独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 ちょっと、遅ればせながら阪神が優勝した。


 ところで、阪神って数十年周期で優勝するって言われていたような気がするんだけど・・・・。


 なんか、このところ阪神は強くなった。と改めて思う。その代わり、広島が弱すぎる。


 巨人は、このままの順位で充分。5位でも不足。せいぜい5位と6位のゲーム差が20から30ゲーム、首位から50ゲーム差のぶっちぎり最下位がいまの巨人にはふさわしい。そして、ファンの声で巨人を改革すべき。


 阪神は、弱小チームと言われても支えるファンがいた。しかし、巨人のファンは「もうだめだめ、強い巨人じゃなきゃ応援しない」という人が多い。そもそも、これが、いまの巨人フロントの傲慢さを生んでいる土壌ではないか。まず、ファンが立ち上がり、オーナー解任要求を徹底的に叫ぶような風潮があってもいい。それを力でおさえたり、マスコミのせいにするようなオーナーではどこかの国の首領様と同じだ。


 さらに、巨人の監督は、巨人OBでなければいけない。私からすれば、なにそれ!だ。


 サッカーのように監督ライセンス制度を設ければいい。それを取得した人は、日本代表でもプロ野球でも監督になれるようにすればいい。一般人が、野球の監督になれる。


 サッカーでは、サッカーをやったことがない学者が、監督となり世界を制覇したりしている。それもサッカー界の名門チームを率いてだ。

 大リーグでは、そういう人も多くいる。日本は、あまりない。なんというか悪い意味でのしがらみがある。それが、いびつな形でのプロ野球界を生んでいるのではないだろうか。


 プロ野球界もそれくらいの大鉈を振るってもいいのではないか。


 来季の巨人が最下位であることを願うのみだ。来季のセリーグの順位。1位中日、2位阪神、3位広島、4位横浜、5位ヤクルト、6位巨人。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このところ、過しやすい季節になってきた。


 夜と昼の寒暖の差が大きくなったような気がする。


 さて、長女と次女。


 ますます、姉妹の性格の差が出てきた。


 長女は、まさにお嬢様。


 次女は、お転婆。実際、女の子なのに男の子と間違われてしまうほど。


 結構、比べてみると面白い。


 泣き声ひとつとっても特徴がある。


 それに、どこか張り合っている。長女が泣けば、次女も負けじと張り上げる。結構、笑える。


 私も私もと自己主張しているかのように。


 ところで、ふたりとも散歩が好き。長女は、歩くのが好きだが、いつも同じ場所をあるくと次女が乗るベビーカーに乗りたがる。次女は次女で、ベビーカーから降りようとする。


 ときどき、一緒に乗ったりもする。まあ、そのときは仲良く乗って寝ている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、サッカー日本代表のメンバーが発表された。


 ▽GK 土肥洋一(東京)

      川口能活(磐田)

      楢崎正剛(名古屋)

 ▽DF 田中誠(磐田)

      箕輪義信(川崎F)

      三都主アレサンドロ(浦和)

      坪井慶介(浦和)

      駒野友一(広島)

      茂庭照幸(東京)

 

▽MF 中田英寿(ボルトン)

     中村俊輔(セルティック)

     本山雅志(鹿島)

     中田浩二(マルセイユ)

     稲本潤一(ウェストブロミッチ)

     小野伸二(フェイエノールト)

     村井慎二(磐田)

     松井大輔(ルマン)

 

 ▽FW 鈴木隆行(鹿島)

      柳沢敦(メッシーナ)

      高原直泰(ハンブルガーSV)

      大久保嘉人(マジョルカ)

 だそうです。

 MF陣に松井大輔が入ったことには正直うれしい。フランスリーグでルマンを事実上引っ張っているだけに期待できそう。

 松井の加入で、左サイドの攻撃にある程度のめどが付きそうな感じ。なにせ、あのひやひやものの三都主のドリブル突破を見なくてすみそうだから。

 なにぶんにも、松井はルマンで左サイドを活躍の場にしているし、三都主よりも正確なドリブラー。司令塔としては中田英や中村、小野、小笠原ほどではないにしても、ドリブルの質は中田英以上のような気がするし、パスの精度に関してもこの4人に負けずとも劣らないと思う。

 あるいみ、3-4-1-2。中田英、中村、小野、小笠原、松井 DFは宮本、中澤、田中誠でいままでの三都主の役割を松井が担う。これで、三都主はお役ごめん。サブに引っ込んでもらう。

