独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 それにしても韓国という国は、なんで客観的に物事を見つめることが出来ないのか。かつて金大中元大統領が、日本の東京で拉致監禁され、韓国内で開放されたことについて、明確な人権侵害があったことが報告さた。日本政府は、このことに関して韓国政府に抗議し、韓国政府は形式的ではあるものの謝罪した。ところが、一方で韓国内で次期大統領候補などからは「日本が謝れ!!」というトンチンカンな言動が飛び交っているという。なんともあきれた国家というしかない。


 いま、韓国で教えている歴史、とくに現代史は見ている限り、米国が日本に変わって統治したときに刷り込まれた可能性が高いことだ。


 なぜかというと、沖縄の集団自決問題で見えてきたのは、米国が統治するときに日本を徹底的に批判することで、第二次大戦中に起こした米軍の悪事を帳消しに自分たちの言いなりになるよう偏向した教育をしてきた方法と、韓国の日本に対する反日教育はどこか共通するのではないかと。


 とことん日本を否定し、日本の統治すら抹殺したいほどの勢いだからだ。しかし、実際は明らかに日本統治時代の政策を踏襲し成功を収めたのは紛れもない事実。


 このことを客観的に分析した学者を、親日扱いし社会的地位から抹殺している。なんか、ナチスよりもひどんじゃないかと思えるくらい徹底的に批判する。ある種、ネットによる集団虐殺がまかり通っている。こんな国だから、北朝鮮に手玉に取られ、中国からは小馬鹿にされている。すべては、自分たちがまいた種である。


 その腹いせを日本に吹っかけているという感じだ。


 ところで、韓国の歴史は客観的に見て非常に「なんで」というのが多い。すべてが感情的に支配され感情の赴くままに動いている。


 日本の統治を招いたのは紛れも無く、韓国政府自身の失政からスタートしている。このことを見つめないといけないのではないか。


 とくに対日的外交の失敗は、どうも李朝時代がもっともひどいといえるかも知れない。古くは白村江の戦いに関しては、非常に連携がかっていて的確な情報分析と戦略で日本を完膚なきまでにたたいている。そもそも、この戦いは日本にとっては非常に利益が薄い戦いではあったものの亡命百済王侯たちの願いによって実行に移された。


 はっきり言ってしまえばこの戦いは、ある種大義名分があったわけで、侵略というくくりではくくれないものがある。


 次に元寇(日本の呼び名)では、中国を支配したモンゴル族の元が高麗を手先に使って日本へ侵略した。韓国では、侵略したことがないと言っているが、元に強制されたとはいえ他国に対して侵略の牙を剥いたのは確かなことでその歴史的文献も多く残っている。これを侵略していないというのは、韓国特有の理不尽な逃げ口上でありとるに足らないものだ。


 さらに時代が下って倭寇の登場だ。当初は確かに日本の海賊が跋扈していたが、徐々に中国の人々が中心となったものへ変貌していった。しかし、このことを韓国国内で明確に解明しようとする動きは無い。それよりもすべてが日本である、で固まっている。このことからしても韓国の客観的分析が出来ない国民的欠陥を感じるのだ。


 今度は、秀吉の朝鮮出兵、壬申倭乱だ。これは、李王朝の時期に当たるが、賢臣のひとりがなくなる前、「ゆめゆめ日本の政治情勢を分析し、国の行く末を誤らぬよう注視してほしい」と遺言していたにもかかわらず、この賢臣が亡くなったとたん学閥による派閥争いや文治派と武断派にわかれてあい争っていた。さらに国民からは搾取し続け超太平をのさばっていた。


 だいたい、そんなことうをしているようでは他国に付け入る隙を与えても当然のことだ。そういう状況を招いたのは紛れも無く韓国国民であり、政府だ。それを客観的に分析できない韓国の歴史家というのは盲目というしかない。


 こういう国民だから、北朝鮮に利用され、中国に利用され、米国にも利用され・・・・。韓国国民も政府もそれをうすうす気づいていながらそれを認めるのが悔しいから、韓国の文化を吸収し独自の発展を遂げた日本に対しての近親憎悪に変わっていったのではないか。


 そこを米国に付け込まれいまの韓国が出来上がったのではないだろうか。


 利用され続けたあとは捨てられるだけ。日本批判をしているようでは、韓国を同等に扱ってくれる国など亡くなってしまうのではないかと思えるのだ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は私の独断と偏見で、グッチってみます。


