独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:
就職活動で続く学歴差別「慶応と一橋を取れ」の声も
 今回は「学歴差別」の実態についてレポートしよう.......... ≪続きを読む≫


 ちょっと、こんな記事があったので・・・・。


 いま、日本の経済は確かに上向いている。しかし、その就職活動のなかで学歴差別がいまだに残っているという。これは、非常に由々しき事態だ。


 戦前と戦後直後から1960年くらいまでの大学生は、ノブレスオブリージェ(ジュ?←ちょっと言い方が分からないけど)があり、東大、慶応、早稲田などは非常に高いレベルにあったと思う。しかし、60年安保を境に、学生のレベルが極端に下がってきている。


 上記のレポートのなかにあるようなことが、本当にあるとすれば、これからの日本経済は暗雲が立ち込める。下手すれば、発展途上国にまで落ちる可能性がある。


 そもそも、いまの大学生の大半は、大手企業に就職しても使い物にはならない。つまり、親からの世間体などでなんとなあ~く大手企業に就職した人が多いからだ。その顕著な例が、バブル期に入社した連中だ。3kといって「きつい、きたない、きけん」というところを安易に回避し、大手企業に就職してきた連中だ。


 そもそも、上記のようなレポートのなかにあるような企業を生み出している背景には、中小企業を軽視した大学側の就職活動にあると思う。だから、企業の不祥事があっても迅速な対応が出来ない。


 確かに優秀な人材はいる。しかし、それは10パーセントにも満たないだろう。とくに一流といわれている大学にはステータス気分でしか考えていない連中も多い。


 私の独断と偏見で言わしてもらえれば、「東大生よ、いまこそ零細・中小企業へ行って起業せよ」と言いたい。日本の大企業は中小零細の苦労のもとで成り立っている。しかし、いまそれを捨てようとしている。いや捨てている。これは、日本の経済の根幹を壊しているのと一緒だ。


 もし、このまま零細中小企業を冷遇するようなら、日本は完全に発展途上国以下になってしまうだろう。あと、高校生や専門学校生を上場企業に就職させることを勧めたい。働く意欲、という点では、いまどきの大学生よりは数十倍ある。変な、特別待遇意識なんていうのもない。コツコツと基本からきっちりと学ぶ意欲もある。水を吸うスポンジの如く吸収していく。


 確かに、大学生は大手企業で働くだけのものは備えていよう。即戦力としても使えよう。しかし、その中身はないに等しい。高校生、専門学校生などはしっかりと働こうという意欲は強い。


 ニートというのは、そもそも上記のような企業が作り出したものともいえる。上記のようなやりかたをするような企業があるとすれば、その企業はニートを生み出す根拠を小さいながらも作っているということになる。


 このまま、大手企業が大学生のみを採用するなら間違いなく、日本経済は崩壊するだろう。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ついに、近場の保育園に3人の娘達が4月から入園することになりました。v(^-^)v


 長女は、いま5歳ですが実にここにいたるまで、5度の転園を経験しました。


 はじめは、二女の誕生で、キリスト教系の私立保育園へ。わずか、数日で、今度は渋谷の保育園へ。緊急一時保育園だったので、数ヵ月後に退園。しばらく、自宅待機の後、幼稚園へ。さらにいまの保育園に転園し、ようやく4月から近場の私立の保育園に入園することになりました。


 次に二女。二女は、1年ほど自宅待機の後、あっさりといまの保育園に決まりました。三女は、最初、錦糸町駅からしばらくあるいたところの保育園に、そして、いまの保育園に転園。そして、今回近場の公立の保育園に決定。ということで、3度目。


 決まるときは、あっさり決まるもので、決まらないときは決まらないなあと・・・。


 ところで、本心を言うとちょっと、複雑。なぜかというと、決まった保育園は、昨年開園したばかりの新しい保育園。で、開園するまですったもんだあった保育園。さらに園庭がない保育園でもあり、さまざまに取りざたされた保育園だった。


 だから、実際どんなものか、不安でいっぱい。妻も「ふくざつだな~」とこぼしていた。


 とはいえ、とにもかくにも近場の保育園へ、転園できることに内心、ホッとしている。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 土曜日、テレビで浦和vsG大阪のゼロックススーパーカップを子供たちと見てました。←例の如く、子守りです。


 試合は、ご存知のように0-4という内容でG大阪が勝ちました。なんか、宮本が抜けて、4バックになったおかげで守備が安定したような。まあ、シジクレイがいるということも大きいんじゃないかな。彼が、いるのといないのとでは大きな差がある。


