独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 とにかく、歴史的な民主の大勝、圧勝劇だったが、私としては小選挙区になればこうなることもあると思っていたが。


 正直言うと、自民が百切ったら大変なことになるなあと思っていたが、なんとも100議席を超え、正直ホッとした。


 さて、民主党が300議席以上を確保したわけだが、その分類は、若手、中堅、ベテラン、大御所の比率は、5・3・1・1という感じか。


 それにしても、心配なのは教育現場。話しによると、党幹部の興石東議員が文部科学大臣に起用されるのではないかという噂が広がっている。


 この議員は、公務員とくに「教育者に政治的中立はありえない」、ということを公然と宣言する人で、法律違反を意に介さないひともであり、非常に危険人物でもある。子ども達に、一定のイデオロギーを植え付けることは素晴らしいことと、思っている。さらに国旗国家の掲揚と斉唱の廃止をうたう人物でもある。


 こんなひとが、文部科学大臣に就任したら、それこそ日本は亡国どころか、日本国消滅を実現させてしまうような人物だ。こういうひとが、閣僚に入れさせないことが重要になる。


 もし、民主党がこのひとを閣僚に起用することになれば、民主党に支持したひとは後悔する事になるとおもう。


 これからの民主党の動き、4年間監視しなければいけないだろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 押尾学と酒井法子の去就が決まりそうだ。


 押尾は保釈で、酒井は起訴=所属事務所クビ決定。ところで、皆、釈然としないのは、明らかに死体遺棄致死の罪にとられそうな状況なのに保釈だという。


 保釈されてしまうと、女性がなくなったことの真相がはっきりしなくなるというのだ。これって、はっきり言って酒井をダミーにつかって押尾の事件をうやむやにしてしまった感がある。


 つまり、ワイドショーが酒井のことばかり追いかけている間に何らかの組織が動いて、押尾を保釈させることに成功したようにも見える。


 酒井と旦那の高相、そして押尾、実はつながっていたのではないかとも言われている。


 案外、押尾の相手となった女性の死はなんらかのつながりがあるのではないか。本当のところは、酒井ではなく

、押尾の事件のほうが巨悪が眠っているようにも思えるのだが・・・。


 とはいえ、いつまでワイドショーは酒井の方ばかりを追いかけるのか。事件としては、圧倒的に押尾のほうが高いのに・・・。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このままいけば、民主党が政権を握ることは確実でしょう。


 というわけで、改めて民主がやりたいことは何かを挙げみました。アジアの真実さんのブログから、拝借したものですが(アジアの真実さん、申し訳ありません)。 

・国会図書館へ「恒久平和調査局」の設置
(戦時中の日本の加害行為を調査し永久に保存する機関) 

・戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案の成立
(外国人が元慰安婦だと名乗り出ただけで、国家が謝罪と金銭の支給を行う)


・外国人参政権法案の成立


・重国籍容認
(韓国・朝鮮・中国籍を保有したまま、選挙権や被選挙権を含めた全ての権利を獲得できる)


・マスコミの総務省からの分離


・国立追悼施設の設置

(靖国神社の尊厳排除)


・沖縄に一国二制度を導入

 (ビザ免除、中国・韓国との交流拠点、地域通貨の導入など日本から切り離す政策


・教科書採択を教育委員会から切り離し、現場教師の権限へ移行 (日教組要望)
 (つくる会などの教科書を完全排除し偏向教科書を蔓延させる)


・教員免許更新制度の廃止 (日教組要望)
 (思想・能力的に問題のある教師も一生教壇に立てる)


・全国学力テストの廃止・縮小 (日教組要望)
 (日教組教師の教育による学力低下の隠蔽)


非常に社会主義的なものが目白押しになっています。高速道路無料化案や子育て手当などといったものが全面に押し出されていますが、本当に民主がやりたいことは、上に上げた案が主流なのではないかと思われます。


