クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!


テーマ:

10件目の仕事を終って、恐る恐る請求書を渡し、
「あの、請求書、これで終わりなんですけど・・・。」
と言った、その反応は、


100枚つづりの重たい請求書冊子を渡され、


「これ使うて。」


「はい、ありがとうございます。」

あの時は、家に帰って家内に何と言ったか覚えていない程、うれしかったです。


私に、プロの仕事、プロの努力を教えて下さった現場監督。


その後、会社内でいろんな監督さんを紹介して下さり、どんどん現場が増えました。
他の分譲地では、何十件もの新築を順番にまかせて下さいました。
営業さんまで紹介して下さいましたので、中古物件の清掃もするようになりました。


70坪の新築一戸建てでも、5LDKの中古マンションでも、築30年の中古住宅でも、すべて一人でやり切りました。


その会社の専務さんが家を建てられる事になり、
家を建てるあらゆる職人の≪スーパーチーム≫が組まれる噂を聞きました。
「へ~!」
と思っていたら、
「小林君、専務の家、○日ぐらいから、洗い入ってなー!」
の電話。
「へ~!」が「へ?!」に変わる瞬間(笑)。


親戚からは、「○○コーポレーションに入ったら、あんた安泰やがな、よかったな!」
と言われる、そんな時期でした。


それでも、その会社の全ての仕事が私に来ているわけではないので、

新築の仕事は多くて月に5件程。
まだまだ店舗や会社に飛込み営業の毎日でした。


その監督さんはそれから数年後独立され、工務店を立ち上げられました。

その工務店で手掛けられる新築やリフォーム後の洗いの仕事は、私に全てまかせて下さいました。
今度は、私が好きなように書いた請求書を、値段も確認せずに受け取って下さっています。


もう、お付き合いも18年になります。


先日、その社長さんの物件の仕事をして来ました。


今でも、そこからの仕事の時は集中力を上げて、深呼吸をしてから始めます。


そんな経験の積み重ねが、仕事のやりがいと楽しさを教えてくれています。


好きな事をやっているという責任と自負心もそこで大きくなったと思います。


それからもいろんな経験をして来ていますが、最近独立された人や、私より商売上手な人には信じがたいような事がいくらでもあります。


すべてが今に繋がっています。

今、デンタルクリニックに最高に集中していますが、
それにはいきさつと理由もあります。


せっかくなので、今日書いた話の続きから現在まで、書こうかなと思います。


読むほうが迷惑かも知れませんが、

ブログは、読みたい人が読んで下さればいいので、それ以外の人は遠慮なくスルーして下さればいいと思います(笑)。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

デンタルクレンリネスプロジェクト 小林宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります