やっぱりコーチは、でっかいな1


やっぱりコーチは、でっかいな2


やっぱりコーチは、でっかいな2


やっぱりコーチは、でっかいな1


やっぱりコーチは、でっかいな3


やっぱり4



やっぱりコーチは、でっかいな4


やっぱり5



AD

初優勝し、笑顔でポーズをとる新居浜東のメンバー
Photo By 共同 
50歳でダンクシュート!人生にイベントを創りたい!めざす男のメッセージ!

陸上の第19回全国中学校駅伝は18日、

山口市の山口県セミナーパーククロスカントリーコースで行われ、

女子(5区間12キロ)は新居浜東(愛媛)が40分22秒、

男子(6区間18キロ)は櫛形(山梨)が56分59秒でともに初優勝を果たした。

女子の新居浜東は3区から最終5区まで区間1位の走りを見せ、

4区でトップに立って逃げ切った。

学校に陸上部はなく、今回出場した5人は全員バスケットボール部。

9月中旬からかけもちで駅伝の練習を開始。

4区の1年生、永易以外の4人は昨年も出場してチームは14位で、

今回の目標は入賞だった。

阪本監督は「信じられんわあ」と驚いていた。

前年優勝の富士岡(静岡)が2位、3位は朝霞三(埼玉)。

男子の櫛形は後半に時津(長崎)と競り合い、最終6区で首位を奪った。

2位に萩東(山口)が食い込み、時津が3位に入った。 <スポニチ>

AD

実業団チームに所属しない川内選手は、「埼玉」の文字が入ったランニングを着て走る。

埼玉県立春日部高等学校定時制で学校事務を担当する川内選手は、

年間70万~100万円かかるという練習費用を自費でまかなっている。

世界選手権に出場する際には、有給休暇を取得する。

勤務時間は、通常は月曜日から金曜日の午後零時45分から午後915分までだが、

学校の長期休暇中は午前1030分から午後7時までとなる。


川内選手は小学校1年生の時、両親に勧められたのをきっかけに走り始めるようになり、

当時は主に母親と練習をしていた。

中学、高校時代は、多くの熱心な選手と同様、1年中、学校の後に何時間も練習をしていた。

しかし、その後、独自の道を切り開くことになる。そうせざるを得なかったのだ。


高校時代は怪我に苦しめられ、目立った結果を出せず、

大学進学の際は強豪校から声がかからなかった。

高校3年の時には父親と死別。

それでもマラソンをあきらめなかった。

一般受験で学習院大学に入学して競技を続けるが、

大学時代の成績は素晴らしいとは言えないものだったという。


その後、埼玉県庁に就職するのだが、その経緯について、

「実業団から熱心な勧誘もなかったし、指導して頂いていた監督からも

『かけっこで飯を食っていくことは難しい』と繰り返し言われていたので、

実業団には進まず、仕事上の夢である『地域振興』と『観光政策』を

やるために埼玉県庁に入庁した」と語る。


フルタイムの公務員として勤務する川内選手の練習時間が少ないのは事実だ。

多くの実業団選手のように1日に3回練習することも出来ず、

練習量は月間600キロ(約373マイル)と、実業団選手の半分程度だ。

しかし、川内選手は、限られた時間を十分に活用している。

「練習内容は大学時代から昨夏まで指導して頂いていた津田氏の教えを中心に

高校・中学での指導・経験も組み合わせて考えている。

具体的には、水曜日にインターバルトレーニングなどのスピード持久力系の練習をやり、

土曜日に2045キロの距離走をやっている。

他の5日間は75100分程度のジョギングを行う。

基本的に1日1回しか練習をしないので、月間走行距離は600km位。

また、日曜日などにトレイルランニングを取り入れて、山に走りに行くこともある」と、

川内選手は練習内容について答えている。


練習時間をもっと確保出来ればとも思うが、

「限られた時間で集中して効率の良い練習を行えているし、

週末の陸上へのモチベーションにもつながっていると思う」という。


「陸上が好きな子供や学生たちに伝えたいことはあるか」との質問に対し、

広い視野を持って欲しいと川内選手は答える。

「『強豪校・実業団か辞めるか』ではなく、

『普通の学校・市民ランナー』でも自分自身で考えながら自由に競技を続けることで、

『楽しみながら強くなることもできる』ということをもっと知ってほしい」というのだ。


世界中のすべてのランナーに

「日本の埼玉にはフルタイム勤務で世界と戦うランナーがいるということを見せたい」という。

自分のような常識外れのランナーが日本代表として走ることで、

日本の多くのランナーに刺激を与えたいのだという。

マラソンで勝つには何が一番大切かを聞いた。

川内選手は、それは「勝負所までどれだけ精神的・肉体的な余裕を残せるかだろう」と答えた。

Japan Real Timeより一部抜粋

AD

今年2月に開催された東京マラソンで、日本勢トップの3位でゴールした川内優輝選手(24)。

記録は、日本人最高2時間837秒。

陸上の世界選手権(827日開幕、韓国・大邱)男子マラソン代表の内定基準をクリア。


川内選手が実業団チームに所属しない市民ランナー。

日本では通常、トップレベルのランナーは実業団チームに所属しているが、

川内選手は、週5日勤務する埼玉県定時制高校の職員。

練習に必要な費用をすべて自費でまかなうアマチュア・ランナーだ。


強さの秘密は何なのか。

ハードなトレーニングを重ね、大会に合わせて最高のコンディションに持っていくのはもちろん重要だが

何よりも走ることを楽しむのが重要で、

厳しい練習自体が目的になってしまうと成果には結びつかないのだという。


「努力したからといって間違った方向に努力していては、結果は出ない。

そんなことよりも『走ることが好き』という気持ちを忘れず、

怪我に気をつけて、自分の陸上スタイルを見つけて効率の良い練習をしてほしい。

怪我をせず、自分のやりたい陸上ができるようになったとき、

初めて本当の意味での陸上の楽しさに気づく」Japan Real Time


己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、
自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬というんです。

一緒になって同意してくれる仲間がいればさらに自分は安定する。
本来なら相手に学び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。

しかし人間はなかなかそれができない。
嫉妬している方が楽だからな。
芸人なんぞそういう輩の固まりみたいなもんだ。
だがそんなことで状況は何も変わらない。

よく覚えとけ。現実は正解なんだ。
時代が悪いの、世の中がおかしいといったところで仕方ない。
現実は事実だ。
そして現状を理解、分析してみろ。
そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。

現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。
その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿という。

東三河地区のスポンサー廻りの途中、


大きな銅像に導かれて?丘のうえに、、、


絶景かな。


そこは、金剛寺、三宮温泉の南山地区、弘法山にあり、

大同年間(806~ 810)、弘法大師空海によって開かれた、とある。


そこから眺める、三河湾、竹島。


三河湾


子安弘法大師像<26.69M 東洋一>

50歳でダンクシュート!人生にイベントを創りたい!めざす男のメッセージ!


