1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年02月25日(金)

オジサマをスキになる心理 其の二

テーマ:恋愛
いらっしゃいませ。

微熱のまま開店、クラブカナです。


さてさて。

前回アツく語った、男女の好きの違い。


これは、異性の「何」に一番の魅力を感じるかに大きく現れます。


例えば、皆さんが「どんな人が好き?」と聞かれたらなんと答えますか?

優しい人、可愛い人、頭のいい人・・・


色々あると思いますが、結局のところ

「好きになった人」

というのが答えではないでしょうか。


普段から、どんな理想を描こうとも、現実に好きになってしまうのは、初対面で

「この人とは、ありえない」とか「あんまりかわいくないな」

なんて思ってた人だったりします。


ではでは、私達の潜在意識では、異性に一体何を求めているのでしょうか?

男の人は?女の人は?

読む前に考えてみてくださいね。


(´・ω・`)考え中・・・・


ではまず、男の人から。


男の人が重視するのはまず第一に、


女性の美しさ


どんなに個人差があって、好き嫌いがあろうとも、男の人はこれを一番に重視します。

男の人を働かせるのも、性欲を出させるのも、

女性の美しさにかなうものはありません。

しかも、これは結婚する前もしたあとも、続くのです。

つまり、女性が「禿げても、太っても旦那様が好き」と思うのに対して、男性は

「何十年たっても、彼女には美しくいてほしい」

と願っているのです。

世の女性が美に磨きをかけているのも納得ですよね。

コメカミにサロンパスなんて、もってのほか!

女性には、外でも、もちろん家の中でも美しくいてほしいのが世の男性なのです。

家でジャージ着ていて、「最近彼が冷たいの~」なんてなげいている人は、要注意です。美も台無し。


「ちょっとまってよ!じゃあ、美しくないとだめっていうの?」 ヽ(`д´)ノ  

美しい人、美しくない人を分けるのは、加護ちゃんと辻ちゃんを100メートル先から見分けるぐらい難しいです。

ここ、今回のポイントです。

人間には、「内面の輝きが外に出る」という性質があります。

つまり、「美」というのは、外側だけでなく、内側からも作られるのです。

男性が女性をみるとき、自分にとって素直で優しい女の子は、世間でなんといわれようが可愛く見えてくるのです。

もう、まさにこれが「あばたもえくぼ」

世の中、うまくできてます。

おかげさまで、クラブカナも廃業せずにすみます。


ではでは、女の人が第一に重要視するものとは?

ここに、オジサマ好きの心理が隠されているのです。

次回お楽しみに~。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年02月24日(木)

紅白(前半)を5回見ました

テーマ:ブログ
みなさま、ご心配をおかけしております・・・。

風邪ひきカナです。

ただ今「99.3F度」です。

ハイ、計算・・ 


37.388・・・C度 ガ━━(゚Д゚;)━━ン!


まだ熱が下がってない・・・。


ちなみに、計算してる時ちょっとわくわくしてます。(←バカ)




オジサマを愛してしまう心理、を結構さらっと書こうと思ってたのですが、オジキラ同盟の一員としてみなさまに申し訳ないので、色々な理論から責めてみたいと思います。

理論によって解釈が違うのデス。

というわけで、ちょこっと長くします。

ちょっとまっててください・・・スイマセン。




今日は、朝方熱が36度台だったのをいいことに、はりきって洗濯と掃除をしてしまいました・・・。



熱、ぶり返しました (ノ ̄∀ ̄)ノ わ~~~い



ちなみに、うちの母は、怪我をしたり風邪をひいたりすると怒るので、まだ言ってません。

だって、お風呂はいったらおこられるんだもん・・・。



みなさん、風邪ひいたら、何してますか?

テレビ?

実は、普段からネットヲタの私は、おもしろいテレビ番組を知らないのです。

CNN(ニュース)か天気予報のチャンネルしか知りません。

ケーブルなのに。


本は、普段からよく動いてない頭が働かないので、読んでも頭にはいってきません・・・  

_| ̄|○


仕方なく、先週からレンタルしてる「紅白歌合戦(前編)」を繰り返し見ること5回・・・。

美川憲一さんの衣装も歌「納沙布みれん」の歌詞も、もう覚えてしまいました。

・・・・。


ところで。

私は、よく「ネットしてるように見えない」と言われます。

ママだから?

