2007-05-12 03:41:55

美しくて温かい感動のドラマ『ありがとうございます』②

テーマ:韓国ドラマ

『ありがとうございます』は、恋愛の部分も確かに見所ですが、それが主要な部分ではなくいわゆるメロといわれるものとは一味違います。

認知症になった老人のことやHIVに感染した子供・・・・こういったことを扱って社会的にも問題提起するヒューマンドラマです。


その認知症になった老人を演じたシン・グさんと子供役を演じたソ・シネちゃん。

このドラマの影の主役と言えます。


色んな韓国ドラマではすっかりお馴染みのおじいちゃん。

シン・グ さんです。


色んなハラボジ役やアボジ役をされていますが、今回の痴呆症の老人のような役柄は初めてだったのではないでしょうか。

私が最近このドラマと共に一気に見てしまった『18・29』というラブコメにも出演してらっしゃいますが、こちらは大魔王と恐れられるくらい頑固なお金持ちのハラボジです。こちらもちょっと可愛いんですけどね。


このドラマでは、ミスター・リーと呼ばれてチョコパイをこよなく愛すボケ老人を演じられましたが本当に素晴しい名演技でした。

心から愛すべきキャラでした。


チョコパイをいつもいっぱい持っていて人にも薦めるし、ご飯より何よりチョコパイが好きなんです。認知症tのために子供に返ってしまったようなハラボジ。

童心に返る演技が素晴しかったですね。

可愛いし、どこか憎めない行動が愛されました。


元々はアコーディオン奏者でとってもダンディな人だったようです。

時々正気に戻ることがあって、その時は孫たちに面倒をかけないようにと家出したり・・・・・。


チャン・ヒョクの演じるミン・ギソとこのハラボジの関係も終盤になるに従って見所となってきます。

自然と涙があふれるような仕掛けになっています。


ドラマ『ありがとうございます』、イ爺さんの死に視聴者が涙 | Chosun Online エンタメコリア | 朝鮮日報



このドラマでの大切なアイテムのひとつがこのチョコパイ。

オリオン製です。

韓国ではチョコパイといえばオリオンだそうです。

JSAで出てくるのもこれですよ~!

私も韓国へ行った時にこのチョコパイを買ってきました。

参考までにチョコパイについてのコラムがありましたのでご紹介しておきますね。(こちら


そして、もう一人の隠れた主役・・・・というかこの子が主役と言っても過言ではないですね。

なんとも素朴で愛らしい女の子ソ・シネ ちゃんです。
子役のいいドラマがヒットするというのは万国共通のようです。


この子の笑顔にどんなに癒されたことか。

そしてこの子の泣き顔に何度涙したか。


アボジはいないけど、オンマの愛に溢れて育った娘ボミ。

辛くても笑顔を見せるような明るく賢い子供です。

交通事故にあって輸血した時にHIVに感染してしまいました。


皆に愛されるボミがエイズに感染していると島の人たちに知られ、辛い立場に追いやられる場面は一番このドラマで辛かったです。

でも、また周りの愛に支えられ元気を取り戻していく姿に感動しました。

本当に天使のような女の子ボミで癒されました。


もうひとつこのドラマに出てくる大切なアイテム。

それはボミが家族のように大切にしている相棒ポムドン。

大きなテディベアです。

これはギソ(チャン・ヒョク)の死んでしまった彼女(チェ・ガンヒ)が亡くなる直前にボミにあげたものなんです。


存在感のあるぬいぐるみでした。


このソ・シネちゃんはパクシニャンさんんとの映画でも大変注目されていて、これからひっぱりだこの小さな名優でしょうね。


『ありがとうございます』ヒットの功労者はシネ&シン・グ | Chosun Online エンタメコリア | 朝鮮日報
このほかにも、脇の俳優さんたちもそれぞれ魅力があって愛すべきキャラばかりだったこのドラマ。

もちろん、ここではあまり書かなかったけれど、コン・ヒョジンちゃんもとっても可愛くて温かい女性を演じて良かったです。

わりと気の強いイメージが今まであったんですが、清楚な中にも芯の強い女性をうまく演じていました。


本当に美しくて、温かい感動を運んでくれたよいドラマでした。


熱心なファンもたくさんいて、最終回はファンが集まり小さな劇場を借り切って大画面でみんなで視聴するという試みもあったようで、やはり多くの人々に愛されたドラマだったと思います。


韓国でのヒットは、日本でも注目されているようで買い付けのオファーも来ているようです。

多分、地上波や民放のBSデジタル放送あたりで放送される日も近いと思いますので、多くの日本の方々にも是非ご覧頂きたいドラマです。

このドラマが日本で地上波に乗ればきっとチャン・ヒョク人気が上がるでしょうね!


