独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 「4-2-3-1」サッカーを戦術から理解する

 杉山茂樹・著


 を読んでいる。


 日本初の布陣の教科書。全ての答えは“布陣”にある。と銘打ってはいるが、読んでみて思ったのは、江戸時代に議論された軍学に通じるのではないかということ。とうの軍学は、平和な江戸時代に活発な議論が交わされたものの幕末期になると衰退し、歴史のなかに埋もれていった。いまじゃ、知る人は歴史学者か戦術研究家くらいだろう。


 軍学とは、大雑把にいえば、戦国時代の様々な合戦で使用された陣形図などをもとにシュミレートしたものだ。


 で、「4-2-3-1」サッカーを戦術から理解する、では、様々なフォーメーションが図解でしめされていた。


 サッカーのフォーメーションの特徴は、三角形かV字型などに集約される。軍学的に言えば、鶴翼か魚鱗などに分けられる。


 この本では、日本代表の布陣に問題があるとしている。


 そこで思ったのだが、日本人の指導者に江戸時代に著名だった甲州流、山鹿流などの軍学書を読ませてみるのひとつではないのか。


 案外、日本オリジナルのフォーメーションができるのではないかと思うのだが。


 とくにサイドからの攻撃の重要性が見て取れる。これは、現代サッカーに通じるところがある。


 例えば、桶狭間の戦いは、前線と中盤が空きすぎたことにより織田信長のサイドからによる速攻にやられた。


 また、姉川の戦いでは、徳川・織田連合軍と浅井・朝倉連合軍が正面でぶつかり合っているときに、朝倉軍が徐々に織田軍を圧倒し始めた。そこで家康は、徳川軍の左翼(だたっかは?)部隊を精強といわれた朝倉軍へサイド攻撃をかけ切り崩しに成功し、勝利に導いた。


 さらに川中島の第四回戦では、武田信玄が合戦中に戦術転換をはかっていた。


 当初は、妻女山から降りてくる上杉勢をたたくため魚鱗の陣を布いていた。サッカー風にいえば、3-4-3厳密に言えば、4-2-3-1的な布陣をとっていた。


 しかし、突如の上杉勢の襲来に急遽4-4-2へ変更。それも06~07シーズンのCLでPSVvsアーセナル戦でPSVがとったFWを完全に引っ込ませた形にして、両サイドがあがる布陣に。鶴翼型に変更したのだ。鶴翼は、攻撃してくる相手に包囲し殲滅するところがある。相手のいいところを潰すという効果があるものの薄い中央が突破される危険性をはらんでいた。


 事実、川中島決戦では、手薄になった信玄本陣を単騎で切り込んできた謙信が、信玄と一騎打ち(史実かどうかは?)を展開するという事態になった。が、多くの重臣たちの犠牲のもとなんとかしのいだ。


 一方、謙信の戦い方は車がかりの陣で切り崩そうとした。この車かがりの陣はいまだにはっきりしたものはないのだが、謙信を軸に円形型でくるくると回転していたといわれている。


 ただ、サッカーのフォーメーション的に言えばオランダ型といえる。つまり前線に攻撃の人数をさいた3-4-3。日韓ワールドカップでセンセーションを巻き起こしたヒディンクのフォーメーションだ。攻守が一体となった戦いで武田勢を圧倒したが、別働隊あえてサッカー風にいえば、ベンチ入りのメンバーが加入し試合の流れを変えたともいえる。


 このときの上杉勢は、交代枠を使い切ったことから後退したといえるだろう。



 そんなこんなで、意外と戦国時代の陣形といまのサッカーの陣形は共通する点が多いと思うのだが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 やはり、北朝鮮に手玉にとられた感のある米国。


 それにしてもやっぱり、拉致問題は日本自身で解決しなければならない問題という雰囲気になってきた。


 私は、その手始めに憲法改正論議を早急に進めるべきだと思う。自衛隊論議に決着を付けなければ、結局のところ足下を見られ、経済封鎖的なものをとっても多少の逃げ道があるために効果がなくなっている。


