独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

三姉妹  →旧古河庭園で。後ろは、ジョサイヤ・コンドル設計の館。階段の     

                           ところで長女に三女を抱っこさせました。


 勤労感謝の翌日、家族で旧古河庭園に行ってきました。


 それも家族5人で・・・。


 ちょっと、しんどかった。


 その日は、ちょうど庭園内にある紅葉の説明会がありました。まあ、それを狙っていったのですが。唯一ベビーカーで散策と説明を聞いてきました。


 ここの庭園はバラが有名とのこと。実際、バラの花が咲いていました。聞くところによると、バラは今の季節が一番いいとのこと。


 それにこの庭園、日本庭園、フランス式庭園、イギリス式庭園の三つが渾然一体化した庭園だそうです。実際、作ったのは日本の京都の庭師で、当時ではトップの人だったそうです。


そこには、鉱山経営などで巨万の富をえた、古河財閥の総帥の館がありました。その建物を設計したのはジョサイア・コンドル。岩崎庭園なども設計した政府お抱えの設計士だそうです。


 それら美しい庭園をベビーカーで散策しました。


 じつは、一人用のベビーカーに次女と三女を乗せていたのですが、館に通じる階段を登りきったところで、次女が抱えていたベビーカーからおこっちてしまいました。


 その瞬間、次女は何がおこったのか分からずきょとんとした表情で、しばらくいましたがないてしまいました。ただ、頭をうたなかったことが幸いでした。というより、家のテーブル(座卓)から何度か落ちていたので、いつしか受身が出来ていたのでしょう。落ちたとき、きちんと頭を上げていました。なんだか、人間の体って凄いななんて、変な感心をしていました。


 当然、ちかくにいた観光客や散策していた人から「あら、大丈夫」とか様々言われてしまいました。


 その後、しばらくこの庭園に・・・。それから、六義園に歩いていきました。六義園は、5代将軍・徳川綱吉の側近だった柳沢吉保が築いたもので、中国のなんかの思想をもとにしてつくられた庭園で、ライトアップされた庭園はなんともいえない荘厳さみたいなものが感じました。子供たちも、楽しんでいました。


 午後4時半くらいからライトアップされ結構、幻想的でした。しかし、家族連れは・・・・あんまり見受けられず、逆にカップルや団体さんが多かったです。いやー・・・なんとも。


 途中の茶屋で、お茶と団子とお菓子を買って家族で食べてきました。


 しかし、我が家は私のせいで、遊園地にあんまりいったことがありません。


 行くところは決まって庭園なのです。


 六義園、清澄庭園、安田庭園、向島百花園、浜離宮が記憶にある限り行ったところです。妻からは「あなたって、なんで庭園が好きなの」といわれます。


 自分としては、日本の歴史と文化を知るのはここがいいと勝手に思っていますから。それに自然もあったりコンクリートジャングルなかで一服の清涼剤みたいなところがあるからかななんて思っています。


 家に帰ってきたのは、夜8時を過ぎてました。なんか、疲れた。というのが実感でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 東京VがJ2の降格が決まった。


 それにしても、読売クラブからの黄金期から比べれば非常に衰退した。というほかない。


 だが、私個人としては、これで企業だけが保有するクラブチームはいなくなった、と思う。あるいみ大きな転換点になると思う。とくに東京Vにとっては。


 その原因が、撤退した読売新聞の某会長。この会長、徹底的にJの理念をこき下ろした。さらに日本テレビの当時社長まで「Jの理念は二の次、三の次ぎ」とまで発言し物議を醸した。


 まさにファンを無視した態度に元々、ヴェルディファンでもあった人々まで敵に回した。三浦知やラモスなどスター選手を放出し、世代交代を図ったものの親会社が、自分達の企業の儲けばかりを考えていたら結局降格の憂き目にあった。


 今年、天皇杯のタイトルを獲得し復活したかに思えたが、結局、だめだった。


 私は、これでJの理念の強さを証明した格好になった。


 あとは、東京Vの大本、日本テレビがJ2になったチームをどうサポートするか。地域密着をしっかり根付かせるためのいいチャンスかも知れない。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 現在、バレーボールのグランドチャンピオンシップ??。通称グラチャンをやってますが、私は、あんまり期待していません。


 なぜか。それはいまの日本では世界と到底渡り合えないから、と漠然と思っているからです。


 女子しかり男子もしかりです。


 とくに女子ががんばっていますが、とにかく世界のレベルは日本が思っている以上に速いスピードで向上している。


 昨日、出来たプレーが今日になると出来ない。という感じにです。そもそも、日本の試合を見ていると一杯、一杯でやっているようでとても苦しそうに見える。だが、対戦相手は、どこか余裕すらある。勝っても、負けても。日本は負けると悲壮感が漂うが、ほかは悲壮感は無い。逆に「日本の攻略の糸口は見つけた。日本はこんなものだろうな」という余裕が選手や監督の表情から伺える。


