独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 安倍内閣がついにスタートしました。


 本来なら、約20年ほどまえ、父親の安倍晋太郎氏が首相になっていれば、空白の10年は無かったかもしれない。私の独断と偏見から正直そう思っています。


 故田中角栄元首相の病気を理由に“謀反”を起して足蹴にした故竹下登元首相。晩年の廃れた光景はなんともはやという感じでした。


 さて、組閣のメンバーを見る限りあまりサプライズはなく、論功行賞かなと思われても仕方の無いものにはなっていますが、かといって挙党一致といって中途半端に自分の意見と反対の谷垣派のひとを入れた内閣よりは良いかもしれない。


 そもそも、改めて考えたのだが、内閣って首相の意見と信念についていく人を入閣させるのであって、自分の反対意見を真っ向から言う人をバランスよく入れるっていうのは、やっぱりおかしんじゃないかとおもう。


 安倍晋三首相の本当の意思表示は“首相補佐官”の配置に現れているのではないかと思う。


 教育には山谷えり子議員が入り、拉致問題には中山元参与が入って、さらに広報なんていままでの日本じゃ考えられないポストに世耕議員が入るなど、結構考えてみればサプライズ的な要素が無いわけではない。


 つまり、安倍内閣の前半は教育と拉致問題を主眼においているのではないかと思える。で、閣僚の方を見ると、教育で関わってくるのは文部科学省だが、案外それを飛び越えて、男女共同参画担当相には高市議員を当てるなど、どちらかといえば、拉致、教育重視内閣ともいえるのではないだろうか。


 ようは、中身で勝負という感じも受けないではない。確かに仲良し内閣、論功行賞内閣、サークル内閣などと言われているが、案外そうでもないような気もする。


 私の独断と偏見から考えると、政治の玄人の人に陥りやすい罠が、そこにはあるように見える。これまでの派閥を利用した組閣と比べて、「批判する人をなぜ入れない」という意見があるがそれこそまさにこれまでの自民党の悪しき習慣ともいえる。つまり、反対者のひとを入れることで党のバランスは確かに取れるかもしれないが、その一方で国政のありかたへの迅速な行動が取れない悪弊があった。


 閣内がバラバラということもありえた。小泉首相から残された課題は山積する。たしかに議論をすることは大事だが、ある一定のところで決断を下さないといけない。そうなると、首相の意見に同調し、同じ理念を持つ連中が集まったほうが即断即決。さらには、的確な解決法を見出せるかもしれないのだ。


 小泉前首相以降、これまでの意識での分析、評論では考えられないような出来事がおこるやもしれない。そう、思わせる組閣だったのではないだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 学校の先生って、公務員じゃないの。


 公務員って、国のために働くことじゃないの。


 先日、国旗、国歌の問題で、卒業式、入学式の時、規律しなかったり歌わなかったりして教職員が辞めされられたのは信条の自由などに抵触する、として地裁が判断をくだしました。


 って、いうことは、国際試合、大会でも国旗、国歌を歌わなくてもいいということになりはしないか。それも国家公務員である教師がだよ。


 やっぱり、これっておかしいと思う。過去の歴史がどうであれ、国旗国歌として日の丸、君が代があるいじょう、教師は生徒にそれを示さないといけないんじゃないの。


 私は、いま改めて日の丸、君が代に反対している教師に聞きたい。「あなたの教え子が、国立競技場で君が代を歌っている姿、そして、サッカー選手としてよく日本ためにという代表選手をどう教えるのか」と。でも、結局、返答の予想はつく「それは、個人の自由だから」と。


 しかし、そのコメントを世界のひとが聞いたどう思うか。その問いにも必ずこう返ってくるに違いない。その人たちはこういうだろう「それぞれにその国の事情があるように、わたしたちにも事情がある」と。


 私の独断と偏見から言わせてもらえば、そっこく国の方針に従えない教師は、自ら教師を返上し下野すべきだ。それが出来ないで不当だ!!といっているほうがみっともないように思える。