とにかく、外で元気に(主に夜)遊びまわってるイメージがあるらしいです。


この前、友達10人ぐらいでクラブ&バーに行ったとき、隣の男性に

「週末は、何してるんですか?」

と聞かれて、普通に

「インターネットしてます (・∀・)」

と答えてしまい、サーーーッと引かれました。

年をとると、自分を偽る事が出来なくなるのでしょうか・・・。

しかも、最近、ヲタ関連を持ちネタにしてます。


そんな感じで、これから友達を迎えに空港に行ってきます。

ドキドキです。


PS ルナさん、北海道も寒いんですね~。

どうぞ、温かくしてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年02月23日(水)

オジサマをスキになる心理 其の一

テーマ:恋愛
カミュさん、ご登録ありがとうございました。(素敵な名前ですね・・・)

これからも、がんばって「癒し」を研究していきます。


・・・と、そんな気合もむなしく、まだ寝込んでます。

でも、熱は37.8度まで下がりました。

ご心配をおかけして、すいません。

明日、日本から友達が遊びにきてくれるので、結構焦ってます。

明日の夜に飛行機が到着するので、それまでに治さないと・・・。


ところで、以前からLunaさんと私の間で話題になっていた

「オジサマを愛してしまう心理」

について考えてみようと思います。

オジキラメンバーの人には、「そんな事、わかってますよ」

といわれるかもしれませんが、どうぞ気長に読んでくださいね・・・。


-スキの違い-

男の人が女の人をスキになるときと、女の人が男の人をスキになるとき。

この時、そのスキになる理由とスキになっていくプロセスには、ものすごい違いがあります。

雑誌のアンケートでも、そんなことが書かれていますよね。

これは、社会心理学の実験でも、その違いがちゃんと現れるのです。


例えば・・・


男の人が、「スキだから、早く触りたい、Hしたい」と思うのに対して

女の人は、「スキだから、ギリギリまで我慢して、大切にしてくれるよね?」


と考えているような感じ。

この辺の心理が理解できようになるのは、すこし時間がかかるかもしれません。

小学生でわかってる子供がいたら、もう、かなりのおませさんですね。

でも、だからといってオトナになってからも

「男の人って理解できない!男子って不潔!」

と思っている人は、恋愛で苦労するかもしれません。


どちらにしても、「スキだからHしたい男子」と「スキだけど、Hしたくない女子」

の紛争は、よく少女漫画に書かれていますよね。


部屋で2人っきり、男の子が女の子を説得しようとして

「俺、OOのこと、好きなんだよ。だから・・・な・・・?」

なんていう台詞を吐き

「サイテーーーーー」 パーーン (平手打ち)  ()゚O゚)アウッ  

となる、例のシーンです。


今、話が思いっきりずれて、思春期の時代にワープしてましたが、とにかくスキの心理には違いがあるのです。

同じスキだからといっても、相手も同じ心理だとは限らないのです。

では、どうして、ヤングで美人な女の子達がオジサマをスキになってしまうのか?

「ヤングで美人なんだから、ハンサムな(言い方が古いですか?)男子がよってくるんじゃないの?なぜ、わざわざオジサマを選ぶの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ノンノン。

実は、これはごくごく普通の現象なのです。


次回はそのナゾに迫ってみます。

みなさま、体感温度マイナス12度の中を、薄着で歩くのはやめましょう。

そのあと、寒いレストランで4時間過ごすのも、もっての他です。

38度の熱が出ます。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年02月22日(火)

38.388度の憂鬱

テーマ:ブログ
桃音さん、ご登録ありがとうございました~。
皆様が疑問に思われたことを記事にしたいので、どんどんコメントくださいね。



みなさま、お元気ですか。

私は、ここ二日間、

38.3888・・・C度の熱と戦ってます

アメリカの体温計は、F度表示なので、計算したらこうなるのです・・・。

そんなわけで、例の、C=(F-32)X5/9 

の計算を、熱を測るたびにやってます。


そんな事をしているから、熱が下がらないのかも・・・。


みなさまアメリカに長期に旅行する時は、日本の体温計をお忘れなく。


病気になると、体だけでなく、心もすっかり弱るようで

「もう、死ぬかも・・・」

なんて思ったりします _| ̄|○ (いや、ほんとに)