サイダスに所属しているヒョク、サイダスHQの日本のサイトにも是非加えて頂きたいです。


ドラマ『ありがとうございます』、日本でもヒットの予感 | Chosun Online エンタメコリア | 朝鮮日報


『ありがとうございます』、幸せな未来を暗示し最終回 | Chosun Online エンタメコリア | 朝鮮日報



Daumでは、名場面や最終話など色々動画もUPされていますので、気になる方はどうぞご覧下さい。

こちら

それから、やっぱりこのドラマも主題歌がとっても良かったです。

癒される優しい曲でした。

また劇中でボミが踊りながら歌う歌があって、それもすごく可愛くて美しいメロディの曲でした。

やっぱり韓国ドラマはOSTが欲しくなります!


ヒューマンドラマではこの『ありがとうございます』と『薔薇色の人生』が私の一押しドラマです。











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-12 02:19:24

美しくて温かい感動のドラマ『ありがとうございます』①

テーマ:韓国ドラマ

10日、MBCの水木ドラマ『ありがとうございます 고맙습니다 』が最終回を迎えました。

このドラマは、私がはじめてリアルタイムで全話視聴出来たドラマとなりました。



このドラマが3月に始まってから毎週水曜と木曜が待ち遠しくてなりませんでした。

字幕が無いのでちゃんと最後まで見れるかとても心配だったのですが、なんとか最終話まで全部視聴することが出来ました。

とは言っても・・・1時間ちょっとの放送の中で理解できる単語や文がいくつ出てくるかなぁ~といった程度であとは映像と感で理解するしかなかったんですが・・・。

それでも毎回とても惹き付けられるドラマでした。


有り難いことに、今月3日より早くもKNTVさんで字幕付き放送が始まったので、今はそれを見てやっと( ̄- ̄)......?と思っていた部分がわかりパズルをはめていくような爽快感があります。


いつになったら字幕ナシでもドラマや映画が理解できるようになるのか?まだ先は長いですね。




このクールの水木ドラマは、始まる時にもこのブログで書いたので覚えてらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、各局力を入れていて相当な激戦が予想されていましたが、最初から私の一押しがこの『ありがとうございます』でした。

他の2作品も私はとっても早く見たいドラマでしたが、チャン・ヒョクの復帰作品ということと、作家が『ごめね愛してる』や『サンドゥ学校へ行こう』の作家さんだったので、この作品に一番の期待を掛けていました。


結果、視聴率でも中盤からこの『ありがとうございます』が他を引き離して安定した人気を得ました。

放送の終了後には毎週朝鮮日報など各メディアで必ずこのドラマの記事が出ていたし、視聴率こそ最終回で20%超えで、過去の大ヒットドラマのように30%とか50%行くようなことはありませんでしたが韓国ではこの数字以上に好感度のあったドラマだと思います。

数字的には三つ巴だったので、仕方ないでしょう~。



『ありがとうございます』では、まず主演のチャン・ヒョク はとってもよかったです。

ソン・スンホンと一緒に渦中の人として入隊したチャン・ヒョク。

除隊の時は、スンホニに比べてとても地味な除隊でした。

静かな除隊の後で、ヒョクが復帰作で選んだ『ありがとうございます』のミン・ギソという男性は、何不自由なく育てられた青年で、天才外科医と言われるほどでしたが、尊敬していた外科医の父のたった1度の失敗とすい臓がんになった恋人を自らの手で救えなかったことで心に傷を持ち医者も捨てて、ある島に行きます。

そこで、痴呆症の祖父とHIVに感染した娘を持つ未婚の女性ヨンシン(コン・ヒョジン)と出会い変わっていく話です。




このギソとヒョクの姿が妙に重なって見えました。

ヒョクは『明朗少女成功記』のハン・ギテ役が好きでしたが、あの頃から比べると数段カッコよくなっています。

顔つきが特に良くなりました。無駄なものがそぎ落とされたような感じを受けます。

いつのまにこんなにカッコよくなったの~??というくらいいいですよ!


最初はすごく粗暴で偉そうで、尖がりっ放しのギソが、温かな島で人との関わりを通して、本来の優しさを取り戻していく姿に感動します。

そんな様子がヒョクの演じる表情でとてもよくわかるんです。

だんだん穏やかで優しい表情に変わっていくギソ。

今のチャン・ヒョクでこそ出来た演技のような気がします。

彼自身、この作品に出会えたことが人生でもっともありがたいことだと語っています。

彼にピッタリの役を復帰作に選び、見事に成功しました。

彼のこの2年間は彼にとって本当に必要な時間だったと思います。

撮影中、交通事故に遭うというアクシデントにも負けずに最後までやり遂げました。

今こそ、除隊のお祝いとそして素晴しい復帰成功のお祝いを心から言ってあげたいですね。

2年間、彼を待ち続けたファンも本当に喜んでいると思います。

ファンにとってはこうして演技でカムバックし、また彼の作品に出会えることが何より嬉しいでしょうし、それが好評だったらこの上ないでしょう!


