2005年06月30日

断食療法

テーマ:お知らせ
長期間(2日間以上)の断食療法は、医師のいる施設に入所して行わないと危険です。
決して家庭では行わないでください。


初めて「断食療法」を知ったとき、「絶対やりたくない」と思いました。でもよく調べてみると、断食療法では、断食療法を行うことでしかできない効果が結構あるようです。


◆断食の効能
断食には、生命機能をリセットする効果があるようです。

以下が主な断食の効能として期待されます。
1.内臓諸器官の休息:胃腸、肝臓、腎臓を休め、機能回復させる、
2.過剰栄養分の排出:蓄積した脂肪を代謝させる
3.毒物・老廃物の排出:脂肪に溶けた「毒素」は、通常の生活では、排出されにくい(注1)
4.白血球の増加(注2)
5.潜在生命力の賦活

注1:有害金属(鉛、水銀、カドニウムなど)は、脂溶性で、脳にも蓄積しやすい。有害金属は、汗からも排泄される。
注2:断食のような飢餓状態では、肺胞マクロファージの貪食能は、飢餓の2日目に一時的にに上昇し、その後は、低下します。肺胞マクロファージのPGE2産生能は、飢餓の2日目以降から、急激に低下します。しかし、肺胞マクロファージのIL-1産生能は、飢餓日数と共に、徐々に上昇します。なお、運動は、肺胞マクロファージの数や貪食能を、増加させます。

断食により、体内の過剰な脂肪だけでなく、過酸化脂質などの有害な脂肪を減少させることが、可能になります。


◆断食後の消化吸収力の向上
稲などの植物では、水を与えないようにする期間を設けると、根が丈夫になるそうです。
断食後も、腸の機能が亢進して、栄養の吸収が良くなり、体も脂肪を貯えるように代謝が変化するので、少食でも健康に過ごせるようになるようです。


◆安全な断食
断食では、絶食することよりも、食事を再び食べ始める回復期に、異常に出る食欲を抑えながら食事の量を徐々に増やすことの方が、困難のようです。回復期は、重湯(お粥)を主にして、胃腸に負担をかけないことが、原則のようです。
お粥 :  白粥黒ゴマ粥ニラとサツマイモの中華風粥

* 断食中は、十分な水分を飲む必要があります(成人は、1日1~2リットル)。

長期間(2日間以上)の断食療法は、それなりの経験のある施設に入所して行わないと、危険ですし、腸液の分泌機能が低下する可能性があります。
しかし、夕食後から次の日の昼食前までとか(朝食抜きの半日断食)、土曜日の夕食後から日曜日の夕食前まで(1日断食)、水分のみで過ごす程度の断食でしたら、家庭で安全に挑戦出来ると思われます。


◆宿便は万病のもと
断食中に、宿便が排泄され、腸管内がきれいになります。

宿便は、「腸管内壁にこびりついた古い便」というように考えるのは、間違いだと思います。
実際、人間で、大腸の内視鏡検査を行っても、そんなこびりついたような便は、見当たりません。食べた食餌は、腸管内をトコロテン式に食べた順番で押し出されて、大便になるのではありません。腸管内では、前に食べた食餌が、古い食物残渣として停滞したり逆流しているところに、後に食べた食餌が合流します。そうすると、特に拡張した腸管内に、前に食べた食餌がある程度の量、古い食物残渣として残ります。これが、宿便の正体だと、思われます。
特に、上行結腸では逆蠕動が起きるので、古い食物残渣が宿便として溜まり易いと考えられます。

古い食物残渣が腸管内で停滞すれば、ウェルシュ菌などにより発癌物質が生じる危険があります。食べた肉のアミンは、腸管内でウエルシュ菌により、発癌作用のあるニトソアミンに、変化します。また、脂肪分解のために分泌される胆汁酸が、ウエルシュ菌により二次胆汁酸に変わり、腸粘膜を障害します。大腸癌は、このウエルシュ菌により生成されるニトロサミン(主犯)が、二次胆汁酸(共犯)により障害された腸粘膜を発癌させるのが原因と、考えられています。
便秘は、大腸癌の危険因子です(注3)。

また、古い食物残渣が腸管内で停滞し、腐敗して生じた有害な物質が体内に吸収される危険があります。「宿便は万病のもと」と言われるのも、納得がいきます。

注3:便秘の人は、キャベツを食べると良いと思います。


◆腹八分に医者いらず
宿便の多いような状態では、腸管の蠕動運動が低下しています。
このような場合、食物繊維は便通を良くするからと、生野菜や果物やサツマイモなどをたくさん食べると、かえってお腹が張ってしまいます。
宿便を減らすためには、腹八分を心掛けることが、大切のようです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月20日

生食療法

テーマ:お知らせ
生食とは、新鮮な穀物や野菜などを、加熱処理や添加物なしで、自然の状態のままに摂取する方法です。熱を一切加えないことで、原料の天然のビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維などがほとんど壊れずにそのまま残っています。

調理で加熱(火食)すると、身体の新陳代謝に必要な各種栄養素と酵素等の大部分が熱で破壊されてしまいますが、生食はビタミンなど栄養の損失が少なく、食材の豊富な栄養素を生で丸ごと体に取り入れることができます。

