オールウッドシガレットケース!?

テーマ:

スタンリーゲス(StanleyGuess)のオールウッドシガレットケース(タバコ入れ)をご紹介します。


雑誌や店頭でも見かける機会の少ない事が非常に残念なスタンリーゲスのオールウッドのアイテム

その中でも圧倒的な存在感を放つのがこのオールウッドシガレットケースです。

本体と上蓋の木目は完璧にマッチングされており、まるで漫画のように隙間なく切り分けたかのような完璧なディテールは、まさに最上のアートワークと呼ぶに相応しい一品だと思います。

シルバーパーツは主張し過ぎることなくウッドパーツと絶妙な統一感を演出しており、そのCoolに仕上げられたデザイン性はスタンリーゲスならではと言わざるを得ません。

もちろんの事、機能性でも妥協は見受けられません。





ウッドシガレットケース-2 ウッドシガレットケース-2



スタンリーゲス本人も私物で愛用しているこのシガレットケースですが、元々はボックスタイプのタバコの収納には対応していなかったのですが今回お客様の要望という事で交渉しました所、初めはきっぱり「No!」と一蹴されてしまったのですが、ダメな場合はレギュラーでもいいけど一度考えてみておいてねとオーダーを通しておいた所、数ヶ月後にボックスサイズで作ってみるからとの連絡


スタンリーともそう頻繁に会える訳では無いのですが彼は意外(?)と物覚えが非常に良く、ふと交わした会話の内容であったり、それとなくお願いしておいた内容を覚えておいてくれて、ふとサプライズを届けてくれる事があります。


そういうお茶目なスタンリーに非常に魅力を感じ、リスペクトを覚えるのです。


お客様にもそんな連絡がスタンリーから会った事を伝え、どんな風に仕上がってくるのかと楽しみにして待つ事・・・数週間。

やっと仕上がってきたシガレットケースを見た時はその出来に見とれてしまいました。


なんとも丁寧に仕上げられたその作りはまさに、It’s Perfect!

いつも思うのですが、スタンリーってアメリカ人なのに日本人好み繊細さを持ち合わせえる感じがしますね。

もちろん、いい意味での大味さも無くは無いんですが(^^;


このシガレットケースなんかも、蓋をスーっと閉じると本体と上蓋が吸い付くようにピタッと音無く合わさるのを見ると、日本の伝統工芸品の職人技に見とれてしまうような感覚を覚えますね。

蓋を閉まる感覚は「カパッ!」ではなく、「バフッ!」って感じです。


サイズも今回特別にボックスケース仕様と言う事で、どうなのかな~ちゃんとピッタリなの~っと期待と若干の不安入り混じりつつも、LAのスタッフから伝言でスタンリーが、


「ボックス用にぴったりに仕上げたから、お客さんにフィルムは取ってケースに入れるように伝えておいてくれよ。フィルム付いてると入らねぇからな!」


・・・ん!?フィルムって数ミクロンだよね、フィルム付いてると入らないぐらいってどんなだ!って思ってたんですが・・・、


申し訳御座いません、私スタンリーの職人芸をなめてました!


届いてびっくり、タバコをセットした状態で送ってきてくれたんですが、タバコを試しに取り出してみると、

「スー・・・・・・カポンッ!」キラキラ

ん!?なんだこの感触はと、タバコをケースに戻してみると、

「すー・・・・・・(ぷしゅーー)キラキラ

吸い込まれるようにケースに収まっていくタバコ!

これは凄いまさにピッタリサイズ!フィルムを付けたままだと本当に入らないですね。

空気入れでタイヤに空気を入れていてもうそろそろ空気がいっぱいかなっと言う時の感触ですね。


さすがはシルバーアクセサリー界の巨匠「スタンリーゲス」と言わんばかりですね。


ウッドシガレットケース-1


※多少、オーバーな表現も含まれておりますのでご了承くださいませ。(笑

AD

近頃のウィルス対策!?

テーマ:

皆さんウィルスチェック用のソフトウェアって何を使っていますか?


シェアでは、ノートン・ウィルスバスター・マカフィーの3つが大半を占める感じでしょうか。

私は、以前は個人用・会社用共にノートンを使用していたのですが、最近は集中管理の利便性とコストパフォーマンスを考えて、マカフィーのManagedVirusScanアンドAntiSpywareってソフトを使っています。


インストールや更新状況の管理が自社内サーバーでなくオンラインサーバー上で行なえるので便利である事と、社内サーバーへのストレスの軽減やトラブル発生時に連鎖的に問題を発生しないというあたりにメリットを見込んで使ってます。


インストールと更新状況の確認はかなり使いやすく便利です。

ただオンライン管理なので、ネットワーク自体に問題が発生した場合はアウトです。

あと外部に一斉に更新ファイルを確認しにいってしまうタイミングがあるとルーター等に多少負担が掛かる事はあるみたいです。

まぁでも実質的には気になるレベルではないですね。

最近通信環境も随分よくなったので。


と、前置きはこの辺にして、ふとコンピューター関係のニュースを読んでいたら、年間更新料が無料のウィルスチェックソフトが登場と言う記事が。

チェックしてみるとソースネクストが販売している年間1980円(販売価格1980円・年間更新料1980円)のウィルス対策ソフトのウィルスセキュリティのライセンスシステム変更版でウィルスセキュリティZEROというソフトみたいで、販売価格は通常版の倍の3970円であるものの一度購入すれば年間更新料が発生する事なく最新のアップデート環境で使用を続けることができるとの事です。


