独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 競馬をスポーツとするか否か・・・・。


 ギャンブルという傾向もある。


 さて、私、昨日宿直明けなのに、知り合いのところへ。しばらく、テンションは高かったがさすがに午後1時過ぎごろになってバタン、キュー!!。


 爆睡ほどでもなかったが、人前でいびきをかいていました。(ちっと、恥ずかしい・・・・)


 さて、本題・・・。


 今日の朝、ニュースで無敗の馬としてディープ・インパクトという馬が出てました。


 正直「なんじゃーーーーこの馬は!!」と驚きました。


 あの直線の伸びは「なになに」。だって、出だしけっつまずいても最後は、勝ってしまう。普通ならずるずるとという感じなのだが・・・・。


 正直私は、競馬はスポーツじゃないと思う。だからといってギャンブルかとのイメージもあるが、そうでもないと感じている。いわゆる、嗜好じゃないのかなって。


 でも、競馬ファンでなくでもディープ・インパクトはまさにインパクトがありすぎる。あの直線での走る姿をみると「なんか翼でも生えてんのか」とおもってしまう。


 いやー、なんかこの馬が行き着く先を見てみたいという思いに駆られてしまった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 キリンカップ、まあ、しょうがないっ、てなことにしましょう。


 それにしても小野の加入で、攻撃がなんかいろんな表情を持つようになったけど、なんだかなー、日本の決定力のなさ。ペナルティエリア外からもドンドン、枠にいくシュートを打ってほしい。いまの日本を見ていると、きっちりと枠に当てはめて、というのが目に見える。


 こねくり回して、シュート。それじゃー、相手のDF陣に捕まるわな。


 日本の攻撃は、ほぼ100パーセントに近い割合で研究され尽くしている、と言っても過言ではないだろう。だからこそ、選手自身がもっと積極的に動き、相手をかく乱するくらいの頭をもってほしい。


 解説者とくにセルジオ越後とかがこういうときによく言うのが、約束事を決めて、という台詞がある。しかし、今の日本では、約束事を決めたとしても情報は、すでに漏れている。その理由。すぐその日のダイジェストで傾向と対策を丁寧に説明してくれている。セルジオにしても求められるままに答えている。

 こうなるとやっぱり日本は、選手自身が状況に反応して考えないと勝つことは難しい。


 だから、国内組よりも海外組をジーコが重用するのも分かる。海外は、確かに監督の戦術論とかはあるが、ポジションは自分で獲得しないといけない。そうなると、自分自身で考えて何とかしないといけない。ポジションは約束されたものではないからだ。


 いくら国内で調子がいいからといって、そう簡単にいかないのが代表戦であり、W杯アジア最終予選でもある。

 なぜ、調子のいい選手を使わないのかという意見もある。たしかに、国内で調子のいい選手を使うという方法もあるが、それって勘違いを起こしやすい。今回の大黒にしてもあれだけの得点をJであげながら結局、昨日の試合では決めることも出来なかった。


 ようは、ピッチに立っている選手達が自分達で判断できなければ負けるということを自覚しないといけないのではないだろうか。


 とくに国内だけでは経験不足は否めない。


 それを解消するには、いつも夏になると海外のクラブがやってくる。しかし、それは資金稼ぎと親善試合で止まっている。親善試合では、経験不足は解消されない。相手も親善試合ということで手をいくらか抜いている。

 ひとつの案として、各クラブが独自にやっている親善試合と統一し国際大会にし、そこに海外の有名どころとガチンコ勝負するそれくらいの大会があってもいい。


 お隣、韓国ではピースカップhttp://www.peacecup.com/jp/main.asp というのをこの夏開催する。そこには、PSV、リヨン、ボカ、オンセカルダス、トットナム、城南一和などが集まってガチンコの勝負をする。

 内容的には、城南一和の強化試合との向きは強いが、それでもこれだけのチームを集めて試合をするということは、経験も詰めるし賞金のかかっている大会でもあるので本気になる要素もある。