おまけの夕日。


西浦の夕焼け


昼食は、R23号沿いの レストランさんかい。


食べログで、ご飯とお味噌汁がおいしいって投稿があった。


聞けば、昔からこの地にある 由緒あるレストランだとか。


がっつりと、とんかつ定食をいただいた。800円也。

▼采配 落合博満 中日ドラゴンズ前監督

スポーツ紙を読むと、3失点で完投しながら打線が2点しか奪えなかった、

つまり「23」で負けた試合で、その投手がこうコメントしているのを目にするはずだ。

「負けたのは悔しいですが、自分の仕事はできたと思っています。次も頑張ります」

私はその記事にポツリとつぶやく。
「先発投手が黒星を喫したら、仕事をしたことにはならないだろうに」

そもそも、チームスポーツで「仕事をした」と言えるのは、チームが勝った時だけである。

2019という大乱戦でも、この試合に先発し、5回を10失点で白星を得た投手は、

内容は最悪だが仕事はしているのである。

しかし、01で完投しながら負けた投手は、厳しいようだが仕事をできていないのだ。


一般社会において、あと一歩で契約を取れなかった社員が「自分の仕事はしました」と胸を張るだろうか。

前回からの成長ぶり、その仕事にベストを尽くせたかどうかの評価は別の次元の話であり、

契約を取れなければ仕事をしたとは言えない。それと同じことだ。

私のように考えると、さぞかしドラゴンズの投手陣は大変だろうと思われるだろう。

仕方がない。野球の勝敗の80%は投手が握っていると言われるように、

投手は守りの中で唯一、ボールを投げることで「攻撃できる」役割なのだし、

投手が投げることで試合が動くという性質上、野手はどうしても受け身の立場だからだ。

しかも、投手が自分の手でボールを投げられるのに対して、

野手はバットという道具を使って打ち返さなければならない。

自分のコンディションに加え、バットも上手く使いこなせなければ結果を残せないのだから、

チームで勝つという唯一最大の目標を達成するためには、

パフォーマンスをある程度計算できる、投手を中心に試合運びを考えざるを得ない。

ここでも大事なのは、原則だ。

負けない努力が勝ちにつながる。この考えだ。

その1勝をつかむために、誰を信頼し、誰を中心に戦っていくのか。

ここがブレてしまっては、チームワークも、選手の目指す方向性もおかしくなってしまう。

これは皆さんの仕事でも同じだと思う。

とりわけ厳しい時代においては、この考えはしっくりくるのではないだろうか。

▼采配 落合博満 中日ドラゴンズ前監督


野球の試合では、

①先発投手が互いに3点以内に抑えて投げ合っているような展開を投手戦

②反対に両軍の打線が活発に機能し、5点以上を取り合っているような展開を打撃戦 と呼ぶ。

皆さんは、どちらの試合展開が好みだろうか。

私はドラゴンズの監督に就任してから、ずっと投手力を中心とした

守りの安定感で勝利を目指す戦いを続けてきた。

なぜなら、投手力はある程度の計算ができるのだが、

打撃力は「水もの」と言われているように、

10点を奪った翌日に1点も取れないことが珍しくないからだ。


どんな強打者を集めても、何試合も続けて打ち勝っていくことは至難の業である。

だからこそ、優勝への近道として投手力を押し出した戦いをしていく。
打者出身の私の考えとしては意外に思うかもしれないが、

これは私の好みではなく、勝つための選択なのだ。


ただ、投手力を前面に押し出すとは言っても、

肝心なのは投手力と攻撃力の歯車がいかに噛み合うかということ。

すなわち、投手陣と野手陣に相互信頼がなければならない。


いくら投手が1点も取らないよう、いいピッチングをしても、

打者が一人も打たなければ勝ちはない。その逆もしかり。


