独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 やはり、共産党政権にまともな交渉を願うこと自体が無理というか・・・・。


 米国と中国との関係は、政治と経済、そして軍事の三角形が出来上がっていることから、どこそこまでいったら、ひっこめるとか交渉するとかという駆け引きのバランサーが機能する。


 しかし、日本はどうかというと、政治、軍事よりも経済が先走っている。そもそも、この状況を生み出したのは憲法九条の存在も抜きには語れない。


 憲法九条は戦争と軍隊を放棄したものになっている。しかし、現実に言ってしまえば、中国共産党にとってこれほどありがたいものはない。なんといっても、軍を持たないということは、ちょっと脅してしまえば、どうにでもなることを意味する。平和のためなら、なんだってする。究極なら戦争をしなければ、国すらなくなってもいい。という連中がいるような国だ。民主党の輿石、横路、仙谷といった民主左派。そして、風前のともしびの社民党。


 あれ、と思われかもしれませんが、鳩山や小沢がいないではないか、という御方もおられるかもしれませんが、鳩山は、あの能天気さでよくわからん。小沢は一見、中国に媚びているようにも思えるが、したたかさがある。だから、このふたりに関しては、簡単に媚中派とは言えないところがある。


 日本は、外交と話し合いで何とかなるという幻想がある。それも軍隊を持たずにだ。それがいいという意見があるようだが、抑止力としての軍隊の必要性は、昔から言われ続けている。


 軍がいらないというのであれば、国民の中に、一つの信念みたいなのがあれば問題はない。つまり、国が崩壊の危機にあるときに一致団結して国を守るという意識があれば軍隊はいらない。


 そういう国を守るという強い意思があれば周辺に抑止力として作用する。


 だが、いまの日本にはその気概が一般人の中にあるのかどうか。かくいう私もそういいながら、わからない。しかし、少なくとも今の憲法では、中国のようなならず者国家にとっても、同盟国の米国にとってもいろんな意味で、問題をはらんでいる。それを、何とかしてくれ、というのが民主主義国家思いもある。


 そもそも、60年以上憲法を変えていない国というのも不思議というか・・・・。わたしは、極端な話かもしれないが、すべては憲法9条が足かせになっていることは間違いないと思っている。9条は、左右ともにいろんな解釈がとられてしまう欠点をはらんでいる。改正するにも、付け足すということも欠点を無くす努力が必要だろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 北海道5区の補選が先日行われ、自民の町村元官房長官が復活当選した(選挙での)。


 民主の敗戦要因は、民主党の政権運営にもあるが、その最大の原因は、日教組系列の北教組がまたもや、懲りずに選挙活動をしていたようだ。


 投票率は低いもののある意味自民の底力がみたような気もする。結局のところ、民主の支持者、支援者は所詮、無責任な無党派層であり、それに輪をかけて教職員組合の協力がなければ、何もできないないようなじょうきょうではなかったのかと。


 まあ、間違いなく今回の無党派層は、投票に行かなかったのだと思う。


 日教組に関しては様々な疑惑がもたれている。


 そもそも、教職員は政治活動をしてはいけないことになっている。しかし、正々堂々とやっている。注意しようものなら、殺されるようなものだ。


 つまり、教職員室で、つるしあげられ、授業の資料などを提供させてもらえず、組合員からのしかとされる・・・・。


 下手すると生徒間のいじめよりも陰湿になっているという。教職員組合員からのいじめは悲惨な結末をむかえることもある。


 その例が、広島県で起きた世羅高校校長自殺事件だ。これは、高校の組合員が全員そろって校長を無視し、追い詰めた。校長室に閉じ込めるようなこともされたようだ。


 そう、日教組の教職員の本性は、そういうことを平気でやる団体なのだ。


 だからこそ、日教組は一旦解散し、新たな真から本当の教育ができるようにしなければならないのだ。


 北海道5区の選挙結果は、北海道教職員組合(北教組)にとっても大きな痛手になるのではないだろうか。そして、本当の教職員とはなんなのかを考えさせるきっかけになるのではないかと。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本シリーズは、中日vsロッテになった。


