独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 北朝鮮に対するFIFA(国際サッカー連盟)の裁定が29から30日にかけて決まりました。ただし、まだいろいろとあるみたいで正式に決定が下されるのはもう少し先になると思います。


 やはりというか第三国での開催となりました。さらに無観客での試合。正直、“無観客”ということには驚きました。


 とはいえ、北朝鮮での3月30日の暴動は、あってはならないことですし・・・。第三国と無観客については、FIFAとしては断固とした処置に出たな、という感じです。


 ましてや北朝鮮サッカー協会自体が、負けの責任を審判団になすりつけ、なおかつ、過去にさかのぼってまであら捜ししたことについて、FIFAは相当頭に来たのではないでしょうか。


 そもそも、サッカーは審判に対しては何はともあれ、ピッチ上は絶対であることを言っています。北朝鮮サッカー協会がやったことは、中国での反日暴動で、責任が問われたときの中国政府の言い分とよく似ています。つまり「暴動の原因は、日本にある」(中国)、「暴動の原因は、審判団にある」(北朝鮮)。さらに謝罪しない姿勢も似たもの同士。


 これじゃあ、FIFAも怒らない訳にはいかない。そもそも、運営は、各国のサッカー協会が主管しなればいけないのに、自分達のミスを棚にあげて、批判を続けることはもってのほか。


 改めて、FIFAは国際サッカー界での常識にのっとって厳罰を下したといえるでしょう。さらに罰金つきというまあ、異例という形での判断を下したのだと思います。ある意味、このやり方は、政治の分野でもいえることでしょう。世界的なスポーツ、サッカーならではの裁定ではなかったでしょうか。ルールを守らなければ、厳罰をもって対処する。ことを明確に示したのではないでしょうか。この裁定は、中国にとっても脅威となったと思います。日本を政治の道具として利用とすれば、間違いなく北朝鮮と同様の裁定が下るということを感じたのではないでしょうか。


 FIFAには副理事長として韓国のチョ・モンジュン氏もいますが、反論はできなかったでしょう。あれだけ目に見える形で世界に放送されてしまったのですから。


 さて、これから北朝鮮の出方に注目が集まります。もし、棄権するようなことになれば、それこそ孤立の道をひた走るでしょう。ただ、これを飲めば飲んだでメンツに関わることですし。


 苦しい選択を迫られるでしょうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、いやもう昨日といったら言いのでしょうか、家族で相撲の稽古総見を見に行ってきました。何分にも“タダ”なので


 それにしても、横綱朝青龍関が出てきたときは、とたんに雰囲気、空気が変わりましたね~。

 会場からおー、おーといった感じのどよめきが起きていました。


 今場所の注目は、白鵬関、露鵬関なのでしょうか、結構、横綱がつぶしにかかっていました。迫力ありました。


 まあ、日本人の関取は、高見盛関、安美錦関くらいでしょうかね・・・。なんか、あんま目立たなかったなー。千代大海関、栃東関の大関陣はまあまあってな感じでした。


 それにしても、帰りは暑いし、人多いし何だかんだで凄かったです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 政治・経済コーナーで憲法9条のことが、トラックバックになっていたので・・・・。


 昨今、憲法九条のことでいろいろ言われています。


  まあ、いまの憲法改正論のなかで言われているのが9条のこと。改正反対を唱える人の大半が9条が改正されるのではないかといっています。

 しかし、9条の精神はなくなることはないでしょう。なぜならば、日本が国際社会のなかで生き残るためにはこの9条の精神はかけがえのないものなので変えることはないでしょう。


 ですが、いまの憲法で決定的に欠けているのが、自分を守れない憲法という不完全性があるのです。

 

 9条は戦争しません、軍隊持ちません、武器は持ちません。まさに理想的なものです。永世中立国のスイス、中南米のコスタリカなども日本の9条と同じ精神を示しています。ですが、日本と決定的に違うのは、「自国が窮地に立ったとき、またはそういう状況になったときは国民が武器を持って戦うことができる」という条項を盛り込んでいるのです。


 つまり、日本の憲法下ではそのことが明記されていません。法律で充分というのであれば、どうにもならない矛盾が生じます。


 例えば、こんなことはまずないとは思いますが、核または、ミサイルが発射された場合、極端な話し、着弾するまで何も出来ません。

 えっと思われるかもしれませんが、そういう憲法なのです。つまり、1回の攻撃で、10万から100万人が死ぬようなことがあっても、日本が応戦できるのはそのあとということになります。