チャン・ヒョク「ファンのみなさん『ありがとうございます』」 | Chosun Online エンタメコリア | 朝鮮日報

私もこのドラマで見せてくれた演技でチャン・ヒョクの株が10倍くらいはね上がりました。

これからも注目したいですし、次回作もとっても楽しみにしています。


チャン・ヒョク、『ありがとうございます』は僕の人生で、最もありがたい作品


チャン・ヒョク「僕の人生で最高にありがたいドラマ」 | Chosun Online エンタメコリア 朝鮮日報


さて、このドラマのお話まだまだ尽きないのですが一旦、ここで終わり新しく続きを書きますね。


(参考までに)

『ありがとうございます』公式サイト(MBC)

『ありがとうございます』MBC日本語ページ(1話の冒頭15分程度、字幕付で視聴出来ます)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-04-07 22:35:13

新しいラブコメのカタチ~『宮』と『ファンタスティック・カップル』

テーマ:韓国ドラマ

私の愛読書、『もっと知りたい韓国ドラマvol.18』が今日届きました。

もっと知りたい!韓国TVドラマvol.18

表紙はチュ・ジフン君。

今、我が家の小5娘の一番のお気に入り俳優さんです。

某オンニも大好きなジフニ君です!


このジフニことチュ・ジフン君が主演するドラマ『宮』『ファンタスティック・カップルが今号の目玉になっています。

先日は、私の好きなラブコメ作品として、もう随分前の作品『明朗少女成功記』と『フルハウス』を紹介しましたが、

最近の見たものの中でラブコメと言えばこの2作品がお薦めです。

どちらも既存のドラマとは違った新しいカタチのドラマと言えます。


まずは『宮』から・・・・



このドラマをご覧になったことのない方もきっとこの写真は目にされたことがあるのではなかと思います。

これを見ると、どんなドラマなのかいまいちわかりませんよね~?

まず若者向けなのかと敬遠しがち?

時代劇なのか?現代劇なのか???

はてなマークマークの多い方もいらっしゃるでしょう。私も最初はそうでした。

でもハングルの先生が面白いからと薦めて下さったので見てみることにしたら、なんとまぁ面白かったこと音譜

韓国では今は皇室はないけれど、もし今続いていたらこうだろう~という仮想世界のお話。

日本には皇室があるので、日本の皇室を想像したらいいかもしれません。

実際これを見ながら今の日本の皇室の姿とオーバーラップする部分も多々ありました。


詳しい内容についてはSPOさんが作っている公式サイト をご覧下さい。




とにかく、面白くて、でも切ないです!

ラブコメで重要なのはこの切なさなんですよね~。面白いだけではなくこの胸キュンとなる切なさが必要です。

そして主役の二人がとてもいいんです。





ヒロインのチェギョン役ユン・ウネちゃんが本当に可愛くて上手だし、相手役のシン役のジフン君も見てるうちにどんどんカッコよくなってきて、こんな仕草に胸キュン恋の矢


そしてこの若い俳優たちを支える脇役のベテラン俳優たちの味のある演技がまたとてもいいです!

きっと『宮』の第二シリーズもこのキャスティングで続編が作れたらヒットしていたと思います。

『宮S』が予想外にコケたのはきっと視聴者は新しいお話でなく、シンとチェギョンのその後が見たかったのでしょう。

このドラマ、劇中の曲もとってもいいですよ。OSTもお薦めです。

また毎回ラストに登場する主人公たちの格好をしたテディベアが可愛くて、これも大切なアイテムになっています。


エスピーオー
宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り]
宮 ‾Love in Palace BOX 2[日本語字幕入り]


そしてもう1本『ファンタスティック・カップル』(幻想カップルとも言います)



このドラマの脚本は『怪傑春香』と『マイガール』という新しい形の2本のヒットドラマを送り出した作家さんが書かれたもので、

本当に奇想天外で新感覚のラブコメでした。

私が一番最近見たドラマで面白かったものがこれです。


ドラマの内容についてはKNTVのHP にあるものがわかりやすいかと思いますので参照してください。

とにかくこのドラマの一番の醍醐味はこのアンナ=サンシルの高飛車な物言い!