 FWは、高原、柳沢。途中から大久保、鈴木または大久保、高原で。

 それにしてもラトビアとウクライナ。欧州組で戦って勝ったらどうなるんだろう。それにDFに新顔が。彼も活躍してほしいな。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「結果が出なければ、それ相応の処分は当然」


 プロ野球新球団、楽天の田尾監督が契約期間途中で解任された。


 わたしは、この方針に少し疑問が残る。


 そもそも、シーズン100敗は確実と言われていたチームをとりあえず100敗せずに終わりそうなのは、評価されてもいいのではないか。


 さらに近鉄、オリックスで戦力外通告を受けた選手達を寄せ集めた集団で、資金も限られていた。当初から100敗確実といわれていた。そのなかで、フロントも何か現場に対してプラスになるようなことをしたのかと考えると大きな疑問が残る。


 表立ってみると、ほとんどフロントはビジネス的な動きしかしていなかったように思える。


 所詮、三木谷社長自身は、ホリエモンと同じ思考じゃないかということだ。

 

 野球というものをたんなる商売道具としてしか見ていないのではないかだ・・・・。


 監督や指導陣に来期へのプランを聞いたが納得できるものではなかった。というもので、現場の意見は一切聞かないように思えた。


 フロントのやっていることを見ると、無から有を出せといっているものでなんら選手のことを考えているとは到底思えない。


 やはり、球場を云々よりもその資金を選手を集めるほうに使ったほうがよかったのではないかと考えるほどだ。


 同じく三木谷社長がフロントをしているヴィッセル神戸は、興味が薄くなっているらしい。チームが弱いのは選手・監督のせいだという考えのようだ。確かにそれも一理ある。だが、強くするためにはどうしたらいいのかというアイディアを持っているのかどうか。


 今回の楽天の監督解任劇を見ていると、球団ができてある程度安定しているときにやる手法と似ている感じがする。


 来季、これで楽天が強くなるとは限らないが100敗しないとも限らない。


 少なくとも、清原、桑田を獲得しても面白いのではないか。1年契約でも・・・


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このところ相撲は、外国勢力士に席巻されている。


 朝青龍、琴欧州、白鳳、露鵬・・・・。見渡せば上位を狙う力士は外国勢ばかり。


 なんか、朝青龍が意地で琴欧州を蹴散らしましたが、それも琴欧州の優位は変わらない。


 それにしても、どうして日本人力士は途中でとまってしまうのかな~。


 今場所、朝青龍を倒した普天王を応援していたんだけど・・・・トホホホな結果に。

 

 だが、ここで諦めるな!!といいたい。このところの日本人力士は、関脇、小結で一度負け越すとなんとなくずるずると下に落ちていく。


 普天王にはそうなってほしくない。もう一度、返り咲いて、そのまま大関、横綱という階段を上がってほしい。

 それに今場所はけせの(漢字が??)里が、がんばって沸かせてくれた。彼ももっと貪欲に上を目指してほしい。

 

 日本人横綱を再び見せてほしい。

 

 がんばれ!!普天王、日本人力士達

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

<<小学生校内暴力が過去最悪=1890件、対教師3割増-文科省>>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050922-00000110-jij-soci


 いやはや、教師に対して暴力を振るう小学生が増えるとは・・・・。


 こういうとき必ず、なんとかしないとという教育者の声を聞きます。


 学校は何をやっているのか・・・という声が必ず出てきます。


 でも、そぼくな疑問。


 悪いことは悪いで、教師が注意してもいまの小学生は聞かなくなっている。かといって、愛のムチをすれば、その子供は、親にいい付け、その親が仲間を募って学校に押しかけ、暴力教師を辞めさせろという。で、学校側は体面を考えていうとおりになる。


