自家製イギリスパンのトースト



南千住駅を降りて、左へ行くかと右に行くかで、だいぶ雰囲気が変わる。
左にいくと、向こう側に歩いて渡るために必要な歩道橋があります。



この歩道橋から見下ろす線路の景色は圧巻。

このとき、コンテナを載せていないシャーシだけが延々と走っていました。
調べてみるとJR貨物専用の駅、隅田川貨物駅があるそうです。

時間があったらちょっと眺めていたい感じ。



その歩道橋を渡りきると景色は変わり、
南千住と浅草の間のエリア、いわゆるドヤ街があります。

ドヤって言うとイマドキならドヤ顔の事を思い浮かべるかと思いますが、
ここで言うドヤは、宿(やど)の逆さ言葉からきている、安い宿の事を差します。

いわゆる日雇い系の方々の宿という位置づけですが、労働者の高齢化により需要も減少。
最近は外国人バックパッカーにも利用されているとか。

ちらっと見た、表通りにある宿の宿泊代は一泊2000円代でした。



そんな昭和の雰囲気の安宿の看板の中ちょっと異質な看板があるお店が、



自家焙煎珈琲屋 カフェ バッハ



この辺りが山谷という名前で賑わっていた頃からある老舗の喫茶店。

喫煙、禁煙を聞かれ、禁煙と伝えたところ、カウンター席に座る事になりました。
ソファ席は喫煙者用。
喫茶店はやはり喫煙席がメインよね。

メニュー(一部)



コーヒーの種類はいろいろとありましたが、初めてなので、お店の名前のついた

バッハブレンド

にしました。中くらいより少し深煎り寄り。



カウンター席は、目の前で流れるような作法で
コーヒーを淹れるのを見る事ができて面白い。



そして、お茶うけに



トースト

自家製パンだそうです。
ジャムとバターを両方つけてもらいました。



バターが塗ってある方に塩コショウして食べてみてください。
と言われました。



俯瞰図。

6つに切ってあるうちの両端4つにはバター、
真ん中2つにはいちごジャムが塗られています。



まずは、バターのみ。



次は、バターに塩コショウしてみました。

こういうの初めてだな。
なるほど、アリだね。



最後はいちごジャム



中深煎りのバッハブレンド、好みだな。



アイスコーヒーでも気になるのメニューがあったから、
また貨物列車見物を兼ねて来てみようかな。


Cafe Bachコーヒー専門店 / 南千住駅三ノ輪駅三ノ輪橋駅



ブログ活動は停滞中です。
失礼いたしております。

↓いろんな東京食べ歩きブログを見てみよう!ボタンです
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへID:8tm7jh

↓いろんなランチブログを見てみよう!ボタンです

AD