独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 正直、「あ~あ、言っちゃったー」という感じ。


 柳沢大臣は、前も議員時代になんかバラエティ番組に出演したとき、こんなことを言って、周りから茶化されていたような・・・・。とは言ってもねぇ、大臣になった以上これは、例えがどうであれ、言っちゃけないんじゃないの・・・・・。


 ただ、海外じゃ、この手の発言は、即大臣辞任と議員辞職というところまで行くし、結局、柳沢大臣は辞めざるを得ないんじゃないのかなあ。


 その関連で気になったのは、女性議員の行動。まあ、こういった一件は、女性達が大騒ぎするものだが、やっぱり異常と思えるのが社民党と共産党の議員。なんか必要以上に騒いでないかいという感じ。


 特に、社民の福島瑞穂党首や辻元清美を中心とした一派は、ここぞとばかりに強行発言を繰り返している。あ~あ、なんともはや。


 まあ、福島や辻元は、男性と女性の性差を否定するジェンダーフリーの伝道者である。だから、まあ、諸悪の根源はすべて男性にあるからして、男性の女性蔑視はゆるすまじき行為だ、というのが連中の言い分。つまり、女性蔑視は許せないけど、男性蔑視は徹底的にやるべし、男が女の前で土下座をするまで徹底抗戦だ!!というのがジェンダーフリーの考え方。福島や辻元が、自民の女性達と比べて、非常に陰険で、えらそうにする姿は見るに耐えない。というより、浮いている。


 ただ、安倍総理の任命責任を問う声が、高まっているが、行き着く先、安倍降ろしの向きもなくはない。しかし、安倍総理がいなくなって一番喜ぶのは、北朝鮮と中国じゃないかな。それ、日本のマスコミと政治家は知っているのかなあ。そもそも、一番いなくなってほしいと思っているのが安倍総理だし、これまでの総理大臣と違ってきっちりと北朝鮮に対して意見をいう首相は、小泉首相と安倍さんしかいない。


 しかし、今回は安倍首相にとっては苦しい舵取りが迫らそうだ。 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「あるある大辞典2」の捏造番組に対するテレビ局の批判が相次いでいる。関西テレビ=フジテレビに対する、TBS、日本テレビ、テレビ朝日、などではワイドショーやニュース番組で連日報道されているが、特にテレビ朝日の報道には頭が来る。


 そもそも、このテレビ局に「あるある~」を批判できる立場かどうか・・・・。


 たしか、このテレビ局、報道ステーションの前にあったニュースステーションでかいわれ大根をめぐる、風評捏造報道で裁判沙汰になった局であり、結局、非はテレビ局側に明確にあるにもかかわらず、そ知らぬ顔を通した極悪非道のテレビ局だ。


 そんなテレビ局が、ワイドショーやニュースで「あるある~」を批判している。まさに本末転倒の話だ。


 真摯に謝罪したところも見たことない。そもそもテレビ局は「もうかれば、なんでもいい」「今回のはたまたま、運が悪かった」程度しか見ていないのだ。


 とくに俗悪、極悪といわれるお笑い系をつかったバラティ番組は、いじめの誘発や社会風土の退廃を招く根源であり、それを先導しているのはまさにテレビ局なのだ。


 テレビ局の横暴話は、一般に事欠かない。それに「あるある~」の捏造体質は、日本の番組作りにおけるもっとも悪いところを白日のもとにさらしたといえる。


 そもそも、テレビ局の番組制作は典型的な体育会系で、先輩が白いものを黒と言えば、下の連中は黒、というしかない。それに、いじめの体質が常日頃からある。それが、そのまま転化された形だ。


 例えば、人気シリーズで穴があけば、その日を担当した製作会社は、その日を境に各テレビ局からの制作がまったくこなくなる。それが怖いために、必死になって捏造する。つまり、本当に何もなかった場合、それを正直に上に上げたら、「バカやロー、何もないじゃ済まされないんじゃ~!!。捏造でも何でもいい、番組に穴をあけるわけにはいかなねぇんだよー」と部下達に怒鳴り散らす。それと同じような関係が日本テレワークとその下請け、さらに関西テレビと日本テレワークの関係として出てくる。


 一番とばっちりを受けるのは、ADたちだ。世界でも類例を見ない、ハードな仕事をしてもすずめの涙くらいの給料しか出ない。さらに年功序列と来ている。能力がないのに、テレビ局の上層部におべっかを使う連中はとんとん拍子に出世する。そういう連中は、裏金や使途不明金などたくさん使っている。


 ようは、こういったバラエティ番組の連中は、常日頃から捏造と隣り合わせにいるのだ。


 テレビを疑え、とはよくいったもので、はっきり言ってしまえば民放は番組の80パーセント近くが捏造なのだ。そもそも、民放にとっては面白くなければ広告収入がないわけだから、せっせと面白いように手心を加えている。違反にならないような、小さな捏造は年がら年中やっている。