 その一方で、憲法改正、自衛隊論議の決着がつけば、否応なくおいつめられるのは北朝鮮といえるだろう。本当の意味でものをしっかりと言える日本国憲法の制定は、北朝鮮をつけあがらせることが出来ない状況に追い込むことが出来るかもしれない。


 米国政府も本音は憲法改正をして欲しいと思っているのではないか・・・。


 軍事力も行使すると言うより、行使すべきだろうと言うものが無い限り問題なのではないか・・・。こっちから攻撃しなければ何したっていいということを平気でやられてしまうのだ。


 いまの憲法下では、海外で拉致された日本人を守ることも出来ないものなのだ。それに60年以上も改正されない憲法というのもどうかと思うのだ。多少、現実離れしていることがあるのにそれをそのままにしていること自体も問題なのだ。


 そもそも、いまの憲法は、米国で後にジェンダーフリーを掲げ結局失敗した連中が製作したものなのだ。背景には米国共産党によるものが強かったということだ。


 それを自分達で解決出来ないのであれば問題であろうと感じるのだが・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ついにというか、当然の成り行きというか米国政府による北朝鮮のテロ支援国家解除の方向へ動き出している。


 こと、北朝鮮問題に関しては、問題の答えがないときは、完全無視の方が一番効果的なのだが・・・・。


 現在の日本国憲法の範囲内では、米国頼みからのくびきからは脱却できない状況だ。


 で、米国、韓国、中国が北朝鮮に取り込まれれば、いかに日本の話し合い外交(軟弱外交とは言われているが・・・憲法でしっかりとしたものが明記されていないので強気には出れないというか、手段がない)でも無理がくる。


 なにせ、米国側と北朝鮮の核議論になったとき、「拉致が大事だというが、核兵器または核物質が全世界に広がった場合にはどうするのか。核と拉致は分けるべきではないのか」と詰め寄られたとき、拉致は対日本などの数カ国規模で、核は全世界規模。憲法上軍事活動または諜報活動ができない日本としては、なにもできないのが現実なのだ。当然、米国にとっては、拉致と核を天秤にかければ核に向く。


 北朝鮮もそれをよく知っていて、切り崩しを図る。


 敵対国の敵情分析は、的確であり、ピンポイントで各国政府を刺激する。


 日本に対しては、拉致問題を解決に向けて実行する。その代わり使い物にならなくなったよど号事件の犯人を引き渡す。また、マンギョンボン号の入港を許可してもらう。


 米国に対しては、テロ支援国家解除をしてもらうために、核に関する情報を提供する。だから、解除して頂戴。それに、ブッシュ政権で北朝鮮問題に関してなんら実績を上げていないからブッシュ政権が終わる直前に花を持たせてやろう的なものがないわけではない。


 中国には相変わらずの冊封を続ける。


 韓国は、李政権のごたごたを利用して、左派勢力を応援し政権を弱体化させるため工作員を暗躍させる。


 というわけだ。


 では、日本はこれからどうすれば良いのか、拉致問題に関しては、徹底的に言い続ける。たとえ、テロ支援国家の指定が解除されたとしてもだ。そして、納得できない答えが来たときは即座の対応をする。日本単独でも・・・。その一方で、米国保守派にも働きかけ、さらには欧州各国にも外交の手を伸ばすべきだろう。とくにオーストリアとのパイプは持つべきだろう。


 オーストリアは、北朝鮮の欧州における玄関でもある。オーストリア政府と北朝鮮に関する情報を交換。その代わり、日本からの何かしらの支援なりなんなりのことはしないといけないのだが・・・。


 オーストリアとの関係を持ち、さらに英国、フランス、ドイツなどにも呼びかける必要がある。


 まあ、こんな手の込んだことをしない方法はただひとつ、日本国憲法の改憲だ。これこそが、もっともの圧力になるはずだ。


 ある種、そうなってもらったほうが米国も肩の荷が下りるのではないか。


 米軍を立ち退かせたいのなら憲法改正が一番だと思うのだが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 それにしてもまたしても朝日新聞がやってくれた。法務大臣への「死に神」発言というか、原稿。