 日本もお隣を見習ってこういった大会を開いてもいいのではないだろうか。


 少なくとも経験不足という点は補えることはできるだろう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 歴史をちとかじったものとして。


 トラックバックステーションのなかに女性天皇制についてあったので書いてみます。


 天皇陛下が亡くなったあとどうなるか。まず、皇太子が天皇に就任。もし、皇太子に男の子がいない場合は、秋篠宮さまが天皇になります。しかし、秋篠宮さまに男子がいなければ、いまの皇室典範ではそこで終わります。

 まあ、その後天皇陛下のご兄弟が本来なられるのですが、普通に考えればちと無理な話になる。年齢的なことも考えると・・・。


 そうなると典範の改正を余儀なくなるわけですが・・・・。


 女性天皇は、便宜上ここで登場するわけですが、天皇家を守ろうとする動きとして、まず、皇族典範を改正して旧皇族の復活させ、そこの男子を皇太子殿下の長女愛子さまと結婚させる。愛子様がとりあえず天皇に就任(又は、その男子が就任)し男子が誕生した時点で、婿に入った(いや、その逆もありうる)男子を天皇とする。


 女性天皇が、誕生しても便宜上、旧皇族のいくつかは誕生するでしょう。でもね、考えても見れば旧皇族のひとと結婚している人ってそれなりの人じゃないと・・・という雰囲気がある。


 とはいえ、男子一系じゃないとという意見もある。それでも過去に持統天皇、推古天皇とか何人かの女性天皇は立っている。状況はともあれ、だから、男性天皇だけじゃないとダメというは、実のところ明治、大正、昭和という三時代に作られた感じもある。


 あと歴史的に見ても日本の天皇は、東アジアのなかで唯一のこった王室?(皇室)でもある。日本のこの皇室は、日本、韓国、中国の三つの国の文化が集合したものでもある。つまり、東アジアで失われた王室文化が累々と受け継がれている。

 日本の皇室を研究すれば、日韓中の歴史を紐解くことも出来る。

 また、韓国人の血も引き継いでいるということも忘れてはいけない。桓武天皇(確かそうだったと思うが)の母親は、百済系移民の高野新笠という人でした。また、歴代の天皇の側室には、百済王家の人々が入り込んでいました。


 日本の天皇というのは、東アジア文化の象徴的存在でもあり、日本人の精神的文化の象徴でもあるのです。

 だから、マッカーサーも日本の皇室を利用して日本を復興させようと計画を立てた。

 また、第二次大戦中、京都に原爆をという案も出ていた。京都は、明治維新で天皇が東京に移るまで、ながらく皇室が拠点としていたところ。そこに原爆を落とせば、決着がつくと考えた。しかし、この計画に真っ向から反対する人々がいた。その人たちは日本の文化、歴史を研究していた人々で当時の日本人の皇室に対する思いの強さを感じ取っていました。彼らは「京都に原爆を落とせば、すべての日本人は玉砕覚悟で米軍に挑むでしょう、そうすれば戦争はもっと長引き悲惨なものになるでしょう」といって大統領を説き伏せた。

 そういったことを考えると、皇室をなくすことは無理でしょう。


 いまの皇室は、象徴というだけでなんの実力的な権限は与えられていません。さらに選挙権もありません。本当の意味で象徴なのです。その代わり、日本の伝統文化などは絶やすことはできないようになんの法律かもありませんが暗黙の了解として存在しているのです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 おとなり、韓国が反日を掲げながら次第に左翼化(親北朝鮮)していることに危機感を抱いた人々が、ニューウェーブ運動を展開してます。


 ただ、これはネチズンを筆頭に北朝鮮の主体思想を熱烈に研究し信奉者たちへの警告・警鐘的運動として展開しているようです。


 このままいけば、韓国が共産化される、という危機感から生まれているみたいです。「386世代」といわれる年代は、ノ・ムヒョン大統領に代表されるように中年です。それも、80年代の民主化運動を起こした人々です。でも実際は、北朝鮮の工作員が先導した民主化運動で、その主力は北朝鮮の主体思想を研究していた人々でした。これって日本の安保闘争と同じ構図。日本では、後ろで共産党とかが暗躍した。

 

 とはいえ、このニューウェーブ運動は、三十代の若手が起こした保守的な動きです。


 政治的には嫌米の動きが高まっていますが、カーター元米大統領のとき、実は米軍を撤退させる動きがありました。しかし、それを止めたのはなんと韓国国民でした。それも北朝鮮の脅威からでした。「いま、出て行かれたら北朝鮮に攻められる」という理由でした。


 それが、二十年あまりたって、今度は韓国国民から出ていけのコール。これって一番最悪のパターン。まあ、いまの財閥の皆さんはすべて強制収容所送りでしょう。それか、海外に亡命でしょう。ある意味、いまの国籍離脱はこうなることへの危険性を嗅ぎ取っているのかも・・・。


 改めて思うと共産国家は、言っていることとやっていることが違う。労働者が貧しい、だから開放しろ!!といいながら、言っている本人達は、豪華な宮殿にすみ、高級車を乗り回している。共産国家ではなく共産帝国。そのリーダーは死ぬまで変わらない。これって皇帝と同じじゃない。そもそも、それを否定した思想なはずでしょ。だから、皆胡散臭さを感じている。そう見ると日本って本当に言論の自由があると思う。そもそも、世界から共産党という党いまでも存在しているのは、日本くらい。中国は、共産党が支配しているし、北朝鮮も同じ。


 お隣の国が共産化へなりかけているときにニューウェーブ運動というのがいま、少しづつ広がってます。この事実も見逃してはいけないでしょう。


 日本では、あんまり伝わりませんが、韓国では少しづつ広がっているみたいです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、今日と中国の副首相がドタキャンした関連で、その理由が発表されました。やっぱり「靖国神社」を理由に挙げてました。


 なんだかなー。今更という感じもします。だったら初めから言えよーと突っこみたくなる。


 しかし、この中国のごたごた。別に中国を励ますわけじゃないけど、「らしくない」。トウ・ショウヘイの時と比べると実に対日外交のまずさが目立っている。これって、勘ぐるわけじゃないけど、裏は相当ドロドロしているんじゃないかな。


 江沢民派(軍が支持)とコ・キントウ派(若手の不正追求派が支持)でぐつぐつとした物が煮立っているような。江沢民一族の汚職や不正はつとに知られている。江沢民政権末あたりくらいから一族の汚職や不正が暴かれ始めていた。これを追求していたのがコキントウ一派らしい。


 今回の騒動で一番、苦労しているの案外、そのコ・キントウじゃないのかな。なんってたって日本と経済で結びつきたいという思いが主席になる前からあったみたい。これを嫌っていたのが江沢民。実は、いまの反日教育を推し進めたのは江沢民のとき。だから、日本と仲良くというよりも、利用するだけ利用してさらに金をぼったくって、自分の懐に・・・という魂胆がある。


 いまの諸悪の根源は、江沢民一族ということになる。彼がまだ軍から絶大の支持を受けているためコ・キントウもうかつに手が出せない。それに逆恨み的な要素もある。


 ようするに江沢民が軍事の実権を握っている限り、コヨウホウの好きには動かないという空気になっている。つまり、江沢民はすべての職務から引いたものの軍からは、絶大な信頼を得ている。コキントウは、ここを突き崩せないでいる。


 中国では政治家よりも軍の力がつよいことがわかっている。こうなると、軍を背景にした江沢民一派が、コキントウの失政との烙印を押し、失脚させる。そこで、息のかかった連中を送り込む。なあんか、中国の政治の裏舞台がどす黒く見えてくる。


 なんとなくなんだけど、旧ソ連の末期にも似た感じさえある。


 そうすると、やっぱり2012年崩壊説が頭をもたげてくる。


 崩壊も時間の問題か?