 これは、こどもたちに教える云々以前のもんだいであり、国家公務員としては失格といってもいいことではないか。


 それに訴訟を起しているリーダー格の連中は70年代安保闘争で、教師や弁護士などにしか就職できなかった連中ではないのか。



 国との戦いを無用に煽って、格好を付けたい。それは、70年代安保の特徴だったのではないか。


 教師の中にはあからさまに左翼的政治活動をしている教師もいたり、さらには国旗国歌に賛成する教師に対しての嫌がらせなどもある。しまいには、自殺にまで追い込んでも謝らない、事の重大さを自覚しない教師もいるという。とくにこういった左翼イデオロギーに凝り固まっている連中は、人の死を他人事のように見るひとがたくさんいる。というより、「大切だ」といって仮面をかぶっている教師はたくさんいる。


 反対運動をしている人に言いたいのは、「歴史をちゃんと見つめよ、というのであれば、君が代、日の丸は残すべきであり、強制されたされない云々よりも、もう少し基本的なことから学んで欲しい。つまり、あなたがの主張する根拠は、すべて60年前のことであり、本来、日の丸君が代のもつ歴史をきちんと理解していないのではないか」ということだ。


 君が代は、平安時代の和歌だったからくるふるい歌だ。日の丸に関しても平安時代からという人もいる。


 「賢者は歴史から学び、愚者は経験から語る」というのがある。いまの教師達は愚者ばかりだ。とくにああやって地裁の判決で喜んでいる連中は、まさに愚者の集団というしかない。


 将来、教師を目指す大学生にいいたいのだが、あいう政治的な行動しかできない教師にはなるな。それは、日本という存在を危うくするからだ。


 そして、こういう人たちに限って、最後の究極の選択を迫られたとき、最も暴挙的な手段を選ぶ連中でもある。過去の共産主義シンパ、イデオロギーに固まった連中の末路は結局暴力に走っている。また、まっさきに職場放棄する連中でもある。


 とにかく、国家公務員であるにもかかわらず、それを分かっていない教師が多すぎる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、安倍晋三氏が自民党の総裁に決定した。


 そして、そのまま首相に・・・・。まあ、議員内閣制の特徴でもあるのだが、今のままで行けば、当然首相になるわけで。例外は、自民党が野党に転落したとき、河野洋平氏が自民党総裁になりながら首相になれなかったくらい。


 それにしても、一国の首相を選出するのに自民党の党員で決めるというのもどうかと思う。議員内閣制の性(さが)でもあるのだが。全国の知事は、都道府県民が投票して決める。しかし、一国の首相は、日本全国で決めなくていいのかどうか。


 ただ、ここで加味しておかなければいけないのは、首相という順位は国家元首のランクとしては三番手らしい。実務という点ではトップなのだが国際的に見て、国王または天皇がトップ、次が大統領、そして首相の順位らしい。


 英国は、英国女王がいて、その下に首相が居る。米国は大統領がトップで首相の役割を担っているのは副大統領か、国務長官か??。英国の場合は王室が、いろいろスキャンダルはあれど、国民からの支持は大きい。その意味で、米国の大統領選は国民の人気投票という向きも無いとはいえない。


 ドイツは、大統領がとりあえずいて(いわゆる、国民の統合という象徴、シンボル)その下に首相が居る。


 では、日本はというと国家的元首という点で天皇陛下ということになる。例えば、米国に天皇陛下がご訪問された場合、米国は国家元首として21発の祝砲がなる。しかし、小泉首相が訪米したときは、19発だった。これが、日本の首相の立場を表わしているといってもいいだろう。


 さて、安倍・新総裁、首相で新たなスタートを切るが、難関といわれているのが来年の参院選。もし、ここで民主など野党に負けるようなことがあれば、退陣の動きがあるとか。


 私の独断と偏見から言わせてもらえれば、これってやっぱりおかしい。任期が2年(←国家の実務を握るものとしてはあまりにも短いのではないか)あるのに「選挙に負けたら、即退陣」というのでは、官僚が大手を振って支配するのも無理からぬことだ。だって、トップがすぐ変わるのだから・・・・。


 それに衆院選での敗戦で、首相を辞任するのなら分かる。ようするに国民が与党を支持しなかったのだからそれなりの理由ができる。しかし、参院は衆院とは違う。もし、敗れても衆院で敗れたわけではない。任期を全うするのが当然の動きなのに、それが出来ないというのがおかしいと思う。


