独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 スポーツの世代交代・・・。昨日の男子柔道全日本選手権をみてそう思った。


 鈴木、棟田、井上・・・。柔道で最強と言われる重量級。そのなかでもこの三人は常に切磋琢磨してきた。世界でもこの三人は、日本柔道界の最強チームというほど必ずタイトルを手中にしてきたメンバーだ。


 鈴木と井上が駄目なら棟田が重量級でタイトルを保持し、時には井上が100キロ超級に出場し、タイトルをとり、井上が出場できないときは鈴木が・・・。そのふたりが出場出来なければ、棟田が代わりにでてタイトルを獲得してきた。


 しかし、棟田の場合は、つねにあと一歩のところで五輪出場を逃してきた。シドニー五輪の数年前からこの三人のライバル関係は始まっていた。そして、アテネ以降、日本柔道重量級にも世代交代の波が起こり始めた。


 昨日、優勝した石井にしても世界での経験も豊富になり、鈴木や井上を圧倒するまでに成長した。まあ、昨日の試合運びは、納得できる物ではなかったが、試合後の足を引きずる痛々しさはある種の執念を見た感じだった。


 それにしても、優勝した人が五輪に出場する方式はわかりやすいが、その一方で、トーナメント方式の場合、単なる勢いで・・・というのもある。国の代表として出場する場合非常にやっかいなことになる。


 軽量級に関しては、海外との差は少ないので浮き沈みは激しい。しかし、重量級は、柔道の中でも頂点を極めるクラスのため、やはり、強者でなければいけない。単なる勢いだけではおいそれとは代表の座を射止めるのは難しい。


 それが、女子最軽量級の谷(旧姓田村)の存在だ。田村に関しては、国内で負けても次の国内で勝つと言うこともある。選考会でタイトルをとったとしても同一の対戦相手には連敗しないのが谷なわけで、谷を押しのけて代表の座となると最低でも連続3回は谷を破ることが必要だろう。


 谷がなんだかんだ言われても五輪のタイトルを獲得する力があることは周知の事実でもある。ただ、谷にしても、今回の北京五輪が最後になるのではないかと思うのだ。もし、谷が北京で敗れるようなことがあれば引退の二文字が出てくることは間違いないだろう。ただし、それは完璧な負けを喫したときだろうと思うのだが。


 ところで、柔道は世代交代が進んでいるが、スピードスケートは足踏み状態。ノルディック複合も、ジャンプも世代交代は進んでいない。


 テニスは女子は伊達以降、杉山ががんばっているが、それ以降が続いていない。男子は、ようやく錦織が出てきて脚光を集め始めている。ゴルフ界も女子が先行く形に。そのあとを男子が追いかける形になった。


 スポーツ界の世代交代は、非常にわかりやすいが、一方で難しい判断を迫られることもあると感じるのだが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 まあ、先週土曜日の長野の聖火ですが、行事事態はなんとか穏便にすぎていきましたが・・・・。


 それにしてもあの真っ赤かの中国国旗ははっきりいって、異様としか映らなかった。


 中国人に対してチベットのことをあえて聞いてみると「勉強不足、不足・・・」と繰り返すばかり。でも、正直いうとチベットの文化について果たして中国人は知っているのかというと??の域を出ないと思うし・・・。


 オーストラリアや翌日の韓国での様子を見る限り、大挙応援すればするほど「異様でおかしい」と思われている。というより、強圧的なあの態度は世界の非常識という認識に一致しているし、また共通しているのは「不快感」というものだろう。なんとも応援すればするほど異様としか思われない中国・・・。共産国家という悲しい性ゆえだろう。


 そうだから、もし北京五輪が始まったら、全種目全員中国が金メダルで占められそうな雰囲気。ましてや、対日本となれば偏向判定が相次ぎなんとなくだが、日本金メダル0ということもありそうだ。


 これまで、1位は米国、2位中国、3位ロシア・・・・という感じだったが、北京五輪では米国に1・5倍以上のメダル獲得で圧倒的に中国が勝利なんていうこともおきかねないのではないだろうか。


