独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 あーあ、というか正直、今の時代、かわいがりという行為は時代遅れだと思っている私としては、おきるべくしておきた事件と思った。


 ただ、大相撲の部屋数は数十ある。時津風部屋のような事件はまれだと思うが、兄弟子たちの暴行はある程度予想できる。


 時津風部屋は、かの双葉山が率いていた部屋で、伝統ある部屋である。この期に民放各社は、相撲部屋にまつわる様々なものを暴露しようとしている。(でも、結局は視聴率が取れなくなると、ポィと捨ててしまう。そして、その後は知らん振り。自分たちがやったことに関しては反省も総括もなし、投げっぱなし)


 だいたい、逃げたやつのインタビューは、被害者側の感情も加わっていることからあまり信用は出来ない。あおるための行為には役立つが・・・。


 日本の伝統的指導のひとつとして、今回のかわいがりなどの行為が行われる。一歩間違えればいじめにも当たる行為だ。


 しかし、時がながれもはや、それではついてこない時代になった。時にほめ、時に突き放す欧米型指導に各競技とも変わってきている。つまり、褒めて成長させ、それを持続させることがより重要となってきている。


 かわいがりは、恐怖心だけを植えつけるだけで、思い切った挑戦は出来ない。それが、とにかく日本人を小さくさせている。


 それにしても、またしても相撲協会の北の海理事長は、知らん顔を通す気でいる。


 名横綱、名指導者にはなりえずを、地で行くような感じだ。じつは、北の海理事長の運営方針については昔から疑問視されていた。


 角界に14,5歳ころから入っているひとにはほとんど世間を知らない。運営方針もなんともはやだ。


 一事が万事、何事も理事長のわがままで決まってしまうことも大有りなのだ。これでは、大相撲は良くならない。もっともっと、自己研磨に励むしかないのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ついに、ついに、あのお荷物球団といわれた浦和が来たー!!。ベスト4進出。


 アジアチャンピオンズリーグ、浦和レッズ対全北現代戦。予想通り、激しい試合となったが、もともとボディコンタクトの激しさは定評のあるKリーグチーム。そのなかでも、激情型タックルを得意とする全北だけに怪我が心配だった。


 しかし、2-0での勝利。ホームでも2-1で勝っていることから合計得点4-1。アウェーゴール方式の合計でも6-2という感じか。


 韓国の新聞はよっぽど悔しかったのか、不可解な判定とのたまわっていたが、テレビで見る限り、全部イエローカードものばかり。全北は、先制されたあと、あせっているのか不用意なファウルを繰り返していた。後ろからのタックルが非常に多かった。


 さすがは激情型といわれるだけのチームだ。つまり、いちど感情に火がつくと収まりきらない。精神的な整理がつかないのだ。


 そして、ついにチョン・ギョンホが退場になった。彼は、試合開始直後から、何かにとりつかれたように猛然と突っ込み再三危険なプレーを行っていた。主審が、イエローカード2枚出したのは、あきらかに浦和の選手にとっては、大きな怪我を助長するような行為であることが分かったために退場処分にしたのではないだろうか。


 ついでに言わせてもらえれば、あわやPKかと思われたシーンで全北選手のシュミレーションを採られた。これも、それまでの全北選手が行ってきた行為が、非常に陰湿で執拗、そして見苦しいものだったがために浦和有利の判定になったのではないだろうか。


 とにかく浦和は、第一関門を突破し、第二次関門に到着。そして、これを見事に破った。次は韓国Kリーグを引っ張る城南一和との対戦。タックルは、全北と変わらないが、陰湿さはない。


 浦和には、このまま突っ走ってほしい。と願うこのごろだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 それにしても、なんで批判すんのかな~。大体、安倍改造内閣が発足して2週間もたたず、ましてや所信表明演説をして数日もしないうちに首相が辞任する緊急事態。さらに麻生幹事長が、その混乱を収拾するために1週間という期間で後任首相を決めようとして、党内から反発を買い、結局、総裁選を行うことで決着した。


