだけに、もしかしたら・・・というのがあったが、それは正直言うとわずかな、ものだったのだが。


 それにしても負けるときは、意外な形で結末を迎えるものだと、改めておもった。それにしても双葉山の連勝記録はとてつもない記録だということも明らかになったわけだ。


 実は、あまり知られていないが、左目だったか右目だったかが失明同様の視力だったことが知られている。


 それだけに、69連勝というのはある意味、とてつもない記録だったこと言うとだ。


 白鵬は、それに近づいた。それだけでも偉大な横綱になりつつあるということだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 歴史というのは、その時は、素晴らしいと思っても、10年、100年、1000年たつと全く違う評価を出すときがある。


 そのなかでも、ナチスドイツのユダヤ人虐殺、カンボジアのポルポト派の虐殺など、民族主義的で狂信的な思想は人々をおかしくする。


 まあ、日本の軍国主義、民族主義的な方向になってしまったこともあるが、日本の場合は他国の場合と少し違う。


 アジア最初に白人に真っ向勝負を挑んで局地戦ながら完膚なきまでに打ち破った。ここから、白人たちがひそかに逆襲を図った。それが、第二次世界大戦で終結する。しかし、欧米人たちの植民地は軒並み激減し、手放さざるを得なくなった。


 とくにインドネシアなど東南アジアは、欧米に一挙に反旗を翻した。戦争に勝ったのに、植民地を手放さざるを得なくなった白人たちは考えた。


 平和教育という名のもとで、お金のことしか考えられないつまり、経済重視の教育を徹底させた。日本に・・・。


 日本は敗戦した上に、平和教育を盾に日本人としての誇りと名誉を持つことは、損だと教え込むように吹き込んだ。


 だからこそ、日教組の前進というべきものをつくり、現在に至っている。だが、これも結果的に誤算になった。


 朝鮮半島情勢が、白人たちの思惑を崩してしまった。さらに日本国民が憲法9条を後生大事にしてしまったことで、米国はある種窮地に追い込まれたともいえる。


 欧州も日本が、アジアでの地位を確保することを望んだ。だが、憲法9条が足かせになって思うように運べない。そこで、中国にいやいやながらもシフトした。


 中国は、正直言うと文化大革命前までは、共産主義国家でありながらそれなりの戦後の存在感を示していた。しかし、毛沢東がぼけて、寵臣が跋扈した。その結果、文化大革命がおこり、中国の貴重な歴史が抹殺され、悠久で雄大な中国の歴史的発展が、100年以上後退した。


 民度も、いっきに凋落。しまいには、ガキ畜生のたぐいまで出てくるような状況になった。


 共産主義は、僻み根性丸出しの主義だけにより、ガキ畜生に拍車がかかる。人口が多いのに、一部にしか使える人が偏る、いびつな状況になってしまった。


 他国に対して歴史云々かたることよりも、文化大革命から続く、中国史を真摯に中国自身ができるかどうかが、かかっているのではないだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このところ、仙谷官房長官の言動をみると、かのロシア帝国を崩壊に導いたラスプーチンのように思えてきた。


 っていうことは、ロシアが滅びた時のようになってしまうのか日本は、ということになりかねない。


 質問者が首相にとお願いするのに、すぐさましゃしゃり出てきて答弁する。それも説教じみた口調。


 なんにしても、民主党政権は、鳩山前首相から失敗続きだ。通常なら、クーデターが起きてもしょうがない政権が続いている。極めつけは、今回の尖閣諸島問題。


 自分たちのミスを隠そうとやっきになり、論理のすり替えなどを平気でやるというのは、まさに左翼政権のなせる技だ。


 仙谷官房長官の行為は、まさにそれ。


 確かに今回の流出は、公務員の罪に問われても仕方がない。しかし、本来、国益を考えるのであれば、中国からの文句があったときから、強硬に出て、ビデオがあれば、少しでもいいから公開し、徐々に全面公開への処置をとるべきだったのではないかと。


 まあ、民主党は批判はするが対案を持ち合わせていない党でもあり、何も考えていないから、ミスばかりが続くのだ。


 はっきり言ってしまえば、責任を追及している奴らほど責任逃れをする傾向があるのだ。


 いまの民主党政権は、自民党政権時よりもたちが悪い。口が立つから言いくるめようと躍起になる。しかし、全てがずれているから、滑稽に映り、反感も買う。


 とくに仙谷の顔を見てくると中国人なのかと思えてくる。


 ましてやあの委員会質問で出てくる仙谷は、あのロシア帝国に崩壊をもたらしたラスプーチンのような感じだ。


 ラスプーチンが出てきたことで、帝国の滅亡が早まったとも・・・・。


 てなことを考えると・・・という心配がある。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 民主党のリベラル派は、受験勉強のみに熱心で、応用がまったくきかないアホばかりだ。


 蓮ホウのような国会議員が幅を利かす、なんともはや亡国内閣である。唯一、前原外務大臣が、気を張っているが、管と仙谷は及び腰・・・・。


 尖閣問題のビデオが7~8時間ユーチューブで流れた。みる限りでは、疑いようのない中国が悪いことが明確になった。


 しかし、これが中国領やロシア領だったらどうだったか、銃撃していただろう。あれだけ止まらずに、突っ込んでくるようなら躊躇なく撃っていただろう。


 日本は、憲法9条でこちらからは撃ってはいけないことになっている。まかり、間違って撃とうものなら、刑務所行きである。


 ところで、情報管理がなっていないことを露呈してしまったが、中国が日本の責任と言っていたが、これは無視し、中国とは一切、関係を結ばない、こいう気概を持ってこれから交渉をすべきだろう。


 これは、ロシアにも言えることだ。


 ところで、これまでの民主党政権は、自民党が培ってきた人脈とかすべてを否定し、自分たちで自分たちが好き勝手にやり始めた結果、こうなったと思う。官僚を悪玉にして、官僚の発言に耳をふさいできた。まあ、公務員改革のなかでその不満を募らせてきた。


 しかし、自民時代と民主ではまったくの対象的な思いを抱いている。自民の時は、まあ仕方がないな・・・・。という思いがあり、民主党ではそれが、「なんだよそれ~やってやらんねぇ」という感じだ。


 とくに普天間問題では、政界と官僚が何とか地元を説得させて解決の一歩を見せたのに民主はそれをぶちこわした。だんだん、その不満が今回の事件を生み出したのだと思う。また、岡崎国家公安委員長が就任した公安の機密文書が流失した。これも、ひとつの反旗ではないかとも。


 なにせ、岡崎は民主党とは所属がなっているが、根っからの左翼主義者。共産党よりも共産主義思想にかぶれている議員でもある。そんなやつが、公安委員長になった。考えようによっては、岡崎本人がかってに流出させたのではないかと思ったりもする。これまでの経歴を見れば、北朝鮮や中国のスパイではないかと思ったりもする。


 今回の流出は情報管理のずさんさを露呈したようなものだ。政権が変わったからまだ・・・といっているようなテレビ朝日は、そく総務省に放送権を返上してほしい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。