 もし、中国ではなく他国の人が金を獲得しようものなら会場は騒然とするんじゃないかな。


 さて、今回のチベット問題でかつての日本が韓国と併合したときと同じ感覚ではないかと主張する方もおられるが、ある一面だけみればそう見えるかもしれない。だが、実態はそうではない。


 韓国との併合は、高宗vs大院君vs閔派vs開明派が三つ巴、四つ巴の政治闘争の末にっちもさっちもいかなくなり、あるときはロシア、あるときは米国、あるときは日本とあっちふらふら、こっちへふらふらと対外的にも無様な外交を繰り返してきた結果の末に生まれたものだ。あの伊藤博文ですら・・・だったのである。


 このごたごたする当時の朝鮮政府の中で開明派(韓国では売国奴と言われている5人の賢臣たち)が日本との政策協調のもとで緩やかな発展と自主独立を掲げた。これは、ある意味、江戸幕府末期の大老井伊直弼が、米国との通商条約を不利益なものと知った上であえてそれを飲んで開国し、列強の力を利用して日本を強国にしようとした政策と事を一にするものと思える。事実、幕末の幕府はフランスや英国、ドイツ、米国の顔をうかがいながら政策決定していた節もある。薩摩は英国と長州は独自にドイツ(プロシア)とパイプを持った。


 開明派のひとりは日本語は学んだが、一切話さなかったという。井伊も同じで、英語などはみにつけていていたが一切話さなかったという。

 そういった朝鮮高官の深謀遠慮が働いての併合という形をとったのだ。


 しかし、中国のチベット併合は、まったくの侵略に近いものだったのだ。いわゆる列強といわれたかつての植民地支配の手法を利用しただけ。


 中国とチベットは兄弟、なんていう中国人もいたが、チベット語を話させないような政策を持ち込んで、文化を徹底的に破壊しているというのだから、自由なんてあったものじゃない。中国人がいくらある、と主張しても実際は共産国家というのは統制国家であるので、中国政府を真っ向から批判するような行動をとれば、逮捕され強制労働、または死刑になる国家である。


 そんな国で自由なんて叫べるわけがない。そもそも、共産主義というのは宗教をアヘンと例えているので、宗教を弾圧することはいとも簡単なこと。そもそも、信教の自由は形だけ。実態は、中国共産党政府の管轄下にあって、独自の行動をとろうものなら即摘発の憂き目をみる。例えば、党に申告しない集会は即座に首謀者、主催者が逮捕されるのだ。


 共産党=独裁国家=遅れてきた帝国主義=発展途上国・・・・となるわけだ。


 なんとも恐ろしい国家が隣にあることを日本人はもっと知るべきだろう。中国とは右手で握手、左手に銃を持って対応しなければならない、とどこかの外交官はいっていたと思うのだが。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 地殻変動?という言葉が正しいのかどうか、政治の世界は少しずつ動き出しているようだ。


 昨日山口2区の補選があり、民主党が勝ちました。2万票の差でしたが。


 まあ、今回の自民党の敗因は、後期高齢者医療、ガソリン税の問題などで後手に回ったことが挙げられるかもしれません。


 しかし、だからといってこれで民主党へなだれをうったのかというとそうでもない。


 今日の特ダネを見ていたら、やっぱり道路を作って欲しいという話しが出てきた。ということは、完全に民主党を支持したわけではないのだ。


 というのも民主党は道路一般化の方へ動いているからだ。しかし、その民主党も地方組織では自民党と同じようなことを言い出している。つまり、道路がないと支持者が来ない・・・・というわけだ。


 ところで、このごろ思うのだが、国会議員の本来の仕事ってなんなの??という感じになっている。


 だいたい、日本には区市町村の議会がある。その上には県議会がある。そして、その上に国会議員がある。


 市町村議会ってなんなの、県議会議員って何の仕事をしているの??。なんか、テレビの報道を見ていると本来、市町村議会議員がやることを県議会議員がやっていて、その県議会議員がやることを国家議員がやっているようで・・・。