 日米安保条約は、簡単に言ってしまえば、そうならないように米軍が守ってくれる条約なのです。


 本気で米国にものを言いたければ、憲法をいじるしかないのです。いまの状況では「君は、私が居ないと何も出来ないじゃないか」というものなのです。


 まあ、あとこれは法律で改正されましたが、敵が日本に上陸した場合、自衛隊が展開することになりますが、もし民家とかに陣営をしく場合、まずそこの土地の所有者、住民にいちいちお伺いを立てなければいけないという「なんじゃーそりゃー」ということがかつて明記されていました。最悪の場合、土地所有者が「いやだ」といったら何も出来ないのです。はっきり言ってしまえば、応戦も出来なければ、自衛隊員はただ死んでいくだけなのです。さらに、自衛隊員が攻撃をしたくてもいちいち現場で判断することが出来ず、まず国会を通してからというものでした。

 つまり、敵が攻撃してきて、こっちが攻撃したいときは、多くの手順を踏まないといけないのです。

 現実にそういうことが起こったとしましょう。あとは、想像できるでしょう。


 いまの憲法は、世界の人は戦争しない人だから私は武器もたず、軍隊は持ちません。ちなみにあ侵略されても文句は言いません。というものなのです。

 第二次大戦後、旧ソ連が日本をターゲットにしていたとき、米国がいました。さらに日米安保条約が出来たことで、中国とソ連の共産圏はなかなか日本に手を出すことが出来なかったというのが本音なのです。


 中国政府とかは、最大限にこれを利用して日本を徹底的につぶす考えを持っているのです。

 日本としては、9条の精神を元に戦争しません、武器はもちません、ただし自国に対して国家存亡に関わる場合は、武器を持つことができる。それぐらいの文言なり、文章が入れば、いくらでも法律で規制なり、何なりが出来ると思います。

 また、憲法改正は昔の徴兵制になる意見もありますが、確かにぬぐえません。しかし、お隣、韓国のような感じにはならないと思います。


 ただ、いまの憲法は60年たっても改正も、改訂もされないという世界的に観ても化石に近い憲法なのです。ある意味、良いといえば、いいのでしょうが。時代に合わないものもあるわけで、それを削ったり、改訂したり、付け加えるか、残すかという議論もないのでは、やっぱりおかしい。

 そんな話しをすると「9条がなくなる。戦前の亡霊が」とかいって反対論が出て話にもなりませんでした。


 韓国人の妻も、60年間も変わらない憲法のことをいったら、首を傾げていました。

 それに日本文化をまもるという精神も抜けているということが近年になって分かってきました。つまり、日本というアイデンティティが憲法にないのです。序文にすらないのです。やっぱりこれって変じゃないでしょうか。


 かつて、憲法をつくった米国にしてもいつかは、変えるのではないかという雰囲気があったみたいなのです。そもそも60年も改訂も改正もしないとは誰も感じていなかったようです。

 その傾向は、朝鮮戦争のときに出ていたようなのですが、いつしか消えてしまった感じです。


 で、結論なんですが、いまの憲法は穴だらけでこれを改訂も改正もしてこなかったこと事態が世界の常識では考えられないことなのです。


 





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 我が家のGWは、動かないこと。

 どこに行っても人、ひと、ヒト・・・・・なので。


 だからといって、まったく外に出ないということは悲しいので、近場をぐるりと。

 とにかく、我が家の周りは、浅草に限らず、歴史的な遺跡、史跡がある。弁当を持って散策するもよしと考えている。


 だいたいは碑しかない。葛飾北斎の生誕地(なのか居住した跡なのか??)などがあって結構、いいところ。

 浅草も近場にあることだし、その近辺を散策する感じになるのかな~。

 じっくりと散策するものいいかもしれない。


 とはいえ、明日は頼まれ仕事で明治神宮へ・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
p> いやー、とにかく40年ぶりの100人を超える死者になりそうです。


 それにしても、脱線事故の原因のひとつとして「時間」がキーワードになっているみたいです。


 日本人って、時間にうるさい。脱線事故があった日も車掌に突っかかる人や「何やってんだー!!」と怒った人もいたみたいです。


 それにJR西日本のなかにも「時間を守ることはお客さまのサービスにつながる」とかなんとか・・・。社内文書で言っていたみたいです。


 1分30秒遅れ。本当は、着くはずだった尼崎駅で普通電車との乗換えが、1分。これに間に合わせるために運転士はスピードをあげたとも。

 その一方で、社内では、1秒単位での査定があったとか。これでは、運転士も急がないわけにはいかない。

 それに事故を起こした運転士は、昨年にも100メートル、オーバーランして再教育を受けた。それも手伝ってあせっていたのではないだろうか。さらに4日間のうち2日をJR社内で過ごしたとも。


