クリーン・ランゲージ・トレーナーのページ|Clean Discovery

Clean Discovery
聞き手の価値観で相手を汚染しない「クリーンな問いかけ」と、言語の中に含まれるメタファーを使った、最先端のクリーン・ランゲージという手法を、日本に紹介しています

この体験講座は、クリーン・ランゲージを組織やグループのメンバーが使いあって、お互いの決めつけを排除し、共有のメタファーなどを持つと、どのようにそのグループが活性化していくのかを、2日間かけて体験して頂く講座です。

どんな人も、人としてこの社会に生きている以上、何らかの
「グループ」に属していますよね?
最小単位でいえば、もちろん、家族。
そして、学校、仕事、趣味、遊び仲間、ボランティア、などなど、人が人と関わっている限り、それは組織でありチームです。

その中で、「グループの中で起きる葛藤やもめ事」を経験してない人は、ほぼ皆無と言ってよいでしょう。
そして、私たちの抱えている日常の悩みの大半というのは、多かれ少なかれ、自分を取り巻く組織・チームから生じているのではないのでしょうか?

私は昨年、クリーン・ランゲージを組織・チーム・グループで使って、お互いの尊重に満ちた創造的なチームワークを築いていくという「システミック・モデリング」というグループ・ファシリテーション技法を、イギリスで学び、世界で2番目に公認資格を取ったファシリテーターとなることできました!

そして今まで日本で紹介されているクリーン・ランゲージの技法は、1対1のコーチングの形でのものが主流でした。

が、今回私が学んできた「システミック・モデリング」は、クリーン・ランゲージを、よりカジュアルに日常の中で活かすこと主眼を置いているので、クリーン・ランゲージの可能性をもっともっと多く皆様にご紹介できるのでは、と、鼻を膨らませております。

このシステミック・モデリングは、これが生まれたイギリスでは、教育現場、ビジネスの組織変革・創造性活性化、ソーシャルワーカー、医療、スポーツとあらゆる場面で目覚ましい成果を収めており、教育現場においては英首相のトニー・ブレアが視察にまで来たそうで、ビジネス改革の事例は公営放送BBCのドキュメンタリーにもなったそう!

クリーン・ランゲージとは、①聞き手のもつ価値判断や前提を一切排除した、15個ほどの「クリーンな質問」と、②「メタファー」の2つを中心軸に、深層心理に働きかけていく手法で、この基本はグループ・ファシリテーションでも変わりません。

そして、この二日間では、「クリーンな質問」と「メタファー」をチームのメンバーが使い合うことによって、
①まず、五感を通じた世界の認識の仕方が、どれだけ個々人で異なるのか、
そして、
②自分がどれだけ無意識のうちに、他人に対して自分の物の見方で「決めつけ」をしているのかというパターンを、個人レベル・グループレベルで、まず発見しあいます。

その「決めつけ」を離れて、お互いをありのままに尊重する「クリーンな態度」を育てたときに、どれだけお互いの理解と尊重が育っていくか、それによって、組織が活性化して豊かに育っていくのかを体験していただくのが、この2日間のワークショップの目的になります。

実は、私は昨年に、この「システミック・モデリング」をもとに、対人支援のプロの方たちに対して3か月間の集中トレーニングを行ったのですが、その後、皆様から「自分の対人支援スキルが、より決めつけのないクリーンなものにシフトアップした!」と喜びの声を頂いております。

また、人事や人材開発関係の方から、「自分の会社でのチームビルディングに、ぜひこれをやってほしい」という声が複数寄せられ、今年のクリーン・ランゲージは、そちらの方向の発展が勢いづきそうな感じです。

どういう形であれ、自分の所属しているチーム・組織のコミュニケーションをよくしていきたい、それに自ら貢献していきたいという志を持たれる方に対して、お伝えしたい内容てんこもりの内容になっております!

(なお、本講座の目的は「体験」であるため、この講座の受講により、ファシリテーション技術を完全に習得できることを目指しているものではないことを、ご了承くださいい)

<この2日間で得られることは?>

①「クリーンな質問」の日常での使い方と、メタファーの持つパワーの理解
②「クリーンな質問」を使って、自分が外界を認識する際の五感の使い方の癖(得手・不得手)を、発見しあう
③「クリーンなフィードバック」の習得 ~ 無自覚に自分の行っている「価値判断」のパターンを発見しあい、実際に「認識している事実」と「それに対する自分の価値判断」を区別して相手に伝えるコミュニケーション技術
④お互いが持っている得意な才能・技能を、「クリーンの質問」とそこから発展させるメタファーで、お互いに体験的に学びあう
「最高の状態で働いているとき、あなたは、何のよう?」「最高の状態で学んでいるとき、あなたは、何のよう?」
⑤メタファーを使ったチームビルディング
⑥お互いの違い・個性を尊重しあう「クリーンな態度」をメンバーが学ぶことで、より良いコミュニケーションが生まれ、グループが活性化することの体験