 で、こんなことを書くと妻が中国とは関係ないけど「韓国嫌いでしょ」と突っこむ。

 「・・・・・」と沈思黙考したのち「だって、両方の意見があっていいのにひとつが正しくてひとつが間違っていて、それだから非国民にしてしまうのっておかしくない。そういう風潮は嫌だね」と私。


 あーあ、またつらい議論が交わされる~。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 中国による日本いじめは、意外な展開を示しているのかもしれない。


 反日デモは、結局空振りで海外から徹底的に批判を食らった。まあ、こういった対応は長老達への建前上のことだったと思いますが、失敗したといえるでしょう。


 今回のドタキャンもこれまでの日本と違うことを嗅ぎ取ったのでしょう。そもそも外交儀礼上、キャンセルの理由の説明もなく、ただ、政府の意向とだけしか説明がないのが非常に不自然であり今回のキャンセルは、急遽きまった慌しさがあったように思います。


 中国の対応は、これまでと違った日本の強気の対応に困っているのかもしれません。これまで、たまっていたものが一挙に反日デモのおかげで噴出した。日本は、靖国神社の件でこれまでのように謝罪するだろうとたかをくくっていたが、思わぬ海外の批判にさらされ日本が文句を言える土壌を作ってしまった。

 日本が、おおやけに文句が言えるとなれば、これまで中国に対してたまっていたものを吐き出しても海外から非難を受けない。強気の姿勢で貫き通せる。


 中国にとって頼みの綱だった田中派が没落。まあ、田中派の領袖の一言で政治が決まっていたのだが、いまは小泉首相になってから田中派の凋落は著しくなり、これまで中国に対して言いたかった人物達が言い始めた。「自民党政治をぶっ潰す」というのは「田中派政治をぶっ潰す」ことに通じていた。

 じつは、郵政改革と道路公団の改革の底辺はつながっている。なんと、この二つは、田中派の政治基盤でもあったわけ。だから、この二つの改革を利用して田中派を木っ端に微塵する狙いが小泉にあるわけ。

 これが、幸か不幸か外交にも及んで、中国に対する行動に反映している。


 しかし、小泉にはあともう一ひねりの策がない。もっと、A級戦犯のありかたの問題性などをアピールしないと中国を追い詰めるところまで行かない。安倍さんとかがもっとアピールしていく必要があるのではないか。


 あと、中国は政治と軍事の二面政治が存在する。政治家の知らないところで軍事が動いている。力関係は軍が上で政治は下という感じ。


 とにかく、中国は反日デモから続く日本の対応に苦悩している。巡り巡って自分のところに約60年かけて戻ってきたというべきだろう。いままさに自分たちのやってきた政策が破綻を始めているともいえるかもしれない。


 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 この前の書きましたけど、些細なことですがとにかく日本の駅はやさしくない。とくにお年寄りと乳幼児連れには。


 あと、幼稚園、保育園の入園制度。


 よくうちは車がないもので、電車を利用します。


 一番、私が不満に思うのはエスカレーターとエレベーターがない駅がたくさんあること。さらにエスカレーターが中途半端。例えば、のぼりがあってくだりがない。または、その逆。さらに階段、エスカレーター、階段これは地下鉄の駅によくある構造ですが、これって意味あるのか・・・・。だって、ベビーカーでいくとすると階段で持ち上げて、今度はエスカレーターで上って最後に階段。はっきりいってこれは意味あるのか・・・ふざけるな!!。


 そもそも、こんなことでは乳幼児がいる家庭は鉄道を利用するな、といっているようだ。もう少し、改良を進めて欲しい。とりあえず、乗っていてお勧めなのが大江戸線、南北線など新しいところは整っているけど、銀座線、都営浅草線などは最悪。


 韓国人の妻も「やさしくない。不親切」とぼやいてます。


 JRにしてもホームと電車の隙間が大きすぎ。渋谷駅なんかホームが曲線になっているものだからベビーカーをおろそうとするとき前輪が落ちないか、子供が落ちないか心配になる。