生野菜にはまだ解明されていない効能が多いですが、代表的な所では食物繊維による腸内の浄化、水分による血液の浄化、有機蓚酸による内臓、気管の治癒、その他生きた栄養素や酵素を大量に摂取できることでの体の活性化などがあるようです。

生の緑葉のビタミンやミネラルは、それがただ豊富にあるだけではなくて、生きた形、つまり酵素として存在するのです。

この酵素は、体内の代謝に触媒としてはたらく大切な生命のもとで、私たちが摂取した糖質やたんぱく質を、アミノ酸レベルまで小さく分解します。
加熱した食材よりも、ビタミン・ミネラルが豊富で酵素が生きている生食を摂取することで、豊かな食品の酵素を体内に吸収して新陳代謝を活発にし、蓄積された老廃物を排出させることができます。

これがダイエットやキレイな肌を再生するのに効果を発揮するのです。

今から30~40年前、西洋では「生食療法」が大変流行したようです。
これらはすべて、野菜を『生』のまま食べるということだけで、別に材料については注文は付けていません。何でもいいのです。
私の場合は、数種類の 青汁 を日替わりで飲むことによって必要な野菜を摂取するようにしています。


【生食の方法】
大根、人参、キャベツ、白菜、パセリ、セロリ、ほうれん草などなんでも構いませんが、ゴボウ、ふきなど灰汁の強いもの、トマト、キュウリ、ナス、トマトなどの果実はあまり良くありません。また、大根は根と葉で2種類に数えても良いです。
根菜と葉菜は同量にするとさらに良いです。一日の分量は1100~1300gを目安にしてください。
慣れるまでは咀嚼が大変なのですりつぶして食べるようにしてください。

◆体質改善/病気治療の場合
5種類以上の野菜を使用し、45日間の生食療法を目安に行ってください。

◆健康増進/体力増強
3種類以上の野菜を使用し、2,3週間に1日を目安に生食療法を行ってください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月07日

マクロビィオティック

テーマ:お知らせ
マクロビィオティックは、マドンナ、トム・クルーズ、その他ハリウッドスターや歴代アメリカ大統領の多くが実践している、世界で普及されている食事療法です。

その土地で採れる旬のものが体によいとする「身土不二」
皮などをむかず食べ物をまるごと食べる「一物全体」
肉や魚はほとんどとらず穀物、野菜、海藻を中心にとる「穀物菜食」
陰性の食べ物と陽性の食べ物をバランスよくとる「陰陽の調和」
などの考え方を原則とする食生活のことです。

マクロビィオティック(Macrobiotec)という言葉は、ギリシャ語で以下の意味を持っています。
 macro : 大きい・長い
 bios : 生活
 tic : 術・学

病気や不幸とは「適切な食事と生活法をしなさい」と自然が諭している表われであり、私たちが環境と調和して生きれば、こうした問題はなくなる、と考えられています。この食事の方法を実行しましたら、東洋虹彩分析でいう「強い体質」に近づくことができ、多少無理をしても応えない体になってきます。


【食物の陰陽について】
自然界は全て“陰陽”でバランスがとれています。例えば女性と男性、月と太陽、夜と昼、寒と暖、静と動、冷と熱・・・etc。陰陽は全てバランスを保つようにできており、南国(陽の土地)には体を冷す 「陰」の植物が生育し、北国(陰の土地)には体を温める「陽」の植物が生育します。

ですから、北国(陰の土地)で、南国の植物(サトウキビ=砂糖・フルーツ・コーヒー ・ カレ-など)を常食すると体温が下がり、冷えてきます。日本のように四季のある国で“夏”に食べるもの(ナスビ・トマト・酢)も、体温が下がり、冷えてきます。

また、地面から見て高い所にできる物(柿・栗・ぶどう・リンゴ・みかんなど)も、太陽(陽)に近づきたい事をあらわし、それらは陰性の植物ということになります。(昔から柿を食べると腹が冷えると言います)

近年は、肥満・冷え性・のぼせ・便秘・生理痛・生理不順・肩こり・むくみ・肌荒れ・低体温などの症状を訴える方が多いですが、飴玉やチョコレ-ト、果物、酢、サラダなどを食べすぎていませんでしょうか?心当たりのある方は、くれぐれもご注意下さい。

陰性な食品(体が冷える)  ←  中庸の食品  →  陽性な食品(体が硬くなる)
常食しないほうがいい食材 たまのご馳走に使える食材 状況に合わせて使える食材 常食して良い食材 状況に合わせて使える食材 たまのご馳走に使える食材 常食しないほうがいい食材
精白パン
菓子パン
とうもろこし
冷や麦
フランスパン
うどん
そうめん
麦類
玄米
そば
きび
あわ
ひえ
もち おかき
ナス ニラ
ネギ
ラッキョ
サツマイモ
タマネギ
里芋
ジャガイモ
大根
ゴボウ
自然薯
レンコン
ニンジン
タンポポの根
トマト
タケノコ
ニンニク
キュウリ
カボチャ
レタス
白菜
タクアン
ホウレン草
キャベツ
小松菜
ニガウリ
ニガ菜
生シイタケ 干しシイタケ エノキダケ キクラゲ 朝鮮人参
サルのこしかけ
イチジク
ブドウ
バナナ
パイナップル