 しかし、テレビ局の思惑は違うようで、「視聴率が取れないから、(地上波で)放送しない」との。


 なんという、ファンを馬鹿にしたテレビ局の行為かと。


 http://www.sanspo.com/baseball/news/101023/bsr1010232216006-n1.htm


 とにかく耳をというか目を疑ってしまった。


 これが、巨人が日本シリーズに進出したら、こぞって中継しただろう。このご都合主義的中継の仕方は、日本のスポーツ界のおかしさを示している。


 それにパのチームを愚弄しているとしか思えない。まあ、ロッテだからという偏見もあるのだろう。本当に信じられない。


 プロ野球を本気で改革したいのであれば、巨人を葬り去るか、巨人を黙らせるほどの出来事がない限り、改革ができないということもであるのではないか。


 プロ野球の行く末が、思いやられる・・・。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 羽田空港が4番目の滑走路を利用した営業が始まった。


 それにしても、こままいけば5本、6本なんていうことがあり得るかもしれない。


 だが、本来は、国内は羽田、海外は成田という区分けができていたが、本来、成田は3本の滑走路で運用するはずが、いまだ2本。それも2本目は、中途半端なものになっている。


 それもこれも原因は、1960年代と70年代の安保闘争で敗れた過激派たちが、最後の牙城としたのが、この成田と沖縄だ。あと大々的ではないものの意味不明な反対運動を行っている。成田の失敗は、その落ちぶれた過激派にそそのかされたのが現地の農民たちだ。不毛な戦いに振り回された揚句、人生の大半を棒に振った。

対話すら許されない連中に嫌気がさしたが、90年代後半の成田闘争は動きがなくなった。


 で、もう潮時と思ったのか、過激派の連中はなりを潜めて沖縄へとシフトチェンジした。そう、普天間もんだいだ。


 それに事件の多くは、団塊の世代に移っているがこのところ意味不明で、理解に苦しむ殺人事件等がたくさん起こっている。そして、その年代を分析すると、面白いことに安保世代といわれる年代に集中している。


 その一方で、安保に背を向けていた人の中には国際的な活躍をする人もいる。


 ノーベル賞をふたり生み出した名古屋の大学は、全国各地で学園闘争が激化するなかで、この大学は、まったくの無風で、勉強することは馬鹿がやることと、学生運動の理由のひとつでもあったがそんなものはどこ吹く風で、しっかりと勉学に励んでいた。その結果が、権威ある賞を受賞することになった。


 安保闘争を主導的にやってきた連中は、そのほとんどが、ねたみ嫉妬、恨みつらみ、など僻み根性ばかりの連中だった。そんな考えを持っていた連中だからこそ、自分は悪くない、悪いのは社会のせいだ、だから、社会を壊すことだ、みたいな感覚でやってきた。


 国のためとか、世界の中で日本はどうあるべきかなんて考えたことはない。いや、考えていたとしても共産国家というより、平等といいつつ、自分たちが安心してわがままが言える国を作ろうという理想があった。


 でも結局、そんなものはできるはずがない。


 成田の建設問題、羽田の騒音問題には、地元住民ではない活動家が扇動する傾向にある。


 あとは、その扇動にのかったマスコミにも問題があったといわねばなるまい。じつは、いまのテレビの上層部の80パーセントくらいは安保闘争に参加した連中で、少なくとも思想やイデオロギーが左翼傾向にある。


 では、どうしたらいいのかこういった国の国力を左右する場所には、扇動家を排除することが重要だ。そして、彼らの発言を許さずに話し合うことが重要だ。


 決して、僻み根性丸出しの連中を許してはいけない。彼らは、共産主義を信奉する国を作ろうとしているのだから。


 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 中国が、とにかくおかしな方向に向かっている。というか、本性を現した。


 そもそも中国は、アジアにおける覇権を握りたくて仕方がない。それは、千年以上前から変わっていない。


 中国は、漢族の国と言いながら、実質は多民族国家。真の中国という意味では黄河から以南が真の中国といえる。


 ただし、四川省以西、チベットも違う。本当は、もっと小さいのだ。


 中国は、自分の漢族のほかに、チベット、ウィグル、モンゴル、そのほかの山岳民族など多くいる。これを統治するためには常に仮想敵国が必要になってくる。


 かつては、北方や西方、南方に拡大していたのだが、時代がすすむにつれて、政治は不安定ながらも強国が台頭してきた。


 インド、ベトナム、カンボジアなど新興国の中で経済発展する地域が出てきて、さらにはアセアンも誕生し、中国が台頭するうえで好都合、不都合ともに華僑が入り込んで、当地の政府に意見が言えるような状況だ。


 とはいえ、これ以上は拡大は不可能ということで、今度は東方に視点を向けた。それが日本だった。


 過去、中国は日本に視点を向けたことがある。それが元寇だしかし、ことごとく失敗した。


 その後は、拡大路線から内需を充実することに専念したが、政府内での崩壊が進んだ。結局、いまそれと似たようなことが起きているというからお笑いだ。


 それに今回の暴動に関して、ほぼ黙殺を決め込んでいる。その背景には、都合がよければ鎮圧するが、そうでなければガス抜きとして日本を利用している。


 しかし、今度これが、効かないような状況に中国は、追い込まれているともいえる。


 ただ、日本が貝のようにくるまっていてもしょうがない。あとは、適材適所に中国に物申せるかにかかっているかだろう。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 プロ野球のクライマックスシリーズが始まっているが、パとセの日程がなんで同じにならないのか不思議だ。 


 セのクライマックスシリーズは、まだ2位と3位の直接対決が始まっていない。この土曜日からだという。しかし、パは既に頂上決戦を始めている。


 これって非常に不公平ではないかと。まあ、これもまさに巨人至上主義が働いているとしか思えないのだが。このままいけば、クライマックスシリーズの頂上決戦は、セは、セの頂上決戦からなだれ込むように流れができている。しかし、パは変な日程で流れがつかめないまま、セとパの頂上決戦を迎えることになる。


 あきらかにセに有利だ。


 私の独断と偏見から言えば、このクライマックスシリーズを発展させてはどうかと思うのだ。


 つまり、セとパで12球団ある。


 このブログで何度もいっていますが、東西に分けてはどうかと思うのだ。


 つまり、大リーグのアメリカンリーグとナショナルリーグにともにある西地区とか東地区というように分けるのだ。


 イーストリーグを福岡(ソフトバンク)、広島(広島東洋カープ)、神戸(オリックス・バッファローズ)で西海道地区。西宮(阪神タイガース)、名古屋(中日ドラゴンズ)、横浜(横浜ベイスターズ)の東海道地区。


 ウェストリーグを東京(東京読売巨人、東京ヤクルトスワローズ)、埼玉(埼玉西武ライオンズ)の東京圏地区。千葉(千葉ロッテマリーンズ)、仙台(東北楽天イーグルス)、札幌(北海道日本ハムファイターズ)の陸奥地区。


 それぞれ3チームになってしまうが、一つの地区で戦い、同じリーグのもうひとつの地区で交互に戦い、さらに交流戦のようなことをしてシーズンを戦えば、クライマックスシリーズは、各地区の1位同士が戦いリーグの勝者を決めることになる。それに勝ったチーム同士が日本シリーズを戦う。


 これのほうが、不公平感もないのではないかと思うのだが。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 サッカーの日韓代表戦。


 ソウルで行われた試合は0-0で引き分けた。しかし、日本は相変わらず、ゴール前でパスを出していた。


 とはいえ、これまで守備的な志向のサッカーから攻撃的なサッカーに変貌した。韓国からしてみれば、あまりにも変貌の激しい日本に驚いたのではないか?と思う。


 しかしながら、韓国は、中盤がこれまで以上に厚くなった分、守備のDFの穴がまだ治っていない。日本はパスサッカーだから助かっているものの、変速ギアのついたドリブラーがいれば、簡単に点が取れそうな雰囲気があった。


 日本の選手が後半なんどかドリブルを仕掛けて中に入ることを試みたが、韓国は相も変わらず、ボディプレスで潰してきた。これが、10年前ならいざ知らずだ。ホンミョンボ、ユ・サンチョルがいた時は、すくなくともドリブルを仕掛けられた瞬間、ボールを奪い返していた。


 だがいまはどうか、非常に不安定だ。


 日本に勝てて、中東勢との相性が悪いというのはそこだ。


 ドリブルを仕掛けられるとズルズルと引き下がる。ボールに向かって韓国のDFは烏合の衆のように群がってくる。日本は、それにあわててパスをし、失敗。その後、猛攻にあう。


 さらにパスサッカーの弱点ともいえるボディプレスを受けるとパスを出す。そして、とられる。しかし、中東勢は、技術力こそ劣るものの攻撃に対するスピードとスピードの変化があるドリブルで突破する。


 その変化についていけない韓国DFは、楽々と突破され失点を重ねる。


 中東勢に極端に弱いのは、この点だ。力任せのDFに対応できていないのだ。つまり、図体ばかりがでかくて守備になっていないのだ。


 日本は変幻自在のドリブラーがいない。韓国がアルゼンチンのメッシに南アW杯で翻弄された。しかし、日本はほぼ完璧に封じ込めることができた。


 それはなぜか、韓国は、ボールに集まり、メッシのパスコースを消すという行為を怠っていた。そのことで、メッシに押し込まれた時、まわりはボールウォッチャーになりいとも簡単にパスを通させていた。


 日本はメッシにボールが渡ってもボールに行くとともにパスコースの消去とそのサポートがしっかりしていた。この差が、0と韓国の4失点という結果につながったのだ。


 韓国は強いというのは、今現在ではまやかしである。というのは、攻撃は確かにトップレベルの強さを誇る。しかし、DFはこれまでの韓国代表のなかでも最低でもある。中盤の攻撃的守備が功を奏しているだけあって、そこを突破された場合は、なすすべがない。あとは、激しいボディプレスでボールを止めに行きPKを献上し、失点する。というパターンを繰り返しているのだ。


 これまでの中東勢との戦いぶりを見るとほぼ敗戦の要因になっているのが、このドリブラーによる突破からだ。


 もし、日本が韓国に勝ち続けたいのであれば、型破りなドリブルを攻撃的に仕掛けることだ。とにかく、いまの韓国の最終ラインはドリブルに弱い。かつてのユ・サンチョルやフォン・ミョンボのような強さはない。だからこそ、仕掛けが必要なのだ。


 日本はもっと仕掛けるべきだ。それをすることで、韓国の最終ラインは崩壊するのだ。ゴール前でのパスは韓国戦では必要ないとかんがえるべきだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日のアルゼンチン戦。


 じつは、ザッキがとった戦術は15年前に考えられた加茂監督のゾーンディフェンスだったらしい。つまり、時代遅れの戦術で悲劇が再び起きるのではないかと夕刊フジでは書いていた。


 しかし、試合は1-0で勝ってしまった。


 なぜ、日本はアルゼンチンに勝てたのか。アルゼンチンが調子が悪かったというのもあるが、この時代遅れのローテクにやられたのではないかと。


 つまり、このシステムを知らないアルゼンチンが、とまどったのではないかというのと、日本のレベルが向上したということも加味しないといけないのではないだろう。


 ところで、ローテク・・・・東レパンパテニスで活躍した40歳の伊達を思いだした。


 伊達が引退後、いまや全盛のパワーテニスに世界は支配された。どんなに追い込まれても、かつてなら緩いボールでかわしながらプレーを続けていた。だが、いまでは、思いっきり打ち返す方式に代わっていた。


 そこにローテクの良さをしる伊達が復帰した。パワーで押すテニスにローテクを知らない若手のトッププレイヤーが戸惑っている。シャラポワなどもそうだ。つまり、いなすような緩いボールで打ち返すので、そこでテンポというかリズムがくるってしまう。


 さらにローテクに少し手を加えているから余計、やりにくい。


 伊達が活躍できたのは、パワーテニスが主流になっていたからともいえる。


 サッカーもこれと同じだったのではないかということ。サッカーは、常にシステム研究は先端を追及する。そのため、あたらしいことには興味をもつがローテクについての関心は低くなる。


