独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 先ほど、予想した展開とは違ってしまったサッカーの国際親善試合日本対イングランド。1-2の逆転負け。


 でも正直、勝ててた試合だと思う。あの岡崎のあっちらほ―シュートが決まっていれば試合はどうなっていたかわからなかっただろうな、正直そう思う。


 闘莉王の先制のあと、岡崎がドフリーだった。あの時、転がしてもよかったのに浮いたシュートを放っていた。あれが正直悔やまれる。


 イングランドは、はっきり言ってしまえば勝ちには勝ったけどミスも多く、なんだかもらった勝ちの心情だろう。まあ、あそこまで日本がやってくるとは思っていなかったのかもしれない。


 あの韓国戦を見せられたら誰だってそう思う。


 日本は、相変わらず、後半になると足が止まりだす。これを何度も繰り返している。それは、前後半通していえることだが、無駄な走りが多いのも原因なのではないかと思うのだ。


 まあ、それでも日本のどん底状態から少しづつ、前へ動き出したかなとおもうのだが。いい方向に行ってもらいたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 サッカーの親善試合日本代表対イングランドがオーストリアで開催される。


 さて、今日の試合は、日本以上に調整試合の意識が強いイングランド。それでも日本の敗戦は濃厚だろう。


 0-2または0-3という感じ。日本のプレッシャーはあまりかからずにスイスイの点取り方にイングランドはなるのではないだろうか。


 「手ごたえは、なかった。自分たちの攻撃のパターンを作ることができた。満足だ。日本??、分からないね」というカッペロ監督は苦笑いで会見するような姿が目に見えるようだ。


 さて、日本は相変わらずの守備重視の岡田イズムが働いて、ほとんど攻撃のパターンが作れない。


 そこで、本田が激怒。自分で攻撃にこれで、リズムをつかむが・・・。その直後にルーニーに決められ先制。


 後半早々に、アシュリーコールがCKから決めて2点目。これでおしまい。


 日本、なにやってんだ!!という声が聞こえてきそうだ。


 まあ、日本が万が一にも勝つことはないだろうが、勝つとしたら2-1でしょう。得点は本田のFKとミドルの2発。Fkはあのナックルボールシュートで身動きとれず。という感じがしないでもない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 沖縄の普天間問題をめぐる、ごたごた。


 先日、全国知事会を開いたが、鳩山首相の国防に対する無責任、無認識、猛烈なKYぶりに怒り心頭だった。とにかく、石原知事は、自他共に認める右翼のタカ派。憲法改正論者でもある。


 基地の在り方や何かあった時にきちんと守ってくれるのかを正面切って政府が米国とやっているのかと、注文をつけていた。


 橋下知事は、その一方で、誰も負担しようとしない、とこれまた怒り心頭だった。


 そう、沖縄米軍基地問題に関して、各都道府県、誰も負担しようとしないのだ。橋下知事は積極的に政府に願い出た。


 都道府県知事会ではっきりしたことは、無条件に沖縄の辛さを負担しようという意思が各自治体にほとんどない。といういうか、沖縄でいいんじゃないの、という雰囲気がありありだったことも橋下知事が怒り心頭になった原因でもある、と思う。


 おぼっちゃま宰相、鳩山由紀夫。これまでの明治以降のなかで最も最強最悪の宰相かもしれない。というのも、国対国の国防という意味を首相になるまで???だったということを認めているという体たらくぶり。まさに亡国の宰相という感じがしないでもない。


 彼の出現は、日本はいい意味でも、悪い意味でも過渡期を迎えたというのかもしれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 やはり、この間の日韓戦で韓国がベスト8に行けるという朴チソンの言葉を紹介していた。


 しかし、ここであえて言う、韓国は1次リーグで終わるだろうということを。


 なぜ、それを言うのかというと、W杯開幕まで半年というところで、韓国はW杯出場国といくつか対戦している。その結果はことごとく勝利を収めている。


 そして、日本を完膚なきまでに叩きのめして、自分たちはすでにW杯でリーグ突破も可能という気持ちでいる。しかし、過去、本大会直前でこれだけの成績を収めているチームは、ことごとく1次リーグ予選で敗退しているということだ。


 逆に、トントンか、負け越し、勝っても内容的にパッとしないという方が本大会でいい成績を残している。


 こうした論理からすると、日本は1次リーグは突破できるという感じがしないでもない。


 韓国のこの調子の良さは、あながち危険だと思う。韓国は、このあと大敗(または、大敗にひとしい勝か負け)すべきであり、そこから這い上がった時に本大会へというのがベストだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 サッカーのW杯には、非常に不思議なジンクスがある。


 それは、本大会前に調子がいいチームと(優勝を)期待されるチームは、1次リーグ敗退かベスト16どまり。本大会前に調子のよくないチームは、意外と頑張る。一番記憶にあるのは、ブラジルだ。日韓大会では、南米予選でもたもたし、監督解任騒動まで起きたが、ふたを開けたら優勝した。この時、準優勝したドイツも下馬評ではまったくのほど“ゆ”の字も出なかった。