「○○のザマは・・・」という言葉が大流行したそうです。
もうひとつ流行ったのは「ジャージャー麺」。

超セレブな暮らしをおくってきたアンナが記憶を失いチョルスに食べさせてもらったジャージャー麺を気に入り、そればっかり食べるのです。

それがまた可笑しいんですよね。



主演のオ・ジホ。本当にこの人はハンサムでマッチョ。

「新入社員」のようなエリート役でなくてこんな役の方が似合っています。


とにかく昨年ネチズンの間では、とっても支持され年末の演技大賞では『朱蒙』や『宮』より人気がありました。


今、韓国でやっているハン・ガインの『魔女ユヒ』も新感覚のドラマで若者層に大変支持されているようですが、

こうしてみてみると韓国ドラマもどんどん変化していっていますね。

キム・サムスン以降特に変わってきていると思います。

内容だけでなく主人公たちのファッションも随分変わってきて、

泥臭さが抜けて垢抜けた感じになってきています。

今後も韓国のラブコメから目が離せませんね~。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-24 01:26:17

ついに出る!待望のラブコメ作品

テーマ:韓国ドラマ

韓国ドラマをスカイパーフェクトで見るようになってから、それまで毎週通っていた TUTAYAへ行かなくなりました。

最近子供たちが音楽に興味を持ち始めたので、久々に最近行ってみると、今や韓流コーナーの品揃えはスゴイですね。

もうスカパーも必要ないかも?

でもレンタルも映画ならいいんだけど、ドラマとなると次々借りていたら破算するかもしれません。

まぁそれはさておき、それだけ韓国ドラマの需要があるってことなんですね。


色んな古いのから最新のまでいっぱいリリースされる韓国ドラマ。

もうすぐリリースされるものに待望の2作があります。


この2つの作品は、私の韓国ドラマへの扉を開けてくれた2作品です。

それまでの私は、韓国ドラマが好きなわけでなくイ・ビョンホンにしか興味がなかったから。

ポニーキャニオン
明朗少女成功記 DVD-BOX
まず『明朗少女成功記』・・・・私が一番好きな韓国のラブコメです。
少々、古臭い感じの映像でストーリーも特別に変わっているわけでもないけれど、このドラマを3話くらいまで見たらもう後は眠れぬ夜を何度か過ごさねばならないほど続きが楽しみになるドラマです。
また主題歌は日本人にはとても馴染みのある曲で、これがまさに絶妙のタイミングで劇中に何度も流れ耳から離れなくなります。
下でのドラマの記事にも書いたチャン・ヒョクとチャン・ナラの主演です。
このドラマを初めて見た時に、私はどちらも全く知りませんでした。実はチャン・ヒョクは「僕の彼女を紹介します」を見ていたのに同じ人とは全くわからないくらい別人でした。
それでもグングン引き込まれるんですよね~。
少し前までGyaoで何度かやっていましたが、人気ありましたし!
チャン・ヒョクもいいですが、とにかくチャン・ナラが可愛くて可愛くて~コメディだけど、胸がキュンとなるドラマです。
ジェネオン エンタテインメント
フルハウス(ディレクターズ・カット版) DVD-BOX I
そして、こちらはご存知の方も多いでしょうが、ピとソン・ヘギョちゃんの「フルハウス」です。
関東では地上波で放送しているようですが、関西にはまだまだのようです。
「明朗」と並ぶ私のラブコメ一押し作品です。
こちらは本当に洗練されたトレンディドラマ路線の走りじゃないでしょうか?
こちらもほんと待望のDVD化がやっと叶ったんですね。
とにかくヘギョちゃんとジフニ(ピ)のコンビは最高です。
案外・・・ヘギョちゃんはコメディの方が上手いかもしれないと思います。

是非、レンタル開始になったらまだ未見の方はご覧になって下さい。

絶対見て損はなし!・・・・とここまで言い切れるくらいのお薦めです。

そして、ついでにもうひとつ!

「プラハの恋人」も5月に出るそうです。

「恋人シリーズ」ですが、私はパリより断然プラハがお薦めです。

チョン・ドヨンさんはやっぱりかわいい人ですね。

そして、注目は相手役キム・ジュヒョクさんです。最高です!

第一印象とドラマを見てからでは全く印象が変わりました。カッコイイです。

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社
プラハの恋人 DVD BOX I

どのドラマも主人公たちの掛け合いが面白いです。

セリフがとってもいいのですが、やはり俳優さんたちのオリジナルの声、言い方で見ないとダメです!

是非、字幕で見て下さい!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-23 14:14:50

水・木ドラマ対決!

テーマ:韓国ドラマ

日本でもそろそろ冬クールのドラマが次々終わって、新しいドラマが始まりますね。

でも日本では3月末~4月初めは改編の特番が連日組まれて、春ドラが始まるのはもうちょっと先になります。


韓国では3月、新しいドラマがたくさん始まりました。

約1年間、トップを他を寄せ付けない勢いで走り続けたMBC『朱蒙』も終わりました。

後続のMBCドラマは時代劇から一転して、『H.I.T』というコン・ヒョンジョン主演の刑事物は始まりましたが、好調のようです。

このドラマの後が、いよいよ日本では期待度が高いペ・ヨンジュンの『大王四神記』が始まるらしいです。


韓国ではずっと月・火は『朱蒙』が独走態勢で、裏は何をやっても誰が出ても視聴率が取れない状況が長く続いたせいで、各局とも水・木ドラマに力を入れ、ここが激戦区となっているようですね。

