国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は1日午前の記者会見で、参院でも与党が郵政改革法案の強行採決に踏み切った場合の社民党の対応について「社民党は非常識な党ではない。この法案を同一歩調で検討し提出したので、何の問題もない」と述べた。社民党との連携に自信を示した発言。与党が郵政改革法案を衆院で6時間弱の審議時間で採決に踏み切ったことについては「審議は足りている」と強調した。

漢方業界も客も悲鳴 薬の通販規制1年(産経新聞)
<一家3人殺害>起訴の男 長野の男性死体遺棄も関与(毎日新聞)
景気の谷、来月7日に判定=内閣府(時事通信)
<在日米軍再編>普天間移設 首相発言、不信を増幅 求心力低下は不可避(毎日新聞)
取扱目標達成の港湾、12.7%=計画見直し求める―前原国交相(時事通信)
AD