 まじめな人間が、完璧をもとめるあまりの事故ともいえるのではないでしょうか。


 いろんな、様々な要因が重なり合って起きた悲劇。効率と利便、時間厳守これらがまとまったともいえるでしょう。


 ある評論家は、国鉄時代の安全性を説き、それで赤字になったといっていたが、これはまったくの論外だ。安全こそが鉄道業界に限らず、航空、船舶、運輸などにすべてに通じることだ。それを考えない人はいないはずだ。

 ただ、時間厳守がそこにつねに付きまとう。「時間を守らないやつはだめなやつ」と決め付ける風潮が日本にはある。それはイコール、「時間を守れない会社はダメ会社、信用できない」というのにもつながる。


 「そんなに急いでどこいくの」という言葉がある。日本人はいつしか時間を主管するというよりも時間に振り回されるになってしまった。

 だからといって、時間を守らなくても良いというのではない。

 時間を守ることは確かにいいことだ。しかし、安全のために時間を遅らせてもいいという心のゆとりを持てていたらこんな事故は起こらなかったのかもと思えてならない。


 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 トラックバックのネタで、母親のことがあったので・・・

 私の母は、戦前の生まれだ。といっても終戦間近だが。


 結構、歳をとってから生まれたので私には兄弟がいません。

 そんな母親の武勇伝をいくつか。


 安保闘争で世の中、物騒な時期。うちの母は若き日、「安保、反対!」ではなく当時では、数少ない賛成派に属していたそうです。


 偶然か何かで、ある左翼の本部に知らないうちに入り込んで演説していたそうです。六十年代、七〇年代の左翼は、まさに政府や米国に対してテロ行為を平気の屁で後ろで学生達を操っていましたから。

 さて、しばらく演説していて、相手は呆気にとられていたそうです。まあ、まさかそんなところに女性一人でやってくるとは思いませんし、正々堂々と話していたので、相手は「まあまあ、ここは違うから」ということで早々にお引き取りくださいと丁寧に言われたそうです。怖いもの知らずというかなんていうか。


 その豪傑さは、いまもあまり変わっていません。というか別の意味で。

 昨年、私の田舎、新潟県は豪雨に見舞われました。うちの田舎も例外ではありませんでした。

 で、うちの母、洪水であたりが水浸しというのに晴れ間をぬって自転車でいろんなところを見て回ったそうです。どこそこの家が床上浸水した、とか昔よくあるいていたどこそこの堤防が決壊して水が出ていた、とか。

 結構、現場の近くまで行っていたみたいです。

 さらに中越地震では、携帯電話をかけてもでないので、翌日か翌々日に電話をかけたらケロッとした感じで「う~ん、健康ランドに行ってた。結構、お風呂に入っていたけど揺れてたよ」って、心配していたほうが拍子抜けするほどの豪傑ぶりです。


 その母も70近い年齢になりましたが、ときおり、突然に我が家にやってくることもあります。

 昨年の夏なんか、管理人にカギを開けてもらって部屋にいたり・・・。「なんでやーーー!!」とこっちがびっくり。

 そんな、豪傑な母親です。

 ちなみに父がなくなってはや4,5年たつのかな・・・・。ますます、元気で快調。自転車こいで30分の知人の家に行ったり、1時間以上あるいてこれまた知人の家にいったりとまあ、こっちがおどろくような元気振りです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ようやく、頼まれていた仕事が終わった。

いやー、疲れた。


 それにしても今日は、尼崎の脱線が凄かったです。

 ほぼ、一日が脱線のニュースでいっぱいでした。

 中国も韓国の外交話は一瞬にして吹き飛んでしまいました。


 ですが、脱線も凄かったですが、あれだけの衝撃を受けてもびくともしない日本のマンションの構造に驚きました。

 揺れもしなかったというのですから。

 いくら、車体がアルミ製といっても結構な重さがあるのですから・・・


 ある意味、日本のマンションの構造の強さが証明された感じです。

 これがもし中国や韓国だったらと思うと・・・・。いや、こんなところを比較してもしょうがないか・・・。


 それに近くの住民の迅速な動きはなんか感動を覚えました。


 ただ、JRの発表だと置石がしてあったのかもという話しです。


 カラスが石を置く、置いたという話しを聞いたことがあるので、どうなのかなーと。

 それにしても、これだけの大規模な脱線は、あまり無かったのではないでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日も子守でした。妻が、友人のところに長女を連れて行ったので必然的に子守をすることに。

