杉本家住宅

テーマ:

●京都市指定有形文化財

杉本家住宅 主屋・大蔵・隅蔵・中蔵
平成二年二月二十日京都市指定


今、”京町屋”がブレークしております。町屋の旅館、料亭、カフェ、雑貨店・・・。

特にグルメ本には”京町屋”で京料理を提供するお店が何度も特集されて話題になってますよね(^^)。



京都市指定有形文化財の中でも一般公開しない奈良屋杉本家の町屋が、本日から25日まで入館料¥1,000で一般公開されます。期間中は”台所と中庭”でカフェが開かれており『 忙しい日常を忘れて、ゆっくりした時を過ごしてほしい 』とのことです(^^)。


この杉本家に嫁がれた娘さんと、私の母が(同窓生で)親友であり、未だに親交があります。余談ながら(母のアッセンデルフト葵、ネットショップ購入第一号は、杉本様でした:^^)


以下、奈良屋記念杉本家保存会公式HPより転写致しましたので、ページだけでも是非覗いて下さいませ(^^)。


--------------------------------------------



杉本家は、寛保三年(1743)、「奈良屋」の屋号をもって烏丸四条下ルに呉服商を創業し、明和四年、現在地に移った。京呉服を仕入れて関東地方で販売する、いわゆる他国店持京商人として繁栄した。三代目より七代目まで、西本願寺の直門徒として本山の勘定役の重職を勤めた。


 現在の主屋は元治の大火後に再建され、棟札によれば明治三年(1870)四月二十三日に上棟。この時の当主は第六代新左衛門為賢、棟梁は菱屋利三郎と近江屋五良右衛門であった。主屋は表通りに面する店舗部と裏の居室部を取合部でつなぐ表屋造りの形式を示している。京格子に出格子、大戸、犬矢来、そして厨子二階に開けた、土塗りのむしこ窓。すべてが昔ながらの、典型的な京町家のたたずまいである。


 町家としては市内最大規模に属し、各一間半の床と棚を装置した座敷、独立棟として西に張り出した仏間、大きな台所などに特色著しいものがある。保存状況は良好で、下京における大店の建築遺構として、きわめて高い価値を有する。主屋の北寄り、鍵型に並ぶ大蔵・隅蔵・中蔵は建築年代は不明ながら、元治の大火には焼け残ったと伝える。


 祇園祭に際して、この住宅は当町伯牙山のお飾り場となる。


http://web.kyoto-inet.or.jp/people/narasugi/index.html


AD

大文字さん

テーマ:

●賀茂大橋より


台風の後で、空が澄んでいたので大文字さんがクッキリ!(^^)


”大文字さん”撮影地点から右(南)に45度移ると賀茂大橋です。建築用クレーンが邪魔やん!笑






台風の増水の定点比較を見て下さい。

下の画像は9月3日『夏の終わり・・・』の画像です。


●魚道1



魚道2




●下鴨神社・楼門

これも今日の画像です。空が白いのは空気が澄んでて太陽光線がカメラレンズに強かったんですね(^^)




-----------------------------------------------------








*あたしの記事がこのまま終るとお思いでしょうか?(笑)



この楼門の所でお互いを一枚づつレンズに納める娘さん達・・・、できたら二人で記念に撮りたいなぁ~・・・と顔に書いてありやした。優しい中年のあたしが黙ってる筈がないでしょう!笑



勿論、二人一緒の写真を撮ってあげましたよ(^^)。

こういう時だけは、メッチャ優しい京都弁を使うんです(爆)。










AD

夏の終わり・・・。

テーマ:

何気に、夏の終わりの出町界隈をデジカメに納めてみました。


●魚道1~カラスの行水

賀茂川最下流にかかる出町橋の下にある”魚道”二羽のカラスが「カラスの行水」をしおりました。この出町橋の50M下流で高野川と合流して賀茂川は鴨川と名を改めます。



●魚道2~君の名は?

この鳥はなんという鳥でしょうか?人間もそうですが、やっぱ容姿というか”見かけ”って大事ですよね。カラスは損をしてます。本当はカラスのほうが数段頭が良いんですが、色白で優美なこの鳥を見ると”石をぶつける”なんい思い浮かびませんし(笑)。


鮎はこの魚道を遡って上流(雲ケ畑)へ向います。



●魚道3~青い目の外人さん

カラスの行水の直ぐ後で、瞳が青い外人さんが魚道にやってきました。京都の街は白人が多いですよ!(^^)何系の民族でしょうか・・・アングロサクソンか、ゲルマンかノルマンかスラブか・・・そういえば魔女Lillianさん のダーリンは何系のお方でしょうか・・・。英国なのでアングロサクソンでしょうか・・・。


そういえば、新婚旅行のあたしは、バリ島空港のタラップで現地人と間違われた経験があります。親しげに話かけてくるので(通訳に聞いたら)『バリ島の友達よ!よくぞ日本人の妻を連れて帰ってきた!♪』と・・・。

