19年ぶりの衝撃。

テーマ:

こんにちは、cloud-berry9Ogaです。

 

今回の記事は粘土やフェイクスイーツと全く関係のないお話です。ただ、ペットそれも爬虫類を飼っている方は興味深いかもしれません。

 

 

 

 

今日の主役はこの方↓

 

 

ロシアリクガメのヴァツラフ君♂…たぶん19歳です。

 

いきなりバレエ界の天才(ニジンスキーのファーストネーム)の名前を付けるとは恐れ多い事をしましたね~笑い泣き

 

先日からヴァツラフ君の部屋の蛍光灯がチカチカひらめき電球点滅。彼を購入してから一度も交換していない蛍光灯です。(ココが問題だった。)

リクガメを飼っている方はご存知かと思いますが、リクガメは部屋を暖める電球の他に紫外線ライトを浴びさせてあげないといけません。今回切れたのはこの紫外線ライト。

 

軽~く蛍光灯を替えればいいか口笛と考えていたのですが大間違いでした汗

紫外線ライトは爬虫類専門なので、まずは春日町にある爬虫類ショップまで行くことに。

すると担当の店員さんが驚いて

 

「何年替えてないんですか?エッ!飼い始めてから一度もですか汗ポーン このメーカー廃番ですよ~。というより、紫外線ライトは一年に一回は変えないとビックリマーク

 

…なんでも光は出ていても紫外線は一年くらいが寿命だとか。し、知らなかった。おいっ

何年持たせてるんだよ…。彼が元気で脱皮もよくするし、食欲も旺盛パクパク食べるのでまったくその当たり放置でした。さらに…

 

家に帰ってカバーにセット。スイッチON!あれれ?点灯しない。再びお店に電話。

 

「カバーにライトが一本しか付いてないんですかあせる今は二本付いてますよ。一本だけのはもう廃番で存在しませんよ~汗

 

どうやら我が家にあるリクガメのお部屋は絶滅危惧種(むしろ絶滅種)だったようである。

再度春日町まで行ってカバーとライトを購入。古風なオガ荘からモダンなメゾン・ド・オガにキラキラ

 

①紫外線ライト(紫外線は強いが光が弱い)

②ソフトUVライト(紫外線は弱いが光が強い)

      +

③ホットライト(部屋を暖めるライト)

 

この三つが揃っているのが今の主流らしいです。今まで知らなかったと言え不憫な事をしてしまった…ゴメンね。罪悪感からイチゴとトマトを大盤振る舞いしました(トマト大好き君)笑

 

あっ!ウチのリクガメもライト一本、しかも一年以上替えてないヨ!と言う方は変えてあげましょうね。(そんな人居るかな…)

 

 

 

 

フェイクスイーツとは関係ないけどスワンをポチするとランキングに反映されます。よろしくです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
にほんブログ村

 

 

 

 

AD