 まあ、死に神と言っておきながら、長崎市長刺殺事件での容疑者に死刑判決が下ると、当然というような内容の記事を書くという厚かましさ。


 それにしても朝日ってなんでこう偽善しゃぶることに関しては、天下一品なんだろう。


 日テレの番記者に出ているコメンテイターのひとりに警察関係者だか検察庁だかのひとがいたが、その人が「侮辱罪」もいいところ、と言っていたような。


 で、非難囂々のなか、いたって朝日は「そんなのかんけーねぇー」ってな感じでどこ吹く風。


 法務大臣の職責のひとつでもある。死刑判決が出た場合は、死刑執行というのが当たり前なのだが、これまでそうはないっていない。ある種の終身刑のような感じになっているのだ。


 死刑を廃止するという発言があるが、だったら終身刑はどうなのかと。


 しかし、終身刑にするにしてもそれ専用の刑務所なりが必要に成りはしないか。が、こういうときに問題になるのが設置場所だ。


 こういうときに限って朝日新聞やテレ朝系列はかみついてくる。


 朝日に関しては、非常にインテリだが、馬鹿という。つまり、威張りくさっているというのだ。朝日記者の中には、取材相手を何様かというような感じで対応する連中がいるとか。


 「~してやってんだ」的な口調になるのが朝日らしい。インテリぶっているからなおさらたちが悪い。


 こんな新聞社が日本を代表するのだから・・・。なんだかなぁ~。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 バーレーン相手に雨のなかで、1-0の勝利。


 しかし、試合を見れば、しっかりと得点を決めておけば少なくとも4-0の勝利で楽勝のはずだったと思うのだが。


 中村俊輔のPK失敗→まあ、幸先のいい得点というのは得てして試合をおかしなものにしてしまうことがある。例えば逆転負けとか、とにかくリズムが狂うときがサッカーの試合にはあるとか・・・・。考えてみればこの失敗は、なんとも言えない試合の結果を占っていたかのようだったが。


 さらに玉田のシュート失敗。→どうみてもダイレクトでいけば良いのにわざわざかっこつけるようなフェイントを混ぜ込んでの失敗。FWならもう少しダイレクトで撃つという心持はないのか・・・・。なんともハァ~な結果だ。


 次に本田圭のFKの跳ね返りを空振り。→やるならしっかりやって欲しい。プロなら難しいとか言わずに決めてやるという気持ちを持って欲しい。


 値千金の内田の決勝ゴール。→なんとかあてたボールが相手DFとGKの間で弾んで、そこに巻が走りこんでゴール。まあ、相手監督は守備のミスといっているが、巻に気づくのが遅かったというのが本当のところだろう。


 普通ならGKが一歩下がってキャッチが関の山だ。ところが、弾んだところに猛然と190センチの巻が突っ込んできた。相手193センチのDFが巻の存在に気づいたときはもうすでに巻が走りこんできたところだった。


 一瞬、巻に気をとられたGKは迷ったのだろう。さらに巻が、ジャンプしたものだからさらに幻惑されそのままゴールにつながった。ある種の一人時間差でGKはやられてしまった。


 執念といってしまえばそれまでだが・・・。それにしても、なんでこう日本のシュートは地を這うようなとか、雨のスリップを利用したゴロのシュートを打つとかアイデアがないのだろうか。それにもまして、なんでゴールから外れるようなシュートばかり打つのか。本当に謎だ!!。


 最後までパスワークにこだわって、中沢と闘莉王のDF二枚看板があがってこないと何もできないのか!!