 本来の国会議員は、世界に向かって日本はどうあるべきかなど長期的視野でものを見るところだと思うんだが、どうも見ていると国内の地方に対してどうするかばかりに目が言っているようで、本末転倒の感すらある。


 正直、もう一度、議員の仕事を確認したいほどだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 なんか、昨日突然、中国がダライ・ラマ14世(以下ダライ・ラマ)と会談するという声明を出した。


 まあ、明らかに見え透いた国際圧力をかわす行為だということは誰でも分かるようなものだが・・・・。それでも話し合うというのだから、そうしてもらいたいのだが、こういうときの中国っていっつもお茶を濁してあやふやにして、「はい、話し合いましたからいいでしょう」「なんか、文句あっかー!!、文句あんなら逮捕して、重労働か死刑にさせるぞ!!」ってな感じに終わらせてしまうのがつねのような気がする。


 さすがにダライ・ラマも「歓迎はするが、たんに会うだけなら意味がない」と冷静な判断をしている。至極とうぜん、まっとうな回答だ。


 さて、聖火のほうは、とりあえずは順調に終了という感じで。それにしてもやっぱり「中国共産党による、中国共産党のための、なんとやら」みたいな感じだったような気がするのだ。そもそも、これが世界に誇れる五輪といえるのか、非常に心の中でもやもやしたものが漂う。


 ずーっと中国人が叫んでわめいて、歓迎しているっていうのも、おかしな話だ。それも中国以外の国でやっているにもかかわらずだ。


 なんか、ここにも仕掛けられた何かを感じざるを得ないのだ。


 中国は信用ならないという言葉は、もうずいぶん前から言われたことだ。技術移転してなにか感謝されるかと思っていたら、会社を辞めて、さっさと自分の会社を立ち上げ、お礼の一言も言わず、「これは自分たちが開発しました」とぬけぬけと言い放つ。そういうことを経験した、日本の中小企業はたくさんあるし、条件を不履行にさせることに関しても世界最高級で、自分たちの都合の良いようにいつの間にか改良させ、さっさと相手をだまくらかす。そういうのは中国人にとってはお茶の子さいさいのような感じなのだ。


 だから、中国人は信用してはいけないし、信用すべき民族でもない。


 共産党一党独裁政権ではなければ、中国人ももっとましな国民になっているのではないだろうかと、思ってしまうのだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いよいよ、明日聖火が長野をはしります。


 実際、どうなるか??ですが日本の威信にも関わることなのでとどこうりなく進んで欲しいとおもっています。

 

 まあ、間違いなくチベット支持と中国人とのののしりあいというか、そんなものが起こりそうでもありますが、だいたいは、狂ったように(きちがいじみた主張しかできない中国人)喧嘩をふっかけるのが中国人だとは思いますがそういうおかしな連中は無視するのが一番。


 昨日、ニュースを見ていて、チベットの主張をしていた人を数百人が取り囲んで取材できないようにしているのを見て、こいつら本当に救いようがないなあと思ってしまった。


 正直、本当に五輪を開催する資格があるのかと感じざるを得ない。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、アジアチャンピオンズリーグの予選が行われました。


 鹿島は中国で、G大阪は、ホームでそれぞれたたかいましたが、鹿島は北京国安に0-1で破れ、G大阪はシドニーのチームを2-0で破って、ガンバは予選突破を優位なものにした。


 鹿島は、負けたとはいえ、その優位性は変わっていないが、いつものことながらどうも国外に出てしまうと、・・・・になってしまうのだが。


 さて、気になることが、今回の予選で韓国のクラブチームが軒並み予選落ちしそうな展開。少しづつだが韓国と日本の差が縮まっている。国家代表とは違う地殻変動が起きている。

 ところで五輪代表と日本代表のメンバーが発表され、それぞれに練習を行っている。五輪代表は、トゥーロン国際へ、代表はキリンカップに・・・。


 いずれの世代も地殻変動が起き始めている。若手の台頭と新加入メンバーの躍動だ。これまでのメンバーは、すみっこに追い遣られているようだ。


 いずれもがんばってほしい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 人種の偏見や差別は、正直よくないと思うが、いまの中国を見ていると中国人全てを疑いたくなるような状況になっている。


