オールウッドシガレットケース!?

テーマ:

スタンリーゲス(StanleyGuess)のオールウッドシガレットケース(タバコ入れ)をご紹介します。


雑誌や店頭でも見かける機会の少ない事が非常に残念なスタンリーゲスのオールウッドのアイテム

その中でも圧倒的な存在感を放つのがこのオールウッドシガレットケースです。

本体と上蓋の木目は完璧にマッチングされており、まるで漫画のように隙間なく切り分けたかのような完璧なディテールは、まさに最上のアートワークと呼ぶに相応しい一品だと思います。

シルバーパーツは主張し過ぎることなくウッドパーツと絶妙な統一感を演出しており、そのCoolに仕上げられたデザイン性はスタンリーゲスならではと言わざるを得ません。

もちろんの事、機能性でも妥協は見受けられません。





ウッドシガレットケース-2 ウッドシガレットケース-2



スタンリーゲス本人も私物で愛用しているこのシガレットケースですが、元々はボックスタイプのタバコの収納には対応していなかったのですが今回お客様の要望という事で交渉しました所、初めはきっぱり「No!」と一蹴されてしまったのですが、ダメな場合はレギュラーでもいいけど一度考えてみておいてねとオーダーを通しておいた所、数ヶ月後にボックスサイズで作ってみるからとの連絡


スタンリーともそう頻繁に会える訳では無いのですが彼は意外(?)と物覚えが非常に良く、ふと交わした会話の内容であったり、それとなくお願いしておいた内容を覚えておいてくれて、ふとサプライズを届けてくれる事があります。


そういうお茶目なスタンリーに非常に魅力を感じ、リスペクトを覚えるのです。


お客様にもそんな連絡がスタンリーから会った事を伝え、どんな風に仕上がってくるのかと楽しみにして待つ事・・・数週間。

やっと仕上がってきたシガレットケースを見た時はその出来に見とれてしまいました。


なんとも丁寧に仕上げられたその作りはまさに、It’s Perfect!

いつも思うのですが、スタンリーってアメリカ人なのに日本人好み繊細さを持ち合わせえる感じがしますね。

もちろん、いい意味での大味さも無くは無いんですが(^^;


このシガレットケースなんかも、蓋をスーっと閉じると本体と上蓋が吸い付くようにピタッと音無く合わさるのを見ると、日本の伝統工芸品の職人技に見とれてしまうような感覚を覚えますね。

蓋を閉まる感覚は「カパッ!」ではなく、「バフッ!」って感じです。


サイズも今回特別にボックスケース仕様と言う事で、どうなのかな~ちゃんとピッタリなの~っと期待と若干の不安入り混じりつつも、LAのスタッフから伝言でスタンリーが、


「ボックス用にぴったりに仕上げたから、お客さんにフィルムは取ってケースに入れるように伝えておいてくれよ。フィルム付いてると入らねぇからな!」


・・・ん!?フィルムって数ミクロンだよね、フィルム付いてると入らないぐらいってどんなだ!って思ってたんですが・・・、


申し訳御座いません、私スタンリーの職人芸をなめてました!


届いてびっくり、タバコをセットした状態で送ってきてくれたんですが、タバコを試しに取り出してみると、

「スー・・・・・・カポンッ!」キラキラ

ん!?なんだこの感触はと、タバコをケースに戻してみると、

「すー・・・・・・(ぷしゅーー)キラキラ

吸い込まれるようにケースに収まっていくタバコ!

これは凄いまさにピッタリサイズ!フィルムを付けたままだと本当に入らないですね。

空気入れでタイヤに空気を入れていてもうそろそろ空気がいっぱいかなっと言う時の感触ですね。


さすがはシルバーアクセサリー界の巨匠「スタンリーゲス」と言わんばかりですね。


ウッドシガレットケース-1


※多少、オーバーな表現も含まれておりますのでご了承くださいませ。(笑

AD

one too many!?