 とにかくシュートで終わる。それも枠に飛ぶようなシュートで・・・。


 最終予選に向けてに関しては非常に寂しい結果になってしまったというしかない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、長女が通う学童保育の面接がありました。


 面接、というより話し合いてな感じのものでした。


 そこで、長女の話が・・・・。


 いろんな人から「かわいい」って言われていて人気ものになっているとか。「姫」とも・・・。


 ところで、とうの本人はそれが、いやとのこと。正直「疲れた」とも。そんなこと朝、こぼしていた。つぶやいていたと言った方がいいのか。


 おいおい、小一の女の子が言う言葉かそれは・・・。


 学童では、同年代の子供たちとも小3のおんなのことも、大人たちとも対等に話し合っているらしい。さらに、いつの間にかダンスまで習得しているとか・・・・。おいおい・・・・。


 父親としてはうれしい反面、正直、将来どうなるのか不安でもある。


 ときどき長女が、周りの出来事を達観しているようにも見えるのだ。次女と三女との関係も微妙な者になっているようで・・・。


 はてさて、どうなることやら。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、日産スタジアムに行ってきました。


 で、試合は横浜が2-1で勝利しました。とはいっても、あんまり代表クラスといっても横浜は数人だし、一和も代表にとられているのでそんなにこれぞ!!ベストメンバーとはいかない感じでした。


 前半はなんか、すんごくま~ったりした感じ。後半になって少しきびきび感があったかなという感じでした。


 試合は横浜が勝ったとはいえ、桑原監督の采配がずばり的中した。とにかく、すんごくま~ったりした雰囲気が漂っていたので、先に選手のカードを桑原監督が切ってきた。これが、ずばりと的中、先制点を奪った。スタンドからみていて一和の金監督は、どこかあわてて交代の選手を呼び寄せた感じだった。


 ところで、試合を見ていて思ったのが、一和の状態が開幕当初の浦和に見えてしまった。パスミスはする。ド、フリーの場面でゴールを決められない。昨シーズンなら決めれられただろう決定的チャンスが2度訪れこれを決めることができなかった。それも、横浜に先制を許す十数分前の出来事。決めるときに決められないとチャンスは相手側にいくというのがあるが、まさにそういう展開でした。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 それにしても、マリノスもよりにもよってこんな時期に親善試合をしなくても・・・と思ってしまうのだが・・・。


 それでも、来日メンバーは、韓国代表クラスが顔を並べ、さらには、昨年浦和とACLを争ったときのメンバーが集まっている。


 マリノスも単なる親善試合と思っていると足下をひっくり返されるかもしれない。


 まあ、またぞろ某宗教団体が、なんていう横浜サポーターもいるようだが、はっきり言ってしまえば、そんなこと言えるのか横浜サポは・・・。


 あの浦和との開幕戦。あれは、なんですか!!日産スタジアムの半分を埋められない横浜のサポーターは・・・。それこそ大問題ではないのか。15年もたっていまだに7万人のスタジアムを埋めることすら出来ない。いや、優勝の時くらいしか・・・。それが問題なのではないか。つべこべ言い訳せずサポーター獲得を目指すべきだろう。


 他人のせいにするのではなく、集められない我が身を恥じたらどうだ、と言いたい。


 サッカーはサッカーとして割り切れないと言うのであれば、真の意味でのサポーターではないのではないか。チームが買収されるというならまだしも、単なる親善試合だ。


 真のサポーターとは、チームをいかに強くするかに意識を集中すべきではないのか。


 いま韓国で女子のピースカップというのが行われている。その参加国を見ると、米国、ニュージーランド、カナダ、ブラジル、デンマーク、イタリア、豪州、韓国の8チーム。


 最新のFIFA女子ランキングでは、1位米国、4位はブラジル、7位デンマーク、9位カナダ、12位豪州、13位イタリア、23位韓国、24位ニュージーランド。


 とそうそうたる国々だ。そのうち北京五輪参加国は、米国、ブラジル、カナダ、ニュージーランドの4カ国。親善試合大会とはいえ、これだけの国が集まれるのだ。


 そもそも、こんな大会を、金持ちの日本が率先して呼びかけて開催すべきなのにそれが出来ない日本サッカー協会に対して問題ではないのか。


 そういう議論が出来ない横浜サポは、はっきり言って幻滅だし、将来はない。


 ちなみに鹿島ファンだが、浦和あたりが音頭をとって率先してこうした親善大会を開くべきだと常々思っている者だ。


 もういいかげん、ちんたらちんたらした夏休みの親善試合を無くし、ピースカップのような大会を日本で開くべきではないかと思うのだ。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 欧州サッカー界の地殻変動が始まっているようだ。