 ある種、日本人の美徳というか、信頼した人はとことん疑わない。または、見た目がきちんとしていて言葉遣いがいい人には正直心を許してしまうところがある。


 中国人はそういったところに付け込んで悪さをする。


 先日、野村証券に入社した中国人がわずか入社4ヶ月でインサイダー取引を公然とやっていたようだ。そして、悪いという意識が薄いらしい。


 現在、多くの中国人が日本に労働者や秘書、会社役員に就いている。しかし、彼らのほとんどは中国当局が管理しているという。ことが起これば彼らから情報を収集するというのだ。スパイなんていうのは、いまの中国人に日常的なことで悪いという感覚はないらしい。


 やはり、とにかく私の独断と偏見だが、中国を堕落させてしまったのは毛沢東による文化大革命にあると断じざるを得ない。


 この出来事で多くの文化人が虐殺されるか労働者階級に落とされた。かつての清朝のラストエンペラーも重労働を課せられたという。


 もともと、戦争の混乱で教育を受けられなかった多くの中国人が、ねたみや嫉妬を毛沢東の腰巾着たちから焚き付けられ文化人たちを虐殺していった。そのなかには多くの欧米人も含まれていたという。


 知識階級の中国人の多くは、フランスや英国、米国に亡命したという。だからこそ、今回の聖火騒動では2つの流れがあるという。つまり、知識階級の後継者たちは、せせら笑っている。一方、熱狂的に愛国を叫んでいる連中は欧米を筋違いもはなはだしく抗議行動を行っている。


 しかし、面白いもので、フランスのカルフールに対して不買運動を起こしてデモをしている地域は、紀元前から続く古代中国の領土内、漢帝国が収め支配した地域のみで起こっている。チベットもなく、新疆ウイグルでもなく、内モンゴルでもなくだ。


 さらにこんなデモが起こるようでは、五輪開催も??だ。正直、もう北京五輪を中止し、東京で開催したほうがよっぽどマシと考えてしまう。


 今の中国は、本当にナチズム張りの世界。少人数の反中を掲げる人を、100人いや1000人でよってたかって殴り殺そうとする姿は、南京虐殺は日本人ではなく、中国人が親日派中国人を虐殺したことではないのかと思ってしまうくらいだ。いや南京虐殺は、中国共産党による中国国民党ならびに日本人と親日中国人を虐殺した事件ではないかと思ってしまうくらいだ。


 私は、正直、中国人は信用できないし、心を完全に許すべきでない民族ナンバー1になっている。いまの中国人によるデモの様子を見るたびに、本当に残念ながらだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、9年間にわたって争われてきた山口県光市で起きた母子殺害事件についての差し戻し判決があった。判決は予想通りの“死刑”でした。


 まあ、さっそくせこせこした大弁護団は上告する向きだが。


 それにしても日本は何でこう「加害者にも人権はある」みたいな方向に行ってしまうのか、人一人殺しておいて、そりゃ無いだろうという風潮にここ9年間で変化してきた。


 被害者の発言が大きく取り扱われるようになった。


 さて、この後上告もあることから、まだまだ、続くかもしれない。それにしても、もう少し遺族が満足行くような高度で早い判決はできないものだろうか。


 死刑が駄目なら終身刑も適用もあってしかるべきだ。しかし、現実は日弁連をひっとうにした左派系人権弁護士たちだ。


 私の独断と偏見から言わせてもらえば、死刑が駄目なら終身刑というのもあるのではないか。それもだめなら、凶悪犯罪は断罪できなくなる。本来の死刑の役割は凶悪犯罪を断罪することにあるのだが、いつしか人権は弁護団体によってねじ曲げられたところがある。


 今回の加害者の弁護団は終身刑も認めない雰囲気もある。まあ、日本の弁護士ははっきり言ってしまえば、左翼集団といってもいいんではないか。あとは、人のためではなくお金のためもあるのではないだろうか。と思ってしまうのだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 米国大リーグの野茂英雄投手が、事実上の解雇になった。