でも、それ以上に私が感じている恐怖は

「寂しさ」

なぜか、むちゃくちゃ寂しいのです。

NYから遊びに来ていた友達をおもてなしすることもできず、逆に鍋焼きうどん(おいしかった)を作っていただく始末・・・。

2人でお昼まで寝て、それから「ガキ使」を見るという、よくわからない一日を過ごしました。

しかも、私のほうが早く起きたし。

友達が帰った後、おでこにヒエピタを貼りながら「負け犬の遠吠え」のドラマを見て、

2時間で3回泣きました。

しかも、めちゃめちゃクサイシーンで泣くのですよ・・・。

とにかく、私は風邪をひいて寝込む度に、寂しくて寂しくて死にそうになります。

風邪をうつしたくないから人にも会えないし・・・。

寂しい。


みなさんは、どうですか?

こんな時に優しくされると、どんな人でも信じて好きになってしまう経験ってありませんか?

人間、弱ってる時は本当に心も繊細でナイーブになってしまうのだと思います。

それを利用する悪徳業者。

世知辛い世の中です。

そんな世の中を癒していきたいクラブカナですが、

昨日から、心と体のつながりを痛感してます。

今だったら、一本2万円の掛け軸を買うかも・・・ (安いですか?)

カウンセラーも、鬱になるのか、と思われた方。

正解です。

めちゃめちゃなります。

お医者さんだって、風邪を引くのと同じです。


このブログのコメントとかで、いつも無性に癒されてる私です。


そんなわけで、どうぞみなさまは、風邪にお気を付け下さい。

今日の文章は、誤植がたくさんあると思いますが、熱があるので許してください。
m(_ _)m
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年02月21日(月)

遺伝と性格 パート3 終

テーマ:カウンセリング
リアル・クラブカナのプライベートパーティー。

昨日は、35人の人が集まってくださいました。
みなさま、ご来店ありがとうございました。

ギャル最高。ヲタも最高 (・∀・)

今度は東京でやりたいです。


そんなこんなで、「遺伝」の続きです。


-家族と一緒-


前回までは、「自分も家族と同じ病気になったらどうしよう」

という不安の話をしていましたが、最後は、逆の問題について。


「私だけ、家族とちがうの?」という悩みです。


たとえば、精神的なトラブルが現れる場合、全員健康な家族のなかで、一人だけ精神障害を持つ患者さんは、たくさんいらっしゃいます。

そんな方は、自分をとても責めてしまい、家族もそれを隠そうとする場合があります。

反対に、家族が理解しても本人が病気を認めないケースもたくさんあります。

私の患者さんでも「自分だけ、家族と違う事」を落ち込む方がたくさんいらっしゃいました。
やっぱり、家族と一緒でありたいと思う気持ちは強いのですね。

「お母さんだけには、絶対に似たくない。」と強く願っていても、大人になると、似てしまうケースもあったりするのと同じです。


そんなことをふまえて考えると、ご家族の方が優秀であればあるほど、精神病を持ったことを自分のアイデンティティーとして確立するのは難しいのかもしれません。


昔から「カナちゃんの家族って、みんなで漫才してるみたいだね」

とよくいわれますが、なんだかんだいっても、私の家族は全員一致でお笑い系(しかも汚れ芸人)です。

上も下もなくて、平等で平和。

バカ万歳。

だから、もし一人だけものすごく天才で、まじめで、お笑いが嫌いな性格だったら、その頭のよさを理解できないこの家族にいるのは辛いですよね。

ある意味、ペンギン村に住む常識のある人間状態。


家族は、私達にとって、ものすごく大切なものです。

病気によって壊されるよりも、それによってより強くつながるのが本当の家族ではないかと私は思います。


私の患者さんで、ご両親や双子のお姉さんは社会でご活躍されてるけど、自分だけ精神分裂病を持った女の人がいました。

カウンセリングを行った時、彼女は自分のことを「スケープゴート」と呼びました。

スケープゴートとは、象徴的に罪を負わされ、いけにえにされたヤギのことです(可愛そう・・・)

