clover chronicles Ⅱ

b-flower・Livingstone Daisy 八野英史の音楽年代記 クローバークロニクル2


テーマ:

 

SEEDS NIGHT

 

八野英史と細海魚がb-flowerやLivingstone Daisyの曲はもちろん、SEEDS RECORDSゆかりの曲を混じえて演奏します。物販も色々ありますよ!

 

2017年6月24日(土) 大阪 FUTURO Cafe/Antiques

 

出演 : 八野英史+細海魚(b-flower、Livingstone Daisy)

時間:OPEN 19:00 / START 19:30 

料金:予約 2800円 当日 3300円 (+1ドリンクオーダー)

場所:大阪市西区北堀江1-15-18 France bldg. 1f

TEL:06-6532-5830

 

前売ご予約はFUTURO Cafe/Antiquesまでお願いします。

タイトルに「魚ライブ予約」と入れて、お名前と人数をお書き添え下さい。

jakocro@yahoo.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

湯田くん秘蔵カセットテープからスミスとフェルトの曲をさらに各1曲追加アップしときました。これもカバーじゃなくてコピーですねー。

 

1990年11月 京都 銀閣寺CBGBでのCOVERライブより

 

 

1991年10月 京都 銀閣寺CBGBでのライブより

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、ベースの湯田くんが持ってきてくれたb-flower1990年のカヴァーライブのカセット音源から、昨日アップした Feltの『Rain of Crystal Spires』に続き、The Smithsの『This Charming Man』、アップしてみましたー。どちらもカバーというよりコピーを楽しんでる感じですね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いったい何度目の「やり直し」でしょう。

b-flowerは4月から再始動します。

スタジオで、完全な新曲(3曲)や、2015年のライブでも披露した曲『Another Sunny Day』のアレンジを含むリハーサルをスタートします。

 

『Another Sunny Day』。2015年のライブ前に作った時とは異なった意味を持つ曲になりました。そう、僕らにはきっともう冬眠などしている時間はないのです。

                                  

 

『Another Sunny Day』

 

早春の晴れの日 光の中 話していた

「こんなのは長く続きはしない」って

 

レモンティーは冷めて 風の行方がわかんなくて

黙り込む 背の高い草むら

 

ここから出て行くよ 選べない未来が

そこに壁を成す前に 無駄な恐れは捨て

 

Boys don't cry  雨を縫って また歩き出そう

ふがいないままじゃ来ないのだ Another Sunny Day

 

時々 ひとりで目を覚ましては 感じていた

「僕らはいつか壊れてしまう」って

ほとんどのものは真夜中のブルーの中

これくらい 確かなことはない

 

その手を解かないで 二度と出会えないよ

ここは卑怯な武器だらけの無法の世界で

 

Girls don't mind  どんな場でも 平気な顔で笑ってね

 

虹が消えた後の冬の空に

もう一度 橋をかけるための淡い太陽になろう

 

ここから出て行くよ 選べない未来が

そこに壁を成す前に 無駄な恐れは捨て

 

Boys don't cry  雨を縫って また歩き出そう

つまんない奴には来ないのだ Another Sunny Day

いつか Another Sunny Day きっと Another Sunny Day

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。