独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 東京モーターショウが、幕張からビックサイトへ移るという。


 まあ、これって原点回帰??か。かつては、晴海でモーターショウはやっていたわけで・・・。


 それに昔から思っていたのだが、東京とついていて、実は東京都内でやっていないのがいくつかある。


 たとえば、東京ディズニーランドとディズニーシーがある。実際は千葉県浦安市。

 

 新東京国際空港は千葉県成田市だし・・・・。東京ゲームショウも幕張でやっているわけだし・・・。これって、なんだか問題ではないかなと・・・・。正直。


 そもそも、幕張は、東京駅から京葉線で1時間近くかかる。なおかつ、通勤列車なみの混雑になるときもある。それにとにかく遠く感じてしまう。


 さて、モーターショウが縮小傾向にあるという。これって、逆に考えるとエコ、環境にやさしいショウになるのではないか。


 GM(←破たんしたけど大手??)など大手などは中国へ視点を移しているとか。


 中国は、環境破壊の元凶者でもあるのだ。だからこそ、まあGMなどは環境破壊に手を貸しているとしか思えないのだが。


 かつては米国、日本、欧州の三大モーターショウといったがいまじゃ、日本素通りで中国へ行く方向にあるという。いまの状況を考えれば、仕方のないことかもしれない。


 これからは、環境、エコに特化すれば、おのずと規模は縮小傾向にあると考えるのが普通だ。ガソリン車からの転向を考えると当然と言っちゃあ当然ともいえる。


 ハイブリッドのスポーツカーや電気自動車のスピード化など技術面での性能を高めていくことがあるだろう。そして、省エネ、省スペースで行くのがこれからのショウではないのか。


 ネットなども使った展示会のありようを考えていく必要があるのではないかと、そぼくに思ってしまうのだが。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 イタリアでのフィギュアスケート。


 やっぱり、キムヨナは、精彩を欠いた。金メダル獲得後のメダリスト得てして精彩を欠く。いわゆる燃え尽きだ。


 キムヨナもやはり超人ではない。一方、浅田は、より高みを目指している。金メダル獲得で燃え尽きたキムとは違うのだ。


 キムは、これで終わり。ソチに行く気があるなら、少なくとも2年間は休養が必要だ。19歳にして19歳にあるまじき成長を遂げてしまった。その点、浅田は、無尽蔵な可能性がある。急速な成長ではなく、段階的な成長だ。爆発的なものではない。


 キムは、その爆発的成長で浅田を圧倒したが、結局その爆発の反動は、意外に大きい。つまり、ここで無理をして浅田と張り合うようなことがあれば、間違いなく骨折では済まない事態に陥る可能性もぬぐいきれない。


 いっそうのことプロへ言った方が身のためともいえる。


 そこから時間をおくべきだろう。


 バンクーバー以降、キムは浅田に勝てなくなるだろう。そう、爆発的な成長を遂げたために。その反動に押しつぶされる。それが、なんとなくだが目に見える。


 確かに表現力やしなやかさといったものは、圧倒的に浅田を凌駕する。しかし、体力と技術力、身体的なしなやかさは浅田が勝る。


 身体的なしなやかさは、何百回トリプルアクセルを飛んでもけがをしない、その身体能力だ。これが、浅田の強みだ。


 あと4年競い合ったら、負けるのは今度はキムだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 民主党は、学歴優秀だが、全てが机上の空論ばかり。


 だから、民主党はだめなんだとあれだけ、言ったのに民主党に投票した人は・・・裏切られた!!という思いでいっぱいに駆られているだろうが、こうなることは初めから分かっていたことだ。