ただ、前クールは期待された『宮S』が散々な結果に終わって、SE7EN君が可哀想でした。


そして今週から3局同時に新ドラマがスタートして、視聴率競争に大変注目が集まっています。


SBSが『魔女ユヒ』 でハン・ガインとジェヒ、キム・ジョンフンの3トップ。(写真にはジョンフン君はいません)




KBSが『魔王』 でこれまた、チュ・ジフン、オム・テウン、シン・ミナの豪華版。




MBCは『コマスニダ(ありがとうございます)』 で、除隊後、ファン待望のチャン・ヒョクの復帰作となり、共演はコン・ヒョジン。



という具合に韓ドラに詳しい人なら、どれも見たいなぁと思えるドラマになっています。


第一週目の視聴率は『コマスニダ』と『魔女ユヒ』が僅差で競うカタチとなり『魔王』はわずかな差ですが視聴率が一桁代で出遅れ気味だったようです。

私の予想ではきっと『魔王』が、一番になるんじゃないかと思っていたんですが・・・・・。

オム・テウンはいつも良いドラマに出るのに裏番組が『キムサムスン』や『朱蒙』というお化け番組で泣いてきた人なので今度こそって思ってるはずなんですけどね。

でもチュ・ジュフン人気は今韓国ではすごいみたいですので、今後はわかりませんよ~。


私は、今週『コマスニダ』をリアル視聴しましたが良かったです。

待望のチャン・ヒョク復帰作ですが、彼にすごく合っているキャラクターでいい選択をしたんじゃないかと思います。

チャン・ヒョクは演技が上手でどんな役も上手くこなすと思いますが、私はミンチョル的キャラが似合う人だと思うんです。

軍隊から帰って来て顔も精悍さが増していい感じです。私の周りにはチャン・ヒョクペンがすごく多いんですよね。


俳優はやっぱり演技をファンに見せなきゃって思います。私もヒョクの復帰嬉しいです。

スンホニも早く演技で復帰してほしいなぁとヒョクを見てて思いました。

まぁ、スンホニの場合はオファーの数も半端でないと思うし、色々事情があるんでしょう~彼自身が一番演技したいと思ってると思うんですが、早く彼の演技を見たいですね。


話は戻りますが、今回ヒョクの演じるのは御曹司で外科の天才研修医、もともとちょっとクールな性格のようですが病気の恋人を助けられずに失ってしまい失意の中、子持ちの女性と出会い変わっていくというお話のようです。

この子供が実はHIVに感染しているという筋書きらしいです。

作家が『ごめん愛してる』や『サンドゥ学校へ行こう』の方なので、悲しいお話になるかもしれませんね。


でもこの子役ちゃんが本当に可愛いんです~。子役の上手いドラマってヒットしますよね~。私、ずっと見ると思います。


韓国ドラマをリアルで見るのにはMBCがお薦めです。

MBCは会員登録すると、「Player Cue」という専用のプレイヤーをインストールして視聴出来るように最近変わりました。

これを使うようになってからフリーズしなくなりました。

またもうひとつ専用の高画質にするソフトがセットになっていて、これも使うと大画面でTVで視聴するのとあまり変わらないくらいの高画質で見ることが出来るようになっています。

これはすごくお薦めですよ~!




いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-02-10 22:51:54

『白い巨塔』とミンチョルパパ

テーマ:韓国ドラマ



韓国のドラマ雑誌、最新号の表紙を飾るのは、ミンチョルのアボジのイ・ジョンギルssi。

この人を初めて見た時が『美しき日々』だったので、本当に悪いおじさんだ~と思ったものですが、その後数々の韓国ドラマでアボジとして活躍中のイ・ジョンギルさんを見て印象は随分変わりました。


『美しき日々』コンサートにゲストで来られた時に自分は本当はそんな悪い役ばっかりやってる役者ではないんですというようなことをおっしゃっていましたが、まさにその通りです。

私が見たところでは優しいアボジと悪いアボジと半々くらいかなぁ~。

でも、ビョンホンssiの『恋の香り』もそうですが、『プラハの恋人』の大統領で主人公のお父さん役なんか本当に素敵な憧れのアッパーです。


今回、雑誌の表紙を飾ったのは、放送中の韓国版『白い巨塔』が好評だからでしょう~。

私、日本のも好きだったんで興味があり、リアルタイムでネット視聴していますが、面白いです。

字幕がなくてもストーリがほぼ日本のものと同じなので理解できます。


出ている俳優さんはあまり日本では知られてる方でなく、私も主演のお二人を知りませんでした。

でも雰囲気は唐沢さんと江口さんに似ていますよ~。



↑財前教授の役がキム・ミョンミン(左)、里見教授役がイ・ソンギュン(右)