つまり、彼女は自分のことを

家族の悪を全て背負い、身代わりに罪をつぐなう人

と呼ぶのです。

家族カウンセリングをしたとき、そのお姉さんとお話したのですが、「妹には、どうしても治ってもらわないと困る」という姿勢で治療に望んでおられました。
これでは、彼女はもっと自分を責めてしまいます。

精神病の治療において、家族の協力はとても大切です。

でも、それ以上に大切なのが「理解」なのです。

性格には、遺伝するものも、しないものもあります。

生まれつき持ってる性格も、環境で作られる性格も、どれもが「自分」をつくる大切な大切な個性。

家族がみんな健康なのに、突然入院する方がいらっしゃるように、家族が元気なのに、突然精神病になってしまう人だって当然います。

例えば、世間の理解の少ない精神分裂病になる原因は、様々なものがありますが、私は遺伝説よりも、ウイルス説を信じたほうが、患者さんやご家族の気持ちが楽になるのではないかと思います。

ウイルス、つまりどうにも出来ないもので精神病になったとしたら、ご両親はご自分を責める必要はありませんし、患者さん本人も、罪悪感を感じなくてもいいのではないでしょうか。

この例は極端ですが、ただ、遺伝というものに恐れを感じないで欲しいのです。

遺伝は可能性、でも全てではない。

両親と同じ精神病を持つとは限らない。

さらに、家族で一人だけ精神病になったからといって、家族と違う事はないのです。

家族の中にも、個性はあるのです。その、あなただけの個性を、そしてあなたのご家族の個性を大切にしてあげてください。



そんなわけで、遺伝と性格のお話、お開きです。

いつも、ご来店ありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年02月19日(土)

バレンタイン・カレーパーティー

テーマ:ブログ
おはようございます。


昨日の夜から、

「スポーツが好きな、21歳のさわやかで元気な女の子」

がはるばる飛行機でボストンに遊びに来てくれて、家に泊まっています。

そして、昨日一緒に夕飯を食べてくれたのは

「あたし、ギャルじゃないし~」

という25歳の、昔日サロに通っていた人と、

丸坊主にひげを生やし、金のネックレスをつけて

「俺、こんなでっかいダイヤモンドつけたいんだよね~」

と語る、今も日サロに通うその彼氏。


21歳の女の子、びびってました。(私も)


今日は、私に代わってその2人がボストン観光をしてくれるようで、ありがたいです。

ありがとうございます。

お世話になります。


2人が案内してくれると、とっても安全だと思うのは私だけですか?


そんなわけで、今日はカレーパーティーです。

最初は5人ぐらいの身内パーティーを予想していたのが、40人まで達する様子・・・。

カレーの材料を増やすため、これから買い物に出かけます。

ハイヒールで、40人分の材料は、きついものがあります。(しかも、電車)

でも、なんといっても今日は

ギャルとヲタが集まるパーティー

私も、いつになく緊張しています。


もちろん、昨日のイカツイカップルも来ます。



いろいろな不安を抱えながらも、プライベートパーチーのため、今日はクラブカナ閉店です・・・。

またのご来店をこころからお待ちしております。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年02月18日(金)

遺伝と性格 パート2

テーマ:カウンセリング
おはようございます。

ボストンは、晴天なり。

今週の土曜日は、リアル・クラブカナのパーティーがあります。
皆様にも来て欲しい・・・。

気持ちだけでも!という方はコメントください m(_ _)m


そんなわけで、昨日の続きでございます。あの、「遺伝」がナントカ言ってた話です。


近年、「遺伝カウンセラー」というかっこいい名前のお仕事があります。

(ちなみに、クラブカナは「臨床心理カウンセラー」です)