とくに、教員免許更新制度廃止というのがそじょうに上っています。これって、多くの公立学校に通わせている親からすれば非常にゆゆしきことではないでしょうか。つまり、民主党が、政権をとったら真っ先に行われるのが、この教員免許更新制度の廃止でしょう。次に学力テストの廃止、縮小といった日教組要望ものが率先して取り上げられ可決されることは明白でしょう。


目の前の反自民に浮かれてはいけないと思います。そのうち、日の丸も君が代も全て否定の論理が働くと思います。つまり自民党政権の全否定が始まると思います。


とくに有権者は日教組の要求が通らないように目を配るべきではないでしょうか。日教組の要望は、子供たちに教えるのではなく、あるイデオロギーの植え付けと、洗脳にあります。彼らの要望を通しては、日本は完全に亡国の道を歩む可能性があります。


これまで以上の覚醒剤や大麻の蔓延、フリーセックスの奨励、ジェンダーフリーの奨励、家族の否定。など、目を覆いたくなるような光景が目に浮かびます。


本当にいいのでしょうか、いまの民主党で・・・・。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 長女が完全にインフルエンザから復活しました。


 正味、1週間。何事もなく、過ぎていきました。本来なら??次女、三女、私、妻に広がってもおかしくなかったのですが、なにせ、マスクもしてませんでしたし・・・・。


 体温計を律儀??に1日3回計っていましたが、長女が病院に行ったその日の夜に39・7度に達したあと、その後はずるずると下がり究極的には36・1度まで行きました。


 いやー、一安心。


 そういうときに突然、熱が・・・ということもあるわけで。


 これからも手洗い、うがいはしっかりとしないといけないだろうと。ここで、気を緩めてはと気を引き締めている状況です。


 しかし、我が家の三人娘は、それを知ってか知らずか、いまもはしゃぎ回っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ある新聞に、各政党のマニュフェストを見て、「自民に嫌悪感、民主に不安」という思いを有権者が抱いているという。


 こういうとき、歴史的に見ていえるのは、「不安だけど政権交代はあったほうがいいから民主党で・・・」という風に安易に投票した場合、そうしたときの政権は、必ず亡国への道を歩んでいる。というより、世界的地位を貶めたり、混乱をもたらすことがたぶんに多い。


 これは、非常に由々しき問題だ。


 私の独断と偏見からして言えば、このブログで何度も言っているが、菅、横路、興石ら極左集団がいる限り民主党が政権とった場合形こそ違え、北朝鮮のような共産独裁国家または社会主義国家が誕生することは間違いないだろう。それも理念のかけらも無い、中国にこびへつらい心酔する姿が目に見えている。


 コードギアスや機動戦士ガンダム00の世界で描かれている日本の姿は、中国の支配下(影響力)にある一国家となっていること。


 たかが、アニメだろうが・・・といいたいところだが、日本のアニメの凄いところは、すでに予言めいたことをしてそれが現実になっていることだ。


 そして、その国際情勢もほぼ、アニメに添った形で現実化されていることだ。だからこそ、日本のアニメを馬鹿にしてはいけないのだ。


 私は正直言うと、現実問題を考えれば、嫌悪感はあるが、自民党に投票し、比例は公明党に入れようと思っている。


 民主党のマニュフェストというよりも、とにかく民主党には統一性が感じられないのだ。労働組合がいたり、それを非難する勢力がいたり、小沢のように企業献金の権化みたいのがいたり、鳩山にしたって怪しいものだし・・・。


 日教組が民主党を支持していること事態、問題。


 これまで、いろいろ歴史を見てきて思うのは、政治活動をする労働組合が強いところは必ず亡国、崩壊、破綻の道を歩むケースが非常に多いのだ。


 それにそうした労働組合の言うことを無視したところは非常に発展しているという皮肉があるのだ。


 つまり、健全な労働組合の発言が強いところは発展し、ある一方のイデオロギーに支配され政治活動ばかりしている労働組合の発言が強いところは衰退、亡国の道を歩むことが多いのだ。