里見役の人は『宮』のチュ・ジフンに少し似ています~。



これは相関図ですが、イ・ジョンギルさんは石坂浩二さんの演じた東教授に相当する役どころです。

なので、今回は悪い方ではないですね。


有名どころでは、東教授が他所から連れてきた外科部長候補(沢村一樹さんがやっていた)をチャ・インピョssiが演じてすごく好評だったようですが、これは特別出演でした。


見てるとかなり面白くてはまってます。

このドラマ本家のフジテレビが買ったようなので、そのうち日本でも放送されると思いますよ~。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-31 01:02:58

今年のドラマ

テーマ:韓国ドラマ

今、MBCの今年の演技大賞をリアルタイムでTVで見ながらこれを書いています。

KNTVでは今年から生放送で見れるんです~スゴイことですよ。

ネットではリアルタイム視聴出来るけど、プチプチ切れたり繋がらなかったりでイライラしながら見なければいけないけれど、

今年はとても鮮明な画面でそれもTVで見れるなんて幸せです。

やっぱり生は結果がわからないからドキドキワクワクしちゃいます。


今年のMBCは、『宮』と『朱蒙』が賞を総ナメかと思っていたんですが、いざ始まってみたらネット投票では圧倒的な支持を受けたのは『宮』でも『朱蒙』でもなく、『幻想カップル』 というドラマでした。

このドラマ皆さんは聞いたことがありますか?

日本でもKNTVで1/15から放送されるのですが、このドラマに出ていたオ・ジホとハン・イェスルが男女の人気賞とベストカップル賞を取りました。


今年の後半のドラマでつい最近まで放送されていたようです。

オ・ジホ・・・・すごくカッコイイので好きなんです~♪


とはいえ・・・・主要な賞はほとんどやっぱり『朱蒙』が獲っていました。

あの視聴率だから当然だと思うし、出ている俳優・・・みんな個性的で脇役も魅力的な人ばっかりで納得です。

この『朱蒙』でソン・イルグクの次に人気がある人が意外な人なんです。

実は隠れた主役かも??モンパルモという刀を作る鉄器工場の親方役をしているこの人イ・ゲインさんです。


この方、ビョンホンssiのファンなら見覚えあるでしょう?

そう『オールイン』にイナのおじさんの弟分で出ていた人ですね。今年は人気賞候補になるくらい大活躍の年だったようです。

わが家でも家族で『朱蒙』を見ていますが、この人が一番人気です(笑)。

この他にも『朱蒙』には、チュモンの実の父のホ・ジュノssiやイム・デスssiなど『オールイン』に出ていた人がたくさん出演されていると記事になったこともありました。


大賞はやっぱり今年はソン・イルグクssi以外にはないでしょうね。



朱蒙王子~チュッカヘヨ~!


さてさて・・・ここまでは長い前振りでして、本当に書きたかったのは、今年私が見たドラマのお話です。

今年もたくさんの韓国ドラマを見ました。

その中で私の心に残るベストドラマはこんなドラマでした。


●プラハの恋人

これは実は期待してなかったのですが、見てみたら1話からどんどん嵌ってしまって・・・・。

とにかくこのドラマはチョン・ドヨンの相手役キム・ジュヒョクssiがめちゃくちゃ良かったんです。

ドラマを見る前までは、なんでこんな人が主役???絶対私はこの人には嵌らないだろうって思っていたのに見事に好きになりました。

この役って最初の企画段階でビョンホンssiがキャスティングされたって誤報が流れた役ですよね。

この役は、今思うとキム・ジュヒョクしかないと思います。

あの顔で、とにかく毎回セリフがカッコイイんです。

関東でも放送されてるようですが、吹替えなんですよね?残念です。

BSデジタル放送では1月から字幕版で放送がありますので、機会があったら是非見てください。

音楽もすごくいいです。

私は「パリの恋人」より断然こっちが好きです。

ただ、ラブコメだと思っていたら回を追うごとに辛い展開になってきます。最終回の一つ前までが最高で、最終話はちょっと気が抜けすぎてしまったのが少し残念ですが・・・・。


●薔薇色の人生

これもすごく良かったです。実は韓国では『プラハの恋人』の裏番組で視聴率では『薔薇色~』が良かったです。

なんと言っても昨年後半もっともヒットしたドラマです。

チェ・ジンシルssiの復帰作で大当たり。夫役のソン・ヒョンジュさんもとても良かったです。

主人公の年齢が多分私と同じくらいで、小学生の二人の子供を残して亡くなっていくというお話で特に自分と重ね合わせたり、色々考えさせられるドラマで、何度か繰り返し見ましたが、ちょうど今年同じ病気で私の友人が亡くなり、そのことがまたドラマと重なってすごく泣いたこともありました。