 しかし、その空白期間に国民の多額の税金が使われ、空白の期間が生まれた。政治的空白期間だ。


 私の独断と偏見の意見からすれば、多額の税金が使われ、さらに政治的空白期間が生まれるなら、麻生前幹事長の判断は正しいと言える。そもそも、緊急事態にも関わらず悠長にも総裁選などをやること事態、非常にナンセンスな感じもする。さらに、閣僚の再任、横滑りなどは当然だと思う。だいたい、国家の危急存亡のときに悠長に、全閣僚をとっかえる必要がどこにある。


 それを代わり映えのしない内閣などと批判している連中がいる。だいたい、こんなことで閣僚を全とっかえしていたら、時間の無駄だし、混乱を引き起こすだけだ。さらに一部の“権力的無能”官僚達をのさばらすだけで意味がない。


 さらに今回の内閣について、野党は相変わらずの定番の批判。もっとましなウィットに富んだ批判はできないのだろうか。


 それに、社民党と共産党の党首はもうテレビには出てくるなといいたい。


 そもそも、先の参院選で自民以上に大敗したくせに、党首は変わらないし反省もない。とくに社民の福島瑞穂党首は、即刻、党首を辞めるべきだ。非常に目障りだ。


 共産党も同じだ。そもそも、自民党総裁選の論評や批判をするな。


 自分達のことは棚に上げ内閣や党のことを批判する資格はない。資格すらないのが、本当のところだろう。


 新聞もテレビも、二人が党首でいる限り、映す必要はないと思う。民主と国民新党くらいで充分だ。


もう一度言う、社民と共産の党首は即刻、党首を辞任しろ!!。それが、できないなら解党せよ!!だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、フジの特ダネ!!のなかで、福田総裁・首相に願うことで、鳥取県のある農家の声を流していた。それを聞いたとき、「あ~、なんてこの国のひとは、国家よりも所詮、自分さえよければいいという考えの人が多いのか」と思ってしまった。その発言とは「昔の自民党に戻ってほしい」というものだ。


 韓国人の妻でさえ呆れていた。妻曰く「国が無くなったら、そんなこといえないのに・・・・」と。


 総裁選の結果は、やはり福田氏の圧勝?という形に落ち着きました。


 私の独断と偏見の見方からすれば、今回の総裁選は、はじめから仕組まれていた選挙であり、それを仕掛けたのは当初言われていた麻生ではなく、古賀誠元幹事長ではないかと。その証拠は、はっきり言ってありません。しかし、党三役人事のなかで古賀氏が、本来3役のなかのひとつを担当するのではといわれていたが、結局、選対のリーダーに自分から申し入れて、ついたという。そして、党四役という感じになった。


 谷垣、加藤、古賀が暗躍したことはうかがい知れる。そして、その背後には中国の影も無いともいえない。ただ、安倍首相いやもう前首相か、完全ないじめにあったというしかないだろう。官僚からのいじめ、自民党内からの実力者からのいじめ。閣内からのいじめ、安倍さんは、当選回数も少なく、経験もない。心から相談できる人物はそうはいない。というわけで、孤立無援で蚊帳の外。


 ある種、はめられたという感じもしないでもない。


 福田総裁で古賀氏の選対リーダー就任。まずもって、なんかここが胡散臭く感じる。私は、ここでいやーな感覚に襲われた。もし、衆院選になったとき自民党はこれまでにないほど民主党に完膚なきまでに叩きのめされ、現在の議員数の半数を無くすのではないかという不安に襲われたのだ。


 国民は、どちらかといえば、福田さんよりも麻生さんを待望していた。とくに年代的に言えば、20代~40代あたりまで満遍なくという感じで麻生さんに人気があった。勢いも。


 しかし、福田さんには、若年層よりも中年から年配層に渡っての支持がつよい。


 その印象を強くしたのは、福田さんが総裁戦で勝ち、地元が映し出されたときだ。テレビの前に座っていたのはなんと高齢者ばかり、若者が映っているシーンは何一つ存在しなかったように思える。


 で、地方の発言権の大半を占め、若者の意見を退けてしまうのは、彼らのような年配者たちの声だ。場合によっては老害ともいえるような実力者の存在も見逃せない。


 一方、都市部ではそういうものもないとはいえないが、若い人の意見を汲み取ろうという広い心がある。


 私が思うのは、地方は地方でしっかりと自分達のよさを見つめ直し、それを産業に結びつけるという努力をすべで気だろう。


 私がいい例だと思うのは、宮崎の東国原知事の政策が実に国に頼らずにいかに努力し、アイデアを出していくか、日々努力している姿にあるだろう。これを怠っているところは、まさに落ちるだけだ。