 さて、これから安倍総裁・首相の肩にかかる期待は大きい。小泉首相が残していく多くの課題をどう、向き合って、克服していくか。なかなか難問でもある。


 憲法、教育基本法、外交、内政(郵政民営化、道路公団の民営化への動き)など、多くの難問が突きつけられている。ここをうまく乗り切れば、名宰相としての地位がくるだろう。しかし、失敗すれば無責任左翼マスコミの餌食になる。


 とくに北朝鮮との外交は急務になってくる。拉致問題に関しては、一歩間違えればとんでもない方向に行きそうな風があるので気よつけないといけない。


 安倍氏の前途はようようではない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日、竹中平蔵総務相が小泉内閣の任期切れとともに議員を引退することを発表しました。


 まあ、参院議員の任期切れまではまだ数年のこしてですけど。確かにおかしいと思う人もいるでしょう。しかし、そもそも、自民党のなかでそれを声高に叫べる議員がいることに首をかしげる。


 そもそも、竹中大臣は国会議員としてではなく一般人としての強みを生かして大臣になったのであり、国会議員としての大臣ではない。それを、なんとか票を集めたいがために拝み倒してなってもらった。さらに、「国会議員じゃないから、国のためにの意識がない」とさんざんぱっら口撃していた。だから、本人もいやいやながら比例代表に立候補した。比例代表だからということもある。


 また、小泉首相に請われたこともある。だから、小泉首相が任期切れとなれば、内閣総辞職ということになり自分としては役割が終わったと思っても当然なのかもしれない。さらにこのまま、参院議員としても衆院議員と比べ、マスコミにも出ることも少ないし、単なるタレント議員としてしか見ない。政策を打ち出したとしても、偏向報道のマスコミだからそっちには見向きもしない。スキャンダルがあればトコトンそれだけをボロボロになるまで追い続ける(特にB級、C級雑誌、タブロイド紙、ワイドショー)。そして、これ以上何も出来ないほど、家庭を破壊し、個人を破壊し、実績も破壊し、ありとあらゆる破壊行為を行った後、責任をとることもなくポイ捨てするマスコミ。


 そこから逃れたいと思っても仕方の無いことかもしれない。


▼嫌われ者が歴史を築く


 かつて、このブログでも書いたこともあるが、日本の政治は、国民の人気がない人ほど実績を『良し悪し』に関わらず残している。


 いまや名宰相といわれた吉田茂元首相。当初は人気があったものの次第に人気が無くなり、国民からの支持は得られなくなった。それでも、サンフランシスコ条約など日本を再生させる基本を築き上げた。


 岸信介元首相は、A級戦犯といわれながらも今も続く日米安保条約を更新させた。外では、共産党、過激派に踊らされた学生達が何も分からず「安保反対!!」を叫ぶなど、国内が混乱し、国民は無関心になった。しかし、この安保の更新で日米の貿易など様々な面で経済を押し上げる要因ともなった。


 池田隼人元首相。日本をいまの経済大国の礎を築いたひとだが、戦後直後の大疑獄事件に関わったとされていたが、結果的に所得倍増に貢献した。


 佐藤栄作元首相。沖縄返還を実現させた首相でノーベル平和賞を受賞した。米軍基地を残したもののそれでも無血での領土返還は、あの当時としては画期的ではなかったのか。この首相も、池田首相とともに議員時代汚職事件に関わったのではないかと話題になったが、それもうやむやになった。


 田中角栄元首相。ロッキード事件で渦中の人となったが、いまの高速交通網の礎をきずいた。東海道新幹線以外の新幹線網や高速道路を作ったことで宅配便とかの恩恵を我々は受けている。


 など、元首相クラスでもこれだけ嫌われもの、国民からの支持率が低く、マスコミからポイ捨てにされた政治家達だ。


 日本国民で人気のあった細川護煕元首相は、自民党一党独裁を分解させた立役者だが、じつのところ小沢一郎現民主党首の功績が大きい。しかし、細川首相は、ある事件をきっかけに首相の座をポイ捨てした。