悲しいお話だけど、ホッとできる救世主のような存在でナムグン・ミンという役者さんが出てきて彼のファンにもなりました。


●宮

文句なしに楽しめたドラマでした。

最初は子供っぽいドラマなのかなぁと思っていましたけど、見てみたらすごく嵌ってしまいました。

主役のユン・ウネちゃんとチュ・ジフン君があまりにも可愛くて引き込まれました。

娘も大好きなドラマで二人で1週間すごく待ち遠しかったですね。

音楽もこれもまた良かったし、あれだけブームになったのが理解できます。

大抵の人は最初は皇太子のシン君役、チュ・ジフン君がなぜ人気があるのかわからないと言いますが、必ずと言っていいほどいつの間にかシン君の虜になっています(笑)。

私も娘もそうでした~。


●火の鳥

今年の最初の方にSo-netで見たのですが、最近またKNTVでも再放送をしていてまた見ました。

このドラマもとっても好きなドラマです。

イ・ウンジュちゃんの最後のドラマとなってしまいましたが、本当に彼女は美しいです。

最初の方では究極のお嬢様で、我侭で自己中のすごい女の子の役なんですが、それがなんとも可愛いんですよね。

それが色々あって10年後は家族の生活を支えなければいけないという境遇におかれていて、全く最初とは違う聡明で謙虚な女性役に変身するんですが、これがまたうまい!

エリックもすごくカッコよくて~。

音楽はSo-netや今フジで放送されているものは日本用の音楽が差し替えられたものなんですが、KNTVのは当初のままでの放送でこれがまたいいんです!とっても。


あとはやっぱり『朱蒙』、『ソ・ドンヨ』の時代劇も面白かったです。

それから少し古いですが『ピアノ』も良かったです。

コ・スやチョ・インソン君などの若い俳優さんよりチョ・ジェヒョンさんが良かった。この人は本当に上手ですね。


来年はどんなドラマを見るかしら?

ビョンホンssiもまた新しいドラマに出てくれたらやっぱり嬉しいですね~。無理かなぁ?

イ・ジョンジェssiが久々にドラマに帰ってくるらしいし、スンホニも復帰作はドラマのようです。

とにかく、来年も日本より韓国のドラマを多分たくさん見るだろうと思います。





いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-18 07:32:45

『宮』~に嵌っています

テーマ:韓国ドラマ

久々に、ビョンホンニム以外の話題ですが・・・・・、最近久々のヒット、小4の娘と二人で嵌っているのが、韓国ドラマ『宮~Love in Palece』です。

7月よりM-netで日本語字幕つきが始まってから見始めたのですが、本当に面白いです。


このドラマって昨年すごく韓国で人気があって話題になっていたのですが、私は当時はどんなドラマなのかあんまり知る気もなくて、この写真を見ただけで、時代劇か現代劇かも良くわからず、ただ若い子の見るドラマなんだろうなぁ~くらいの認識だったのですが、日本での放送開始前に韓国語の先生にこのドラマのことを聞いてみたところ、面白い~という話だったので見ることにしました。


そしたらやっぱり面白いやん!

「キムサムスン」以来の私の中でのヒットです。

日本の「花より男子」の世界観に韓国ドラマ「フルハウス」のストーリーを持ってきたような感じかしら?

韓国では今は皇室ってないのですが、今も皇室が存在しているという前提でそこに一般の高校生が皇太子妃として入宮するというお話です。

ラブコメといえばそれまでですが、それだけでは語れない楽しさがあります。

今も皇室が存在する日本ではこういうドラマはタブーなんでしょうが、そのまま日本の皇室に当てはめて見てみても、なるほど~そうだろうなぁと思えることが多々あります。


主人公の俳優たちは新人に近い子たちばっかりで、初めてみたんですが、主人公の皇太子妃チェギョンのユン・ウネちゃんはめちゃくちゃ可愛いしおちゃめ~。

そして今、皇太子のシン君のチュ・ジフン君にどんどん嵌ってます~!

彼の良さが最初の方は全く理解できなかったんですが、回を追うごとにカッコよく見えてきています。


最近気が付いたのですが、シンの従兄弟でライバルのユル君役の子は、南野陽子とヤン・ジヌ君の「ヤクソク」でジヌ君の弟役で出ていた子だったのですね~。


OSTもすっごくいいです~。

やっぱり韓ドラってマジックだわぁ~と思ってしまう。

宮~Love in Palace オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

もともとは「フルハウス」と同じくコミックをドラマ化したもので娘はマンガも読んでいますが、この日本語訳版のタイトルは『らぶきょん』なんです。

何でかと言うとLove in景福宮(キョンボックン)を略して『らぶきょん』だそうで、あまりに安易なタイトルに笑ってしまいました。

『宮』でいいのになぁ~。


パク・ソヒ, 佐島 顕子
らぶきょん~LOVE in 景福宮 1

それから、8月から待ちに待った『朱蒙』がKNTVで始まりました。


とても楽しみにしていたソン・イルグクssiなんですが、まだまだ頼り無い王子のようで、『海神』のヨンムンとはまた全然違う感じ、今後が楽しみって感じです。

これで月火は『朱蒙』、水木『ソドンヨ』、土日が『宮』とほぼ1週間忙しく、またまた日本のドラマとは離れて行く自分がコワイ・・・・。

『明日は愛』は録画が溜まってしまってなかなか見ることが出来ません~汗。

全話終わってからまとめて見るつもりです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-02-17 15:44:03

スカパーKBS『明日は愛』など強力ラインナップ発表

テーマ:韓国ドラマ

KBS WORLD開局のニュースを先日お伝えしましたが、SOPHILさんより公式サイト開設のお知らせを教えて頂きましたので、改めてこちらにも記事にしてみました。

早速KBS WORLDの公式HPを見てみたところ、ドラマのラインナップがすごい~!!!