 その点、4失点はしたけど、浦和の場合、闘莉王が抜けてもそれなりに機能できる。


 さて、この結果を見て、G大阪はJを制することが出来るか・・・・。独断と偏見の答え、否。 

 結論から言えば、G大阪が優勝できる確率は30パーセントだろう。これまでのゼロックスを見ている限り、なかなか難しい。


 浦和は別としても、大抵は失速している。よく、今シーズンのJリーグを占う一戦とマスコミは言っているが、ある意味、当たってはいる。ここで、勝ったチームの大半は、失速していること


 浦和は、これからアジアを軸にした戦いを展開することになる。となると、はじめから飛ばす必要はない。逆に言えば、ここで大敗すれば修正もきくし、問題点もはっきりする。三都主が抜けたいま、新戦力となった阿部の力量が試されている時期でもある。


 ただ、心配なのはかつての東京Vが陥ったワシントン頼みになりはしないかという不安だ。ワシントンへのつなぎでカットされまくっていた。それが、一抹の不安材料でもある。


 G大阪の攻撃は完璧だった。これ以上ないものだった。だからこそ、シーズンに入ったとき失速するのではないかという不安がある。マグノアウベスが今シーズンも得点王争いを展開しそうな勢いがあったが、播戸など彼を取り巻く環境が整わなかったとき完全にG大阪は優勝戦線から脱落することは間違いない。


 3月3日のJリーグが開幕する。浦和はなんと横浜FCと対戦する。J1王者とJ2王者の激突。ワシントンvs久保、カズが見られるかも。

 
 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ついに私も花粉症に・・・・・。


 この間、耳鼻科に行ってそういわれてしまいました。


 「はなだから、目も痒くないし花粉症ではないと」と私。「いいえ、そんなことありませんよ、種類はいろいろあるんで」と医者。そういうことで花粉症ということに。


 それに風邪もひいていたな、なんていわれたら、「鼻の粘膜、結構やられていますね」と一言。


 アレルギー性鼻炎が多少あったので、その影響かなとも。


 ああ、それにしてもショックだなぁ~。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 北朝鮮に対する姿勢は、毅然としていたほうがいい。これまでの日本政府は、どうも腰砕けだったような気がする。


 この要因は、日中国交正常化条約にまでさかのぼるのではないか、と思えるのだ。


 実際、条約が結ばれる前から拉致問題は浮上していたし、話題になっていた。「神隠し」的な言い方で世間を騒がせていた。しかし、案外、北朝鮮に対する問題について日本と中国政府の中で話し合われたことは多少あったのではないだろうか。


 朝鮮戦争から、10年以上は立っているとはいえ、同じ共産国家同士、ある種、同盟国家として北朝鮮との関係は深かったはず。ただ、中国の配慮があったのかなかったのかはべつとして、なんとなくうやむやになり、「触れないでおこう」みたいな雰囲気はあったのではないだろうか。


 これは、すべて憶測なのだがなんかそんな気がしてならない。


 中国、日本、韓国、ロシア、北朝鮮、米国の6カ国協議が終わって、その発表された合意案には、異論が多く出ている。まあ、だいたい北朝鮮のことだからしばらくたって、ほとぼりが冷めればまたごり押し外交に出てくることは目に見えている。


 北朝鮮がもっとも恐れるのは、世界全体から無視されることだ。孤立ではなく無視 されることが一番苦痛なのだ。


 無視すればするほど、意気消沈していく。


 相手にするからどんどんエスカレートしてくる。こういうやからには、徹底的な無視を決め込むことがいい。


 もし、会談の席で北朝鮮の外交官が怒って「もう、このテーブルの席には着かない」といったら「どうぞ、ご自由に、うちらもあなた達とこれ以上やっている時間はない、他にもあるのでね」といって席を立てばいい。


 北朝鮮が何をしても無視することが非常に効果的でもある。結局、なんだかんだ言って、北朝鮮は米国などに擦り寄って「ね~ぇ、お願いだからぁ、会談を再開して、お願い。開いてくれたらぁ、約束守ってもいいよ」なんてなことを言いながら会談が始まるとコロッと手のひらを返してくる。


 これが、これまでの北朝鮮のやり方なのだ。


 一番いいのは、『無視』が北朝鮮の国力を弱める唯一の手段ではないだろうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
田原俊彦の人気凋落原因は「ビッグ発言」ではない
 1月24日に新曲『上海慕情』を発売した“マッチ”こと近藤真彦(42).......... ≪続きを読む≫