 村山富一元首相。社会党党首でありながら首相の座についたもののいろんなしがらみやら何やらで投げ出した。


 ニックネームがつくほどの国民からの人気・関心がたかかったが実績という点ではなにも見るものは無かった。


 橋本龍太郎元首相は、人気はあったものの政策の失敗で辞任した。ある意味、まともな辞任の仕方だったのかもしれない。


 さて、小泉首相だがこのひとの場合、特殊かもしれない。これまでの歴代首相のなかでは考えられないことをしているからだ。


 これまでの首相は、地方からの宰相だった。それが、神奈川県出身の首相、つまり大都市部から宰相になった人だからだ。つまり、大都市部では人気があるものの、地方では二十代~三十代、一部の壮年からの支持はあるもののこれまでの老年層からの支持は皆無だった。これまで、投票にいかなかった人がいった結果ともいえる。この現象は、民主党に限らず野党の特徴でもあったものだが、それがそっくりそのまま、小泉首相のキャラから自民党に移行した。それが5年前のなだれ現象だったと思う。


 案外これは、玄人評論家が外した唯一の首相となるのではないか。政治を知っている人が、政治を知らない人々の動向を読み外した稀のケースではないだろうか。


 私も含め、日本国民にいえるのは歴史的に見て日本の政治は、マスコミ叩かれた人ほど大きな実績を残していることが見える。


 それが、どいうことを意味しているのか考え、分析する必要があるのではないか。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 飲酒運転の続き。


 テレビ朝日の飲酒運転に関するワイドショーないでの特集を見ました。


 そこで思ったのは、罰則などの強化や法律の制定のほかに、徹底した酒税法の改正を望みたい。こういうと「庶民の楽しみ」云々を掲げる人がいるが、これだけ飲酒運転がはびこっているのをみると、もはや「庶民の楽しみ」では済まされない状況になっている。


 ここで提案、はやりビールは現在の値段より10倍にすべき。焼酎にかかる税金もいまより30倍にすべきだと思う。


 私は、基本的に酒は飲まない。こんなこというとそこまでしなくても、という人がいるが、ここまでしないと本当の意味で飲酒運転はなくならないと思う。あと、飲食店に責任があるとする意見もあるが、確かに一理あると思う。しかし、そうすれば、突っかかるとんでもない馬鹿な客がでてくる。


 もし、そういう人がいれば、即刻警察に通報し、留置場に入れてもらったほうがいい。


 さらに罰則の強化。飲酒運転で免許停止、むこう30年運転禁止。もし、それを破れば懲役20年以上の服役という罰則を設ける。飲酒運転でひき逃げ死亡事故を起した場合は無条件の無期懲役または、ひどい場合は殺人罪の適用。


 また、警察の飲酒検査を拒否し、逃げた場合は、その場で即刻、拘束の100万円以上の罰金。もし払えなければ、懲役刑適用。


 飲酒検査を拒否し、逃走。その過程で死亡事故を起した場合、懲役刑を適用。


 基本的に酔っ払いは、醜悪で見るに耐えない。出来れば、この世から酒がなくなって欲しいとまで思っている。


 とはいっても、そんなのは現実的に無理な話は分かっているが、それくらいワイドショーでみた飲酒運転者の傍若無人ぶりには腹が立った。


 このまま行けば、悪法とまで言われた米国の禁酒法を適用してはどうかまで考えてしまう。


 あと、酒が飲めなきゃ一人前じゃない、という風潮を一掃してほしいものだ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このところ、飲酒運転に関していろいろなことが言われていますが、正直、日本の飲酒運転は永久になくならないし、今後も今起きているような悲惨な人身事故は多くなると思う。いくらテクノロジーが発展してもだ。


 テレビのコメンテーターや解説者などは、無責任にも「飲んだら飲むなという精神を」と言っている。しかし、人口9000人以下の地方の町村へ行って見なさい。「酒が飲めなきゃ人間じゃない」というような風潮がある。