 まさに教師にとっては理不尽な結果になる。それが蔓延すれば結果的にやる気を無くす教師が増える。“無気力教師”が。


 学校や教師が悪くなったのはひとえに子供達の親が悪い。


 こういうと親だけが悪いとはいえない、環境が悪いという教育者がいるが、そもそも、こういった原因は家庭にあるのではないかと思える。


 わたしは、すべてのこういった問題の原因は、環境どうこうの前に家庭にあると考える。


 例えば、こういう親がいる。「給食費を払っているんだから、給食を食べる前にいただきますは辞めてほしい」なんていう親がいる。


 なんじゃ、そりゃー、だ。


 こんな、親がいるからおかしくなる。さらに、子供を甘やかして厳しくしかることもない。


 悪いことは、悪いこととして基本的に注意するのが親や家庭の役目ではないだろうか。それを他人任せにすること事態間違っている。


 すべての社会の仕組みは、家庭のなかに縮図されている。それが、崩壊すればおのずと社会もおかしくなる。


 その基本が、教育者も親も分かっていない。 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 少しこのところすごしやすくなりました。


 今日は、近くの私立幼稚園の説明会に行ってきました。


 園庭は、そんなに大きくはないのですが、建物は5階建て。階段でした。


 長女は、最初は、まさに指をくわえて見ているでしたけど、しだいになれたみたいで・・・・。結構、楽しんでいたみたいです。


 なんか、保育園も結局、中途半端な形でしかできなかったのがちょっと残念かな。


 雰囲気はよかったです。これから、どうするか考え中です。


 はてさて・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「夢は夢として終わるのか、それとも夢は実現させるものか」


 歴史家、小説家。


 これが、私の中学時代の夢でした。


 歴史家というのは、元々歴史が好きだったので、西洋、東洋の両方の歴史を研究したかったのですが・・・。一時期は、海外へ留学ということも考えましたが、いまだになかなか・・・。


 あと、小説家というのですが単なる小説家ではなかったのです。


 歴史小説やノンフィクション、時代小説などお堅いものではなく、ジュニアノベルス系。


 ジュニアノベルスというのは、平たく言えば、あの文庫本でピンクやブルーといった色彩が入った、キャラクターが描かれている表紙の本です。


 そこで、歴史小説を描いてみようと、挑戦していました。昔、コバルト系の文庫本で「大姫」(源頼朝の娘)を描いた小説がありました。ちょっとひねったものでしたが・・・。そういうのを少し硬くしたものを考えていました。

 いまも少し挑戦しています。


 まあ、分かりやすく言えば雰囲気は、ロードス島戦記かな。


 で、これはあまり日の目は見てませんが、マリア・テレジアの生涯を描いた小説を書こうかと一時期挑戦していました。


 マリア・テレジアとは、べルバラを知っている方なら、マリー・アントワネットをご存知かと思いますが、その母親です。


 欧州の名門家ハプスブルク家の皇女にしてオーストリア、ハンガリー、チェコ、スロバキア、イタリア北部、ドイツの一部、ベルギーを支配した中興の英主と誉れの高い人です。女帝とも言われました。


 ライバルはあのプロイセンのフィリードリッヒ大王。あの英雄をあと一歩のところまで追い詰めた人物でもあります。


 とりあえずは、はじめのころ、父帝が崩御したあたりから国難に右往左往しながら国政の中心に上り詰めるまでを描きました。が、それから先を書くつもりが止まってしまいました。


 なんか、仕事とかに忙殺されていてなかなか・・・・。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、かみさんが区役所にちょっとした手続きをしにいった。


 しかし、その手際の悪さにイライラしたそうです。


 同じようなことを繰り返し説明したりしていたそうです。


 さらに非課税証明書をとりに区役所内を何度か往復したそうです。


 で、思ったこと「なんで、区役所内の書類の手続きなのにお金をとるの?」。たしかにこれって変だと思うんですよね。引越しして他の区域からとりに来るならお金をとってもいいとは思うけど、同じ区内に住んでいる場合はなんか無駄だと思うんですよね。


 そもそも、区の職員も知られべればすぐ分かっているのに・・・・


 というのが、素朴な妻の疑問でした。


 そして、妻の印象は「なんか、無駄が多いよね」なんてぼやいていました。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 民主党の党首が前原誠司氏に決まりました。


 菅よりはいいかもと思うのですが。


 それにしても、民主党は旧社会党、旧自民党などなどより合わせの党という雰囲気しか感じない。


 それに、このひとが一癖、二癖ある重鎮に対して対抗できるのか・・・。


 前岡田代表とは違ったまじめさがあるけど、それでなんか終わりそうな雰囲気もある。


 小泉みたいなりーダーもなんだかなーとは思うけどだからといってこれまでの根回しで、ハイ、トントンでは自民と同じだし・・・。


 これからの推移を見守るしかないですね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。