Cluttered talk blab blab blab

Here I talk blab blab blab, just boring yawning crap.
My pleasure if you like it.



Back to top
Back to top
Back to top
Back to top
Back to top
Back to top
Back to top

テーマ:
Commentary: Drone strike reveals U.S. shameful hypocracy on human rights 新華社通信:ドローン攻撃は、人権についてのアメリカの恥ずべき欺瞞を暴き出した

アメリカのドローン

~以下は、日本語版がないようですが、日本人が知らねばならない内容なので、訳します~
BEIJING, July 22 -- The U.S. drone strike strategy has once again exposed its hypocritical double standard on human rights. The Obama administration, concerned only about minimizing the casualties of U.S. soldiers, have turned a flagrantly deaf ear to the heartrending loss of civilian rights to life in other countries affected by this technology.

アメリカのドローン攻撃戦術は、(アメリカの)人権においての欺瞞的なダブルスタンダードを暴き出した。
ただ、自軍の損耗を減らすことのみを考慮したオバマ政権は、この兵器の技術によって被害を受け、失われた他国の一般人の生命については、目に余るほどの無視を決め込んでいる。

The White House recently released a report, indicating that from 2009 to 2015, some 100 civilians were killed during 473 U.S. drone strikes in regions where the United States is not at war. Human rights groups following the case suggested that the real casualty figures are far more underestimated.

ホワイトハウスが最近発表した報告書によると、2009年から2015年にかけて、アメリカが戦闘状態にない地域において、100人以上の一般人が、473回の米軍による攻撃で殺害されている。
この問題を調べている人権団体は、実際の死亡者数は、はるかに多いはずだとしている。

A recent report from the London-based Bureau of Investigative Journalism, a non-governmental organization, shows that the United States has launched 424 drone strikes in Pakistan alone since 2004, killing 424 to 966 civilians, including about 200 children. According to its calculation, U.S. drones have caused 492 to 1,100 civilian deaths in Pakistan and other countries since 2002.

ロンドンを本拠地とするNGO団体のBureau of Investigative Journalismによる最近の調査では、アメリカは、パキスタンに限っただけでも、2004年から424回のドローン攻撃を行い、子供200人を含む424人から966人の一般人を殺害した。
同団体の推計によると、米軍のドローンは、2002年から、パキスタンと他の国において、492人から1100人の一般人の死亡者を発生させている。

It is sarcastic to see that President Obama, a Nobel Peace Prize laureate, endorsed the drone strike strategy, which has claimed hundreds of innocent lives outside his country. The bloodbaths of civilians conducted by the United States during his eight-year term have engraved a stain on Obama's forehead that he could never wipe away.

ドローン攻撃を後押ししているオバマ大統領が、ノーベル平和賞受賞者であるということは、非常に皮肉なことだ、よその国では、何百人もの罪のない人の命を奪っているというのに。
彼の任期中の8年間に、アメリカによって引き起こされた一般人の血の海は、決して拭うことのない汚点として、オバマの額に刻み込まれているのである。
Michiko

Disgusting.
Okinawans know the truth of America, they know the same pain, that is why they call it murderer, and I am not feeling good at all as well, in living with this pest, the pest called America.

吐き気がします。
沖縄県民は、本当のアメリカを知っています、彼らは同じ痛みを知っています、だから彼らは、米軍を「人殺し」と呼ぶのです、そして私は、こんな害虫と一緒に暮らしていて、まったく気分がよくありません、「アメリカ」という名前の害虫と。

沖縄反米基地闘争

AD
いいね!した人  |  コメント(5)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

Comment on THAAD can be target of surgical strike

01Hummer10

In the Korean war, the allied vs the PLA firepower is 100 : 1 and the PLA managed to chase the Allied force back down to the south of 38th, causing MacArthur to lose his job. One may ask "How was it even possible?!"

The answer is ridiculously simple, the PLA just charged en masse and got very close to the allied firing line where the tanks, cannons, missiles, machine guns, mortars etc are ineffective or useless. Then the allied soldiers had to fight eye to eye with the PLA soldiers thus losing benefits of superior fire power. When it comes to body to body fight, nobody can win the Chinese locust soldiers! They could fight you with bamboo sticks and win with their frozen feet cracked by cold because there weren't enough army boots.