 そもそも、理念がばらばらな党で労働組合が仕切っている党というのは、こんなものだろう。そして、見つかると、いつのまにか党から辞任を要求される。


 それも強権的に・・・。


 鳩山、小沢、小林・・・自民以上にごたごたしている。


 それって、いいのかなあ。だれも指摘しない。テレビは、放送しないし、あんまり自民党ほど連日放送するということはしなくなっている。なんだかなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 民主党のごたごたぶりは、もう衆院選挙前から目に見えていたことで、そんなに失望も落胆もない。というか、本当にマスコミに踊らされ、民主党に入れた有権者がかわいそうだし、こんなことも見抜けない国民の政治に対する眼力がないことに嘆くばかりだ。


 本当に情けない。


 ところで、小沢幹事長のことでごたごたが続いているが。正直、惜しむらくは政治のおやじこと田中角栄には遠くにおよばないなあと、だんだんその思いを強くしている。


 もし、角栄が存命ならばそれなりに活躍はできただろうが・・・。


 惜しむらくは、もう少し、人情味が深ければと・・・。そこが、なんとかすれば角栄になれると思えるのだが・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 またぞろ、白人たちが数世紀ぶり??に文明破壊に乗り出している。


 インディアンの絶滅化、アボリジニのハンティング、古くはスペイン人のインカ帝国征服。黒人奴隷、南アのアパルトヘイト・・・などなど、白人たちが起こしてきた蛮行は数知れず・・・。


 そして、その蛮行は半世紀たって再び日本に向いてきた。


 それも自分たちの文化の押し付けという名の文明破壊だ。


 白人たちは白人たちによる蛮行は甘く見る傾向にある。徹底的に破壊しつくしたときに、「保護を訴え」始める。それも自分たちがやったことに関しては非常にむちゃくちゃな理由で認めようとしない。


 自分たちの意見に沿わない連中には徹底して、卑怯なやり方でやり玉にあげようとする。


 しかし、白人の根本的絶滅が明らかになってきたとき、白人たちは他民族の破壊に乗り出している。それに民族といっても表立っての絶滅ができなくなっているから、今度はいわゆる他民族との融合をはかりながら、白人の思想を植え付けていく。つまり、「自分たちには優秀な(←ここが重要)白人の血が入っているのだ。それは素晴らしいことだ」的な認識にもっていく。


 つまり、白人の血が混じっていれば白人とみなすような傾向になってきている。オバマ大統領が米国大統領に就任できた背景には、これも少しはある。父親が黒人だが、母親が白人。黒人の父親は・・・になったが、白人の母が一手に育てたというのも米国にとってはかっこよく映る。ということは、白人票も加わったともいえる。


 黒人の間では、オバマのことを「完全な黒人ではない」と微妙な感情を抱いている。


 クジラの問題も、イルカの問題もすべては白人が全て中心に回っているという認識が無ければ、その奥底に眠っているものを理解するのは難しい。


 そもそも、かわいいから、優秀だからというのは白人が植え付けたものにすぎない。


 たとえば、クジラに関して言えば、白人は油をとるために徹底的にとりまくった。あの、ペリー来航の件もクジラが米国の近海などでとれなくなったから、その中継地点として日本を選んだこともひとつの理由だ。


 日本が、クジラをとっているという情報を握った米国は西欧列強に先駆けて日本との交渉をまとめようとした。これが、日米修好通商条約の目的もあった。しかし、米国が南北戦争でごたごたしたおかげで真の目的を果たすことができず、実権は米国から英国、フランスに移っていた。ある意味、これがよかったともいえる。英とフランスは日本のいいところと悪いところを見極めながら丁丁発止の駆け引きを行った。


 とくに戊辰戦争は、ある種、英仏代理戦争の様相を呈していた。薩長には英国が、旧幕府側にフランスがそれぞれ支援した。ここに米国が入る余地はなかった。米国は、1945年まで待つしかなったのだ。


 ところで、英仏は、なんとか戊辰戦争後の覇権を握ろうとしたが、明治の三傑+αといわれる西郷、大久保、木戸と岩倉、それに次ぐ四天王、伊藤、江藤、大隈、板垣らがその西洋の圧力を受けつつ、流しつしながら吸収、研究を始めた。その勢いに西欧列強が驚異を抱き始めた。