アメリカでは、結構ポピュラーだけど、日本にはまだ少ないとか。

勉強できる大学も、今のところ希少ですが、これからどんどん増えていくと思います。

この、遺伝カウンセラー、これからの時代にものすごく活躍されると思います。

なぜかというと、もう私達は

ヒトゲノムを知ってしまったから。

きゃ~。

そう、もう、「遺伝」に対する考え方がぜんぜん違うのです。

それは、もう、体験前と体験後、みたいな。


「一度知ってしまったら、もう知らなかった時には戻れないんだよ」


とかいう言葉が、今頭の中を回ってます。

いっつもこんなんでごめんなさい。


私がテンパッてる間にも、今、世の中では「遺伝」という得たいの知れないものに悩まされる方がおおくいらっしゃいます。

いろんな情報があちこちから入ってきて、ガンは遺伝だとか、何とかっていう疾病もどうやら遺伝らしい、とか聞かされて、もう大変。

最近では、麻薬やアルコール中毒も遺伝の可能性が!?なんていわれてます。


「私は病気になるの?じゃあ、どうすればいいの?誰か教えて!」


やっぱり、知ってしまうと、もっと知りたくなるのが人間です。不安はおおきくなるばかり。

そんなときに活躍するのが遺伝カウンセラー

ここ、ヒーロー登場のシーンです。

例えば、遺伝性疾患をお持ちの方が、出産などの時に「私の子供に、この病気は遺伝するの?」とご相談される事も多いと思います。

それほど、「遺伝」という私達にとってはあやふやなものによって、ご家族の方は悩まれるのです。

ゲノムとか、遺伝子レベルとかDNAっていうけど、なによ!!!!

ヽ(`д´)ノ ヽ(`д´)ノ ヽ(`д´)ノ うわあ~~~

となっても当然なのです。

ですから、遺伝カウンセラーは、そんな私達の強い見方なのです。

正確な情報が得られないまま、うわさや偏見に悩まされるぐらいなら、もういっそのこと専門家に相談してみましょう、というニーズに答えた素晴らしいお仕事だと思います。


昨年、ハーバード大学で、分子遺伝診断や疫学の研究をされている荻野博士(多分ものすごく有名な方)の一般者向け研究発表を聴いていたときに、遺伝カウンセラーのお話をされていました。

冗談も交えながら話されていたのですがその中盤、スクリーンに

「盆と正月が狙い目」

という大きな文字が映し出されました。


なんでも、お盆とお正月、つまり家族や親戚の方が集まる時に、家族の病気のことなどを知るのが、遺伝レベルでどういう病気の可能性があるかを知る第一歩だとか・・・。

こんなところでネタを頂いてしまいました。ごめんなさい。



ややこしい話になってきましたが、もうちょっとだけ次回に続きます。

今回、心理学あんまり出てきてないし・・・。


コメントも、お待ちしております。でも、

「ゲノムって何?」

という高度な質問は、Googleさんとかに聞いてください・・・。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年02月17日(木)

遺伝と性格 パート1

テーマ:カウンセリング
みなさま、お元気ですか。

愛をもらったひとも、分け与えた人も、バレンタイン特別キャンペーン(献血)に参加した人も、

みなさんがシアワセなバレンタインを過ごされた事を祈ってました。


すっかり更新が遅くなってごめんなさい。

また無駄話で終わってしまわないように、むか~しにネタだけ残してあった、遺伝と性格についてお話します。



遠い昔から、性格が遺伝で決まるか、環境で決まるか、というのは、アツイ議論の対象でした。


「性格は絶対、全部生まれつき決まってるんやって!!」


「ちゃうちゃう、育った環境で作られるに決まってるやん!!」



という、紳士達の口論があったかどうかはわかりませんが、とにかく、バトルが続いていたのです。


例えば、中国の「性善説」VS「性悪説」みたいなものですね。


「人は生まれる前は善人だけど、俗世間によって悪に染まってしまう」

            VS

「生まれた時は悪だから、法律で規制することによって善にしないといけない」

という例の両極端な思想ですね。


皆様、どっちだと思いますか?