 妻と子供と私の一日


 午前3時半~5時くらいの間で、私起床。新聞配達へ


 午前6時半~7時半くらいの間で帰宅。洗濯機を回す(たまっていた場合)、子供たちの保育園に行くための準備(このところ私がする回数が増えているような・・・・)。これをやらないと妻が起床したときに「保育園の準備した」、私「やってない」というと妻は「何でやってないの!!ちぇ!!」といって明らかにやりたくないそぶりを見せる。だから、結局私がやるはめに。


 午前8時、妻起床。


 午前8時から半の間に子供たちが続々起床。


 午前8時半ころ、朝食。妻、朝が弱いので非常に適当な料理を作る。まあたまーに、朝食らしい朝食を作るが、それは一ヶ月に数回程度


 午前8時45分ころ、妻身支度を始める。私、子供たちに保育園に行くための着替えを始める。その間、妻は子供の相手をまったくせず。ひたすら身支度に没頭。途中で子供がやってこようものならパンチ!プンプン

ごくたまにだが、私が仕事で早く行かないといけないときがあるのだが、頼もうとすると「なんで、私がしなきゃいけないの早く保育園に行けばいいじゃないパンチ!プンプン」と言ってやりたくない表情を見せるもののいろいろ説明するとしぶしぶ納得(←というより義妹がいたときは彼女が説得してくれるようだが・・・)。また、時間が無いから保育園行こうとすると「何でご飯食べないのプンプン」というし・・・・。


 午前9時ころ、保育園へ。


 午前9時15分~30分の間で帰宅。妻がいれば、自転車でスーパーまで送り。


 私はしばらく自宅で洗濯物を干したり朝食の食器を洗ったりしながら過ごし、10時半から12時くらいに仕事へ。


 月曜から木曜日まで、妻が保育園へ迎えへ。午後8時くらいに帰宅??。私が帰宅すると保育園でいろいろ言われたことを妻が私に報告し、そして「なんで用意しないの!!保育園で言われたよ・・・、なにやってんの」って私の顔を見るなり開口一番。そのほかにも「~やらないといけないね、あなたしておいてね」。まったく、自分からしようとしないしする気も無い。日々これが多くなってきているような・・・。


 午後9時くらいに夕食。私はだいたいこの時間に帰宅。私も夕食を共にするが、妻は本を読みながら夕食を・・・。自分だけ食べ終わると、そのままいつの間にか横に。同じことを私がすると「私よりも早く寝ないで!パンチ!プンプン、皿洗いと子供たちよろしくねぇニコニコ」といって私を起こしたまま横に。そのまま、眠りに。


 私は、そこから炊事、洗濯、洗濯ほしなどなど。子供たちの相手をしながら・・・。そして、子供たちが寝たころ、午後11時~午前1時ころ起きて、なにかごそごそ。午前2じくらいに妻は消灯しているようだ。その間、義妹がバイトから帰ってくる。その妹と話しをしているようだ。てなわけで、夫婦のアレも、ここんところなし。これが1~2ヶ月ほど続いている。「疲れているから」という定番の答え。そして、明らかに拒絶の対応。安全日を言っておきながら、その日になると完全拒否。相手にされず。ガーン しまいには「うるさい!!、じゃまだから出て行って」と言われる日々が続いています。なんだかなあ~ハァ


 私は12時くらいにひとり寂しく隣の部屋で消灯という感じで一日が過ぎていく・・・。しょぼん


 まあ、水曜日の夜から木曜の朝まで吉野家でバイトしているから、夫としてはこれくらいのことはしないといけないのかもねぇ。しょぼん

 


 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本でも日本シリーズが開催されているが、しかし、いい試合をしているとはいえ、なんかワールドシリーズと比べてみると・・・・なんですよね。


 この一年、なぜだなぜだと考えていた。それにBSとはいえ、なんかヤンキースに大リーグ放送が偏っていたような気もする。とはいえ、なぜか見てしまう。


 この気持ちはなんだろう。


 日本のプロ野球が小さく見えるから・・・。それもあるだろう。いろいろと考えた末、自分なりに行き着いた結論。


 それは、民放のアナウンサーの低レベルなアナウンスと巨人偏重の解説。そして、OBによる巨人批判の封殺と某オーナーの横暴。さらに巨人オンリーの民放プロ野球中継と各球団の地域への貢献度の低さ。