ミカン
メロン
リンゴ
イチゴ
スイカ
シジミ マス

タコと川魚
牡蠣
ハマグリ等の貝類
うなぎ
ヒラメ

マグロ
イワシ
アジ
シャケ
ブリ
クジラ
サバ
伊勢海老
車エビ
唐辛子 ワサビ
コショウ
カレー
シシトウ
ショウガ
カンテン
ピーマン 
ひじき
ワカメ
のり
こんぶ
アラメ
味付けのり
焼き海苔
鳥肉
牛肉
豚肉
羊肉等の獣肉の加工品
生の豆乳 大豆
冷奴
きな粉
とうふ
浅漬け
そら豆
うずら
エンドウ豆
納豆
古漬け
ヌカ漬け
梅干
コーヤドウフ
油揚げ
ガンモドキ
日本酒
ワイン
白酒
ウイスキー
ブランデー
砂糖入りの清涼飲料水
ビール
焼酎
紹興酒
コーヒー
緑茶
紅茶
番茶
くず湯
伝統的な中国茶
苦茶 牛乳
白砂糖
ハチミツ
合成酢
化学調味料
黒砂糖
ジャム
ピーナツバター
胡麻油
ベニバナ油
オリーブ油
ナタネ油
天然で古式の味噌・醤油  自然塩 バター
チーズ
ヨーグルト
精製塩


【一物全体について】
一物全体(いちぶつぜんたい)を食べる。

最近は、「1日に36品目」とか「栄養素が吸収されやすい食べ方」とか「サプリメント」といわれていますが、現代栄養学が組み立てた食事で育った現代人は、なんと病人が多いことか。
それはなぜかと言うと、根底に「分析」という科学が好む方法を採用しているからで、栄養素という分析で得られた結果を基準にして食べようとするからです。

一つの食物は全体があるからバランスを保っているのであり、部分に分けてしまえば、エネルギーバランスが崩れてしまうことを知らないからです。それが分析では得られない「もう一つの栄養」で、それは宇宙の構成構造と似たようなものです。

食物から、「栄養素」も「エネルギーバランス」も一緒に摂ろうとするには、一つの物を全体食べるほうがいいのです。それが「一物全体」という言葉ですが、一物全体とは、大根なら“葉も皮もそのまま”、魚なら“頭も骨もそのまま”を全部使うという方法です。

食物を生命体の形で調理して食べると、「ビタミンは?ミネラルは?蛋白質は?」などと煩わしい事を考えなくても、自然とバランスの整った食べ方ができるのです。

例えば、大根を包んでいる“皮”は、栄養成分で照らし合わせても、人間でいう“皮膚”に当り、現代は皮をむいて食べるので、皮膚になる物が食べられていない。だからアトピ-のような皮膚の弱い人が多いのです。
一物全体食から考えれば、牛は“丸ごと一頭”食べられず、肉食を常食するとバランスの崩れた“部分食”ということで、偏食になります。


【穀物菜食について】
生命を育て、養い、維持していく入口は「口」で、口には歯があります。歯にはそれぞれ役目があり、液体も固体も“歯の数”の通りに、食物を食べると、病気があっても病気は治り、また与えられた寿命まで健康で暮らすことができます。

 前歯は 8本 : 兎のように野菜を食べる歯
 犬歯は 4本 : サメのように動物を食べる歯
 奥歯は16本 : 親不知を入れると20本で、穀物を噛み砕くため、平らになっています
すなわち、明治・大正時代の方々が食べてきたような、伝統食の配分で米を多く、おかずは米の半分位の量、おかずは野菜を多く、肉や魚は少なく、生で食べずに火を使って調理する。そして、季節はずれの野菜や、居住他近郊に生育しない食物は、自然に反し体を壊します(身土不二)から、極力摂らないようにします。

野菜や穀物 4 : 野菜や海藻類 2 : 魚や肉 1

料理をする時は、砂糖や化学調味料などは使わず、自然の塩や、自然醸造の味噌や醤油を使うことも大切です。

健康を保つための食事は、穀物(できれば玄米、5分づき、胚芽米など)を中心にして、おかずは根菜類(人参・大根・ごぼうなど)や葉野菜、海藻、天然の白身魚を自然醸造の味噌・塩・醤油・ゴマ油で味付けし、加熱調理したものを良く噛んで(一口30回以上)食べることが元気のコツです。
噛むという行為は、ゴマなどに多く含まれている「飽和脂肪酸」を、要領よく摂取する方法で、きれいな肌を保つ、とても良い方法です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年01月01日

超一流主義♪ について

テーマ:お知らせ
以前このページで記事を書こうとしていた「超一流主義♪」は、ブログでは構成が難しいので、別にサイトを立ち上げることにしました。

超一流主義♪ ←はここをクリックしてください

今の段階では、まだ商品紹介だけですが、徐々にページを追加していきますのでよろしくお願いします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。