テーマ:

最近、個人的に非常に注目しているインポートブランドがあります。

one too many(ワントゥーメニー) というブランドなんですが、Ron Bryant(ロンブライアン) というデザイナーが作るカスタムレザークラフトのアイテムを中心に展開しています。


Ron Bryant の名前を聞いてピンッと来た人も居るかと思いますが、元々Bill Wall Leather(ビルウォールレザー) で、カスタムレザークラフトを初めとし多くのデザインを手がけてきたので彼です。

マリブスタイルとも言える、Bill Wall Lether Travis Waker(トラヴィスワーカー) に代表されるカスタムスタイルの雰囲気を存分に味合わせてくれるそのデザイン・クオリティーは一見の価値ありです。


今現在はフルカスタム対応にて運営しており、ブランド立ち上げから1年という事でone of のアイテムを手に入れるには絶好の機械かも知れません。

ちなみに、既にカスタムの凝った商品は2~3ヶ月の待ちが発生しているようです。


onetoomany onetoomany-2



もし、one too many の商品が気になる場合にはオーダーのご相談に乗らせて頂きますので気軽にメールにてお問い合わせ下さいませ。


one too many の商品は基本的に卸し販売はされていませんが、カスタムの交渉・価格面共に個人で購入するよりは良い条件でお届けさせていただけるかと思います。

AD

2006年初セール企画!?

テーマ:

あけましておめでとうございます!(おっそ・・・( ̄▽ ̄;


しばらくぶりの更新です(^^;

いつまでハロウィンだとつっこみが入りそうなので、とりあえずスキンをチェンジと( ̄▽ ̄;

さて、久々にシルバーネタで。


2006年のSilverWorldの初企画としまして、Shopの主力ブランド「スタンリーゲス」の中でも圧倒的な人気を誇っているジッポ、さらにスペシャルカスタム仕様のこのジッポを超特価スタートのオークションを開催中です。


ジッポの中でも最高峰の、ラージマルチスカルウッドwithロゴインレイドジッポ

全てのスカルにストーンアイズを施した豪華仕様。

さらにロゴを通常のインレイ用のロゴではなくラージサイズのロゴにカスタムしてあります。


定価、504,900円の商品です。


万が一そのままの価格で落札となりますとかなーり打撃です(^^;

がっ、まぁ2006年初企画として赤字覚悟でスタートしました。


スタンリーゲスのジッポを検討されている方がいましたら、是非ともお勧めの一品です。


ラージマルチスカルウッドwithロゴインレイドジッポ


スタンリーゲスジッポ


スタンリーゲスジッポ2

AD

マッデン・ジュリアン振動!?

テーマ:
アメリカ西海岸が嵐で大変な事になっていますね・・・。

ロスのスタッフいわく、スマトラ島沖地震とほぼ同時期に雨が降り出したのであの地震の影響では?と言ってました。

でも、ニュースとか見てると同時期なのは偶然で、因果関係は無いようですね。

あれだけ大きな影響与えて、地球の時点速度が変わったとか言ってるぐらいなので因果関係が有ってもおかしくないなと思ったんですが。

ちなみに、この現象はよく耳にするエルニーニョ現象とは違って、インド洋で起こるマッデン・ジュリアン振動という現象らしいです。

なんかいかにも地震に関係ありそうな名前ですよね( ̄▽ ̄;

ちなみに、心配なので西海岸と言う事。

西海岸と言えば、シルバーのデザイナーさん沢山住んでいますので。

スタンリーゲス宅も大分影響有ったのではと。
幸い、山間とは言え高台の方なので沈んではないと思いますが、ちょっと下の方だと水浸しではって言ってました( ̄▽ ̄;

あと、ビルウォール宅。
ここ位置的にやばいんではと思われます。
レザー物は水に沈んだらアウトだし。
被害が少ない事を祈ります(=人=)

メッセージリング!?

