2012-05-15 12:04:29

第2回RUN & CLEAN in 飯岡 Vol.2

テーマ:Biker's Cafeの話

100名ほどのバイク乗り達が

一斉に




飯岡の海岸へ散っていく。




ライディンググローブを「軍手」に換え

ツーリングバックを「ゴミ袋」に換えて・・・・





NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


津波の影響で壊れたテトラポット。

サーファー達が波乗りを楽しむ傍らで



厳ついカッコのバイク乗り達がごみを拾っている。



昨年の3月にここを訪れたとき・・




海岸と道路と家の中の区別がつかなかった・・・

津波はすべてを飲み込んで生活を根こそぎさらっていった。





穏やかで美しい海はあの出来事が

まるでただの幻だったように思わせるほど

いつもどおりの美しい蒼。





NO ! BIKE ! NO ! LIFE !



NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


黙々とごみを拾うバイク乗り達。



NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


NO ! BIKE ! NO ! LIFE !



NO ! BIKE ! NO ! LIFE !

あの日・・・


私たちはひょっとしたらもう二度と

バイク乗ってこの綺麗な海岸線を笑いながら

走れなくなるのではないかと・・・思った。



NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


昨年、ボランティアで飯岡に駆けつけたとき


カメラを片手に被災地ツーリングをする

心無いバイク乗りに本当に幻滅した。



NO ! BIKE ! NO ! LIFE !

NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


NO ! BIKE ! NO ! LIFE !

それでも今日。


こんなに多くのバイク乗り達が

あの日を忘れずにまたここに駆けつけて

来てくれて黙々とごみを拾ってくれている。



NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


NO ! BIKE ! NO ! LIFE !

この素晴らしきバイク乗り達と今日、

ここで集まれたことを誇りに思います。



良い天気だったから、

走りに行きたかったでしょう。


ミーティングやイベントも

あったでしょう・・・



でも、この海岸清掃へ来てくれた

みなさんの温かい気持ちは

海岸付近に住んでおられる住民の

みなさんにかけられた言葉、



「ありがとう」



という言葉できっと・・・

伝わったと信じている。



昨年、このすぐそばの

お宅の土砂のかき出しに来た。



過去記事→飯岡のボランティア



おじいさんが一人で住んでいた

あのウチはどうなったのか



あれから1年。



おじいさんは元気だろうか?



挨拶に行こうと行ってみたが




あの家はすでに解体され

なにもない平地が広がっていた・・。




復興はまったく進んでいない!



まだ・・・この街では震災被害は

まったく終わっていないのだ。




もう一度・・・



なんとなく心に誓った1日でした・・・・。




NO ! BIKE ! NO ! LIFE !


第2回RUN & CLEAN in 飯岡にご賛同頂き

協賛を頂きました企業のみなさま。



本当にありがとうございました。



また、この活動にお力を貸していただいたスタッフのみなさん。

お疲れ様でした。



なによりも


震災から1年経っても忘れずに愛車に乗り

駆けつけてきてくれたバイク乗りのみなさん。



本当にありがとうございました。



来年もまた、素晴らしいバイク乗り達と過ごせる

時間を今から楽しみにしています。

Club BIGONE Opa(おぱ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。