 私は、日本のプロ野球を変える鍵は、パリーグにあると思う。北海道日本ハムファイターズ。千葉ロッテマリーンズ。福岡ソフトバンクホークス。東北楽天イーグルス。大阪オリックスバッファローズ。一球団を除いては、すべて地方都市の名前がついている。これらの球団が、サッカーのJリーグのように下部組織を構成し、ピラミッド型のシステムを導入すれば結構面白くなるのではないかと思えるのだ。


 かつて、黒い霧事件というのがおきてそれ以来、プロとアマの仁義無き境界線が出来た。ある意味、いままではそれでよかった。しかし、底上げという点で、多くの才能ある選手が海外にもいけず、泣き寝入りしていた。外へ出られるようになったのはここ10数年のことだ。


 ピラミッド型の下部組織の設立は、大リーグにも通じると思う。ルーキーリーグからスタートし、1A、2A、3Aそしてメジャーリーグへ昇格していくシステムだ。


 日本型は、サッカーのようにたとえば、巨人のジュニアユース、U-12、U-15、U-18、これ以降は2軍またはサテライトという風に区分けをしていけばいいのではないだろうか。


 そして、サッカーの天皇杯のような大会があってもいいもではないだろうか。プロもあまも自由に参加できる大会そういうのもあってもいいのではと・・・・。


 さて、メジャーリーグ。今日の試合でレッドソックスが4連勝で優勝した。


 それにしてもあっけなかったといえばあっけなかったような・・・・。こうなってしまった背景には、リーグ優勝シリーズを1勝3敗から立て直したレッドソックスと4連勝で制したロッキーズ。ましてやロッキーズは驚異的な連勝記録で駆け込んできた。ロッキーズはレッドソックスよりも早くに優勝を決めたことから中途半端な空白期間があいてしまった。そして、その間練習試合を計画していたが、猛吹雪で断念するというアクシデントにも見舞われた。


 シリーズが始まってしまうとその勢いの差が出てしまった。レッドソックスは、1勝3敗から建て直し4勝3敗で駆け抜け、そのままの勢いでワールドシリーズに突入した。つまり、シーズンそのままの勢いで来たレッドソックスと早すぎたリーグ優勝が、無用な空白期間でそがれてしまったロッキーズの違いが如実に出たのではないかと思うのだ。


 ましてや、若い選手がそろうロッキーズだけに勢いを盛り返すというところまでは行かなかったのではないか。ロッキーズのバッティングやピッチングもどうもちぐはぐに見えた。


 それにしても、3年連続で日本人がワールドシリーズに出ていること自体、すごいこと。あとはイチローがワールドシリーズに顔を出せば、日本人を応援するファンとしてはもっと面白くなると思うのだが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日の朝9時から、一連の騒動に決着つけるべくボクシングの亀田興毅選手が、改めて謝罪会見を行った。


 でも、結局、テレビのワイドショーの連中は納得するわけもなく、早速「親父出せー!!」に変わっていた。


 だけど、このテレビ局の豹変振りははたから見ていてこっけいですらある。


 何で亀田親父が出てこないという質問が飛んだが、はっきりいってしまえば、もし会見を行えば、あの亀田親父のこと途中で切れる可能性も否定できない。となると、謝罪会見がそうではなくなり、ワイドショーやスポーツ新聞、三流タブロイド紙、週間大衆などを代表する5流雑誌をはじめとする、銭亀マスコミが格好の話題として視聴率や発行部数を伸ばすことになる。


 こういう連中はわざと、仕向けるときがある。いわゆるやらせ的会見だ。


 亀田親父は、1回目の会見を見る限りでは、素直に謝罪する人物とは到底思えない。


 私から言わせれば、もういい加減、ワイドショーなどはこの件から手を引くべきだ。そもそも、彼らを批判する義務はないし、必要ない。


それにしてもテレビ局のレポーター陣は実に卑劣であり、愚劣。テレビを通した人民裁判的な感じて、なおかつ自分たちが裁判官または検察官になったかのような質問内容などは非常に傲慢であり、おごり高ぶるのもいい加減にしろ!!と。


 あれじゃ、今問題となっているマスコミによる集団いじめ、言論による暴行ではないのか。

と思うのだ。


 本当に日本のワイドショーは俗悪番組であり、有害番組であるといいたい。そして、そっこくテレビ朝日のワイドショーはつぶし、規制対象にすべきだ。


 その理由として、①まず、テレビ朝日はかつての捏造番組に関して社として謝罪していない。

    風評被害を起こしたのにもかかわらず、誠意をもった謝罪を一切していない。

 