これで月額525円はめちゃくちゃ美味しすぎます!

まず開局のの目玉は先日お知らせした、Rain(チョン・ジフン)、ソンヘギョ主演の『フルハウス』。

そして昨年の後半、驚異の視聴率を取ったチェ・ジンシル主演『バラ色の人生』です。

待望の『バラ色~』が開局と同時放送とは思ってなかったのでうれしいです!

そして、KBSというので密かに期待していたビョンホン主演『明日は愛』も開局にあわせて放送されます。

私はDVD予約してないし、レンタルするつもりでしたが膨大な話数にレンタルでも幾らかかるのか?と不安だったのですが、これにはもう万歳三唱するくらい喜びました!

それも週3日連続放送されるようです。それに1日2回あるので、他の局の録画との調整にも有り難いです。

その他、KBSの名作や現在放送中のドラマ『ソウル1495』や『人生よありがとう』、『黄金のリンゴ』など新しいドラマもあります。

私は『明日は愛』、『フルハウス』に次いで嬉しかったのが『愛情の条件』です。

先日までKNTVでやっていましたがもう終わりのほうになってから見だしたのでどうしても最初から見たかったんです。主演はハン・ガインちゃんですが、相手役に前半はチソン君、そして後半は私の現在大注目俳優ソン・イルグクssiが出てるんです。

とにかくラインナップのほとんどが、まだ日本のCSや衛星でも放送されていないドラマばっかりなので韓ドラファンには本当に嬉しく楽しみな3月です。

尚、3月開局月は無料開放ですのでスカパー加入者は皆さんご覧になれますよ

さぁ、こんなすごい局が出来て困ったのはKNTVさんですよね。

KNさんも多分KBSの開局にあわせてだと思いますが昨日HPを一新!3月からの番組編成を発表しました。

予定してたエリックの『オオカミ』が放送延期になったことも痛手だと思いますが、今話題の時代劇『ソドンヨ』を早くも放送するなど頑張ってはいます。

でもKBSニュース広場が姿を消すなど、やはりもうKBS作品は放送できないようですね。

『海神』ももうすぐ終わりますし!

一番のネックはやっぱり視聴料の問題。これだけのラインナップを揃えているKBSの約6倍の視聴料やっぱり考えなきゃ苦しいでしょう?

私はとりあえずKBSは今のパック契約を変更するだけでいいのでKNTVもしばらくは見るつもりです。

なんと言ってもKNさんにはさんざんお世話になりましたので感謝しています。

KBS WORLD CHANNELの公式HP

KNTVの公式HP

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-27 21:01:44

チュオクの後番組は『グッキ』

テーマ:韓国ドラマ

『冬のソナタ』から始まったNHK衛星第2の木曜22:00~の韓ドラ枠・・・・

今の『チュオクの剣』が終わったら何が始まるのかなぁ~?と思って期待していたけど、当分韓ドラは予定にないという話を聞いたので、きっとヨン様の新作時代劇をNHKは狙っているのかと思っていたら、なんと4月からは『グッキ』だという。

第二次大戦後の韓国で逆境に耐えながら菓子職人として成功していく女性のサクセスストーリー。

いかにもNHKが好きそうな、やりそうなドラマだなぁと思う。

でも、このドラマってついこの前まで、衛星劇場でやっていたしもうDVDも発売済み・・・。

NHKは何で今更これを放送するんだろうか?

『初恋』もそうだけど、この『グッキ』も1999年と古い作品です。

韓国ドラマが日本でまだそんなに知られていない時期ならまだしも、もう今や今までに作られたドラマの視聴率の良かったものや人気俳優が出ているものはほとんどDVDで発売されているのが現状なのに、視聴者はみんなまだ日本に入ってきていない新しいドラマを望んでいると思うんだけど!

こんなのやるくらいなら・・・『美しき日々』をもう1度買ってノーカット放送して欲しいわ~。

その方がよっぽど視聴率取れると思うけどなぁ~。

でも結構韓国ドラマファンって年齢層高いから『グッキ』も支持されるかしら?

見てない私が文句言うのもなぁと思いますが・・・・まず見ろって(笑)

『グッキ』公式サイト

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。