 しかし、ドイツ大会では、優勝候補筆頭、こんなメンバーは後にも先にもないといわれたブラジルが、なんと3位すら入らなかった。


 さらに優勝争いの常連、南米勢がベスト4にも残らなかった。ベスト4に残ったイタリアもフランスもポルトガルもドイツも、優勝はどうなのかというほどだった。


 韓国もそうだ、日韓大会のとき絶不調だった。しかし、直前にヒディングを獲得して4位になった。ドイツ大会の時ももたもたしていた。一方、日本もジーコ監督のもと欧州遠征をおこない、チェコを破るなど欧州に一大センセーションを巻き起こしていた。しかし、本大会では全然だめだった。


 いま、韓国はドイツ大会時のジーコジャパンと同じ状況だ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 サッカーの日韓戦。予想通り、日本は敗戦しました0-2。


 完全に韓国は、日本を格下扱い。どう見ても、30年前の日韓戦を見ているようだった。しかし、その当時よりも圧倒的に雲泥の差がある。


 それは、韓国は欧州スタイルのサッカーを体現しつつあり、FIFAランキングで韓国47位、日本45位となっているが、どう見ても日本70位、韓国30位位の差が今日の試合にあった。

 韓国のこの急激な成長は、やはりあの日本のある団体が、批判している某宗教団体が関わっているとされるピースカップにあるのではないだろうかと思う。


 2009年はスペインで開催されたが韓国からは城南しか出ていない。しかし、試合は韓国で放送されていたようだ。


 とにかく、出場チームは、ユヴェントス(イタリア)、セビージャ、レアル・マドリード、マラガ(以上スペイン)、LDUキト(エクアドル)、アルイテハド(サウジ)、アストン・ヴィラ(イングランド)、アトランテ(メキシコ)、リヨン(仏)、ポルト(ポルトガル)、ベシクタシュJK(トルコ)以上。城南は、ユヴェントス、セビージャと対戦した。


 ちなみにFIFAが認めた親善大会。さて、このクラスの親善大会を開催したことがあるだろうか。


 もし、某宗教団体が関わっているからという理由だけでは説明できないチーム数だ。つまり、このことから言えるのは、信教とサッカーは別物ということだ。宗教とサッカーは、別々。ある宗教団体が関わっているからという理由では、下手すればその行為に批判されるべき事項となるのだ。


 だから、某宗教団体だからと、大会に出場させないというのは、信教の自由という観点からすれば、その精神に反する行為ということだ。


 私は正直言って、こうした大会を開催できない日本サッカー界に未来がないのではないか。そして、参加することを止めようとしている各チームのサポーターの皆さん。見ないで、批判すべきではない。


 

 正直言うと、私は日本の退化は、ジーコを批判したあたりから始まったのではないかと。しかし、その退化が急速に進んだのは、岡田監督になってからだ。さらに付け加えるなら、ピースカップへの招待をむげに批判し、参加しないというのはいかがなものか。


 日本のサッカー自体、トルシエ以前に逆戻りしたような感じだ。


 正直、岡田ジャパンにはまったく期待していない。


 岡田ジャパンの退化の要因の一つは、選手自身の問題でもある。


 さあ、もう時間はない。潔く、一次予選リーグで気持ちよく大敗をしようではないか。それのほうが、次のW杯の糧になる。それも、ドイツ大会以上の記録的大敗を・・・・・。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 正直、申し訳ないが、0-3で韓国が勝つような気がするのだ。本当に申し訳ないのだが。ようするに勝つ気がしないのだ。


 海外組みが来ても、なんか、ばらばらのままってな感じで。


 前半の始めこそは、日本が押し込むだろうが、あっさり、開始15分で朴チソンに先制を許すと、前半の終了間際にもう1点。


 後半は、ホームということもあって攻め込むが、ことごとくシュートは枠に飛ばない。相変わらずのあっちらほー、シュートばかり。


 そうこうしているうちに、3点目を献上。てな、感じ。


 そして、そのまま試合終了。


 サポーターからはブーイングの嵐。あらし・・・・。


 さらに最悪な状況に。日本選手団、さいたまスタジアムから出られず、1晩過ごすことになんてなことが無いように祈りたいが。


 ただ、ひとつの救いがあるとすれば、本田のシュートだろう。本田のドリブルでPKを決めるとか、FKを決めるようなことがあれば、がぜん試合内容は分からなくなるが。


 それでも一抹の不安が無いわけではない。本田が、ますますこのところ、中田英に言動が似てきている。その結果、孤立してしまうのではないかと。


 それさえなければ、とんとんかなと。


 さて、試合はどうなることやら。W杯まで双方にけが人が出ないことを祈りたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 確かに日本サッカー代表は、危機的状況にある。