 その頂点が、日露戦争だ。この戦争は、バルチック艦隊を送ったものの実際は片手間で済むと考えていたロシア軍があっけなく陸上と海上で敗れてしまったのだ。陸上では、なんとか面目を保ったものの総力で当たった日本に敗れさった。これが、西洋白人どもが日本、侮りがたしという意識を植え付けた。


 これが、のちの太平洋戦争、その後の日米安保(これは、日本がある種米国を利用したともいえる。米国の目的のひとつに朝鮮戦争勃発で日本軍の再構築を図る計画があったというが、これを吉田茂が突っぱねた。これで、米国が日本を守らなければいけないことになったわけ。つまり、このおかげで、軍事費が99%経済復興につぎ込むことができたという)という流れになった。

 

 これをつぶさに見てきた中国は、この白人どもの横暴を観てきた。その結果、白人と駆け引き上手な国になった。中東諸国もそう。


 クジラ、イルカ・・・という海洋生物を保護と言いながら、その実は、白人による白人のための国際政治を目指しているともいえる。


 協調とはなばかり、結局は白人が世界を握りたいのだ。


 しかし、白人が滅亡するのも時間の問題ともいえる。というか、白人の人口は急激に激減の兆候にあるとか。


 つまり、白人が白人のための政治を行えば行うほど、白人はいなくなるという傾向にあるのでは・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日、米国のアカデミー賞で、作品賞に「ハートロッカー」が選ばれた。そして、注目された「アバター」は大惨敗だった。


 内訳は、作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、録音賞、音響編集賞の全6部門を獲得したのが「ハート・ロッカー」


 撮影賞、美術賞、視覚効果賞の3部門受賞が「アバター」。


 この結果を観て、正直、小躍りした。


 私の独断と偏見から、言わせてもらえば「アバター」は映像における日本のゲーム作品のパクリであることは間違いない。


 あまり、映画評論家の方々は、テレビゲームをやっていないから分からないから、映像がすごいだの、最新映像の魅力に取りつかれているようだが、日本のゲーム業界はすでに数年前から、この状況が続いているのだ。「ファイナルファンタジー」はもとより、「エースコンバット」、「グランツーリスモ」などのプロモーション映像は、すでに4、5年前から、「アバター」レベルに達している。ただ、立体映像になるかならないかの差だ。正直、アバターの映像をみたとき「ファイナルファンタジー」がすぐに出てきた。下記のサイトに行けばその映像が見られます。ご覧になれば、驚くと思います。


http://www.square-enix.co.jp/fabula/ff13/

http://www.square-enix.co.jp/fabula/ff13/


http://www.acecombat.jp/ace-zero/index.htm

http://www.acecombat.jp/ace6/trailer.html

 絵の作り、などはほぼ、日本のゲーム作品の映像と寸分変わらないものだった。確かに、撮影現場での撮影は最新技術を結集したもので見るものを圧倒させるものだが、日本のゲーム業界はこれを予算の少ないやりかたで、一定のレベルにまで達成させた。


 かつて、ファイナルファンタジーを米国に持っていったことがある。しかし、その時、米国側は、「アニメか、実写か、いずれかにしてもらいたい」と圧力をかけてきた。結局、ほぼ米国側の言う通りになった。結果は、さんさんたる結果になった。


 それから数カ月後、ポーラエクスプレスが登場し、大ヒットした。しかし、それは、ファイナルファンタジーとそんなに変わらないものだった。


 結局・・・・のような感じだった。


 映像に特化した時の米国の映画作品はえてして、ストーリー的には上手くないものがおおい。


 その点、ストーリー性を重視した作品は、得てして映像はあまり見るものがないというか、そんなにすげぇー、というものはない。しかし、作品としての完成度は高いものだ。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 環境保護団体シー・シェパードや和歌山県の鯨やイルカ漁を題材にしたドキュメンタリー「ザ・コーヴ」画アカデミー賞を受賞したりと、環境分野での日本バッシングが続いている。