私はよく、友達に「人を見る目がない」と怒られます。

人間は、生まれる前も、生まれた後も善だと思っているから、人見知りをしないのです。

けっこう、露店でぼったくられたり、すっかり騙されたりすることもあります。

ええ。

でも、一番私からうまくお金を騙し取っていたのは、

小学生の頃の姉です。

半分使ったヘアスプレーや、飽きてしまった化粧水など(おませだった姉)を
原価で買わされました。

でも、騙されてても本人は90パーセント気づいてないのです。

騙されてても、知らなかったら、まわりの人は「みんなイイ人」です。


「かなちゃん、大丈夫なの?」という不安はさておき、

現代の心理学の世界では、遺伝と環境はほぼ50パーセントずつの確率で人格や性格に影響があるといわれてます。

「50パーセントって、そんなんいうたら、討論の意味ないやん。」

そうなんですよ。

結構ずるい。

でも、これが化学の真髄を集めたデータの結果・・・。

ごめんなさい。
(なんで私が謝ってるのだろう・・・)

ただ、病気などによっては遺伝の方が60パーセント影響がある、とか、環境で70パーセント決まる、とかいうものもあります。

たとえば、Bipolar Disorder(両極性障害)、いわゆる躁鬱病の場合は、遺伝の影響のほうが少し強いです。

反対に、うつ病の遺伝性は、今のところ少ないとされています。

だから、患者さんでも両極性障害をお持ちの方は、ご家族に同じ症状を持った方がいらっしゃることが多いです。

逆に、うつ病の人は、家族に同じ症状のひとが一人もいないということもあります。

ただ、この遺伝の統計的パーセントも「可能性」が強いとか弱いというだけのことであって、発病するかどうかはわかりません。

ガンの人が家族にいても、健康なご家族の方はたくさんいらっしゃるのと一緒ですね。

エイズだって、HIVウイルスを持っていても発病しない人は、一生発病しないです。

ガンになるよ、といわれても、一生タバコを吸い続けて健康な人もいれば、お酒が大好きだけど肝臓ガンにならない人もいます。

遺伝は、確かに「病気になるかもしれない」という参考にはなりますが、それが全てではなく、個人の免疫力や生活環境が大きく関わってくるのです。


ではでは。

私たちは、この遺伝と性格をどんな風に受け止めればいいのでしょう?

次回は、その受け止め方について考えてみます。

本日のご来店、誠にありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月12日(土)

「バレンタインだから愛を分けよう」キャンペーン

テーマ:ブログ
クラブカナの常連客に、経済学者の方(♂)がいらっしゃいます。



(´・ω・`)に似てます。


2月8日の記事「愛しのバレンタイン」を読んでいただいたそうで、どうもありがとうございました。



先日そんな彼が


「どうせ、(チョコもしくは愛)もらえないのだから、愛を分けないとだめなんだよね」


とおっしゃって、

今日ついに・・・・


初めての献血に行かれるそうです。





献血キター====(゚∀゚)====!!!!!





私、今まで経済学者の人は、


経済学=お金のことを考えてる人


と思っていましたが、違うようです。


彼曰く、「どうやって雇用を増やすか」


という福祉的なことを考えているらしいです。


ああ、私、恥ずかしいです。 


勘違いしていました。


人のために働いている人、人のことを心から考えている人は、福祉と名の付く仕事をしている人ばかりではないのですね。


それよりなにより、「バレンタインだから愛を分けよう」キャンペーン


泣けます・・・。

クラブカナでは、そんな彼へのファンレターも受付中です。




私も、常に求めるよりも、与える人になりたいです。

癒しの道は厳しい。


次回は、遺伝についてのお話なので、その前にマターリしてみました。(カタイノキライ・・・)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月12日(土)

オジサマ防衛軍

テーマ:ブログ


会長はじめ皆様、オジキラのバナーが未だに貼れない私を許してください・・・。


オジキラ同盟とは、オジサマをこよなく愛す、心優しい美女軍団による同盟。

もう、オジサマにメロメロなんです。



クラブカナも、見習わないといけません。



「禿げたらどうしよう・・・」



と悩む男性の皆様にとっては、まさに女神のような方たちです。

オジキラがいる限り、男性は安心して歳をとれるのです。


まさに、オジサマ防衛軍。(しかも、会員が癒し系美女)

すばらしいです。


そんなわけで、クラブカナはオジキラ同盟を応援しています。

詳しくは、広報部長mocoさんのページへ。


最近、新しい同盟も出来たみたいで、楽しい限りです。


銀行にまったくお金がないのに、スポンサーになりたいぐらいです。


というわけで。

バナーを貼ってないお詫びでした・・・。


ごめんなさい。

http://choco-moco114.ameblo.jp/?bid=choco-moco114
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。