ラーメン大中

テーマ:

ラーメン大中(ラーメン)京都市伏見桃山


伏見のラーメン記事は、このブログでは初めてです。

今、私が書いてるメルマガ用の記事ならば、話題性として”酒処”伏見にちなんで”酒粕ラーメン・玄屋”を紹介すべきなんでしょうが、ラーメンをこよなく愛する人の為には”ラーメン大中”を伏見の筆頭ににすべきなんですな!これが(笑)。


ここのラーメン(の長所)は、何から説明しようかと思ってしまいます。ひと言でいうと『こんなお客様思いのラーメン屋さんがあったのか!』と嬉しい驚きですね(^^)。というか、スープ自体(高水準の京都の中でも)旨い部類に入るのに、もっと強気の値段設定にすればえぇのにと心配してしまいます(^^)。(スタンダード)ラーメン並が¥500。これで驚いてはいけませんゼ!このスタンダードにラーメン”丼一杯のチャシューが標準装備”の上に・・・、

キムチ、(なんと)温泉玉子、モヤシが無料トッピングです!(※写真のラーメンが¥500)



って、あんまり無料トッピングのことを書き立てると、あたしがイジマシイ中年に思われます。

スープは豚骨ベースに鶏ガラを加えた、まろやかな醤油味です。中細のストレート麺がよく合うんですよね!ここの麺は近藤製麺製です。近藤製麺というとラーメン藤グループの母体企業、それに新福菜館はじめ京都旨いトコの殆どはここの麺を使ってますね。客層が老若男女を問わないように、一見しつこそうですが、無料トッピングを投入することによって意外と後味サッパリの満腹ラーメンです。


こういうラーメン食べたいなぁ!”と想像した、そのものが¥500で味わえるのです!

佐野実よ、マズイ高いラーメン毎日売ってないで、ここに勉強に来い!(←あたし、って執念深いヒトだったのね:笑)



AD

コメント(13)