2012-07-08

club MERCURY機材紹介 -ギターアンプ編-

テーマ:NOTIFICATION
いつも club MERCURY ブログをご覧頂きありがとうございます。
店長 奈須田です。


今回は楽器を始めたばかりのミュージシャンを対象に、
ギターアンプ の記事でも書いてみようかと思います。
club MERCURYの常設アンプをメインに進めていきますね!


楽器を演奏しない方には面白くない記事かもしれませんが、
これを読めば、ギターを演奏する友人に
『お前ってチューブよりトランジスタの方が良いんじゃね?』
なんて、玄人っぽい会話ができちゃうかも??



さて、まずはclub MERCURYの常設ギターアンプを紹介します。

【Marshall JCM2000(通称:にせん)】
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟


【Marshall JCM900(通称:きゅうひゃく)】
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟


【Roland JC-120(通称:じぇいしー、じゃずこ)】
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟




それぞれの詳しい説明は後述するとして、
この3種類を中心に話を進めていきますね。




【形状の違い】
上の写真でお分かりの通り、MarshallとJC、ルックスが違いますね。

Marshallのような形状は スタックアンプ と呼ばれ、上部 ( ヘッド と呼びます) と下部 (スピーカー部分。キャビネットを略して、 キャビ と呼ばれます) が分かれています。
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟



一方、JCのようにアンプ部とスピーカー部が一体化しているものを コンボアンプ と呼びます。


JCと並ぶコンボアンプの代表格のひとつ。
【Fender Twin Reverb】
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟




さて、一体何が違うのでしょうか。
それには、 音の出る仕組み を説明しなければなりません。


あ、難しくないから読むのやめないで!!
簡単に、さらっとやりますんで!!



【音の出る仕組み】
めっちゃ簡単にいきます!

ここで登場スタッフPEZ!!
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-1


①ギターをギャイーン!と弾きます。
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-3

② 弾いた弦の振動を、ギターのピックアップという部分が感知して電気信号に変えます。
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-4

③ ピックアップを通った電気信号は、
 ギター本体に付いてるいろんなツマミ(音色や音量を調整する)を通って
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-5

④ シールド(ギターとアンプをつなぐケーブル)を通って
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-6

⑤ アンプに到着!
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-7

⑥ アンプの中の、プリアンプと呼ばれる部分を通過、信号が増幅されます。
 プリアンプというのは、ざっくり言うと、アンプに付いているイコライザー(音色)を調整する部分です。
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-8

⑦ 同じくアンプの中のパワーアンプと呼ばれる部分でガッツリ増幅されます。
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-9

⑧ スピーカーに到着!ギターサウンドが世に解き放たれました!

club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-10

はい、音の出る仕組みでした!
club MERCURY blog 〝Planet of Entertainment〟-2



【スタックとコンボの違い】

改めて、スタックとコンボの違い、それは・・・

スタック:ヘッドにプリアンプ、パワーアンプが入っており、スピーカー部はキャビとし独立しています。

コンボ:プリアンプ、パワーアンプ、スピーカーが一体化しています。


これで2種類の違いはお分かり頂けましたでしょうか?



【それぞれの長所・短所】


それぞれに便利な所と不便な所があります。
例えば・・・
●スタックはヘッドだけでは音が出ないから会場にキャビが無いなら使えない。
●コンボは一体型だから即演奏できるけど、スピーカーが小さいのでスタックに比べると音量が心配。
●スタックはヘッドだけなら持ち運びしやすいけど、コンボは大きいので大変!
●ヘッドに加えてキャビも自前だと運搬はかなり大掛かりになるけど、コンボなら…



などなど、一長一短ですが、大事な判断基準はサイズや手間が重要なのではなく、
自分の求めるサウンドが出るか どうかです。


会場が100人から200人程度の会場だったら、JCでもMarshallでも出力(音の大きさ)に関して演奏者が不便を感じないくらいガッツリ鳴りますので、自分の出したい音が鳴るアンプを選択しましょう。



では、MarshallとJC、どちらを選ぶのか?

近々、それぞれのアンプについて説明する記事を書こうと思います。





club MERCURYのマイクマイクもご紹介!!

【マイク】SHURE / SM58

【マイク】SHURE / BETA58A


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中




by nasuda
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

club MERCURYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■しゅん さん

2203はいまだに絶大な支持を得ていますね!
1987はウチによく出演してくださるギタリストが持ち込まれるのですが、これまた素敵ですね~!知らなかったのですが、あれって50wだったんですね!あんだけパワーあるのに・・・!

5 ■yasuaki0129 さん

名機ツインリバーブをお持ちだったなんて!
あれ、ほんとに気持ち良い音が鳴りますよね~♪

貧乏もバンドマンの宿命ですかね(泣。

4 ■サルトル佐助 さん

息子さんに譲られたということは・・・
親子二代でバンドマン!

僕の憧れの家族像ですっ!!

3 ■マーシャルなら

1987か2203を常設してほしいです。ゲインだけで歪むアンプはおとがつらいです

2 ■なつかしい!

昔々のその昔に...アルバイトをしてツインリバーブを買いましたよ(*^_^*)...その当時の友人には...そんなの家においてどうするの?ってさんざんバカにされました(*^。^*)でもあのツインリバーブの音が大好きだったんです(#^.^#)...その後貧乏をして売却しちゃいました(-_-;)

1 ■勉強になります

僕はフェンダーとフェルナンデスのちっこいやつ使ってます。

アンプコントロールには疎いので、曲によってクリーンかディストーション使いわけるくらいです。

エフェクターもマルチやアナログ何個か持ってるけど、めんどくさいんで、息子にやりました。

僕は、キンクスみたいにアンプ直結の大雑把な音でいいんです。テクもないし。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。