 とすると、研究とかしていないものだから、ここに隙ができる。ローテクに手を加えることで、ローテクがローテクでなくなる。時代遅れのシステムが、最新型のシステムに変貌する。


 サッカーは、昔のシステムを全否定する。しかし、ローテクに少しでも変化を加えれば新システムになる。基本は、昔だがそれを応用、展開させることで化学変化を起こす。


 そう、新しいシステムが生まれるのだ。


 そのためには、選手たちの成長と意欲、そして技術の向上が不可欠だ。香川、本田、長友、森本・・・海外で旬なメンバーが日本にはいた。それも香川、本田、長友は調子がいい。長谷部もだ。それに引っ張られるようにJリーグ勢が台頭してきた。


 こうなれば、ローテクなゾーンディフェンスも変わってくる。これまで1-1での守備を考え、実行してきた。しかし、やはりだめとなれば、囲い込んでボールを奪う、コースを消す、追い込む、ということになる。


 1-1でこれまでやってきたのだから、それぞれが、かなわないまでも対応ができている。1人では、できなくてもその弱点を補うように囲い込む。


 そうすると、ローテクがローテクでなくなってしまう。


 これがアルゼンチンに勝てた要因の一つではなかったかと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ザック・ジャパンはなんとアルゼンチンに1-0で勝利。


 7度目の対戦で初勝利を収めた。


 今日の勝利に対して、文句を言う人、評論家が多数いるだろう。しかし、これまでの日本代表だったらどうだっか。


 0-0の引き分けがやっととか、勝たせてくれたんだ、という雰囲気があった。しかし、メッシやテベス、カンビアッソ、ダレサンドロとなんとほとんどオールスターのアルゼンチン。


 途中、何人かが怪我や大事をとって引き上げたが、これだけのメンバーが来てくれたのは、ある意味、奇跡に近いのではないか。


 コンディションが悪いこともあろうが、それにしても数日前から来ているのだから、ある種の言い訳は・・・だが。


 ただ、ここからが問題だ。アルゼンチンに勝ったとはいえ、それはあくまでも親善試合でのこと。ここで、おわりではない。当然のことだ。


 これからが問題。勝ってかぶとの緒を締めよ、だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 しかし、日本は捨てたもんじゃない。


 民主党のどなたか分かりませんが「世界一じゃだめなんですか?」とのたまわった某議員がいたが、ノーベル賞を獲得した人はつねに1位を目指して、日々研究を続けている。それをばっさり切ろうというのが民主党の連中だ。


 もういいかげん、民主党は政権を放棄し、自民党のほか保守連合に禅譲してはどうかと思う。


 民主党に変わったが、日本人、有権者は自民党よりも期待して民主党に投票したようだが、結局、自民党よりも政治の質は低下し、国家としての自覚がまったくない首相を担ぎ出している。


 市民活動家というのは、つねに国ということを考えて活動はしていないのだ。つまり、市民、国民のわがままを政府に訴える連中のことであり、そもそもが、国ということを考えていない。


 国は悪い奴、という位置づけでしかないのだ。その意識のままで国家元首になれば、こんな体たらくな政治を行うのだ。


 そんななかで日本人がノーベル化学賞を獲得したしたのはうれしい限りだ。


 ただ、面白いのはノーベル賞を獲得した人は国からの予算はほとんどない。つまり、国家事業としての研究ではないのだ。


 国が介在しない。ある意味、これでもノーベル賞は取れるのだ。これは、これですごいことだと思う。


 日本は先進国の中で、非常に珍しい国なのだ。


 なんで珍しいのか。たとえば、最先端のデジタル技術やセキュリティシステムが通常の国なら率先して、独占してでも取り入れるのだが、日本は、非常にお粗末なのだ。


 しかし、民間企業は最先端のセキュリティーシステムを取り入れている。国が先ではなく企業が先なのだ。


 これは、これでなんだかなあと思ってしまうのだが。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。