 今年の欧州選手権は、えらいことに・・・・。


 何と、チェコが予選で敗退という状況。さらにオランダの躍進とフランス、イタリアの退潮、クロアチアの台頭、トルコの進捗、1990年代から2000年ころまで大手を振っていた国が格下と思われている国々に敗れている。


 サッカーの潮流が変化し始めている。


 ところで日本は、ようやくアジア3次予選を通過した。まずは、一息といったところだろう。


 しかし、このところアジアも地殻変動の兆しがある。サウジ、UAE、イランといった順当な中東勢に、オマーンやバーレーン、そして政治的混乱が続くもののその実力を遺憾なく発揮しているイラクといったどちらかといえばスピード重視型のチームの成長が著しい。


 またオーストラリアの加入で、アジアは混沌としている。


 日本もうかうかはしていられない状況にあることにかわりはないだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 秋葉原無差別通り魔殺人事件が話題になって連日ワイドショーをにぎわせていたが・・・・。


 こんどは、宮城・岩手内陸地震で大騒ぎになっている。


 まあ、中国の四川大地震に続いての地震だけに海外も注目していたようだ。


 ただ、同じ内陸部の地震とはいえ、100万人以上いる内陸都市部での四川大地震と、ほぼ山間部で住宅もさほどなく人口も・・・ということではおのずと規模が違うものになる。


 それに四川はM8・0、宮城・岩手はM7・2。0・8の差だけとはいえ、実際の地震大きさは、とんでもないパワーの違いがある。


 しかし、その救出活動に動きはじめた時間は、雲泥の差だろう。中国政治は右往左往しながら何とか・・・という感じ。災害の多い国なのになんともはやの体たらくだ。


 それに引き換え、日本はなんと迅速なこと・・・。米国と比べればそりゃあ、たいしたものではないが、日本には世界最強とも言えるスーパーいやハイパーレスキュー部隊がいる。


 そう、銃をもったレスキュー隊だ。


 じつは、日本の自衛隊の緊急災害時などの活動は、世界最高レベルらしい。規律、連帯、迅速さは、ほかの国の軍隊を凌駕するという。


 実に皮肉な感じもする。ある種、憲法9条のおかげかなんだか・・・。


 そのほかにも中国と違うのは、国民のために動く自衛隊と国家機密のために動く人民解放軍。人民解放軍は国家機密保持の片手間で国民を救助しているというのだ。


 その証拠に、マスコミ規制、報道規制を強めているという。さらにデモに対しても厳しい監視の目を光らせているという。


 日本は、国内外のマスコミがきちんと報道できるように、被災地の現場に各担当官、責任者がいて自由に取材を認めている。


 ところで、中国の国名は、中華人民共和国ですよね。共和国って、「民主主義 に基づき主権国民 に所有され、国民によって直接、もしくは間接に選挙 によって選ばれた代表により行使される統治制度を取る。多くの場合、元首として大統領を置く。」=ウィキペディアより。となっている。


 果たして・・・・。中身を見れば中国共産党帝国皇帝・胡綿涛、という感じ。この流れは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)ではなく、朝鮮共産党帝国皇帝・金正日。


 あくまで言うが、共産党が握った政権は、国家が腐敗し、官僚が腐敗し、人民が腐敗する。そして、人民は腐敗した共産党幹部によって亡国の道を歩む。共産党はまさにアヘンと同じなのだ。


 いや、共産党が信じる、共産主義思想がこそが宗教であり、麻薬なのだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。