Hey, ask any US Korean war vet (if any living), and see the fear still in their eyes.

朝鮮戦争では、連合軍と人民解放軍の銃火器比率は100対1だったが、人民解放軍は、連合軍を38度線の向こうまで退却させた、それでマッカーサーがクビになったのさ。
「どうしてそんなことができたんだ?」って、誰もが思うよね。

答えはバカバカしいほど簡単なことさ、人民解放軍は、人海戦術を取ったのさ、そして連合軍の前線のごく近くまで行くことによって、戦車や砲門やミサイルやマシンガンその他を使用不能にさせたのさ。
そうしたら、連合軍は、銃火器の優越性を失って、人民解放軍兵士を相手に、白兵戦を戦わなければならなくなる。
いったん白兵戦になったら、中国兵に勝てるわけはないさ!
竹槍でも戦えた、足が凍傷になっていたって勝てた、当時は、じゅうぶんな軍用ブーツがなかったからね。

どれだけ怖かったか、誰か、朝鮮戦争に従軍した元米兵に聞いてみたらいい(生きて帰れたならね)。
Michiko > 01Hummer10

American soldiers needed a flamethrower even when they were engaged with civilians like Okinawans.
American soldiers couldn't have got close to Okinawan civilians hiding in a hole because American soldiers were REALLY AFRAID of grenade, they were SCARED if they met with it, so they had to take FLAMETHROWER KIND OF FEATURE to fight the battle of Okinawa composed of certain soldiers and much many civilians like women and children.
Whom they actually burned were mostly Okinawan civilians not the soldiers sent from mainland.
Little later America also needed to take an atomic bomb kind of feature onto Japanese women and children too.
In sum, American soldiers were not confident at the fight against Japanese women and children.

アメリカ兵は、沖縄市民のような、非戦闘員を相手にした場合ですら、火炎放射器のようなものが必要でした。
アメリカ兵は、穴の中に隠れている沖縄市民に近寄ることができませんでした、なぜなら彼らは、手榴弾をとても恐れていたからです、もしもそれに遭ってしまったらどうしようと、怖がっていたんです、だから、ある程度の数の兵士と、そして女子供など、圧倒的多数の非戦闘員を相手にした沖縄戦を戦うために、火炎放射器が必要だったんです。
彼らが実際に焼いたのは、ほとんど沖縄の非戦闘員でした、本土から送られた兵士ではありません。
しばらくあとには、アメリカは、日本の女子供に向かって、原爆なんてものを使いました。
要するに、アメリカ兵というのは、日本の女子供との戦闘に、自信がなかったということなんです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

cherrysan's comment on China can counter THAAD deployment

cherrysan
THAAD is basically to defend US forces in S Korea, not S Koreans. The fact that US forces will be operating THAAD is evidence the system is to defend themselves, and S Koreans are only a second priority. Of course S Korea put on a brave face saying she can control THAAD targeting but she is in no position to tell US what to do if US suspect Kim missiles launches from near the Chinese border, so THAAD will be peeping into China. Or US will deliberately do so without S Korean permission, what can S Korea do about it once parked there?

THAADミサイルは、基本的に在韓米軍を守るためのものであって、韓国人の防衛のためのものではない。
THAADを操作するのが米軍であるという事実が、「自分たちの防衛のためである」という何よりの証拠さ、そして韓国人の防衛順位は、2番目でしかない。
もちろん、韓国は、自分たちがTHAADをコントロールできると強がるだろうが、もしもアメリカが、北朝鮮のミサイルが中国との国境付近から発射されたと疑った場合には、韓国は、どうしろなどとアメリカに指示するような立場じゃない、だからTHAADは中国へ忍び込んで行くということさ。
または、アメリカは、韓国の承諾なしで、わざとそうするかもしれない、韓国は、いったいどうするつもりなんだ、一度配備をしてしまったとしたら。
AD
いいね!した人  |  コメント(45)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。