今までウィルスチェックプログラムと言うと購入して一年間はアップデートで費用が発生しないものの、1年以降は更新料を払って新しいアップデートプログラムを手に入れると言うのが当たり前だったので、そこから考えると画期的な販売モデルだと思います。


価格も倍とは言え既存のメーカーの中では安価な3970円。

さらに企業向けパッケージはかなり割引率が大きくお得感が有るようです。(7月から販売開始予定)

うちの会社も使い勝手良さそうなら来年の更新時は検討しようかな・・・( ̄▽ ̄;


ちなみに、永久に無料というわけではなく一応期限は設けているようです。

WindowsVistaのサポート終了予定期限という事で、約10年後ですね。

10年経てば環境も随分変わってると思われるので、実質期限の気になるレベルではないですね。


機能面に関しても特に不満点がありそうな感じではありませんね。

安いから価格なりかって事もないようですね。


ソースネクスト

有名所はこの3社かな。

各社単にウィルスチェックと言うだけでなく、コンピューターの体調管理をする為のラインナップが充実していますね。後はコストパフォーマンスとの信頼性の兼ね合いでしょうか。

シマンテック

トレンドマイクロ

マカフィー


あと、昨年新しくウィルスチェック対策ソフトの販売を開始したと同時に、累計100万人まで無料ダウンロードという企画を成功させてシェアを一気に伸ばした中国系の新参メーカーです。

内容は結構充実したソフトのようですね。

価格は他のメーカーに比べると格段に安いですね。


キングソフト

AD

携帯番号ポータビリティー制度!?

テーマ:

以前から話題に出ていた携帯の番号をそのまま変えずに電話会社を変更できるというサービス、『番号ポータビリティー制度』が今年の11月前後から実施されるようですね。


ヨーロッパの方では随分早く導入されていて、アメリカでも2003年には実施されているこの制度ですがついに日本でも導入と言うことのようです。

実際周りの人間と話していても、番号変えずにキャリアを変えれるなら変えてみたいなっていう意見は多くきくので良い事だとは思うんですが微妙に引っかかる点が・・・。


それは変更時の費用ですね。

変更の手続き自体に費用が掛かるって言う訳ではないようなのですが、番号ポータビリティー制度を実施するに当たって1000~1500億円程度の設備投資が必要になるようなのですが、この費用をどこで負担するのかとなった時に利用者の方へも多少しわ寄せがあるだろうと思われます。

全携帯利用者の10%(約800万人)の人がこの制度を利用したとして、もし利用者が全額負担するとすれば約11万前後の費用が携帯の変更時に必要になります。

普通に考えて、11万も払ってまで番号そのままで携帯のキャリアを変更する人なんて居ないと思いますよね。

実際は、変更してもらう側の会社がある程度負担する形になると思うのですが、それでも今の同じ会社同士での変更と比べると機種変更代が高くなるのは間違いないかなと。

そう考えるとこのサービスあんまり需要は伸びないのではと思えるんですが・・・。

(ヨーロッパでも実際には1~3%程度の利用者しか利用されていないようですし)

まぁ、それぞれの電話会社の付帯サービス次第だとは思うんですが。


あと注目するのは、メールアドレスですよね。

今のシステムだとdocomoとかのドメインの入ったメールアドレスをAUとかで使用するとかは無理でしょうし。

これが足を引っ張る形になるのは間違いないかなと。

そこで新たなビジネスとして、携帯用のアドレスを取得するようなサービスが増えてくるのではないかなと。

ここ最近の機種であれば電話会社が提供するアドレス以外に個人で所有するアドレスの受信も設定しておける機種が増えているようですし。


あっちなみにこの記事随分前にかいてお蔵入りしてる間に、ドコモは902isシリーズが発売してますね( ̄▽ ̄;


N902isに変え変えようかな。

N901isは反応が遅くて急ぎでメール打たなくてはいけない時とかは少し厳しいですね(苦笑

AD

one too many!?

テーマ:

最近、個人的に非常に注目しているインポートブランドがあります。

one too many(ワントゥーメニー) というブランドなんですが、Ron Bryant(ロンブライアン) というデザイナーが作るカスタムレザークラフトのアイテムを中心に展開しています。


Ron Bryant の名前を聞いてピンッと来た人も居るかと思いますが、元々Bill Wall Leather(ビルウォールレザー) で、カスタムレザークラフトを初めとし多くのデザインを手がけてきたので彼です。

マリブスタイルとも言える、Bill Wall Lether Travis Waker(トラヴィスワーカー) に代表されるカスタムスタイルの雰囲気を存分に味合わせてくれるそのデザイン・クオリティーは一見の価値ありです。


今現在はフルカスタム対応にて運営しており、ブランド立ち上げから1年という事でone of のアイテムを手に入れるには絶好の機械かも知れません。

ちなみに、既にカスタムの凝った商品は2~3ヶ月の待ちが発生しているようです。


onetoomany onetoomany-2



もし、one too many の商品が気になる場合にはオーダーのご相談に乗らせて頂きますので気軽にメールにてお問い合わせ下さいませ。


one too many の商品は基本的に卸し販売はされていませんが、カスタムの交渉・価格面共に個人で購入するよりは良い条件でお届けさせていただけるかと思います。