独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:
 今日、長女が保育園を退園しました。
 ちょっと、さびしいやらなにやら・・・。
 今日、保育園に迎えに行くと、あっさりとあっけなく終わってしまいました。
 保育園では、お別れ会をしてくれて最後に同級生(同園生??)の写真をもらいました。
 でも、長女はなあんか、寂しさがなくいつもどうりの生活を送っています・・・。
 これからどうーしようか迷っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日は、次女が寝返りをうちました。
 思わず、妻ともどもよろんでしまいました。私は、寝ぼけ眼をこすりながらカメラを握っていました。
 去年の11月29日に生まれた次女。とにかく良く笑います。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 日々、成長する長女。
 名前、初公開。美星といいます。好きな音楽は、クウィーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と子供の音楽なんでも。それと、ダンス。
 ちょっと、おませな女の子。カメラむければ、ポーズをとる。
 写真は、去年撮影したものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 我が家は、ときどき日本と韓国の歴史を話し合うときがあります。
 そのなかで感じたこと。
 日本人は、過去いわゆる縄文、弥生からスタートします。一方韓国は、より現代より近いところを重要視する傾向にあると思います。さらに神話を大事にしている傾向があるのではないしょうか。これ日本と違うところですよね。だいたい、ヤマタノオロチの伝説とか、かぐや姫とか、金太郎など日本にはいっぱい昔話がありますが、韓国のように大事にしているかといえば???のような気がします。
 ですが、より現代的な話になると別という感じがあります。第二次大戦後の戦後教育は日韓ではまったく逆の方向に向かいました。
 日本の植民地支配批判を原動力に、45年間の日本支配を完全否定した韓国の現代史。一方、それにほとんど触れずに終わってしまう日本。
 妻いわく「日本人は歴史を知らない」とも・・・。なぜ、第二次大戦の話しを教えないのか。とか。
 しかし、私はこう尋ねました。「ではなぜ、日本の独立運動とくに朝鮮半島で命を懸けた戦いをした人が、1945年のときに出てこなかったのか」「金九とか抹殺されたか」ってね。さらに日本の植民地支配を招いたのは「朝鮮の政治のせいではなかったのか」。日本を批判する前にまずは、自己の過ちを返りみないのかということを聞いてみました。
 韓国には私が知る限り2度の過ちがありました。そのひとつが秀吉の朝鮮出兵。まず、朝鮮出兵を知ることが出来たのに文治派と武断派が対立し、双方が情報操作し国王に間違った情報を流していたという事実があります。さらに、賢臣と言われた人物が部下に日本の動向に注意せよといったにもかかわらず、死後なにもせずにいたこと。
 これとまったく同じことが、日韓併合の原因となった大院君と閔妃との対立。国内でこんなことしていたら列強各国に付け入る隙を与えているようなものです。
 日本の格言というかなんというかに「ひとのふりみてわがふりなおせ」というのがあります。日本人は自分に謙虚であるひとを評価します。その一方で、自己正当化や正義感を押し付ける人を避け、嫌う傾向があります。
 まず、日本から本当の謝罪を求めるなら、まず支配の要因となった過程を検証し分析した上で徹底的な議論を進めるべきではないでしょうかとおもうのですが。
 いま、竹島や日本海の表記問題についても、日本が先に開国したことで欧米諸国が先に日本海や竹島のことを認識しそれが国際認識にいたったのではないかと思えるのです。
 とはいえ、だからといって韓国を日本が植民地にしたことは間違いありません。ですから、そうほうとも問題点を探りあいながら、いいところ悪いところを認め合うことが必要だと思うのです。
 ことしは、日韓友情年といわれていますが、いまのところ韓国から日本への一方通行のように思えます。まずは、このいびつな交流を変えていかないとバランスがとれないような気がします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日も・・・眠い。コーヒー片手にこれ書いています。
 で、先日に引き続きまして妻のことを少々。
 妻のご先祖様は、李王朝につながるそうです。韓国で李一族が住む地域があるのですが、そこの地域の出だそうです。なにせ、婚姻届を出すために戸籍謄本を取り寄せたりしたときにわかりました。
 妻のご先祖様の出発点は、韓国語の現在の形を作り上げた世宗(セジョン)大王とのこと。妻いわく「側室がいっぱいいたので」というわけで、ご先祖様はその他大勢の庶子のなかの一人ということだそうです。
 とはいえ、五百年前の話だから、いろいろと分派しちゃっているから普通のひとになっているかも・・・。