 地方の保守層が、自民党の足をひっぱり、ひいては国家財政を奈落の底に導いているとしか思えない。今回の総裁選で見えてきたのは、はっきりとしている。


 つまり、地方の有権者が、自分達の利益と生活しか考えている限り、国家財政の破綻は目に見えている。


 もし、国(国家行政)に対して資金をもらたいというならば、これまでのバラまきを願うのではなく、きちんとした計画性のある資金の調達を目指すべきだ。


 変化を望んでいるのは地方とて同じ。しかし、それを握りつぶしているのが若者ではなく、年配者にあったのではたまらない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日から(本当は土曜日)ゲームショウが幕張メッセで始まった。


 今日と明日は、ビジネスデーということでそんなに人はいませんでした。


 ただそこで、面白い話を聞いてきました。


 ゲームをeスポーツとして国際的な舞台に参加しようという取り組みが進められているとのことです。そんな準備委員会というのが今年の6月に設立されたようです。


 ちょっと担当者に話を聞いたら、韓国では12万人を動員する国際的な大会まであるそうで、欧米などでは盛んだそうです。


 話によると日本では、暴力的ゲームは排除し、スポーツ系を重視したものにしていくということです。


 簡単なはなし、将棋や囲碁、チェスといった知的スポーツといわれる類と同じものとの考えです。ちなみに今年の7月、このeスポーツがアジアオリンピック評議会で室内競技として認められたとのことです。


 日本国内ではネガティブな思考が大半な流れですが、世界はすでにある種、スポーツ大会としての位置づけになってきているとのことです。


 日本の常識、世界の非常識???。という感じなのでしょうか。


 日本eスポーツ協会設立準備委員会のホームページはhttp://www.japan-e-s-a.jp  に詳しく書いてあるそうです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 政治家は福田を好み、庶民は麻生を好む。


 さて、約5年前?のような現象が起こるだろうか。小泉元首相が街頭演説に出ると圧倒的に小泉の声が大きかった。それといまの麻生を比べるとなんかにてないでもない。


 政治的状況は、あの時と幾分似ているといっていいかもしれない。さて問題は、小泉元首相のときよりかは、熱狂振りはない。ある種、冷静で静かな動向を感じる。


 私個人の考えでは、福田よりも麻生のほうが対外的にも非常に分かりやすいのではないか。福田の場合は首相の器というものを感じない。やさしさの裏にずるがしこさがあるようでなんか信用できない。拉致問題もなんかうやむやでおわりそうな感じだし、これまで拉致問題を担当してきた人を軒並み外しそうだし。どうも、マイナスイメージしか浮かばない。


 政治的裏工作みたいなのが好きなタイプかな・・・。


 麻生のイメージは、口はべらんめぇ、だが、まっすぐな感じを受けるし、なんか正直すぎるのではと思うところもある。ただ、言うべきことは、言ってその後は何とかする。という感じで、海外の交渉という点では、福田よりも押せるのではないだろうか。


 ところで、ちゃらんぽらん議員の杉村参院議員が、いまの福田氏の流れに対して不満をもっているようで、一言言って会議を早退(まあ、欠席に近い)してしまったようです。


 正直、あの杉村議員がはっきり反抗したのは、ん~、なんとも。個人としては評価したい気もあるが。


 確かに、福田氏の流れは、かつての自民党を彷彿とさせて気分が悪くなるのもわかる。


 私個人としては、麻生よりも福田のほうが腹黒い感じがしてなんか、いやな感じなんですよね。よくいう、肌が合わない。なんか胡散臭い感じがして。そう、あのなんともいえない笑いが気持ちが悪く、正直信用がおけないのだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日、ブラジルで行われていた世界柔道。


 日本は金3 銀2 銅4という結果になった。総合成績で見れば日本は1位を確保したが、金の3つに関しては、無差別の棟田、女子無差別の塚田、そして田村の三人というものだ。