 いまをときめくジャニーズ事務所もかつては小さな事務所だった。あおい輝彦(水戸黄門・助さん役)や高橋元太郎(同じく水戸黄門のはちべい役)などがいた頃は、腰が低かったようだ。だが、だんだん所属するタレント達が売れ始めると一種の囲い込みに入り込んだ。

 つまり、事務所からの独立を許さない体質へと変貌していった。


 たの金トリオは、その典型的な本格的な犠牲者1号とでも言うのではないか。


 マッチこと近藤真彦は、すったもんだしたあげく事務所に所属したままタレント活動や俳優活動を続け、後輩達のある種、踏み台にされている。だが、他の二人と比べたら、幾分安定しているとは思う。なにせ、自分の趣味を大成させてしまっているのだから。


 トシちゃんこと田原俊彦は、完全独立をしたものの、事務所の横槍やら嫌がらせなどで、テレビ、CM界から干されてしまった。事務所が側からすれば、トシちゃんが頭を下げ、戻ってくれば問題なしとしている。ある種、芸能界の陰湿ないじめがトシちゃんを直撃したことになる。


 だが、一方で幸運なことにファンは、そんなことはお構い無しなので、ライブハウスでの活動では、しっかりと稼げるところまでになった。一種、一線から下野したことで自分の好きな歌やライブを思う存分楽しめているところまでにようやくなってきた。


 ヨッちゃんこと野村義男は、世界的なギタリストとしていまや世界中を飛び回っている。案外、パッとしなかった彼が、以外に稼いでいるのではないかと思う。ギタリストいわゆるロック系は、日本よりも海外の方が評価が高い。ギャラの面では国内より、下手すれば数十倍、数百倍の地位を確保できる。日本ではあんまり話題には上らないけど、世界的な超一流ロックギタリストと共演を果たしている。さらにその力量も彼らからは認めれている存在でもある。


 で、もっとも事務所の犠牲者となったのが光GENJIだろう。大沢みきお(漢字が??なのでごめんなさい)、諸星かつみ(彼も漢字が・・・)がもろに事務所の洗礼を受けた。他のメンバーもさんさんたる惨状に陥った。高島弟が主演した「ホテル」のベルボーイ役が印象に残る赤坂は、一旦、事務所から独立したものの、完全に干されつくし、にっちもさっちもいかないところで頭を下げて事務所に戻った。そのご褒美なのかは知らないが、この人気番組のベルボーイ役を射止めたという噂がある。だが、後付とはいえ、その信憑性がまったくないという根拠は存在しない。同じことは、他のメンバーにも起こったが、完全につまはじき状態に置かれ、そっぽを向かれた。


 諸星は、頭を下げるくらいならと単身渡米した。完全に事務所の力が及ばないところで役者を続けてたいと思っているようだ。


 ジャニーズ事務所で一番独立心が旺盛だったのがこの光GENJIと男闘呼組。しかし、ふたつのグループのその後は対照的だった。なぜか、メンバーのわがままぶりはつとに知られていた。だが、決定的に違うのはメンバーの解雇ということが、ひとつの大きな流れになった。つまり、光GNJIは自分から独立を願い出た。


 しかし、男闘呼組は、一部メンバーの薬物使用疑惑(本当かどうかは?高橋が当時の副社長へ反抗的態度をとったことから、副社長の解雇理由をあとから無理やり、付け焼刃的につけたとの噂も)からメンバーの解雇でバンドの活動が停止。その結果、メンバーの精神的な部分でのダメージが大きく岡本健一以外はすべて独立し、一定の成功を収めている。疑惑の張本人とされ解雇された、高橋和也は、NHK時代劇などに出演するなどコンスタントにテレビに出ている。前田耕陽もバラエティに顔を出すなど一定の出演は出来ている。

 その他のメンバーも自分の好きなように仕事が出来ている。つまり、事務所的には痛い腹を探られたくないところは、ふたをし、光GENJIのように純粋に独立したいというところには、完全に重石をかけ飼い殺しの状態にした。




 日本の芸能界がおかしくなったのは、この事務所というのが大きな障害になっていることは間違いない。そもそも、独立したからといって円満だろうが、そうじゃないだろうがそのことで、ひとりのタレントの活躍の場が奪われていいのかどうか。そこには、巨額な裏金が動いているとも聞く。