 つまり、所詮日本は他国にとって自分たちの新しいプレーに対する実験場としか見られていないのではないかと思うのだ。


 日本のバレーボールの練習風景を見ていると、いまだに根性の世界で戦っているような感じを受ける。指導者の多くは、大半を栄光の世界で生きてきた。そのため、指導もその経験からの指導法を行い、それを実行する。しかし、結果が伴わない。そのため、身長の差やパワー不足を強調する。


 だが、本当にそうだろうか・・・。もともと、素質のある選手はたくさんいる。数年前、海外の指導者は日本の選手個々人の素質が高いことに注目し、なぜ勝てないのか首をかしげていた時期あった。つまり「点と点がいいのにそれをつなぐものが無い」というものだ。


 もうそろそろ、バレーボールにも代表クラスの監督に外国人の一流指導者を呼んできてもいい頃ではないだろうか。そうすることで、いままで気づかなかったことが見えてくるはずだ。


 サッカーは、国際的なスポーツなため、外国人指導者が多く来日する。日本人監督では出来なかったことが海外の名指導者がやってきて指導し、一挙に変化したこともあった。


 ラグビーも今年くらいに外国人の監督が就任し、さっそく練習風景が一変した。これまでの日本ラグビーの指導にはなかったものが出てきている。その監督は「日本は、他国に無いものがある。それは展開のスピードだ」ということを見つけ、それを生かすためにはどうすればいいのかを選手達に教えようと真摯に指導に当たっている。


 プロ野球の世界でも外国人監督は増えている。来季は、日本ハム、ロッテ、広島と三球団になる。


 それにしても、なぜ、外国人監督や指導者がなると成績が良くなるのか・・・。


 それは糸とゴムに例えられるのではないだろうか。つまり、日本の伝統的指導はピーンと糸のように張り詰めた緊張が強いられ失敗が許されない状況に選手達は追い込まれる。そこには、ゆとりがない。そのため、一旦切れると押さえが利かない状況に陥りがちなのだ。日本には昔から叱って「なにくそ」という反発からいいプレーが生まれるとされる。しかし、それでは「なにくそ」という人が生き残るが、才能があってもそのまま芽がでずにみすみす、逃している場合もある。日本でダメだったけど、海外にいったら開花した。という選手は結構存在する。


 一方、外国人指導者は、時にはピーンと張り詰めた練習を行うかと思えば、時には緩めたり、笑いが起こるようなリラックスムードを演出したりする。このタイミングが、絶妙だから選手達は気楽に練習が出来、さらに上達する。ほめ上手な、指導の仕方だ。


 日本の指導層には欧米型の指導法を嫌う傾向がある。だが、こと勝つための指導という点においては、日本よりも欧米の方が上だ。

 日本は勝負ではなく、精神的指導法。精神修養という面が大きい。これをむりやり、勝負に転用するから無理が生じ、結果が伴わない状況を作り出している。


 とはいえ、外国人だけの指導者が長期的に続いても、逆にマンネリを起こしてしまう。そのときこそ日本人指導者が絞めるというのがバランスがあっていいのではないだろうか。


 日本のスポーツ界には、外国人の一流の指導者を招くことが世界のトップに立つことの出来る近道ではないだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は、勤労感謝の日。

 本当は、外出する予定でした。しかし、前日に出来上がった仕事が、少し心配だったので会社に来てしまいました。


 当然、家族。とくに妻から「あなたって、かってじゃない」って言われてしまいました。まあ、いわれても当然かなって。なにせ、前日までどこか行こう。なんていっていたものですからね。


 しかし、不安だったので会社に出向いたら、案の定、いくつか細かい問題点があったのでその場で、即解決。ことなきを得ました。


 だからといって、今日の行為が許されるわけでもなく・・・・。これ、会社で書いてます。


 明日は、紅葉を見に出かけようかなと。


 子供三人になったので、そうそう遠くにいくのもなんだし・・・・。ちかくにでも行こうかと思います。


 でも、その前に家に入れるかどうか・・・。うちのかみさん、怒ると怖いし。それって、どこの家も同じかな・・・。


 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、三女の定期健診がありました。検診は、妻が連れて行きました。


 てなわけで、長女と次女の子守りをしてました。


 いろいろあった三女ですが、検診の結果、なんごともなく経過は順調。問題はないそうです。


 まあ、とにかくひと安心。


 でも、帰りは、荷物が多くてバスに乗れなかったそうです。まあ、ベビーカーを開いたままにして中に入りずらいし、奥に入ろうとしても、低床車でもそれは、後部扉までだし。車椅子なら乗務員も助けてくれて後部扉を開けて丁寧になかまで運んでくれるけど、ベビーカーだととたんに嫌な顔をする。なんか、無言で「たたんでから、のってくれよな!!」というような。それに中に入ったら入ったで「なんで、ベビーカーをとじねぇんだよ」という強い視線を感じるし。となると、タクシーになる。確かにタクシーは、便利だが初乗り660円はバスの200円と比べると高い。


 車があればいいけど、駐車料金を考えるとバカみたいと思うような金額。都内だったら、公共交通機関がいいということになる。しかし、公共交通機関は障害者に対して優しい状況に改善はされつつあるが、子供を持つ親という考えから見るとなんかやさしくない。