 だから報道にはお金が出ないが、バラエティには莫大なお金が出る。


 はっきりいってしまえば、民放がいくらがんばっても、いい番組を数多くつくる、NHKに及ばないのはそういったものがあるからだろうとおもう。


 たとえ、NHKが多少なりともそういった番組があったとしても民放よりは信頼性が高いのは、バラエティよりも報道にお金をつぎ込んでいるからだろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ついにというか、PCが壊れてしまいました。HDDが壊れたようで、相談したらそういわれました。はぁ~。


 それで、ブログも更新を怠っていました。あと、またまた、私が風邪をこじらせてしまい・・・・なんです。


 金曜日の夜からどうも体調が思わしくなく、さらに土曜日の朝には熱と頭痛が・・・。そして、寒気も・・・・。


 で、我が家の三姉妹。活発に家の中を、どたばたどたばた・・・・。「おーい、寝れんでわないかーーーーー!!」。うんで、かみさんは、日も仕事なもんで夜8時まで帰ってこない。本当は、土曜日も8時までなのだが、私の仕事の都合もあって4時くらいに帰宅。寒気はする、咳はする、頭は痛い。だが、いかねばならぬ~と、国立新美術館へ。そこで、人と人とをあわせる約束をしていたので、無理を押して行ったのだが、症状が症状だけにクラクラ・・・。(冷)汗はだらだらと大変でした。


 人と人とあわせたら、そそくさと退散。家に帰って、ご飯を少々食べて、寝床に・・・・。日曜日も同じグロッキー状態。掃除も間々ならずそのままの状態に。


 妻帰宅。「なにー!!これー!!、全然片付けていないじゃん、ここ人間の住むとこじゃない!!」と大激怒。そして、私はグロッキーな体を押して、洗濯を干し、洗濯機を回す・・・・。月曜日も同じ状態・・・・。ついには二番目の美月まで、熱を出す始末。今度は、同じ状態でも多少はいいので、美月の世話を。熱があるのか、少々不安げなので手を握っていないとすぐ泣いてしまう。そんでまたまた、掃除が出来ずじまい。

 妻帰宅。「なにー!!、これー!!、朝と全然変わって無いじゃん!!。おらぁ立ってちゃっちゃっと動いて!!、そんなに体悪いなら仕事(配達)辞めたら!!」とまたまた大激怒。しぶしぶ立つ。


 そして、今日の朝。新聞配達から帰ると「ポカリスエット、買ってきた・・・・」。私「お金ないから買ってこなかったよ」妻「なんで、買ってこないのよ~!!、私の鞄から財布からカードとお金もって行って買ってきて、なにもたもたしてんのよー」とどつかれる。


 なんか、ここ数日、こんな感じで推移してます。そのくせ、妻は、水曜日が休みなので、朝疲れていると私に子供たちを保育園に送らせて、自分はゆっくり寝てます。11時くらいまで・・・・。ハァ~。私もゆっくりやすみてぇ~。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このところ、イラクやら北朝鮮やらいろんなところできな臭い出来事が多く存在する。


 この間、米国のブッシュ大統領がイラクに増援の方針を示した。まあ、簡単に言ってしまえば、兵士を一時だが増兵すると言うのだが。


 中間選挙にも大敗とは言わないまでも敗戦した共和党。その頂点にいるブッシュにとっては気持ちのいいことは無いと思う。北朝鮮はここを狙っていて、あと少し踏ん張れば「共和党から民主党に移り、事態が変わる」という雰囲気が無いともいえない。


 ある種、ここが民主主義の弱点ともいえる。まとまれば、ものすごい力になるが、ばらばらだといとも簡単に崩壊する。アニメにもなった小説「銀河英雄伝説」のラインハルトが「民主主義がいいというが、ときとして民衆は愚かな指導者を選ぶことがある」という台詞がアニメのなかであったような・・・・。それに対してヤン・ウェンリーは歴史のなかの出来事を踏まえながら「ひとりの指導者によって進む専制君主・絶対王政は、ときとしていいように思われるが、もし名君としてあがめられた人が亡くなり、その後の暗愚の君主が就いたとき国民は耐え難い苦労を強いられる。しかし、たとえ民衆が暗愚でも民衆の力によって変わるならいいのではないか」という台詞があったような。つまり、北朝鮮は、まさにヤンの世界だ。


 一方、いまの米国はラインハルトがいうような感じが無いわけでも・・・・。


 さて、ブッシュが掲げた増兵に対して、当然の如く反対を民主党が示した。つまり、撤退しイラク国民の手によってイラクは復興されるべきだという論調をしいている。


 でも、確かに撤退すべきだが、本当にいまでいいのかどうか。イラク紛争はそもそも米国の勇み足だったことは周知の事実だ。しかし、だからといってフセインも処刑した現在、撤退するのは困難だろう。そもそも、いまのイラク政府がこの内戦とも言える状態を収束させるのは無理だし、逆に崩壊しないとも限らない。いや、崩壊するだろう。


