【卓球】裏面打法のコツを伝授!ペンホルダー上達教室

裏面打法の習得に悩む人のための卓球ペンホルダー専門サイト。
卓球を愛し、裏面打法を愛するわたしが数多くの失敗経験から生み出した裏面打法のコツを伝授します。
読めばきっとあなたも強くなる!裏面打法使いのペンホルダー上達講座


テーマ:
裏面打法は打点がとても重要になってきます。懐がフォアハンドと比べ狭い分、打点がズレるとミスをしてしまう確率があがります。

打点は個人個人によって、適切な打点があると思います。

セオリー的には、頂点前で打球してストレートコースにもクロスにも打てるようにするのが理想です。

しかし、全体の卓球スタイルを考えた場合、必ずしも早い打点がいいとは限らないと思います。

打点をゆっくり落として、回転をかけて裏面を打つタイプもありです。そのほうが次の球にも対応しやすいメリットがあります。

自分にとって「最適な打点」を見つけると裏面打法の上達も早くなるでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
裏面打法を一時的ではなく、自分の能力として一生身につけるためには、しっかり身体を使って打つことが大事です。

どうしても覚えたては手で打とうという意識が強くなってしまうため、手打ちになりがちです。しかし、裏面打法の手打ちは通常のフォアドライブの手打ち以上に棒球になってしまい、逆に狙い打ちをされることがあります。

大事なことは、手で打とうとせず、腰や下半身の動きを意識しながら打つことです。チェックポイントは球質の良し悪しです。

・球は重いか
・回転がかかっているか
・スピードはあるか
・ストレートコースに打てるか
・戻りが遅くなってないか


上記の事をチェックしましょう!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
裏面打法のスタンスってけっこう悩みませんか?

左足が前がいいのか。それとも、右足前がいいのか。

今日はそれぞれのメリット・デメリットを書き出してみたいと思います。

「左足前のスタンスで裏面打法を打つメリット(右利き選手の場合)」

● フォアハンドとの切り返しが素早くなる。
● フォアハンドが打ちやすくなる。


「デメリット」

● タメが作りづらいため、威力を出しづらい。
● ストレートコースに打ちづらい?



「右足前のスタンスで裏面打法を打つメリット(右利き選手の場合)」


● 威力のある球を打ちやすい。
● ストレートコースに打ちやすい。


「デメリット」

● フォアハンドの切り返しが若干やりづらい。
● バック主戦になってしまう?



個人的な感覚もありますが、左足が前だと「フォアハンドが打ちやすく」、右足が前だと「裏面打法の威力が出しやすい」というのが、一番のメリットだと思います。

両方のメリットを取ることは難しいです。

どちらを取るかは自分自身の全体の卓球スタイルを考える必要がありますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
裏面打法を本格的にやりはじめてから4年くらい経ったのかな。

初めのころは付け焼刃的でしかなかった技術が、今では試合でも武器になるまでに上達しました。

最初は試合になると、どうしても表面のショートを使ってしまいました。裏面打法を打つ皆さんはこの気持ちがすごくわかると思います。

やはり、ひとつの技術を体に染み込ませるためにはある程度の練習量は絶対に必要です。

指導者がどれだけアドバイスしても練習量が少なくても多少うまくはなると思いますが、ちゃんと試合で生きる技術にはなりません。

裏面打法は特に教えられる指導者が少ないので、いろいろ工夫が必要になります。

卓球教室に通ってもいいと思います。経験豊富なコーチであれば、なにか気づきを得られるはずです。

ただ、私自身の場合は地方に住んでいるということもあり、交通費やら指導料やらを考えるとなかなか行くことができません。

なので、私はひたすらワンハオ選手や許シン選手、Wong chun ting選手の動画を見て、自分で研究しました。

ビデオ撮影もして、プロ選手と比較しながらスイングの改善をしました。多球練習もたくさんしました。

その結果、全国大会に出ることができたというのは、やはり裏面打法のおかげかなと思います。

「裏面打法は初対戦の相手に効果大」


先日は大会に出場してきました。

もう試合会場でペンホルダーを使っている選手というのは少なくなりましたね。おじさま、おばさまはまだペンホルダーは多いけど、学生ならほぼいないです。

だからこそ裏面打法が生きてきます。裏面打法はやはりシェークハンドのバックドライブとは球質が違うので取りづらいはずです。

ですから、私の場合は初対戦の相手であれば勝てることが多いです。格上の選手とやっても、裏面打法の球質に慣れずに1セット目はとれることが多いです。

そのまま行ければいいのですが、苦手なフォアハンドを打たされて負けるというパターンが多いです^^;

実際やってみると、特に効果があるなと感じるのは、やはりストレートコースに裏面打法を打つことです。

速い球じゃなくていいです。むしろ、ループドライブを打ったほうが効果的な選手も多いです。

そして、次の球を狙う。

決定打はフォアハンドになるので、両ハンドはしっかり打てるようにすることが大事です。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あなたの裏面打法はラケット面が立ってますか?それとも、下がってますか?
これはどういうことかというと、まずは写真をご覧ください。



王皓選手の裏面打法はラケット面が下がっている打ち方をします。わたしが王皓先生の打ち方を解説するのも大変おこがましい限りなのですが、この打ち方のメリットは、

● 球の内側をとりやすい。

個人によってメリットは多少違えど、大きなメリットはこの一点に絞られてくると思います。

球の内側をとりやすいということは、ストレートコースに打ちやすいということです。

裏面打法を使う選手がストレートに打てるというのは、もう必須条件です。

これができなければ試合では打たないほうがいいです。普通にショートしていたほうが無難です。勝つためには。あとは、あくまで個人的にこの打ち方のほうがミドルの対応がしやすいかな。


では、次にラケット面を立てる打ち方をご紹介します。

この打ち方をする選手はこちら許シン選手です。今絶賛成長中の裏面打法使いWong chun ting選手もこのタイプですね。

バックスイング時はラケット面を下げていますが、フォロースルーの時にはラケット面が上がります。





この打ち方のメリットは、

● 回転がかけやすい。

バックスイングをしてから、ラケット面を立てるまでの手首の可動範囲が、ラケット面を下げた状態で打つよりも大きいので回転がかかります。

これもあくまで個人的な感覚ですが、ループドライブ、スピードドライブ、ショート、ブロックなど攻守の切り替えが瞬時に対応できるので私は現在この打ち方を採用しています。

わたし自身、両方の打ち方をやったりやめたりを繰り返して試行錯誤を続けました。今後も続けるでしょう。

まだ裏面打法自体が未完成の技術です。まだまだ頭打ちになるような技術ではありません。いろんなアイデアを出して、想像して、工夫をしていれば誰よりも強くなれると思います!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。