<この2日間のセミナー受講で、メリットが得られる人>

-  クリーン・ランゲージについて、興味のある方

-  いかなる変化も、まず自分自身を見つめて変わることが第一歩である、という価値観に共鳴する方

-  チームや組織(家族などの血縁チームも含む)に属していて、より良いコミュニケーションをメンバーととっていきたいと願う方

-  チームを、もっとより良い方向で活性化させたいと願う方

-  チームやグループのファシリテーションをすでに行っていて、より新しい方法を導入なさりたい方
- 例えば、教師、トレーナー、人事・人材育成関連の方、セラピスト、マネジメントを必要とする役職にある人、チームリーダー、両親(両親も立派なチームリーダーです)、などなど。

<グループのためのクリーン・ランゲージ入門 開催予定>

日時 7月1・2日(土日)  10時~18時30分
場所: セラピースペースパレット (神楽坂 飯田橋)
料金: 60,000円(外税 64,800円)   

お申込み・お問い合わせは、「こちらのフォームからお願いいたします
(入力時には、希望コースの名前と日程をご記載ください)
または、deshana8@gmail.com まで、直接メールでご連絡ください。


システミック&クラスルーム



いいね!した人  |  リブログ(0)
こんにちは、クリーン・ランゲージ・トレーナーの松田依子です。
さて、私は、先週末・今週末と、「グループのためのクリーン・ランゲージ入門」の2日間のワークショップを、東京と豊川で行ってきました!

今のところ、「グループのためのクリーン入門」は、開催4回目になるのですが、メンバーが異なるたびに、学びの内容が全く違ったものになり、リピーターの参加者も出てきて、嬉しさと感謝でいっぱいです。

今回のワークショップで特に好評だったのが、「クリーン・フィードバック」。

「ここを、こうした方がいいよ」「これは、とても出来ているから、続けて」というように、相手に対してするフィードバック(注意とか、指摘のことです)を、いかに相手にとって教育効果があり、かつ感情的なもつれなく、「クリーン」に伝えるかという技法です。

詳しい記事は、こちらの「相手の成長を促すフィードバックとは?」をご覧ください。

参加者の方は、今回は、建築設計事務所の代表、カラートレーナー、飲食店舗のマネージャー、企業内の管理職、作業療法士、オーガナイザー、コーチ、そして子供を持つ親と、人を指導したり教育したりする立場の方が多かったのですが、皆さん大抵の方が、「今までのやり方では、人は育たないことが分かった!ぜひ、今度からは、クリーン・フィードバックを実践で取り入れます!」との声が。

そんな声の一部を、以下に、紹介させていただきます。

そして、このような実践的な、グループ内でのクリーンなコミュニケーションを可能にする「グループのためのクリーン・ランゲージ入門」は、原則として月一の開催。

次回は、2月28日と3月1日(土日)の週末に行う予定です。


お申込みは、こちらのお申込みフォームからになります。

参加者様の声

「クリーン・フィードバックは、伝えたい事柄について、事実・評価・影響を整理し、混ぜないで明確にすることで、問題や目的がはっきりし、お互いが推察や混乱のないスムーズのコミュニケーションができると思いました。
さっそくに職場で、相手の接客態度について注意したいとき、これを使って提案や投げかけをしたいです。また、子育ての場面でも、同じようにやってみたいです」

「今まで自分が、ほめても注意しても、相手に届いている感じがしなかったのは、伝えている内容がぼやっといしているからだな、とわかりました」

「クリーン・フィードバックでは、今まで漫然としていた注意や指摘について、『何のためにそれを伝えるのか?』というところを考え直すよいきっかけになった。伝える事実と評価をごちゃごちゃにしていたので、そこを見直して、仕事に活用してみたい」

というわけで、「グループのためのクリーン」、さらなる進化を目指してまいります!
それでは~。

<グループのためのクリーン・ランゲージ入門>
<開催日時>
2015年2月28日(土)3月1日(日) 10時~18時

<開催場所>
東京 池袋 フローテーション・タンクサロン「セルフロッテ」
東京都豊島区東池袋2-10-5 ステージ東池袋303
最寄り駅 JR山手線・大塚駅南口より 徒歩5~6分
<料金>
料金: 4万8千円(税込 個人セッション1回分(1万5千円)込)   
持ち物: ノートと筆記用具

お申込み・お問い合わせは、「こちらのフォームからお願いいたします
(入力時には、希望コースの名前と日程をご記載ください)
または、deshana8@gmail.com まで、直接メールでご連絡ください。

お申込み・お問い合わせは、お問い合わせフォームから。
または、deshana8@gmail.com まで、直接メールでご連絡ください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
こんにちは。クリーン・ランゲージ・トレーナーの松田よりこです。

さて、今日は、
「チームのためのクリーン・ランゲージ(12月13・14日(土))」で体験していただく項目の一つ、の、「クリーンに、相手に物事を伝える方法」について、ご紹介したいと思います。

その名も、ずばり、「クリーンなフィードバック」

フィードバックというのは、堅苦しくいうと、「自分の見たり聞いたりした相手の行動について、評価をして、相手に伝える行為」ですが、実は、何気ない日常の中でも、フィードバックはあふれています。