 都営大江戸線は、そのまま運んでも落ちることなくスムーズにホームに降りれる。非常に助かるし負担が少ない。

 

 つづいて、幼稚園と保育園の入園制度。


 いつも思うことだけど、両親が働いていないと入園できないのはわかるけど、職を探したいのに「ともに働いていますか、働いている方優先です」となる。

 これって変じゃないかな。だって、働いていないと入園が不可能に近いじゃない。結婚のために仕事をやめた女性は、子供生んだら働くな!っていうことにならないか。じゃあ、結婚しても働くとなると子供を作りたくても作れないし作るような環境になっていない。


 でも、少子化の問題で子供を増やしたい。結構ここで矛盾が生じている。経済的に苦しいから働こうかとおもてってもこの入園制度では、乳幼児を連れて会社の面接に行け!!といっているもんじゃないですか。でも、日本の会社って乳幼児を連れて行くと非常に嫌がるし、本当に働けるかといった不安も出てくる。そもそも、会社に託児所があればいいが、そんなのは、数少ない。

 じゃあ、どうすればいいのか。


そこのところが、ない。核家族化で両親を呼ぼうにも呼べない状況。こんなことで、少子化は解決できるのかと思ってしまう。


 大きな制度云々よりも身近な、問題を解決してもらいたいものだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 キリンカップは外に出ていたのでビデオにとって帰ってきてから日本VSペルーを見ました。


 まあ、決定力不足とはいうけどその以前じゃないかなー。


 シュートの正確のなさ。いつも決定力不足、決定力不足といわれるけど、選手自身がシュートを枠に飛ばす練習をして欲しい。だって、みんなふかすんだもん。あれじゃー、勝てんわな。


 枠に飛ばすシュートをお願いしたい。


 Jリーグも同じ状況だし。なんとかならんのかー。


 小学校のときから少なくともシュート練習をしてほしい。人を置いてのしゅーととか。GKとの1-1シュートでは効率は上がらないと思う。そのGKの間に人を置いて練習するのもいいんじゃないかな。


 次の試合では、ふかすシュートがないようにしてもらいたい。すくなくとも10本うてば枠が6つくらいあってもらわないと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 我が家は、マンション。マンションといえば、かならず問題になるのが、騒音。上の階で問題になるのが、下の階への振動。ドンドンとか。


 長女は、とにかく夜中に元気になるのでいつも下の階の人には迷惑をかけているのではないか、心配なのだ。


 まあ、1年くらい前なのかな、やっぱり言われてしまいました。下の階のひとも家族で、生まれたばかりのお子さんがいる方でしたが「元気な、お子さんはいいことなんですけど、さすがに夜中は・・・」という手紙が・・・。


 そのとき以来、長女には「ドンドンしなーい」「うるさくしなーい!!」と結構、怒ってばかり。まあ、どうなるのか・・・。1年前みたいにひっきりなしに大きな音を出さなくなりましたが。でもときどき、大きな音があるので内心ひやひやです。

 それに次女のこともあり、次女が寝ているときは特に神経を使ってます。


 その長女、いまだ寝ません・・・。


 あーあ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆様、ご心配いただきましてありがとうございます。


 次女の発熱は無事、治まりました。


 今日は、家族全員で友人・知人が主催するバーべキュウ大会に行ってきました。場所は、杉並区の和田掘公園。


 長女も次女も楽しんでいました。


 次女は、気分がよかったのか喜んでいました。


 PM6時に自宅に帰ってきました。風が時折り強く吹いていたので、ほこりまみれで、さっそく家族でお風呂に入りました。


 その後、私は日本-ペルー戦の録画を・・・・。


 日本は負けてしまいました。・・・・残念。まあ、あれだけ枠に行かないシュートだと負けるわな、と独り言。


 もう少し、日本は枠に飛ぶシュート練習をしてほしい。ジーコ監督解任云々よりも選手達がもう少し、枠にいくシュートを放っていればもっと楽になるのにと思った試合でした。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。