 ようするに酒が飲めない奴はダメな奴、付き合いが悪いなんていう風潮がある以上、永久に飲酒運転はなくならないと思うのだ。


 とくに九州、東北、四国の高知などは風土的に酒が飲めないといけないという切羽詰まった感じになるのだ。


 私も体験がある。田舎の冠婚葬祭は酒は必須条件だ。もし、車で来ていて「飲めない」ともなれば、一瞬にして集まった親戚なり関係者からは白い目で見られる。というより、「酒がのめぇなんていう奴はたいしたやつじゃねぇ」ということになる。そうなるから、「しかたがないなあ」ということで一杯飲む。そうなると、とたんに場の雰囲気が変わる。そして、飲め飲めになる。


 私は、本当言うと酒税は現在の煙草のようにドンドンあげるべきだと思う。「庶民のお酒」というビール。それを飲んで事故っているなら、「庶民のお酒」ではない。


 350mlあたり、500円くらいでもいい。500ml、1000円くらいまですべきだと思う。まあ、もっともこれは無理だと思うが・・・。たばこでさえ、駄々こねている日本だし。だけど、たばこも「庶民のしゃこう品」なんていわれているが、国際的にはもはや煙草は病気の根源とまでいわれている。


 たばこよりも注目度は低いが、酒ももっと注目されてもいい。


 いくらいっても日本のこの「酒が飲めなきゃ、人間じゃねぇ」という風潮が変わらない限り悲惨な事故は増え続けると思う。日本人の意識が変わらなければこういった事故はなくならないと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 うちのかみさんは、スーパーで働いている。レジ打ちだけど・・・・。


 今日もパートの仕事。朝の9時半出勤、夜の8時くらいに帰宅。だから、この間は、私が娘達三人の世話をしている。が、朝はどうも10時くらいになると眠気が襲ってきて、そのまましばらく動けなくなる。


 こどもたちがおきているとどうも、自分の仕事というか、身の回りの整理が出来ない。主婦の苦労がなんとなくだが、判るような気がする。


 世の男達よ、1週間、主婦の立場にたってこどもの世話をするのも言いかもしれない。


 こんなこといって私は、手抜きばかりしていていつも妻に怒られています。長女以外いま、寝ているので洗濯やらなんやらいろいろしています。


 アニメ「ツバサクロニクル」を長女と見ながらですが・・・・。いまが一番なんかゆったりした時間を過しているというかなんていうかですが。


 いま、三女がおきました。あとは、そうぞうしい二女が起きるだけなんですけどね。


 子守もあと少しだけなんだけど・・・・。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は、娘達のことを少々。

 

 我が家は3人の娘がいます。


 5,1,0の三人です。長女は、少しずつ姉としての自覚が出てきたようで・・・。二女は、だんだんわがままに。ちょっと気に入らないことがあるとひっくり返って足をバタバタ。今日は、今日で、保育園にいくための服とズボンでひと悶着。


 三女は、大食漢のところがあってなんでも口に持っていってしまう。たんだんと体格がよくなっている。パワーも三人の中では強いような。


 3人そろったときは、非常に賑やかになる。まあ、強烈なのはやはり二女。我が強いというか、自己主張が強くなっている。嫌だ、嫌だといってみたりととにかく、夫婦の手を焼かせることも。


 二女のこの日々の行動を見てみると、かつて私の母が言っていた福岡に住む、おばさんの子供ころと似ているような。泣き出すと数百メートル先まで聞こえたとか、欲しいものがあると足をばたつかせて床にねっころがって駄々をこねたりとなんか、共通するところも。


 いまや伝説となっている話でもある。


 3人娘は、この先どう成長していくのか楽しみでもある。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ついに来ました親王の報。


 韓国人の妻もそれなりに喜んではいましたが・・・・。


 これで、皇位継承順位が皇太子さま、秋篠宮さまについで3番目になる。


 で、問題になるのが皇室典範の改正問題。今回の親王さま誕生で、議論が一旦、一息つく形になったが、だからといってやめるわけにはいかないだろう。


 だって、親王様ひとりですから将来のことを考えれば・・・・となる。


 やっぱり、宮家をいくつか復活させる必要はあるのではないか。そこから、色々出来るのではないだろうか。歴史上でも分家の分家から天皇になったこともあるし、実際、欽明天皇だったか継体天皇だったか、地方(北陸地方)に住んでいたのを系統がなくなりそうだからと呼び寄せたこともある。


