ニソクノワラジ ~ホームページ制作との兼業行政書士の雑記~

墨田区錦糸町で個人事業ホームページ制作屋さんでありながら契約書作成&確認、著作権相談&登録など中小企業の法務サポート行政書士としての活動の日々を綴っています


テーマ:
私たち行政書士に限らず、多くの業種において
知識や技術の習得は必要なものです。

インプットしたら、しっかりアウトプット

私の場合、インプットしたけどアウトプットせずにいたため
腐ってしまった情報も多々ありますが(苦笑)
それではダメですね。

まあそれは置いといて、
日頃の知識や技術のインプット&アウトプットだけで
果たして良いのか?

昨日9月6日、こんな記事がありました。
Apple製品を知り尽くした「プロ中のプロ」がAppleストアの「ジーニアスバー」の採用試験に落とされていたことが判明」(GIGAZINE)

ジーニアスバーとはApple製品の修理などを行っているサポート部門であり、そこで働く人は当然にApple製品を深くまで知っている必要があります。

ですので、実際にApple製品の開発に携わってきた人というのは、もちろんApple製品を良く知っているわけですから、修理や相談といったシーンでも貴重であり即戦力になってくれる印象があります。


ですが、採用試験に応募してみたら、不採用となってしまった。

記事では推定される不採用理由として「年齢」を挙げていますが、
果たして理由はそれだけでしょうか。

もちろん、若いスタッフが多いジーニアスバーにとって
54歳という年齢は採用において障害になるかも知れません。

ただ、製品のサポートという点から考えると、
その業務に必要なことは、知識だけではなく
ユーザーの疑問に答え、相談に応じるということも
非常に重要なものであると言えます。

その場合、知識だけではなく、相当のコミュニケーション能力が要求されます。
どんなに豊富な知識があっても、それを有効的にアウトプットし、目の前のユーザーに対して的確に提供できないようであればサポートスタッフは務まりません。


これは、私たち行政書士でも同じですよね。

知識だけあってもダメで、お客様の思いや希望、考えを十分に引き出して、それに対して的確に対処することが求められます。

もちろん、今回不採用となってしまった方に
コミュニケーション能力が不足していたかどうかは
わかりません。

でも、この記事で取り上げた事例を読んで、
業務の遂行において必要なことは知識だけではない、
ということを改めて認識することとなりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。