   ②亀田会見を見る限り、ワイドスクランブルは、鬼の首をとったように喜んでいるさまは、非常に報道番組としては低能である。


 まあ、親会社が朝日新聞だからおして知るべしの状況になるのは仕方がないことだろう。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 あのお荷物球団と呼ばれ続けてきた浦和がついにアジアの頂点へむけ一歩を踏み出した。


 昨日の城南戦はまさに死闘だったと言っていいだろう。


 PK戦にもつれ込んだ一戦は、浦和に軍配が上がった。しかし、それにしてもだ、城南の体力はほとほと衰えない驚愕のチームといっていいかもしれない。


 日本のスポーツ新聞は伝えないが、城南のプレーはJリーグの各チームも見習わなければいけないのではないだろうか。

 

 不用意にラインを割らせないボールコントロール。すばやくまわすパスワーク。どこか、欧州スタイルの香りが漂う雰囲気のチームだったと思う。もし、エースFWのモッタがいたらと思うと浦和が勝てたかどうか。その理由のひとつとして失点がFWのイタマルがらみだったこと。前後半通して、イタマルにやられまくっていた。


 さて、私の独断と偏見から言わせてもらえば、ようやくJリーグチャンピオンらしい戦い方をするチームが現れたということ。これまで見ていて一番見苦しいかったのはG大阪。G大阪ファンの皆様には悪いが、A3での全北現代戦での6失点を目のあたりにして、本当に怒りを通り越して、「こいつらが本当にJチャンピオンなのか、もうお前らにはJリーグチャンピオンという称号はいらない。金輪際、Jリーグチャンピオンにはなってほしくない」と思ってしまった。


 本当にあのときのG大阪は最悪のチームだったといえる。


 ただ、浦和の場合あの熱狂的応援があったればこそ、あれだけの試合が出来たのだと思う。応援とフロント←途中何かといわれたが。しっかりと熟成されたチームに浦和が成長した証だろう。案外、この浦和時代が当分続くのではないかと思ってしまうほどの試合だった。


 だが、その代償は阿部や闘莉王などの怪我や足がつるという現象になって現れた。それに比べると、城南の強靭な肉体は脅威だといえるだろう。さらにテンポのいいパスワーク。これも試合全体を通して見られたプレーだ。


 浦和の決勝進出はアジアチャンピオンズリーグになって日本にとって初めての出来事。このまま、つっぱっしってもらいたい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本っていつから社会主義、共産主義の国になったのだろうか。


 このところ隠蔽されていた官僚不祥事を見ているとついそう思った。


 本来、政治の主導権は官僚ではなく政治家のはず。そして、各省庁のトップは閣僚であり、国民から選ばれた政治家が担当するものなのだが・・・・。


 そのなかでもひどい腐敗をしているのが、厚生労働省ではないのか。防衛省も前事務次官に企業との癒着などが騒がれているが、その比ではない。


 厚生労働省の場合は、命にかかわる資料が、地下倉庫に眠っていて、患者には知らされていなかった。それを、忘れていました、ついうっかりしてましたという、官僚の言い分は「なんじゃこりゃ~!!」。これでは、共産国家の官僚が言うセリフと同じではないか。


 そもそも、官僚は政治家のもとで国家のために働くのではないのか。しかし、今日の官僚は、政治家を操っているかのようだ。


 本末転倒もはなはだしい。少なくとも、こういった要因を招く背景のひとつには、閣僚の交代が多すぎること。任期が1年から2年。そもそも、短すぎる。


 これが、解消されることがひとつだろう。


 だからといって、任期を長くすればいいというわけでもない。しかし、こういったけじめがない限りは、いつまでたっても同じところを堂々巡りしているだけだと思う。


 ここは、思い切って、文句を言うべきことは、しっかりというべきだろう。


 閣僚4年制にするべきだろう。これと同じく、首相の任期も長くすべきだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、23日は三女の2歳の誕生日。


 てなわけで、我が家ではささやかながら誕生日会を考えています。本当にささやかですが。保育園でも誕生日会のイベントをしてくれるようで。ちょうど、今日がその日ということで、じゃっかん、おしゃれをしていきました。


 ところで、6月6日は長女の誕生日。次女は来月29日。三女が今月23日。単純に考えると、ちょっと違和感を感じるのではないでしょうか。


 次女と三女は年子なんですけど、だからというわけではないのですが次女が、「なんで、なんで」って最初の頃は首を傾げていました。


 さて、我が家の子供たちは、女の子でありながらちょっぴりパワフルな面が・・・。次女と三女の喧嘩はまさに格闘という感じ。


 肉弾戦ではないですけど、遣り合っています。三女はとにかくパワーで圧倒する感じ。次女はちょっかい出しては泣かされる展開に。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 レッドソックスが、松坂登板で逆転Vを達成した。


 これで、ロッキーズとのワールドシリーズが実現した。でもここで一言、MLBでのワールドシリーズってなんかピンとこないんですよね。なんか、米国のひとりよがりの独り言みたいで・・・。


 で、松坂登板で何とか5回まで持たせて岡島へ。でもなんかひやひやながらも松坂は5回まで投げきった。あとは、岡島が見事な火消しを6、7回とやってのけた。結果は11-2って、先日も12得点じゃなかったっけ。ここにきてのレッドソックスっておいおいの感がある。


 それにしても、ワールドシリーズに日本人選手が3人いるということは、なんかうれしい。


 レッドソックスには松坂と岡島が、ロッキーズには松井(稼)が。


 さらに同時期にベネズエラでは野茂が大リーグ再復帰へ始動した。いまの日本人がMLBで活躍できる背景にはパイオニア、野茂の存在も大きい。


 22日は、実に野球界にはうれしい出来事が満載だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、仕事で都営浅草線を使って帰宅することを考えていたのだが、途中で自転車でJRに乗ったことに気づき、あわてて浅草線の浅草橋駅で降りた。


 実は、この駅、エスカレーターが上下設置されていて地上まで実にスムーズにいける。しかし、JRへの乗換えでJR側の浅草橋駅に行くとなると階段で行かないといけない。


 お年寄りが、よっこらせと上る姿は見ていて気の毒に思った。それにこの浅草橋駅、エスカレーターもなければ、エレベーターもない。実に不便だ。


 ましてや、秋葉原方面へのホームに行くには、数段の階段を下りて、そして再び同じくらいの段数を上る。


 こういう構造の駅がJRに多いような気がする。何度も言うが、実に優しくないなんでこんなにあがったりさがったりがスムーズに行かないのが多すぎる。


 時々、意味のない階段やエスカレーターの設置場所が多い。普通の人でも大変だ。もう少し、駅の構造を考えてほしいと思った。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本代表vsエジプト代表、4-1で快勝。


 今年、最後の国際代表戦で4得点を挙げて快勝は久々ではないか。それにしても、待ってました!!大久保の2発、前田の1発。そして、加地の1発。通算4発。


 まあ、前田が前後半に失敗したのを加えたら6得点はありえたかも。


 いやー、それにしても相手もボールは回ったが日本も回った回った。テンポもよかった。時々、ヒヤッとする場面もあったが、試合内容としては今年の中では最高レベルになるのではないだろうか。


 ただ、やはり1失点は痛い。完全に突破されての1失点なら、致し方ない、ところがあるが、あの失点のシーンはどこか集中力が欠けていた。それが悔やまれる。


 あと、エジプトはよく日本陣営に果敢に攻め込んできた。しかし、どこの強豪国も頭を抱える、引かれた相手にこういった攻撃ができるかというとそうはいかないだろう。


 またぞろ、某評論家はいちゃもんつけることは間違いないだろう。私の独断と偏見から言わせてもらえば、内容的には非常に満足したものだ。またよく某評論家がいうFWの得点も3得点と十分なものだ。


 しかし、反省する点として決定的な場面での決定力の向上と大量得点での意味のない失点。例えば、集中力の欠けた守備とミスがこの試合では目だった。ヒヤッとする場面も何度かあった。これらを反省材料に来年に備えるべきだろう。


 さて、その一方で、五輪代表がカタールに遠征し1-2の惜敗を演じた。この代表が抱えるきめ切れない体質が前面に出たような試合だったといえるだろう。そもそも、あれだけ攻め続けて点が取れなきゃ、こうなるでしょの見本を見せられた試合だった。


 心配していたものがでたような感じだ。はっきりいってしまえば、この世代は、もう敗戦してもらったほうが成長が早いと思う。やや暴走気味の試合運びは本当にイライラさせられる。


 この敗戦で北京五輪出場は、黄色信号から赤信号になったと思う。最後は結局カタール、サウジについで3位くらいで終わるのではないかと。


 監督のせいもあるが、やはり選手の問題でもある。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。