 しかし、過去の歴史的な事情からみて、7、8割がた意外な勝ち方をすることがままある。期待されないときほど、実力を発揮するのだ。非常に不思議なことだが。


 韓国の中央日報では、韓国が必ず勝つことが予想され、怪我をしないように忠告しているという。しかし、過去の韓国のサッカーの試合を見ると、悪質な犯罪が見え隠れする。


 一番、記憶にのこるは、日韓W杯開催前に行われたフランスとの試合では、フランスの顔というべきジダンを徹底的にぶっ潰し、出場できないほどの傷を負わせ、フランスが1次リーグ敗退のきっかけを作ったこと。


 さらに本大会では、イタリア代表の選手を片っ端からぶっ潰した。そして、イタリアから不評を買った。


 日本代表がらみでは、多くの主力選手を日韓戦で日本代表を潰してきた。ある意味、殺人的なタックル(これは、いつの時代もおなじ、殺したら英雄になる土壌がある。これはどうしようもない)。


 こうすることで、東アジアの王者は、韓国であると鼓舞する。これが、韓国サッカーの真髄でもある。


 私は、正直、この時期の日韓戦は非常に危険を伴うととともに危機感を感じざるを得ない。


 なぜなら、本田、中村俊輔、松井、長谷部といった選手が軒並み、韓国の猛獣の牙にかかることが確実だからだ。


 正直、怪我をしないなら0-10や0-5で負けても構わないと思う。これまでの韓国の試合は、非常に卑劣なものが多い。ピッチという名のもとで、徹底的に選手をぶっ潰す行為(下手すれば、選手生命を脅かす怪我を負わせても、せせら笑う韓国選手をいやというほど見てきた。あたかも、おれは悪くない、悪いのはお前だ、日本という国をつぶし、殺してやるという気持ちを前面に出す。はっきり言って、これは問題だと思う)を平気でやる韓国サッカースタイルは、世界では通用しないことがはっきりするはずだ。南アW杯は韓国の墓場になることを期待したい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 事業仕分で、連日ワイドショーがにぎわっている。


 今日の特ダネで、その後が話されていた。事業仕分後、天下り官僚の給料はそのままに、下で働く人がリストラされているという実態が報告されていた。


 それに年収平均1500万円ほどもらっているとか。


 これ完全に非常に問題だと思う。なぜ、こうした問題が起こるのか、そこには、東大閥、慶応閥、早稲田閥、京大閥といった大学閥の影響もあるのではないかと。


 つまり、各大学の派閥ごとに交流し、情報交換する。


 非常に偏った交流が行われている。


 また、その一方で、労働組合との兼ね合いもあるのではないかと、深読みしてしまう。ようするに労働組合の発言を弱めるための口封じのために天下りがあるのではないかという思いもある。


 さて、はっきり言ってしまえば、優秀なんですから、天下りなんてしなくても自分たちで起業するとか、企業アドバイザー的な会社を立ち上げてもいいのではないかと思うのだ。


 さて、どうなのだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 これほど露骨な、民主党の戦略というか、下品さというか・・・・。自民の時もあったようにも思えるが、女性議員を使ってこれまで露骨な演出をするはっきり言って笑ってしまった。


 それで、懲罰動議がでるなどと。そんなことをするよりも重要なものが山積しているのではないか。


 正直、ハァ~だ。


 三宅議員のコケ方もなんか、演技っぽかったし、これ見よがしに民主党議員が甘利議員詰め寄るすがたは、非常に下品極まりなかった。


 こんな議員を選んだ有権者はどうなんだろうと。こんな議員を選んだ有権者にも責任があると思う。それと、投票しなかった人にも。


 正直、こんな混乱を起こして、喜ぶのはお下品なお笑い番組を放送している民放ばかりだ。


 あと、週刊文春、新潮以外の第5流雑誌の週刊大衆、現代といった興味本位の雑誌が喜ぶだけ。こんな、おバカな週刊誌やスポーツ紙のネタになるだけ。これでは、まともな報道はできない。


 このままいけば、先の参院選は、民主党が圧勝するだけだ。なぜか、いま、自民も民主も投票する場所がないという有権者が多い。その結果、投票にいかない若者や中年男女が続出する。


 そうなると組織力の塊のような労働組合を支配下に置く、民主党はそれを動員(←違法に)して選挙戦を戦うから圧勝は間違いないだろう。


 そうならないようにするには、民主、社民、共産以外の党に投票すべきだ。民主は、いまの状況にNOを突き付ける。社民には、この際、国政から退場を願いたい。共産は、うそつき政党であり、言葉があまりにも美辞麗句をならべ、これをいとも実現可能なように話すことからも非常に問題であり、公安が目を付けている。


 もし、投票する政党が無ければ、白票を投ずればいい。白票が多ければ多いほど、いまの政治にnoを突き付けていることにもなる。


 選挙にいかない、ということはいまの日本を捨てているとしか思えないのだ。極端な話、日本人ではないのだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。