 テレビもほうかむりを決め込んでいる。ただ、週刊文春や新潮といった硬派の週刊誌は幾度かこの問題を取り上げている。が、いつの間にか消えてしまった。そこに巨額のマネーが動いていてもおかしくはない。


 日本の芸能界を健全化させるためには、まずはこの事務所の囲い込みの考えをやめたほうがいいのではないか。かつての映画業界は、この囲い込みの方法をとったことでテレビに出し抜かれ、衰退の一途を辿った。


 いま、個人事務所を立ち上げて活動するアイドルや芸能人が増えてきている。ある意味、いいことだと思う。大手事務所のつるの一声ですべてが決まるこの芸能界のおかしさ、滑稽さはますます日本の芸能界を駄目にする傾向にあると思う。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 安倍内閣、崩壊。


 こんなこと、そうそう滅多に起きはしないと思うけどいま安倍内閣がずたボロになれば、一番得するのは誰かを考えると・・・・。個人レベルではなく国家レベルでの話だが。


 やっぱり、北朝鮮と中国ではないかと・・・。いまの状況を考えると、一番ほくそえんでいるのは、北朝鮮ではないだろうか。安倍首相にとって北朝鮮問題は、支持率をアップさせるためには必要な国際問題だが、逆に失敗すれば、政権交代もありうる条項でもある。


 しかし、いまどこか安倍降ろし的な雰囲気が漂いはじめている。


 なにせ、先日、自殺しようとした女性を救おうとしてなくなった警察官の冥福を祈るために板橋警察署にやってきた首相が、故人の名前を間違える失態を演じた。


 たしかに、人の名前を間違えるのは場所が場所だけに失態ともいえる。だが、集まった報道陣からは、何の指摘もない。まさに「特ダネ!!、相手からドでかいものをもらった、イヒヒヒッ!!」というマスコミの薄汚い精神が垣間見えた。ワイドショーやニュース番組では何度も何度も流されていた。


 そこには、何も間違いを指摘しないで首相の声に耳を傾ける記者たちの光景が映し出されていた。


 「首相、名前は〇〇ですよ」という指摘くらい記者からあってもいいのではないか。それくらいの配慮はあってもおかしくないんじゃないの。


 なんか、この光景を見ていると揚げ足的な要素がぷんぷんする。


 マスコミや野党議員が揚げ足取り的な質問や攻撃に終始する光景を見ていると、これで北朝鮮や中国に足元を見られなけばいいなあと思う。


 北朝鮮や中国のいいようにあしらわれている背景にはこういうマスコミと政治家の関係があるのではないか。それも次元の低いところでのやり取りが。


 このままでは、北朝鮮と中国に影で笑われたままになるんじゃないの。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日保育園で、いわゆるお遊戯会というのか発表会というのがありました。


 長女と二女が、出てました。三女は、まだ赤ちゃんなので・・・・。


 保育園の保育士から「あんまり、目立たないように柱の影から見てください」と二女が出演する出し物の時の注意事項を言われたのですが・・・・。それをすると、演目自体見えん。゚(T^T)゚。


 それでも写真は何とか撮れた。


 長女は「おたまじゃくしの101ちゃん」。絵本のお話し。出演は、めだか。わずかひと台詞。それでも、すらすらと言えた様で・・・・。最後はみんなで台詞を・・・・。


 で、うちのかみさん。今日はスーパーの安売りだったので、朝から忙しくあわただしく仕事に行きました。あ~、なんか疲れた。この記事、なぜか会社で書いてます。


 ち~と、眠い・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 事の発端は当人の発言の問題なのだが・・・・・。やっぱり、いまの予算委員会を見ていると大人気ないいじめ、言葉狩り のような様相を呈してきた。


 私の独断と偏見から言わせれば、大臣の発言は、はっきり言ってしまえば、この際どうでもいい。一番肝心な、少子化問題で論戦を張ってもらいたい。


 昨日のニュースを見たが、民主党の中で少子化問題のスペシャリストといわれる小宮山議員は、大臣のことば尻ひとつひとつを取り上げて、攻撃していた。そもそもスペシャリストなのだから少子化問題で本質的な論戦を展開し、そして、大臣の誤りを正していくことが国会議員たる使命ではないのか。


 そもそも、菅代表代行がはっきり言ってしまえば、こんな人が代表代行で本当にいいのだろうかと思ってしまうような発言を堂々としていた。まさに選挙のためにこのまま大臣を日干しにしていく魂胆がみえみえだった。