 民主党は反対するならば、撤退後のイラクに対してどういった態度を示すべきかの指針を示す必要があるが、ブッシュは、そこを突いて不満を漏らした。だが、ブッシュの言い分は、単なる言い訳としてしか捉えられていない。


 どこの国においてもそうだが、反対するのは簡単だが、その後の政策に関して語られることは無い。とくに日本はそうだ。


 一番分かりやすいのは、先日亡くなった、青島・元東京都知事。彼は、都市博を中止し白紙撤回することを公約として当選した。しかし、都市博を白紙撤回した後、その跡地の利用や違約金の支払いなどの問題をどうするか、ということに関してはまったく触れずに当選した。


 当時、私は新聞奨学生として専門学校にかよっていたが、この選挙結果に「なんて愚かな・・・東京都民だろう」と思った。


 案の定、莫大な負債を抱えることになった。この負債額は下手すれば故鈴木・元東京都知事の前任者・美濃部都政の負債をはるかに上回るものになったのは間違いない。


 借金漬けになった美濃部都政を黒字に変えたのは、皮肉にも鈴木都政だった。しかし、バブル崩壊後、その鈴木都政も赤字に転落。起死回生を狙っての都市博だったが、それはあえなく泡と消えた。で、結局、反対した青島都政となったが、白紙撤回以外なにも見るべきものがなかった。いたずらに借金都政が続いた。だいたい、対案も示せずに当選し都政を握ったものだから、解決策なんていうものは持っているわけがなく・・・。


 この青島都政の負債を、一生懸命黒字に変えようとしているのがいまの石原都政だ。


 日本の場合、マスコミもそうだが、反対するひとに対して格好いい風にすぐスポットをあてたがるが、実際、そういう人に限って対案をもっていなかたったりする。たんなる反対、なんでも反対、反対、はんたい、ハンタ~イ!!。


 その点、欧米はなんか対案をこねくり回して作ってくるが日本は、なかなかそういったところには注目が集まらない。


 反対するなら、なにかしら対案を持って、反対する理由と並べて議論すべきだと思う。


 とくにいてもいなくてもいい社民党はその典型だろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、うちの会社の新年会がありました。


社長の今年の抱負や役員の皆様の目標などが語れていました。


そこに、うちのかみさんと一緒に出席してきました。


そして、いま会社にいます。


新年会ですが、まあ、知った者同士が集まったような和気藹々とした雰囲気がありまして、結構夫婦ともども和んでました。かみさんは、さっそく社長の挨拶が終わると食事へ。ちなみに立食タイプの新年会でした。


アルコール一切無しの新年会です。まあ、昼なので当然といってしまえば、当然なわけで。まあ、ほかの企業も見習って欲しいなあなんて。


 昨今、飲酒運転による事故が多発しているしなんだかやりきれない事故もある。酒を飲むなら家で飲めといいたくなる。昼の新年会は意外にいいもんだと思う。と内心そう思っているのだが・・・・。


 新年会も終盤になるとこれまたおきまりのお楽しみ抽選会。なんと、佐渡産のコシヒカリが私ども夫婦の手元に。それも私とかみさん。5キロ、5キロ。てなわけで10キロを獲得してしまいました。


 さて、このお米どうしようかといま悩んでいます。あ~、どうーすんべー。このあと、三人の子供を預けている保育園に行かないといけないので、会社においていこうかとも考えている。あー、ありがたいがなんとも。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、高校サッカーを子供たちと見ていました。私は、半分眠りながらでしたけど。

 いやー、それにしても盛岡商の斉藤監督。なんか、サッカーの情熱が生死を越えた何かを感じさせるような人生。15年前に喉頭がんで声帯をほぼやられ、今度は昨年の11月に心臓を大手術。それでも全国大会へ出場し優勝した。


 さて、やはり著名な某評論家が、さっそく苦言を呈していた。

 「質が毎年落ちている」「2010年以降が心配だ」と・・・・。確かに質は落ちているという感じは否めないが、私はそう悲観する必要はまったくないと思う。


 単にJクラブがあるチームに優秀な生徒が移行しただけのことではないかということだ。それに当初計画していた地域密着が少しずつだが定着しつつあることだ。


 高校サッカーが高校野球のように単なる宣伝のための甲子園になっていないことの証明ではないだろうか。かつての高校サッカーは、名門に優秀な選手達が集合した。しかし、Jリーグというプロリーグが誕生し、Jリーグのモットーが地域密着という点から考えれば今の高校サッカーはその理念に近づいているといってもいいのではないだろうか。