 でも、旧正月とかに韓国では、ご先祖様の話をするそうです。自分のルーツはどこからなのかってね。日本よりも家系図はしっかりしているので信憑性に関しては間違いない、と思えます。
 一方、私の両親の家系。母のところは、私の祖父母の代に夫婦養子として入ってきたそうです。結構、家系的にはいろいろありまして、米沢の上杉家につながる人もいたりしてまあ、時が時なら、母はお嬢様(お姫様)のような感じなのでしょうかね・・・。そして、父のご先祖様は・・・。足軽らしいのです。だから、もし戦後じゃなかったら、父も母も「家柄が違う」とかなんとかで一緒にならなかったのかも。
 というわけで、私の大好きな妻の話でした。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 長女を、保育園に送って会社で一息・・・。って、これ会社で書いています。正直ちょっと眠い。
 やっぱり、夜型から抜け出せない。
 今日は、わたしの妻について。
 妻は、韓国人。というわけで、結婚したはじめの三年は日本と韓国で別々に暮らしていました。というのも妻の方が学生だったもので・・・。
 お隣の国とはいえ、若干、大きく、なりとも生活の習慣が違うのでその調整をするのが大変。
 ちなみに味噌汁ですが、韓国の風味では塩が濃くてしょっぱい。日本の味噌汁は妻に言わせると薄いそうで。
 料理は、そこそこ上手い。とはいえ、朝が弱く、夜に強い。低血圧なのかとにかく朝が弱い。
 いつも、我が家の朝は忙しい。なぜかというと、ぎりぎりまで寝ているからです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日は、宿直明けで非情に眠い。でも、結局この時間まで起きている。あ~あ、どうも夜型から抜け出せない。
 長女と次女は、相変わらず元気。長女は、だんだん親の言うことを聞かなくなり、次女は、愛想よく笑っています。とにかく、長女は勝気。なかなか、どうも・・・。
 ところで、今日、あのエイブルのCMで歌っている人たちを渋谷の代々木公園で見てきました。CDを昨日発売したらしくマスコミも多く来ていました。
 歌は、結構よかったです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 A3で横浜が負けてしまいました。
 あーあーっというかなんというか。そもそも、中澤、松田、久保、安がおらず、中盤も遠藤がいない。もっとも深刻だったのが、FW。久保と安がケガで出られず、坂田は最終戦を前に負傷で離脱。途中、風邪で山崎が本調子ではなく、また中盤の司令塔でもある奥が急性胃腸炎で体調が万全ではなく。本当にこういっちゃなんだけど3軍で挑んだような大会だったんではないでしょうか。
 とはいえ、明日の韓国は横浜を倒したことで盛り上がるんだろうなー。それも主力がほとんどいないなかでの優勝は本当の優勝なのかと??なんだけど勝てばなんとやらで喜ぶんだろうな。
 あと、審判のレベルがあまりにも低い。ラフプレーの多さは横浜よりも相手の方が多いんだけどファウルをとらない。ここでわかるのは、韓国がかつてW杯で勝てなかったのはアジアの審判のレベルが低いからなのではないかということ。日本は、その割を食っていたのではないかということ。なあんか、審判のレベルが上がればアジアのサッカーのレベルは向上するんじゃないかなあ。
 だって、横浜と最後に戦った水原は確かに強かったけど、フィジカルコンタクトとプレスだけ。守備は、なんかひたすら走って体でぶつかってとめる。ある意味ファウルぎりぎりで何とかという感じなんだよね。もし、足の速いやつ。例えば、坂田や浦和のエメルソンなんかが飛び出せば、3,4点は軽く行くような守備の弱さが見えました。これKリーグの伝統みたい。
 それにしても横浜Mの皆さんご苦労様と言いたいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 またぞろ、小学校で事件が起きました。子供を持つ親としてはが、将来が非常に心配です。
 なにせ、普通の生活をしていてもどこか怖さがあります。
 それにしても、なんでこんな事件が起こるのか真剣に考えないと将来とんでもない世の中になるのではと・・・。まあ、だんだん2,30年前の米国みたいな物騒な状況です。
 それにしても学校に監視カメラとか警報機をつけるとか、なあんかさびしい感じがします。
 私は、べつにこれが悪いとは思わないのですが・・・。これだと、どんどん子供たちが遊べる環境がなくなるのではと心配です。いっそうのこと放課後みんなで学校のグランドで遊んだほうがいいのではという開き直った考えもあります。
 とはいえ、一昔前まであった隣組(左翼の人は、これは軍国主義の復活だー、と叫んでなくしてしまいました)の復活が良いのではないでしょうか。結果的に地域のつながりをなくし、無用で無責任な個人主義が台頭したことがいいろんな事件の要因のひとつになっているのではないかと思っているのです。
 いま、改めて戦前から昭和30年代ごろの地域のあり方について研究しても良いのではないでしょうか。
 長女と次女の笑顔がずっと見られるような世の中になってもらいたい、と思っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。