 嫌悪感があっても自民党に投票すべきだ。嫌悪感があるということは、逆に言えば自由に文句も言えるし、批判もできる。


 しかし、不安でも自民党が嫌だから、投票するでは意味が無い。


 マニュフェストを見る限り、いまの民主には政権を任せたくないと思っている。福祉に関しては公明党の方が実に現実的な感じがするので私は、30日の投票日には自民、公明で行こうと思っている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 スポーツには、筋書の無いドラマがたくさん存在する。しかし、昨日の試合は、正直言葉にならない。


 なんか、テレビドラマかアニメか、漫画か映画のラストシーンを見ているようだった。愛知の中京大中京が10-4でリード。9回2死からの文理の猛反撃は非常に見ごたえがあったし・・・。こういう試合を、オリンピック選考委員会の連中に見せたらどれだけの感想をもったか・・・。


 ところで、新潟県は夏・春の甲子園を含めた勝率がなんと47都道府県中だんとつの最下位だという。まあ、さもありなんと思う。なんども出場しては1回戦負けの方が多く、さらに春にいたってはつい最近まで1勝もできない唯一の県でもあった。


 しかし、きっかけはなんとなくだが、サッカーのアルビレックス新潟が出来てから、非常にスポーツに対する関心が高くなったような気がするのだ。


 アルビは総合スポーツ企業に発展し、サッカーのほかバスケ、フットサルなどに進出し県内のスポーツ発展に貢献している。


 これが徐々にだが芽吹いてきているといっても過言ではないのではないだろうか。


 それが今回の日本文理の躍進につながったのではと・・・。


 それはともかく、日本文理の戦いぶりは、これまでの新潟県勢の戦いぶとは一味もふた味も違っていた。それが、準優勝という大きな結果をもたらしたともいえる。


 お疲れ様でした日本文理ナイン。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 なんと、ついに我が家に新型インフルエンザが・・・・。


 昨日当たりから、長女が熱にうなされていたので、どうかなと思っていたのですが、ついに今日、行きつけの病院に行って来たら新型インフルエンザと言われてしまいました。


 そんなこんなで、保育園に通達があったようで、長女は小学生なのですが、妹たちが通っている保育園からは7日間の隔離と登園停止ということになりました。


 仕事は、どうなるんだろう。なんでも、うちの保育園では、新型に家族がなったら、てなことなので・・・・・。大変だー。うちのかみさんの家計で助かっているところもあるわけで・・・・。がーんです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いよいよ、衆院選が本格的にスタートしました。


 8月30日を目指し、候補者は一目散に動き出したようです。


 しかしながら、諸外国ではまったく関心が無いそうです。なぜなら、政権が変わっても、世界でも優秀といわれる官僚達が、与党の議員をコントロールするからだそうです。


 なんともはやですが・・・・。


 しかし、この頃思うのだが、マスコミ、報道各社はすでに自民与党大敗、民主圧勝の雰囲気をかもし出している。というより、過剰演出している。


 でも、自民のマニュフェストと民主のマニュフェストを比べると、いずれもこれといったものは無い。


 ただ目立つのは、民主党のマニュフェストには、みんなばら色ばかりで当てにならない。社会福祉の分野で言えば公明党のマニュフェストの方がより現実的だ。社民党は論外=もういい加減消滅してほしい党なのだが、共産党は論外を超えたレベル、このままやったら国家破綻するレベルの話し。これだったら自民党の方がましというレベルの共産党のマニュフェストだ。


 ところで、気になるのが、民主党圧倒的大勝利の報を流す、マスコミだ。そもそも、これがいいように国民を惑わしている。


 論法からすると、自民=悪、民主=善のやり方で、国民の声の撮り方も、自民ではダメだから・・・・という視点からの話しを垂れ流している。


 果たしてマスコミ、とくにテレビマスコミはこれでいいのだろうか。小泉元首相のとき、さんざんぱら持ち上げていたが、その結果どうなったかの反省や検証といった番組は皆無だ。