 

 ついでに仕事をしていたのですが、上司から頼まれていたテープ起こしなのですが・・・なかなか進みません(トホホホ)。

 

 あーあ、なんとか半分かそこら近くまでなんとかたどり着きました。

 さて、うちの長女は少し頑固。

 夕方4時ごろ、妻が帰ってきた。インターホン越しには、長女の姿がない。

 

「だめっと言ったのに、公園に行っちゃった」と妻

「おいおい、そのまま来たのかよ」私

「だって、いくら言ったって、ひとりで行っちゃったもん。あなた、迎えに行って」妻

「はあ!!」私

 

 Tシャツとジャージだったのでそそくさと着替え、近くの公園へ・・・。

 しかし、行ったもののおらずその辺を探す。

 しばらく公園周辺をうろちょろしていたら、向こうから交番のおまわりさんと一緒に来る長女が・・・

 お巡りさんに頭を下げつつ、交番で迷子の受け取りというか、確認の書類にサインしてなんとか事なきを得た。

 

 まあ、世の中、ちょっと物騒なのでこんなことしちゃいけないですよねーーーー。

 だけど、妻と長女のこの関係、いつものことらしいのです。

 いくら長女にひとりで行ってはいけないといっても一人で行ってしまうらしい。

 「なんで、一人で行っちゃうの!!」とよく言う妻。

 そんな言葉にも耳を貸さない長女。とにかく、目の前にあって行きたいと思ったらトコトン行ってしまう。歯止めがきかない。結局、親はそこに居ないといけない状況になる。

 

 そういう、妻もとても頑固なところがあります。やっぱり、似たもの同士なのかな~。次女はどんな女の子になるのかなと思ったりもします。

 

 それにしても今日はささやかながらちょっとした騒動でした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 だんだん、子守が・・・慣れてきた???。

 あんまり、泣いても不機嫌にならずにすごしました。

 

 しかし、今日は体調不良。

 頭は痛いは、目が痛いは・・・、ヘロヘロ。寝たいけど痛くて寝れない。

 

 そんなこんなで取りあえずは、無事終了。ホッ!!。

 

 

 ところで、次女が寝返りを打ち始めた。

 久々、ついにどんどん寝返りを打ち始めた。

 

 1回寝返るたびに妻と私は、手を叩いて喜んでいる。

 去年の11月29日に生まれて、はや5ヶ月になろうとしている。

 月日がたつのが早い。

 

 それにしても、二十代になってから急に月日が経つのが早く感じる。あーあもう3ヵ月で私は31歳。

 いやー、早いなあー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日は、恵比寿でロックのライブを聞きに行きました。

 いやー、スピーカーの前にいたものだから、いまも耳がちょっとおかしい。ムウォーンとしたなんだか良く分からないけどそんな感じ。

 

 本格的なロックライブは初めてなので・・・・。

 聞いてきたのはキャメロット(頭文字はKから始まる)という北欧系(とはいっても米国・フロリダ出身)のバンドです。曲の雰囲気が北欧系なんですよね。私は、正直やられたーてな感じです。

 結構、ボーカルがかっこいいんですよね。ロックのボーカルといえばどこか破天荒で荒々しい雰囲気があるんですけど、このバンドはスタイリッシュな感じでした。

 

 いやー、なんかインテリ(知的な雰囲気)ぽくてかっこいい。CDでも聞いていたので知っている曲が流れたときはちょっと興奮しました。

 

 それで、思ったのは「日本のロックバンドは聞けない」というよりも「聴く気にもなれない」という思いでした。

 

 なんでかなー、と考えたのですが、北欧系といわれるメロディーを重視したバンドのメンバーは少なからず、クラシック音楽の素養があるんですよね。子供の頃ピアノをしていたとか、なんらかの形でクラシックと触れ合っているのを感じるのです。

 

 そこで、日本のバンドのひとを見てみるとだいたいは、高校の時に海外のロックバンドの影響を受けたとは言うんですけど、「クラシックやってました」という話しはあまり聞かない。そこが、なあんかミソのような気がして。

 

 ロックとクラシック。一見極と極に見えるんだけどどこかでつながっている。

 このところ、ロックバンドとクラシックオーケストラとの共演が実現したりしているけど違和感がない。これって、根っこの部分でつながっているのではないかと思っています。

 まさに独断と偏見ですが・・・・。v^^v

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。