では、投手陣と野手陣の相互信頼はどうやって築いていくものだろうか。
監督になったつもりで考えてほしい。

01の悔しい敗戦が3試合も続いた。

ファンもメディアも「打てる選手がいない」と打線の低調ぶりを嘆いている。

この状況から抜け出そうと、チームでミーティングをすることになった。

監督であるあなたは、誰にどんなアドバイスをするか。


恐らく多くの方は、打撃コーチやスコアラーの分析結果も踏まえて、

3試合で1点も取れない野手陣に効果的なアドバイスをしようと考えるだろう。

技術的な問題点を指摘するか、「気合いを入れよう」と精神面に訴えるか。

ソフトに語りかけるか、檄(げき)を飛ばすか。

コミュニケートする方法も慎重に考えながら、何とか野手陣の奮起を促そうとするのではないか。

つまり、01」の「0」を改善するという考え方だ。

私は違う。

投手陣を集め、こう言うだろう。

「打線が援護できないのに、なぜ点を取られるんだ。

おまえたちが0点に抑えてくれれば、打てなくても0対0の引き分けになる。

勝てない時は負けない努力をするんだ


プロ野球界では、先発投手が67回を3点以内に抑えれば「仕事をした」と言われる。

つまり、3失点以内で負ければ「打線が仕事をしていない」、

3点以上奪っても負けると「投手が仕事をしていない」ということになる。

投手戦、打撃戦の区別もここからきているのかもしれない。


待ってほしい。

勝負事も含めた仕事というのは〝生き物〟だ。

経験に基づいたセオリーは尊重するとしても、一歩先では何が起こるか本当にわからない。

ならば、打線が3点取れなくても勝てる道を見つけ、

10点奪ったのに逆転負けしてしまうような展開だけは絶対に避けなければいけない。

そうなると、「3失点以内なら投手は仕事をした」という考え方はできないと思う。

投手には、あくまで打線の調子を踏まえた上で〝勝てる仕事〟をしてもらいたい。


繰り返すが試合は「1点を守り抜くか、相手を『0』にすれば、負けない」のだ。

また、得点できない野手を集めてミーティングをすると、

呼ばれなかった投手陣は「俺たちは仕事をしているんだ」という気持ちになり、

チームとしての敗戦を正面から受け止めなくなる。

このあと、また同じような状況になっても、「悪いのは野手陣だろう」と考えてしまい、

ここから投手陣と野手陣の相互信頼が失われていくものだ。


THE WORLD BASKETBALL EXCITING TOUR in JAPAN

50歳でダンクシュート!人生にイベントを創りたい!めざす男のメッセージ!

個人会員、スポンサーを募集しています。

10,000人の仲間たちとつくるイベントです。

みんなの夢を応援したい。

スポーツをする、見る、支える、つくる、つながる。

スポーツで日本中のみんなを元気にしたい。

そんな思いの仲間たちを募集しています。

まずは、ビギナーズラック!

やり始めは、何かと上手くいく。

楽しみをおぼえる世界。


次には、壁がくる。

楽しくてやり始めたのだが、

なかなか上手くいかなくなる。

やってもやっても上手くいかない。

だんだん嫌になってくる段階、世界。

多くの子どもたちがここでやめたくなる。

実は、高まってきた自分の志に対して、

今の自分が満足できなくなってきただけ。

ここで、背中を押してあげる必要がある。


次は、やればやっただけ結果の出る世界。

ここまでくれば、自分のプレイや行動、

態度などを自ら考え、工夫できるようになる。

ふたたび、楽しい世界。


究極は、自分の努力した以上の結果が出る。

運やつきをも味方につけられる世界。


第4世界を目指して、楽しんでプレイしよう!!!