 こんな民主党を見ていると、いろんな問題が噴出しているが、安倍内閣のほうがまだまともなように思える。経済や福祉といった不得意分野ではマイナスイメージになっているが、憲法や北朝鮮問題は一歩も引かない気概を持っている。それに比べると、菅代表代行は「もう終わりだな・・・・」「いい加減、政界から引っ込んで、息子に譲ったら」と思ってしまう。


 本当に政権交代をしたかったら、本気で、正面から議論を挑む決意をしてほしい。選挙のための揚げ足取り政策はやめてほしい。


 私は、菅を含め、旧社会党系の左派連中がいい加減、落選してもらったほうが民主党は本来の力を出せるのではないかと思えてならない。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 閣僚の不祥事などで、安倍内閣の支持率が落ちている。まあ、決定的だったのは柳沢大臣の「産む機械」発言なのだが・・・・。


 その関連で、愛知の知事選と北九州市の市長選で与党は大苦戦。愛知で辛勝、北九州で惨敗の憂き目を見た。で、その時、マスコミは宮崎県知事選を持ち出して、与党は負けたみたいなことを言っているが、そもそも、宮崎の場合は様相が違う。


 もし、野党対与党だけの選挙だったら投票率も低下し、なんら関心もなく通り過ぎただけだと思う。県民も関心もなくという感じだろう。知事選のきっかけとなった事件を見れば、結果的には与党が負ける公算が大きい。しかし、東国原氏の出馬で、少々様相が変化し、流れが変わったのだ。だいたい、宮崎を入れること事態ナンセンスだと思うのだ。


 それに民主党は、愛知と北九州の選挙で与党を追い詰めたと思っているようだが、はっきり言ってしまえば、これだけの追い風がありながら、結局2勝することが出来なかった。そのことを誰も、どこも分析しようとしない。愛知は与党圧勝のところを、なんとか僅差まで追い詰めた。それでよし、みたいな雰囲気がある。


 だいたい、そんな雰囲気の民主に国の政治の舵取りを任せてもいいのかどうか。なぜ、2勝出来なかったのか。どこが、足りなかったのかということを分析せずに終わらせる民主に国の舵取りを任せることには不安がある。それに個々の政策で、根本的に真逆の考えを持つ政治家がいるようでは、国政は混乱する。


 で、さっそく今日から予算委員会で柳沢大臣に対する様々な追求が始まった。首相にもその矛先が向いている。けど、民主はある一定のところで辞めないと今度は民主に矛先が向いてくるのではないか。


 柳沢大臣がひたすら追求に頭を下げ続け、首相もそれを繰り返す。この光景が、毎日テレビで流れる。民主が延々と追求を続けたら、それがいつしか国民の同情に変わってくるのではないか。ある種、いじめ になりはしないかと。


 ところで、これだけの閣僚の不祥事続いているなかで、予算審議が通ったあとに3月か4月頃に内閣改造があるのではないかと、囁かれている。つまり、そこで柳沢大臣はお役御免となり、新閣僚が発表される。


 まあ、安倍首相としては願ったりではないか。なぜなら、今の内閣は仲良し内閣または、論功行賞内閣といわれている。つまり、小泉、安倍を途中から支持した連中が論功行賞で、閣僚になったひとが多いからだ。


 で、組閣の時を振り返ってみれば、安倍首相が本当は閣僚に抜擢したい人が入れなかったことが早くから囁かれていた。つまり、青木幹雄氏の横槍で、ことごとくその案が握りつぶされたというのだ。本来思っていた人を入れることが出来ない。


 もし、安倍首相が3,4月ごろに内閣改造を行い、閣僚の顔ぶれががらりと変わったらある種、小泉以上の策士かもしれない。


 これだけ、閣僚の不祥事を起こさせ決断を長引かせ、表向き「職務を全うしてほしい」と言いながら、実はほくそえんでいた。自民党の重鎮達を黙らせるには、これが一番だ。案外、不祥事で困っているのは、安倍案に駄目だしをした連中ではないのか。この不祥事のおかけで、改造の理由がつき、自分が好きなような選考ができる。


 政界は、一寸先がヤミの世界。いったいなにが起こるかわからないのが、この世界だ。


 ただ、外交のことを考えると、北朝鮮、中国といったならず者国家に対しては早く、この混乱を収束させることが重要だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。