26歳の頃は体育会系の名残があって日焼けもしてパンチパーマだったんで日本人には見られませんでしたし(笑)。『日本語上手ですね』なんても言われましたし(笑)。



●出町柳駅

京阪電鉄(地下駅)と叡山電鉄(地上駅)の起点です。

赤字で苦しむ廃線寸前の”叡山電車”を救ったのは、京阪電鉄の”三条京阪-出町柳・間”の鴨東線(おうとう線)の開通です。これで、八瀬や修学院や岩倉あたらりまてが、大阪淀屋橋まで通勤エリアになったんですから・・・。


●”きらら”号(デオ900系)

これは、叡山電車が誇る貴船・鞍馬方面へ走る”きらら号”です。ワイド・ウインドウにロマンスシート車で特別料金不要ですねん。”お京阪♪”グループはなかなかやってくれますなぁ~!大阪・淀屋橋~鞍馬までダブルデッカー車やワイドウインドウの観光が特別料金不要なんて流石です♪


叡山電車をもっと知りたい人は、

こちら⇒ http://www.keihannet.ne.jp/eiden/




AD

夜景はお好きですか?(^^)

テーマ:

ネットサーフィンしてると、時々お宝のようなページに出会うことありますよね?
あるサイトの”あんちょこ☆”さんのページからお宝ページのURLを頂いてきました(^^)。

ご本人のご承諾済み。


★瀬戸内海の夜景(このページから西日本の素敵な夜景へジャンプできます)
⇒ http://japan.showu.to/


☆京都の夜景(大文字山~パノラマ動画)
⇒ http://view.adam.ne.jp/e_setoy/pic/kinki/daimonji.html


☆大阪の夜景(生駒山~パノラマ動画)
⇒ http://view.adam.ne.jp/e_setoy/pic/kinki/narukawa.html


それにしても素敵なページを作る人がいらっしゃるものです。

こういうページを作れる人って、人の心の機微が分る人なんだろうなぁ(^^)。


『作者の方、ありがとうございました♪』








愛の”ポチッ!”お願いします(^^)。⇒ 

●琵琶湖疎水とインクライン


明治維新の東京遷都で、それまで都だった京都の人口は激減しました。意気消沈する京都人を元気付ける為に建設されたのが”平安神宮”と”琵琶湖疎水”です。


琵琶湖疎水とは言うまでなく、”水道水”の確保です。そしてその水流の上下差を利用して”水力発電所”が設けられ、同時に水運の確保ということで船での交通の充実を図るためにインクラインは、船が上がれない急な坂を貨車を使って引っ張り上げるための軌道(線路)が建設されました。


蹴上にある(日本初の)関西電力蹴上発電所は、今も現役で近代京都の象徴として今も有名な観光スポットです。また、ここの電力を利用して、これまた日本初の路面電車(市電)が京都市に登場しました。京都人って結構頑張ったんですねぇ~!笑。


※関西電力蹴上発電所



※蹴上インクライン


--------------------(トリビア・ここから)----------------------


①ちなみに、(発電所も一体セットした)”琵琶湖疎水事業”の資金の大部分は東京遷都による天皇の”手切れ金”として京都が明治新政府に要求して、一度は承認されたものの半分近くは支払われず、京都市民と京都財界人にカンパで開通に漕ぎ着けたのでした(^^)。


②”蹴上(けあげ)”の語源はご存知でしょうか。”蹴り上げる”・・・、江戸以前に三条蹴上の上の山科に”処刑場”があったんです。市内から山科へ移送される囚人は三条蹴上あたりの道の勾配がきつくなる辺りから、(自分の処刑場へ近づくのを)嫌がって歩くのを渋ったそうです。


囚人護送の役人は『さっさと、歩かんかい!』と、”囚人の尻を蹴り上げた”そうです。それが語源となったらしいです。(私の実家をリフォームした大工爺さんが、言うてました^^)



--------------------(トリビア・ここまで)----------------------


まあしかし、この近辺は市と府の近代文化建築と南禅寺から哲学の道、銀閣寺へと至るルートと観光スポット目白押しです。ゆっくり見ようと思ったらゆうに丸一日は費やしますよ(^^)






※南禅寺水路




南禅寺庭園







愛の”ポチッ!”お願いします(^^)。⇒ 

東福寺

テーマ:

★東福寺


東福寺は京都五山の一角で明日発行のメルマガでご紹介する嵐山天龍寺も五山の一角です。

東福寺内にある”同聚院”に、私のご先祖様が眠っていて、今日はお墓参りに行ってきたという訳です(^^)。


暑くて根性売り切れそうになりやした。




これが有名な”通天橋”です。春は桜、秋は紅葉、冬は雪景色、、、そして今は緑が青々としています。

この通天橋は拝観料¥400もするので、誰かの観光案内でもしない限り普段は入りません(笑)。



ご先祖様のお供えモノが”発泡酒”一缶なのに、通天橋見物に¥400も払ったんでは、ご先祖様も気を悪くされましゅ~(笑)




ご先祖様のお墓を綺麗にして、ビールが冷めないうちに乾杯!!