 深刻なのは男子。鈴木と井上のダブル看板が軒並みメダルに届かなかった。とにかく棟田まで、金メダルはなかった。


 東洋と西洋の価値観が違うように柔道の捉え方も違うようだ。東洋はどこか精神世界のようなところを重視し、きちんとした体勢での技の掛け合いで勝負をつけたいという思惑がある。


 しかし、西洋は、どこかとにかく勝てばいい、という感覚にあり、返し技や逃げながらの掛け技などで勝負をつけようとしている。また、力技で強引に引き倒し、何が何でも、相手をそのまま背中をつけさせるというレスリングまがいの柔道を展開する。


 なんか、柔術とレスリングを併せ持ったような戦い方をする。


 わざと欧州流の礼儀を当てはめようとしているとしか、考えらない。


 柔道→JUDOUというスポーツに変貌してしまう、そんな気がしてならなかった世界柔道だった。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いよいよ、自民党総裁選がスタートした。


 事実上今日から、23日までの期間。


 麻生・幹事長と福田・元官房長官の一騎打ちの様相だ。


 ここで、私の独断と偏見の意見を言いたいと思います。まあ、当たらないと思いますが。


 ちょっとしたシュミレーションをしてみました。


 いま、有利な立場にある福田元官房長官。民主党としては嫌な相手が来たと思っているが、確かに小沢との論戦となったらそれなりに戦えるだろうと思う。しかし、衆院選となった場合、自民党記録的大惨敗を喫するのではないかと思うのだ。


 つまり、あの冷静沈着さが、逆に冷徹さという印象を有権者に植え付けてしまうのではないかと・・・・。福田・元官房長官は、すこぶる拉致家族の人々には非常にが5つくらいつくほど評判が悪い。それが、イメージ戦略に影響が出ないとも限らない。さらに、結局のところ旧型の自民政治に戻るのではないか、改革が改革にならず、元の木阿弥になるのではないかと。官僚主導政治の復活などだ。


 一方で麻生・幹事長の場合は、これまでの選挙とは一風変わったものになる可能性がある。つまり、秋葉原のオタク票といわれる若者層が投票に行くのではないかと思う。オタクといわれる人の中で選挙権を持つ人はこれまで、ほとんど投票に行っていない、行ったことがない有権者の比率が非常に高い分野だ。


 小沢代表との論戦では、敗北を味わうかもしれないが、衆院選となった場合、この無党派層のなかの更なる無党派層のオタクたちが大挙して投票行動を起こした場合、どうなるか未知数だ。


 麻生・幹事長はオタクの世界では有名な人物。それだけに大きな流れになる可能性はある。さらに、デジタルコンテンツ産業(漫画、ゲームなど)に早くから着眼した政治家でもある。


 一方、福田にはそういうのがない。安定している分、魅力も面白みも何にもない人。ある種、庶民的ではない雰囲気があることがマイナスか。


 それにしても、福田vs麻生の一騎打ちは政策論争をするうえで非常に興味深いものになると思うのだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 総裁選の期日が決まったようだ。今月の23日という。当初は19日という方針だったが、自民党員の話を聞いてから決めるべきだなどの声で、ずれたようだ。


 結局のところ、麻生太郎・自民党幹事長と福田康夫・元官房長官の決戦になりそうだ。いずれも毛並みはいい。麻生の祖父はあのワンマン宰相の故吉田茂・元首相。福田は、いわずと知れた福田赳夫・元首相。


 さて、政局ということを考えると民主党の小沢代表と渡り合えるのは、福田がいい。しかし、衆院選を考えると麻生の方がいい。


 ・・・・と考えしまう。外交という点でも、じゃっかん違う。強硬派と穏健派である。麻生は、北朝鮮や中国に対しては強硬姿勢で言うべきときは言うという方針だ。しかし、福田は、北朝鮮と中国には穏健に接し妥協点を探るという方針だ。