 昔の球威はなく、一方でフォークボールの切れがよかった。


 日本のOBたち(球界の盟主とかという球団出身者ら)は、早く戻って来た方がいい、といっている。まあ、それは本人次第だから強制は出来ない。


 だが、一度大リーグの土を踏んでしまうと、どうにもこうにも戻るのが出来なくなる魔力があるようだ。


 余計なことをしないファンとOBたち。結果には純然に評価する。まじめにやるやつがコツコツと積み重ねたものは無駄にしない。


 まあ、球界の盟主とほざき、結局飼い殺しにしている球団とも違う。大なり小なり、野球を知っているファンも魅力的だ。


 独断と偏見から言わしてもらえば、もう大リーグに行きたい選手は行かせればいい。そして、逆に日本の球団でやりたいと思わせるようなものに変化させていけばいいのではないかとおもうのだ。


 それこそが、交流というものだ。


 たしかにいまは、大リーグが日本をまだ見下しているところもある。しかし、一方で日本は米大リーグ有望核の若手を逆に獲得し、大リーグへと送り出す。その際、移籍金を日本側の球団に支払う方式を確立すればいい。そうすれば、本当の意味での交流が出来るのではないだろうか。


 自分たちで、球界のヒーローを作ることなく文句を言っている、球界の盟主とほざく某球団のOBたちよあなたたちはいまだにV9の栄光をひけらかしながら生きていくのはやめた方がいい。


 球界のヒーローとなりうるのはセよりもパが多い。ダルビッシュ(日ハム)、田中(楽)、涌井(西)、川崎(ソ)、渡辺(ロ)などだ。


 自分たちで作り出せないのでは本当の意味でプロではない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 中国が抗議活動を市民を使って行うそうだ。


 それにしても、本当におかしな国だ。いまだに自分たちが世界最強と思っているのか。それとも、世界は中国を中心にしてまわっているという中華思想の賜物なのか・・・。


 それにしても中国に自由がある。国家がある程度の規制を敷くのはやむ終えない。という御仁はやはり中国政府に操られているというしかないだろう。


 あえて言う、中国には自由がない。なぜなら、中国共産党を真っ向から批判すれば、そのひとは必ず投獄され、ひそかに死刑にされるか、強制労働、監禁されるからだ。


 だいたい、あの過剰までの中国政府の反応や中国国民の行為は非常におかしいというしかない。政府を非難すれば投獄されるような国に自由なんてものはない。だいたい、真っ向から政府を非難して投獄されるということ事態、自由なんてものはないんじゃないの。


 この前、チベットの日本での代弁者ペマ・ギャルポさんが中国人のご夫人と対談していたが、実にこっけいだった。ペマさんの質問にことごとく相反する答え。というよりも苦しい弁明。ペマさんに出来ればこう聴いて欲しかった「中国政府、共産党に面と向かって批判できますか。そして、普通の暮らしが出来ますか。中国国内で、ダライ・ラマ氏と無条件に会談すべきだといえますか」。答えはとうぜん、できますになる。しかし、だれもそれが真実だとは思っていない。なぜなら、天安門事件を見るように共産党にはむかうやつは徹底的に排除、弾圧した経緯があるからだ。


 フランスや英国では、おなじ中国人でも悪名名高き、文化大革命時に亡命した知識人たちの子息たちは実にいまの中国の光景をこっけいに捉えているようだ。数こそ少ないが、多くの知識層の中国人たちは良識的な見識を備えている。


 中国がこのように無法国家というよりも中国共産党帝国になったのはまさに文化大革命のときからといって良いだろう。この革命は、中国を貶め、数々の王朝が築いてきた文化をことごとく破壊した。その結果、まさに発展途上国、人間的にはアフリカ諸国よりも低レベルかつ低脳な中国漢民族をつくってしまったといえるかも知れない。


 人知にも劣る国家、国民が誕生してしまったというのが文化大革命後の中国の現状だろう。ある意味、可哀想な大国といえるかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。