 盛岡商は、斉藤監督がつねに「地元の子供たちで全国制覇したい」との思いがあった。とすれば、この某評論家の言っていることはまさに斉藤監督を侮辱しているに他ならないだろう。なにせ、「質の低い大会」と言い切ったのだから。


 いま、高校野球の世界も地域密着へシフト変更しつつある。例えば高知の私立明徳義塾は、まったく地元の選手はスタメンや補欠にも入らないくらい県外からの選手で作られている。そのため、表向き地元住民は、応援はしているのだが、心底というと「地元の選手がいないのに応援してもねぇ」という空気があるという。


 その一方でいろんな問題を起こしてはいるが北海道の駒大苫小牧は北海道の多くを選手達が占めている。そこには、北海道の子供たちで甲子園へ・・・というのがあるという。そのため、地域住民が本気で援護・支援しようという気になる。


 はっきり言ってしまえば、Jリーグの理念が野球にも浸透してきたということだ。


 高校サッカーはかつてのような強豪高校は誕生しにくくなっている。Jリーグのユースがしっかりと根付いてきたからだ。「実力のユース、人気の選手権」という構図になってきた。プロ野球で言うなら「実力のパ、人気のセ」。こうなると面白い企画が出来そうではないか。つまり、全日本ユースの覇者vs高校選手権覇者との頂上決戦というあらたな楽しみが出来そうではないか。


 それにJリーグ百年構想はまだ十三年ほどだ。それでもって悲観的になるのははっきり言ってしまえばおかしな話だ。高校選手権と全日本ユース選手権がしっかりと車の両輪として機能したら、ある意味、日本は世界でも稀な、プロ、アマが混然としたなかで、新しい人材の発掘ができるのではないか。


 世界で高校生年代で活躍するのは当たり前、と某評論家は言うが、そもそも各国にはそれなりのしっかりとした土壌があるから出来るのであって、日本のようにくっきりと境界線があり、土壌がようやく整ったなかではようやくその一歩が出来たというものだ。日本が高校年代で代表クラス、クラブチームのスタメンクラスになるのはあと5,6年はかかるのではないだろうか。


 某評論家のようなひとがいるようでは、その若い芽は早い段階で摘み取られるのではないか・・・・。悲観的な意見とともに。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 元日ではないですが、新年明けましておめでとうございます。


 で、昨年は仕事やら子育てやら何やらで年賀状を実は書いてません。もし、このブログを見ている知り合いの方申し訳ございません。年賀状は、改めて送りますので・・・・・。


 さて、昨日は毎年恒例のサッカーの天皇杯に行ってきました。ついでに言うと仕事です。元旦そうそうですけど。


 それにしても浦和vsG大阪の試合は、しのぐ浦和、攻めるG大阪という構図がはっきりしていました。


 シュート数21本の大阪に対して浦和は6本という劣勢ぶり。かつての浦和なら、何失点していたか・・・・・。


 三都主に闘莉王、ワシントン、坪井、田中などなどリーグ戦を闘った主力が軒並み離脱。そんでもって、試合中に小野が足首を負傷。などなど、浦和にとっては天皇杯決勝は満身創痍(まんしんそうい)の状況。それに比べて、G大阪は、幡戸とマグノ・アウベス、遠藤などが復帰。完全なフルメンバー。どう考えても負けは浦和でしょうの感じ。


 試合は、一方的。でも、G大阪は決めきれずの状況が、前後半じつに85分続いた。時折り、浦和も攻めるが、単発ですぐにG大阪のペースに。


 かつての浦和ならここまでの粘りがあったかどうか。この試合を最後に退団するブッフバルト監督が3年で作り上げた守備からの攻撃がこの試合で結実したようだ。


 後半40分くらいだったか、途中交代の岡野がするすると攻めあがる。右へセンタリングを上げ、そこに永井が走りこんで決めた。

 岡野曰く「ちょっと、だふった」(笑)と・・・・。


 それにしても、天皇杯連覇はJ発足後初とのこと。なんだか、浦和って歴史的な記録や記憶に残ることをしてくれる。

 スパイクを交換している間に点数を入れられたり、リフティングだけで交わされたり、同点に追いついて喜んでいたら、点数を入れられたり・・・・実に、エピソードに事欠かない。だからこそ、サポーターやそれ以外のファンが愛しているのかもしれない。


 浦和の次の目標は、アジアへ標準をあわせる。そのためにもうひとチームをつくるこになる。ターンオーバー制。だから、千葉から阿部の獲得をめざしたりしている。豊富な資金とアジア最強のクラブサポーターを誇る浦和。今年のJリーグも気になるが、アジアでの浦和の活躍を期待したい。


 これまでの日本のパスでつなぐサッカーからドリブルもパスも繰り出す浦和のスピーディングサッカーはアジアの度肝を抜くだろう。そして、サポーターも。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。