 改革派という点では麻生だろう。そして、その逆が福田という図式にもなる。福田になれば、旧自民型の政治的色合いが濃くなるのは仕方がないと感じる。


 ただ、ここで見えてくるのは小泉元首相のときに自民の核が壊された。ある種戦国時代の織田信長のようであり、安倍首相は豊臣秀吉か。まあ、晩年の秀吉は、失政に継ぐ失政が相次いだ。朝鮮出兵もそのひとつだし、秀次の事件も結局はあやふやのままだったし。最後は秀頼を「おねげーしますだ」と天下人にあるまじき姿になってしまった。安倍首相もそんなところか。


 で、最後に笑ったのが徳川家康。福田ということになるのか・・・・。


 米国もさることながら、中国、韓国も固唾を呑んでいる。どう転ぶのか・・・分からないのが日本の政治だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
安倍総理辞任「けじめつけねば」と発言 厳しい世論
 安倍晋三総理が12日午後2時頃から始まった記者会見で辞意を発表した。安倍総理は「テロとの戦いを継続させるにおいて、私はどうするべきか。局面を転換しなければならない。.......... ≪続きを読む≫


 なんで、この次期に辞めるのか、無責任ではないのか・・・・。


 という声を方々で聞く。確かにそうだ。粘って粘って刀折れ、矢がつきて、辞任というならまだしもだ。


 故岸信介は、安保闘争のとき断固とした決意で、法案を通し、辞任した。これくらいの度胸があってもよさそうなものだが・・・。


 安倍首相については、人があまりにも良すぎた。という声だ。気を使いすぎて自滅した。精神的に弱い、弱かったという声もある。このままいけば、鬱になり松岡元農水大臣の二の舞になるではないか、との声もあったという。


 ただ、プッツンと切れてもしょうがないのかなと。まあ、一国の首相になったのだからそれは禁物かと思うのだが、あまりにも自分がやりたいことができなかったし、誰も取り上げてくれなかったし関心も示してくれなかった。その要因は、マスコミ(ここではテレビ朝日)事態が、揚げ足をとるようなことばかりしてきた。


 さらに、テレビ朝日などに代表されるようにワイドショーを中心におちゃらけコメンテーターなどが、安倍首相が掲げた「美しい国」を小ばかにするような態度がよく見られた。


 昔に戻るとか、散々ぱっら馬鹿にしていた。しかし、そういう人に聞きたいのがこれからの日本ってどう、あるべきなのか。結局、行き詰るところ、自分が好き勝手に生きられるような国が一番いい。というものだ。世界的に見てもこんな国民はいないだろう。


 自分さえよければいいという感覚の国民は・・・。


 日本人の性格上、他人のことよりも自分のことが先。良くドラマの台詞で「他人のことよりも自分のことを心配しなさい」というもの。これが、日本人の気質をよく表わしている。しかし、自分のこともさることながら他人のことを思いやる心が先なのが、欧米では当たり前だ。


 日本には、募金文化はあるが、寄付文化が成り立っていない。寄付とは、もうけたお金を、社会的に還元すること。例えば、あのビルゲイツが、ポンと数百億というお金を慈善事業に寄付するという行為だ。


 だが、日本人でそういう人がいるだろうか。ホリエモンにしても村上にしても誰一人として慈善事業にポンと億単位の金額を慈善事業に寄付したという話は聞かない。


 寄付という行為に対して、日本人はどこか、評価するどころか「バッかじゃね~の」という冷笑が込められている。


 首相就任直後は、勇ましく「美しい国」と高らかに掲げた。しかし、結局は、だめになってしまった。年金問題、事務所費問題などなど。自分がやりたい政策に取り組もうとした矢先に問題が起こる。そして、人柄か切ることができない。そのまま、ズルズルと、という感じだ。誰も話を聞いてくれない。言いたいことがいえない。言ったとしても意味のない質問ばかり・・・・。これほどまでに運のなかった首相はいなかったのではないか。


 さて、安倍首相は辞任を表明し、首相の座を降りた。しかし、世界は動いているし、世界も動いている。留まるわけにはいかない。


 次期総裁(首相)に麻生さんや福田さんなどの名が挙がっている。だが、テロ特措法などの問題などもあり、麻生総裁(首相)でいいのではないだろうか。確かに、安倍さんと動きをともにしたことをとがめられているが、これからの政局や国際政治などの観点から見れば改めて内閣を作るよりかは、いまの内閣をそのままに運営し、衆院選を迎えたほうがいいと思う。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。