 しかし、鯨漁にしても古来から続く、日本の伝統文化でもあり、諸外国からとやかく言われる筋合いの無いもの。


 過激といわれる環境保護団体は、白人が大半を占めている。というよりも、ほとんど白人、白豪主義者ではないのかと思えるくらいだ。


 なにせ、その理由が「頭がいい鯨をとるのは、野蛮人のやることと」と正々堂々とのたまわっている。カンガルーを殺すオーストラリアには何も言わない。


 自分達と同類の白人が政権を握っているから、問題がないのだろうと思っているのだ・・・。


 しかし、彼らがやっていることは、自分達の白人文化は高度で素晴らしく、他は野蛮で頭が悪い奴・・・という認識をしているし、それに頭にくるのは日本が、そういうことに対してあいまいことをいいことにやりたい放題・・・。


 まあ、文明の破壊者って結構ならず者が多いのは歴史を振り返れば事実であり、そして、その最後は哀れである。


 文明の破壊者といっても、彼らのような連中は、信念の無い、環境保護をうたいながら、その実、ゆすりたかりのやから。


 まさに彼らはテロリストであり、そのやっていることは、ナチス、ヒトラーと変わりないのだ。という認識だ。彼らのような人物には差別用語がよく似合う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 三女がついに花粉症になったようだ。


 というのも、このごろ鼻ズルズル、目がかゆいと言い出している。


 かくいう私もそんな感じになってきている。


 とはいえ、明日は、寒くなるようだし・・・・どんな、ものなのかな・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 たしかに2-0(前半1-0)で勝ちはしたが、少なくとももっと取れたと思う。


 しかし、相変わらずゴール前でのもたもたぶり。


 海外組が合流して、たしかに潤滑に円滑に試合が運ばれたことは、ある意味喜ばしいことだが・・・・。


 とはいえ、ぼう辛口評論家は、本田と中村俊輔の現状を心配していた。中村の場合は、実力がなかったというよりもスペインにだまされたような状況だったともいえる。


 それにバーレーンは、ある意味、主力がいないとはいえ、あの動きは、将来性を感じさせるものだ。アフリカン的な身体能力を感じさせた。


 このところ、何かと振るわない中東勢だが、どこか元気がいい。


 韓国はあのスピードにDFがついていけなかった。それも中央突破。そういうのが、日本でも垣間見られた。


 中東勢の復活は、ある意味、恐ろしいかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いったい、韓国は何をやらかしているのだか・・・。


 2チャンネルのサイトを停止させて手を叩いて喜んでいる。韓国のネチズンといわれる連中たち。


 世界の考えからすれば到底、非常識極まりない行為を平気でしている。


 まあ、ショートトラックと同じ手法だ。まさに「当たり屋」だ。前を走る車を追い越して、急ブレーキをかけて、相手の車を自分の車にあてさせ、脅して高額な賠償金をせしめる輩のことだ。


 そもそもの発端が、キム・ヨナを批判したところから始まるとか。しかし、大体は、浅田を批判したところからというのが始まりだろう。


 韓国はキムよりも浅田を格下と思っているし、ましてやもう日本よりも偉いと思っている。だから、もっと日本人は韓国人対してこびへつらえ、てきな感情論を掻き立てている。それに腹を立てた日本人が、居ても不思議ではない。


 それを、逆手にとって徹底的につぶしにかかったというのが真相だろう。


 この手の真相は、韓国が仕掛けて、それに他が引っかかってしまう。しかし、とうの韓国は、自分じゃないと言い張る。


 これの繰り返しで、結局、韓国は悪くないというのを勝ち取ってしまう。だが、裏返せば、そんなことをしている韓国人は世界から嫌われている。心底、嫌われているということを自覚しないのいけないのではないか。


 一部の、ネチズンといわれる人々によって。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。