私用に用意したのは、コンビニで買った”冷えた・エビス”!笑。


まあ、この炎天の中、墓参りして掃除もしてもらえるだけでも有り難く思って下さい(爆)



===========================


《番外編》


私の家から東福寺に行くには京阪・出町柳駅から電車なのですが、家から出町柳へ歩く途中、~下鴨神社・糺すの森~を通ります。

今日は”下鴨神社・納涼古本祭り”でした!




★下鴨神社


一つ前の記事が上賀茂神社だったので、今回は下鴨神社です(^^)。


御手洗祭
 平安期の頃、季節の変わり目に貴族は禊祓いをして、罪、けがれを祓っていた。土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば、罪、けがれを祓い、疫病、安産にも効き目があるといわれている。
 毎年、土用の丑の日に境内御手洗池に祀られている御手洗社において「足つけ神事」が行われる。老若男女が集まり、御手洗池で膝までを浸し、無病息災を祈る。(下鴨神社・歳時箕り転写)

日  時 平成17年7月28日(木)より31日(日) 4日間
       午前5時30分~午後10時30分まで

 お灯明料(参加料)   200円



(※下鴨神社HPより転写)


私の子供の頃の祭りというと、この御手洗祭りと葵祭りですね(^^)。

御手洗祭りは日が暮れてからが見所で、日中の暑いさなかの葵祭りと違った趣がありましたね(^^)


出町柳からの糺すの森への入り口の鳥居です。京都御所を出た”葵祭・巡行”は(下の写真の)参道を練り歩いて下鴨神社へ入ります。

(上の画像の、ほぼ定点7/28御手洗祭初日)





(上の画像の、ほぼ定点7/28御手洗祭初日)




(上の画像の、ほぼ定点7/28御手洗祭初日)


ここが御手洗祭のメイン会場となる御手洗池です。以前は湧き水で水が満々としていたそうですが、昭和期の都市化によって地下水脈の水位が下がり、現在はポンプで地下の水を汲み上げているそうです。こちらの水は御手洗川となり旧奈良の小川を経て糺すの森を出て泉川に合流します。


また、その年の葵祭・再王代がここで禊払いをする儀式も有名ですよね(^^)





下鴨のイタチ⇒ http://ameblo.jp/club-toshizou/entry-10002033309.html




==========================



番外編


『雄一郎はん、なんぞ優子はんにムゴイことでもされなすったか?

何回も来はってからに・・・(笑)

一枚の絵馬でケチらんと、願い事はその都度買うとくんなはれ・・・(´・ω・`)

日付だけ書いても、効力は一枚分しかありまへんさかいな・・・笑』


下鴨神社の神様の代理人⇒歳三(笑)

上賀茂神社

テーマ:

★上賀茂神社

3日程前に少し時間があって、良い天気だったので上賀茂神社にデジカメ持って出掛けました。

まぁ、ここが第一目的では無くて、天下一品・御薗橋店の”こってりラーメン”が主だったのですが・・・笑。




やっぱり下鴨神社のほうが、スケール的に大きいですね。ロケーション的に上賀茂神社は背後がすぐ山場なので緑は沢山あるのですが、建造物が下鴨より少ないですね。


ここは、”奈良の小川”の下流です。

子供が安心して水遊びできる綺麗な小川です。

この(左の木陰)お母さん、健康的な美人さんですね、アップ画像を撮ろうかとズームにしたら、視線が合ってしましまい撮影断念ーっ♪笑



センダンのコブ(追記事)

テーマ:

●センダンのコブ





これは、京都御苑の京都御所・清和門前のセンダンの木のコブです。

下の看板をクリックすると説明が拡大されますが、自然の営みを(^^)。




これ、説明は日本語で書いてあるのに、日本人より外国人のほうが、よく立ち止まってこの看板を見てます。日本人って、こういうのには興味ないんですかね・・・。権威主義というか、ウケること意外に知識欲がないというか・・・。あたしなんか、こういうの興味深々ですよ!(^^)




※清和門



※御所の鳩(鳩くん、撮影協力ありがとう、でも餌は無し!笑)



●京都御苑には御所が3つあります。

京都御所= Kyoto Imperial palace

・大宮御所= Omiya palace

・仙洞御所= SEnto palace


Imperial=(皇帝)インペリアル・パレスは京都御所だけなんですね。日本語(の語意)だとこのへん判別できませんが、英語にしてくれると分かることもあるんですね(^^)。



京都御苑公式HP⇒ http://www.kyotogyoen.go.jp/


============================


7/18追記事


☆”のほほんさん ”ご希望の、御所の自転車の”轍”画像を追加しました。玉砂利は(チャリンコの)ハンドルを取られて危険なので、みんなここを通ります(^^)。



☆ついでに”栴檀のコブ”の場所と、昨日の野良猫”翠”のスポットを案内板に”赤○印”しましたので、ご参照下さいませ(^^)。