たとえば、

■ 一緒に共同作業をしているとき、そのクオリティを上げるために、「この行動を改善してほしい」とか、「これは素晴らしいから続けてほしい」と、相手に伝える
親が子供に、「こうしたほうがいいんじゃない?」と伝える
教師が生徒に対して、または上司が部下に対して、「ここを直すと、もっとよくなるよ」「このままだとダメだよ」と伝える
グループでパフォーマンスやプロジェクトをするとき、お互いの改善点を伝え合う
カップルが喧嘩して、「あなたのこういうところが、××なのよ!」という・・(爆)

これらのフィードバックは、特に、学習や習得という側面において、とても重要です。

なぜなら、フィードバックを受けて学んでいく側の人は、「自分のやり方の、何が間違っていたのか」、または、「自分のやり方の何が良かったのか」を、フィードバックから正確に学ばないことには、成長のしようがないからです。

でも、現実には、フィードバックを伝えるということについて、難しさを感じている人も多いのではないのでしょうか?

たとえば、フィードバックを伝えると、相手が感情的になったり、抵抗したりして、なかなかこちらのいうことを素直に聞いてくれない。

そして、相手からそういう抵抗にあうと、こちらも連鎖的に、「あいつは、聞く耳を持たないから、どうしようもない・・」となり、お互いを責め合うループにはまり込んでしまう・・・。そんな感情的なもつれは、フィードバックがうまく機能しない、典型例と言っていいでしょう。

こういう問題は、クリーン・ランゲージの観点からいうと、「見たり聞いたりして認識した事実」と「その事実に対する評価」をごちゃ混ぜにして、「クリーンでない状態」で、相手に伝えていることから起きるのです。

たとえば、このフィードバックをみてみましょう。
「あなたは、会議で、いつも非協力的だ」
「この作文は、よくできたね」

この手のフィードバックは、日常でもよく見聞きすると思いますが、「相手に今後は行動を改善してもらいたい」「この良いパターンを、今後も継続してもらいたい」という目的から見た場合、このフィードバックは効果的でしょうか?

答えは、NO!です。

なぜなら、この二つのフィードバックは、どちらも「評価・推論」しか伝えていません。
つまり、「どんな行為を見たり聞いたりしたか」について言及していないので、伝えられた側は、これから具体的にどんな行為を改善したり、継続していけばいいのか、皆目、分からないのです。

また、「あなたは、非協力的だ」「あなたは、威圧的だ」「あなたは・・・だ」というように、「あなた」を主語にして評価だけすると、その人の人間性への個人攻撃のようにも聞こえてしまうのです。これでは、相手が感情的になったり、抵抗を示しても、当然ですよね?

フィードバックで伝えたいのは「行為」についてであり、「人間性そのもの」ではない。のに、伝え方によっては、相手の感情をひどく傷つけることになっていますのです。

「クリーンなフィードバック」では、例えば上の例のフィードバックは、このように物事を伝えます。

「私は、あなたがこの間の会議で、人の話の途中で割り込んで、自分の話を始めるということを、数回目にしました。
の行為は、私の解釈では、会議でみなが意見を公平に言い合うという機会を奪うので、非協力的だと思います。これからは、人の話が終わるのを待ってから、自分の話を始めてもらえると、会議がスムーズにいくと思います」

「あなたの作文では、自分の結論について理由づけをしている文章を、○ページの中で、○回見つけました
これは、私から見ると、自分自身で考えて論理を組み立てているのが見えるので、とても良いと思います。これを、これからも続けてください」

この「クリーンなフィードバック」では、フィードバックの中身を、以下のカテゴリーに区分されているのがお分かりでしょうか?
①評価者が見たり聞いたりした行為・事実
②その行為・事実に対する、評価・推論

このように、「行為」と「評価」を明確に分けて伝えることにより、フィードバックを受けた側は、それを個人攻撃ととらえることもないですし、今後の行動の改善点も明確になり、実際のアクションにも、つなげられるのです。

「チームのためのクリーン・ランゲージ」では、この「クリーンなフィードバック」を重要視しており、皆様に詳細に、実践的なエクササイズを通じて、お伝えする予定です!

「クリーンなフィードバック」が世に広まれば、もっともっと、世の中にあるあらゆる種類の「チーム」が、お互いへの批判合戦から抜けて、創造的に活動できると、私は心から思うのです。

チームの中のコミュニケーションで、フィードバックのやり方に悩んでいるかた、ぜひこの機会にこの素晴らしい手法を学んで、日常に役立てていただければと思います!

<チームのためのクリーン・ランゲージ2日講座>

詳細内容はコチラ → 「本邦初!チームのためのクリーン・ランゲージ」

日時 2014年12月13日(土)~14日  10時15分~17時半
場所: 神楽坂「セラピースペース パレット」
     地図はこちら → http://ts-palette.com/map.html
     (「東西線 神楽坂駅」 徒歩5分、「有楽町線 南北線 JR線 飯田橋駅」徒歩10分)
料金: 4万8千円(税込 個人セッション1回分込)   
持ち物: ノートと筆記用具

お申込み・お問い合わせは、「お問い合わせフォーム」から。
または、deshana8@gmail.com まで、直接メールでご連絡ください。

いいね!した人  |  リブログ(0)