 それにいまの旧宮家は、戦後一般人となったといわれるが、どうみても一般人には見えない。だって、奥様となられている人たちはそれ相応の家柄の人たちで占められているわけで、世俗化なんて遠い話でもある。ただ、一般の人との触れ合いが、いまの皇室よりも緩やかで、それなりに一般人との交流は深い。


 税金は多くかかりそうだが、女性天皇を容認するのはその後でもいいのではないかと思う。旧宮家の復活。それをしてからでも遅くないのではないか。男系、女系をどうするかという問題は、もう少し後になってから議論すべきだと思う。


 ただ、日本の皇室は1000年以上の歴史を誇る。そのため、一般ではなくなった古代の儀式などが残っている唯一のところでもある。日本の伝統文化の集積地が皇室でもあるのだ。


 それを守っていくのも日本国民としての使命でもあるのではないか。


 日本ほど皇室を畏敬の念で見守っているところはないのではないか。それほど、皇室が築いてきた歴史の重層は大きい。


 だから、皇室を守るのは日本人としては当たり前の行為ではないだろうか。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 またぞろ、サウジ戦の敗戦で日本のタブロイド系マスコミはオシム監督批判のキャンペーンを展開してる。まったくもって腹立たしい限りだ。


 「監督の発言がいいわけじみている」「名言も試合に負ければただの言い訳」などなど。


 なにを言うか、ばかばかしい。オシム監督は、非常に選手に対して注文の厳しい監督だ。試合をするのは選手であって、監督ではない。


 試合を見ていて思ったのは、監督のいうとおり中盤が前線にほとんど絡んでいなかった。たしかに放送の解説者の間からも駒野の動きが鈍かったのを指摘する声が多かった。まさにオシム監督は負けた原因のツボを的確に会見場で指摘しているのだ。(だからといって、審判に対しての批判はどうかと思うが、悔しさのあまり出たことと理解したいが・・・)


 日本のマスコミの悪いところは、選手に対してまったくと言っていいほど批判をしないところだ。とにかく、監督が悪い。試合に負けたのは何が何でも監督が悪い。選手は悪くないという論調だ。しかし、これから世界の頂点を目指すのら監督を批判する以上に選手を批判しなければいけないのではないか。日本の場合、批判したら即座に別の部署に移されるなんていうことや選手が「わたしを批判した人にはコメントしない」なんていう輩がいるらしい。


 これでは、日本代表は強くならないし、なれない。


 もっと、もっと、ダメな試合には選手を批判すべきだ。監督は、選手を批判すべきではないと誰が決めたのだ。悪ければ悪いとしっかりと指摘しないともっとわるくなる。オシム監督は、それをしただけだ。


 サッカーの強国といわれるところではマスコミがしっかりと代表に対してもダメだしをする。監督以上に選手達には痛烈な批判が飛ぶ。「だれだれは、何をしていたのか。たんなる飾り物だった。そんな選手はいらない」などと徹底的にキャンペーンをはる。その一方で、批判した選手が活躍したときは手放しで喜びを表現する。または、前の痛烈な批判記事に対して頭を下げることもある。


 日本もそれくらいならなければいけないのだ。サウジ戦敗戦でのオシム監督の弁は、言い訳ではなく、暗にちゃんとした分析も出来ず、選手の悪いところも指摘できない日本マスコミに対しての痛烈な皮肉とも受け取れる。


 それに、日本のサッカーはアジア各国で丸裸にされていることは間違いないのだ。そもそも、スポーツ番組やバラエティ情報番組などがこぞってチームの戦力や戦術をことこまかに解説する。これをビデオにとっていれば試合を見なくても日本の弱点は分析できるのだ。駐日大使館の大使館員たちが録画なんてしようもなら・・・・。ということになる。


 “言い訳”という言葉を使って解説するような記者は、いまの日本サッカー記者の現状が、低レベルにあることを証明したようなものだ。監督批判をする前に選手をもっともっと批判すべきだろう。


 そういう記事が増えることを望みたい。それが、できるようになって本当の意味での世界への挑戦が出来るのではないか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。