クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!


テーマ:

昨日、東京へ向かったのは、
月刊デンタルダイヤモンド8月号の企画、
Dd“クリニック設計”セミナー(第二特集)

『理想の歯科医院をデザインしよう』
に参加する為でした。

 

徹底的に歯科の現場と関わって来て、

現場の方々の感覚、思いと一緒に行動して来た中で蓄積して来た

 

〝医院を作られる側への提案〟

 

が以前からあります。

 

すでに、設計段階からクレンリネス環境にしたいとの、

ご開業前の先生からのご相談も出て来ています。

 

そんな現状を一歩進めたいと

2年前のデンタルダイヤモンド誌連載時に

編集部の方にこのような対談を企画して頂きたいとお願いしていました。


それを今回しっかり実現して下さった事に本当に感謝しています。

 

歯科医院を作る段階と、できてからの長い年月医院を守る段階で、それぞれ専門分野のプロが関わります。


その2者が同じテーブルに着き、

より良い医療環境を作る協力をする事で、

 

医院が使いやすく、長持ちし、気持ちの良い場になる

 

事は、

現場のスタッフの皆さん、院長先生とお話ししていても賛同のお声が非常に多かった事から、この取り組みはとても意義のある事だと思います。

 

他業界ではすでにこのような仕組みができている部分もありますが、あくまで行政主導であったりし、細かな部分まで行きわたってはいない現状かと思います。

 

歯科の世界で、『現場と作る側、守る側』

長い協力の形ができれば、

清掃に携わる者としてひとつ貢献ができるのではないかとうれしく思っています。

 

このような前向きな取り組みを誌面を通じて実現して下さる出版社様と、今回の企画に真剣に向き合って下さる各プロフェッショナルの方々に敬意を持っています。


※私一人だけカタイ顔の写真でお恥ずかしいデス(⌒_⌒;

デンタルダイヤモンド誌8月号と、そこから始まる動きに期待感1000%です!!!

以下、今回司会進行をお引き受け下さった、

廣田祥司 様(フォーユーメディカル株式会社/)のFBの記事から文章を拝借しました。

====================================================

昨日は、月刊デンタルダイヤモンド2017年8月号 Dd“クリニック設計”セミナー(第二特集)『理想の歯科医院をデザインしよう』にて司会進行役を仰せつかりました。

 

第一線で活躍する各専門分野の方にお集まりいただき、大変貴重なお話をお聞かせいただきました。

 

各専門分野のプロフェッショナルのみなさんからプレゼンいただき、その後は、座談会方式でディスカッションしました。

 

各専門分野のプロフェッショナルから歯科医院の開業・経営において配慮すべきポイントや専門知識についてわかりやすく解説いただきました。

 

また、ディスカッションでは、最近のトレンドなど大変参考になるお話をお聞かせいただきました。

デンタルダイヤモンド2017年8月号の発刊が楽しみです。

======================================================

なお、内容は以下のような充実した物でした。


◎プレゼンテーション1

廣田祥司 様(フォーユーメディカル株式会社/開業コンサルタント)

 「開業するにあたって押さえておきたいポイント」 

 

◎プレゼンテーション2

木下賀友 様(株式会社 GENOVA/開業コンサルタント) 

「歯科医院の経営安定化を左右する立地・物件選定」

 

 ◎プレゼンテーション3

雨谷祐之 様(スタイル・エイチ・デザインワークス/建築・内装・デザイン)

 「歯科医院に求められる機能とデザイン」 

 

◎プレゼンテーション4

小林 宏 様(株式会社クリーンワークス/歯科医院クレンリネスアドバイザー)

 「開業後も長く衛生状態を保つために必要なこと」

 

 ◎プレゼンテーション5

原 裕司 様(株式会社 Dental Sign/歯科医院専門看板業者)

 「マーケティング視点からの看板の重要性」 

 

 

◎ディスカッション

最近のトレンド(歯科医院の土足化、待合室、キッズルーム、プライバシー、衛 生管理など)、成功例・失敗例、各業者選定のポイント、清掃などのスタッフ教育、保 守・メンテナンスの留意点など

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

デンタルクレンリネスプロジェクト 小林宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります