ハナミズキ 5

テーマ:

 

 

♡♡♡ ごあいさつ ♡♡♡


ラノベ初挑戦です
うっすらBLな仕上がりです

物語を綴るのは初めてですが
お愉しみいただければ幸いです♡♡♡
 





 

70611









えと
何回か見に来てくれてたよな


良かったら
感想とか

直接聞きたくて




なんて幼稚な聞き方だ
自分に呆れる



彼は一瞬
目を見開いて



そんなの
言葉にできないです




俯いたまま
少し震えた声だった



最初は
いい声だなって


けど

舞台観る度
いろんなことが見えて来て



芝居の間が気持ちいいとか
立ち居振る舞いが綺麗だとか



・・・全部
伝えられないです




伝えられないと言いつつも

彼は少しずつ
俺の芝居の魅力を言葉にしてくれた



嬉しかった
こんなにも俺の芝居を観てくれていたのだ



そう
感慨に耽っていると

急に顔を上げ
俺を見据えてこう言った





漣さんの芝居好きです!
ずっと応援してます!!




真っ直ぐな眼差しだった



そこに
決意めいたものを感じた



何の決意だったのか
それは後に知ることになる





ハナミズキ 序



ハナミズキ 1



ハナミズキ 2



ハナミズキ 3



ハナミズキ 4









luvu ...

 

 

AD