テーマ:
クリスマスのプレゼント考えてたんですが、今年はリングにしようかなと。

ん~恥ずかしながらお揃いのリングなんて考えてみたりして(笑

初めは、自分の扱ってるブランドのアイテムで何かと思ってたんですがなかなか彼女に合わせるのが難しくそれ以外で探す事に。

メッセージリング

ネットをふらふら検索してたら、このリングを発見。
好きな歌詞を入れれるというのが気に入ってコレにしようかなと。

これに、ジャクソン5の「I’ll be there」の歌詞の一部を入れてもらおうかなと検討中。

元のリングは1.2mmのみのラインナップなので、ちょっと薄いかなって感じなので、1.5mmかもうちょっとぐらいでカスタムオーダーしようかなと。
このぐらい厚みあった方が仕上がり渋いと思うんですよね。
思いっきり個人的趣味ですが(笑

ナチュラルモーメント
ちょっと他所でZippoの話をしたので、今日はZippoのご紹介を♪

アイテムは、スタンリーゲスというブランドのジッポです。インレイにシェル(ホワイトオイスター)を埋め込んでいるアイテムです。

スタンリーゲスってブランド知ってますか?デザイナーのスタンリーは、あの有名なクロムハーツのモールドの製作を15年間請け負ってきた巨匠です。クロムハーツでは当たり前になったデザインの大半は、このスタンリーによって生み出されたと言っても過言ではありません。

そんなスタンリーの作り出すオールシルバーのジッポ。クロムハーツでおなじみのオールシルバージッポ。ですが、クロムハーツと比べてもその重量感・存在感は比較になりません。一度手にしてしまうとその魅力にイチコロです(笑

スタンリーはさらに得意のウッドをジッポのインレイに使う事で、ジッポに更なる可能性を与えました。シルバーの生み出すクールな存在感と、ウッドの生み出す暖かな存在感との絶妙なマッチング。またウッドの木目が生み出すオリジナリティー。たった4cm×5cm程度のエリアであるにも関わらず、自然が生み出した木目は2つとして同じ表情を見せる事はありません

元々、海外デザイナーの作るシルバーアクセサリーは、一つ一つ手作業で仕上げを行う為、量産品ではなく手作り品だというような表現をしますね。ことこのウッドに関しては、全てが「オリジナル」ではないでしょうか?

ちなみに、今回アップした画像のアイテム。これはウッドではなくシェル(いわゆる貝殻)をインレイに使用しています。シェルはロレックスなんかでも使われていますよね。昔は、ティファニーのハイジュエリーラインでも使われていたそうです。ウッドの木目も良いですが、このシェルの表現するなんとも言えない奥行きのある表情。これまた一瞬でハートを鷲掴みにされます。この一枚の写真では表現しきれないの残念です。

ちなみに、残念ながらこの一枚物のインレイのジッポ。現在オーダー不可となっております(苦笑)マルチシェルというモデルがありそちらのみオーダー可能ですね。加工難度による問題みたいなので、運良ければ一枚もので上がってくるかもですが・・・。

シェルジッポ-SilverWorldカスタム スタンリーゲス

革はお好き・・・?

テーマ:
UPした画像は、最近素材としてわりとお気に入りのリザードです。リザードはトカゲの革の総称ですね。

リザードって知ってます?あまり馴染み無さそうですけど、時計のバンドとか所々使われてたりするんですよ。ちょっと味のある物が好きな人だと、家のトレジャーボックスとか漁ってみたら出てくるかもですね。

この画像のリザードは、リングマークトカゲって言う種類のリザードです。聞いた事ありますか?一番左の色が見やすいですが、よく見ると背中にリング状の模様がありますよね。リングの模様でリングマークトカゲ・・・なんとも安易な(笑)見えますかね?画像が100kbのサイズまでUPできないので、このサイズで革の感じが伝わるか不安ですが(苦笑)

自然界的では体の模様や形状は、十中八九の確立で生態系に関係してますよね。さしずめこの感じだとリング模様は目を擬態する感じなんでしょうか?後方から襲ってくる敵に対して威嚇するとか?あっ、推測で話したので他所で胸張ってネタにしないで下さいませ(笑)

ちなみに、世界中にはこのリングマークトカゲを始めとして、3000種以上のトカゲが生息していると言われています。ただし、現在はワシントン条約により、国際取引が可能なトカゲはたったの9種だけとなっています。しかし、これって世界中に3000種も居るのに、そのうちの9種ってどうやって管理してるんですかね?(笑)

もう一つ豆知識。
革をカットする時、背中でカットするか、お腹でカットするかなんですが、背中でカットする方法は普通にバックカットって言うんですが、お腹側でカットする方法はベリーカット(普通にフロントカットと呼ぶ場合もあり)と呼びます。