 それにしてもいつから、国会議員は地方の県議会議員クラスの話しか出来なくなったのだろうか。


 議員はこれからの日本の外交や国際情勢のなかでいかに生き抜くか、いかに実行していくかのビジョンを掲げなければいけないのだが、国民やマスコミ(とくにテレビマスコミ)がそれを発言しても取りあげないで、社会福祉や経済立て直しの話しに熱中、夢中になっている。果たして、それだけでいいのか非常に疑問なのだ。


 きっちりと、自民、民主のメリット、デメリットを明確に分かりやすくもっと説明すべきだろうと思うのだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昭和の名優のひとり山城新伍が亡くなった。


 それも老人ホームで・・・・。妻に見捨てられ、娘にも見捨てられ、芸能界からも干され、テレビからも追い出され・・・・。


 家族に関しては、元妻や娘に関しては自分の自業自得というところから、見捨てられるような結果になってしまったのだが、それにしても寂しすぎる。老人ホームって。


 大原麗子もそう。1人暮らしで一人静かに息を引き取っていた。いずれも一時代を築いた俳優であり女優でも合ったといえるだろう。


 ご冥福をお祈りしたい。


 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 酒井法子の事件よりも押尾学の事件の方がより深刻だとは思うのだが・・・・、なんか表にあれ以上の話しが出てこない。なんか、死人に口なしで、終わりそうな雰囲気が漂っているが、厳罰を求めるなら押尾の方だ、人一人死んでいるんだし・・・。といいながら、今回も酒井法子について書いてしまうのだが・・・。


 覚せい剤犯罪で夫婦で使用し、捕まることはよくあるというし、今回の酒井法子の事件に関してはその典型的なものといわれている。


 そして、その諸悪の根源なのはつねに旦那にあるというのだ。夫婦の場合、最初、旦那がやってそれを妻に勧める。当初は、拒否するがやっぱりということで、試してしまう。また、逆に何も言わずに、だます形でやらして、実は、こうでした方式で中毒にさせてしまうやり方があるというのだ。その手口に使われるのが「あぶり」というものだそうだ。「あぶり」というのは、耐熱皿をつかって、ライターで底をまさにあぶって、煙を吸うやり方。


 経験者の発言からすると、最初は「なんだ、こりゃ」という拒否反応を起こすのだが、しばらくたってからあの覚せい剤特有のハイの症状が出てくる。そのため、やめられなくなるのだという。


 いま伝えられている情報を総合的に見ると酒井は、旦那からまさにそれをやられたという感じだ。


 酒井も悪いが、基本的に旦那の高相が諸悪の根源でもあるのだ。サーファーでもないのにその気になってプロサーファーといっていたりしていたという。


 さらにこいつが、あくどいのは、何に対しても、自分は酒井法子の旦那だ!と自慢していた節があるというのだ。


 酒井は、出来ちゃった婚の会見のとき、高相のことを「私の知らないことやものを教えてくれる」という節の発言をしていたのだ。


 そして、酒井が変わり始めたのはまさにその頃からだったというのだ。約束は守らなくなり、スケジュールは有図になり・・・・。それを見た、マネージャーは、かつて岡田有紀子のマネージャーだったこともあり、過去の失敗を酒井の姿とダブらせてしまい自殺したのではないかと・・・・。


 早くも、酒井の復帰話が出ているという。その条件は、高相との離婚だそうだ。


 周囲もはやく、彼とは別れて欲しいと思っているようだ。酒井の親族からは「あの男と結婚したことが間違いだった」と公然と発言するほど、あまり快く思っていない人が多いようなのだ。


 芸能界の麻薬汚染は、まだまだ続きそうだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。