 少子化というけど、こういった小さなところからでも改善してもらうともっと子供を持つ親にとって楽に暮らせると思うんだけどな・・・。とくに3人の子供を持つといろいろと感じるものがある。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、買物に浅草へ行きました。


 その途中、歩道を走る自転車のことを話していました。


 そのとき、たまたまベルを鳴らして走る自転車が通過したからなのですが・・・。


 歩道って本来歩行者のものとおもうのだが、自転車を乗る人の意識がどうも間違っていないのかと感じるときが多々あります。


 ベルをならして、歩道を歩いているひとを「そこのけ、そこのけ」で通り、「邪魔だ!」といってみたりと。


 本来、歩道では自転車をおりないといけない。しかし、だいたいのひとはおりて歩こうとはしない。だからといって、歩道を歩く人のことも考えないと・・・・。少なくとも、乗っていても無理やり行こうとするのではなく。歩行者に気づいてもらい申し訳なさそうにしていくのがいいのではないかと・・・。


 自転車にのって走る場合、本当は自動車と同じ扱い。だから車が走る車道を走らないといけないことになっている。


 法律でも決められているはずなのだが・・・。


 そんなことを今日ふと、感じた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の試合、なんだかな~と言う試合だった。


 高原、決めるときに決めてくれ!!。FWが外しまくっていると暗い気持ちになる。


 柳沢、ちゃんと打てる瞬間があったのになぜ、ダイレクトで打たない。なぜ、パスを出す。


 いい加減、自分達で判断できるようになって欲しい。いて欲しいときにおらず、パスを出すにもダイレクトが少なすぎる。


 前へ前への気持ちがない。ジーコのいうポゼッション・サッカーとはこのことではないはずだ。ワンタッチ、ツータッチのダイレクトを多用してくれ。そうじゃないとW杯で世界を驚かすことは出来ない。


 もっとサイドを多用しろ!!。三都主、簡単に仕掛けるな、簡単にボールをとられるな。いらぬシュミレーションを繰り返すな。ファウルもそうだ。


 トルシエ時代にあってジーコにないもの。前への速さと意識だ。中盤での攻撃は、確かにトルシエ時代よりも上回っている。しかし、どうも欧州組に頼り切っている。ピッチ上での声出しも中途半端だし・・・・。


 トルシエ時代のサッカーは、いわゆるラグビー型サッカーだ。ボールを持っている選手より先に出てパスをもらいさらに次ぎの選手が追い越してパスをもらう。それをダイレクトまたは、ドリブルで展開する形はラグビー型サッカーといっていい(ただし、ルール上ラグビーは後ろへ展開するが)。


 欧州組だけが試合をしているのではない。国内組みももっと積極的に声と動きを見せて欲しい。追い越す動きを。


 とにかく、ゴール前でボールを持ちすぎる。コースが、遅いから簡単に消されてしまう。


 この試合、監督よりも選手たちにブーイングを送らなければいけない。とくに柳沢、高原のFW陣に。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、紀宮さまと黒田慶樹さんがご結婚されました。


 とにかくめでたい、めでたい。


 しかし、マスコミでは一般人となったと言っておりますが厳密にいえばそうではない。


 実は、この黒田さんの家系をみると九州日向(宮崎県)高鍋藩の秋月家とつながりがあります。この秋月家はあの上杉鷹山を生んだ家柄。また、明治の元勲、税所家ともつながりがあります。ともに戦前では、子爵でした。そう、たんなる一般人ではないのです。


 だから、すんなりとご結婚までにいけたのだと思います。


 島津貴子さまも、薩摩藩の支藩、佐土原藩島津家に嫁がれてます。戦前は伯爵。そのほかの皇女の方も近衛家、裏千家と名門家に嫁いでいます。


 まあ、皇室から降下するのですから安易に簡単にとはいかないものです。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ようやく、三人の子供達が寝た。


 親にとっては貴重な自由時間だ。妻は、漫画を見ている。しかし、いつなんどき子供達が起きてくるか・・・・。


 ハァ・・・。


 とにかく、三人のこどもがいると自由時間を見つけ出すのに苦労する。ひとりがミルクを飲んでねれば、必ずひとりは起きてくる。


 この静かなひと時が貴重でもある。


 仕事をしているとあんまり感じないが、妻は大変だと思う。


 さて、私は一仕事しますか・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 私は、ロッテファンではありません。れっきとした広島ファンです。


 しかし、数年前、連敗中のロッテの試合。ダイジェストでしたけどあと一人で、ゲームセットだったのにさよならホームランをうたれ、がっくりとマウンド上にうずくまる黒木投手のすがたを見てから気になっていた。


 そのロッテが、ファームでリーグ優勝、日本一。さらに1軍もリーグ制覇の日本一。途中、セ・パ交流戦の優勝、アジアでの初代王者。


 そして、あの熱烈な応援。Jリーグのサポーターを彷彿とさせる応援は正直感動した。


 小林雅がサムスンの攻撃を押さえ、優勝が決まり、バレンタイン監督が胴上げのときは思わず涙ぐんでしまった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。