職務質問

テーマ:

 

友人が生まれて初めて、といっても頻繁にあっては困ることなのですが、職務質問を受けたそうです。彼女は住んでいる区の畑を借りているのですが、平日の仕事の後と土日しか畑に行くことが出来ません。で、ある夜のことですが、彼女は仕事が終わって家に帰ってから自転車でやや離れたところにあるホームセンターに行き、大きなシャベルなどを買って、自転車の荷台に括り付けて畑に向かいました。すでに暗くなっていましたが、畑に行くための近道として公園を通ったところ、自転車の前についている電燈が消えかかっていたせいで、お巡りさんに呼び止められたのだそうです。

 

電燈のことは注意を受けただけですが、二台に括り付けられたお巡りさんが不審に思ったらしく、「これは何のためですか?」と聞いたので、友人はことの次第を説明して無事に解放されたということです。夜中に大きなシャベルを運んでいるとなれば、「何を埋めるのか?ひょっとして」という疑問が湧くのはごもっともです。「植える」というのは普通ですが、「埋める」となると物騒なことが想像されることもあります。

 

その話をしてくれたのは彼女が私の家の庭仕事を手伝ってくれた時のことなのですが、小さなお花を一つ植えるだけでも土の下に木の根が張っていたり雑草がしぶとく生えていたりして結構大変なのです。この実体験から、「ドラマでよく”死体は山の中に埋めました”とかさらっと言っているけれど、こんな小さな穴を掘るのでも大変なのだから、簡単には出来ない筈よね~。ドラマって嘘が多い」という結論に至りました。 山の中はさぞや木の根が張っているでしょうに、「死体を埋めようとしたけれど、穴を掘るのが大変でGive Upしました。」と言うシーンが全くないのは何故でしょう?

 

AD